「講義」カテゴリーアーカイブ

【教育概論Ⅰ_2020】教育に関する課題図書参考リスト

「教育概論Ⅰ」の課題図書を選ぶための参考となるように作成したリストです。
※リストに載っていない本でも問題ありません。
※S~Cはおもしろさや有用性の尺度ではありません。私の方で勝手に設定した「通読難易度」に過ぎません。

教育学の古典

【A】プラトン/久保勉訳『ソクラテスの弁明・クリトン』岩波文庫
【SS】プラトン/藤沢令夫訳『国家』〈上〉〈下〉、岩波文庫
【S】アリストテレス/山本光雄訳『政治学』岩波文庫、1961年
【S】ジョン・ロック/服部知文訳『教育に関する考察』岩波書店、1967年<1693年
【SS】ジャン・ジャック・ルソー/今野一雄訳『エミール』上中下、岩波書店、1962年<1762年
【A】ペスタロッチー/長田新訳『隠者の夕暮・シュタンツだより』岩波書店、1993年<1779,1799
【A】エレン・ケイ『児童の世紀』小野寺信・小野寺百合子訳、冨山房百科文庫 24、1979年
【A】ジョン・デューイ『学校と社会』宮原誠一訳、岩波書店、1957年
【B】アドルフ・ポルトマン/高木正孝訳『人間はどこまで動物か―新しい人間像のために』岩波新書、1961年
【S】J.S.ブルーナー『教育の過程』鈴木祥蔵・佐藤三郎訳、岩波書店、1963年
【S】イヴァン・イリッチ『脱学校の社会』東洋・小澤周三訳、東京創元社、1977年

子ども観に関する本

【SS】フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活』みすず書房、1980年
【SS】ヒュー・カニンガム著、北本正章訳『概説 子ども観の社会史: ヨーロッパとアメリカからみた教育・福祉・国家』新曜社、2013年
【B】柴田純『日本幼児史―子どもへのまなざし』吉川弘文館、2013年
【B】斉藤研一『子どもの中世史 (歴史文化セレクション)』吉川弘文館、2012年<2002年
【B】榊原富士子・池田清貴『親権と子ども』岩波新書、2017年

学校って何?

【B】苫野一徳『「学校」をつくり直す』河出新書、2019年
【B】工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革』時事通信社、2018年
【B】木村元『学校の戦後史』岩波新書、2015年
【C】苫野一徳『勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方』日本評論社、2013年
【C】苅谷剛彦『学校って何だろう』講談社、1998年

教育論さまざま

【B】小針誠『アクティブラーニング―学校教育の理想と現実』講談社現代新書、2018年
【B】藤原辰史『給食の歴史』岩波新書、2018年
【C】落合陽一『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる―学ぶ人と育てる人のための教科書』小学館、2018年
【C】松村太郎、山脇智志、小野哲生、大森康正著『プログラミング教育が変える子どもの未来―AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと』翔泳社、2018年
【C】竹内薫『知識ゼロのパパ・ママでも大丈夫!「プログラミングができる子」の育て方』日本実業出版社、2018年
【B】安藤寿康『なぜヒトは学ぶのか―教育を生物学的に考える』講談社現代新書、2018年
【B】横湯園子・世取山洋介・鈴木大裕編集『「ゼロトレランス」で学校はどうなる』花伝社、2017年
【A】ルーシー・クレハン/橋川史訳・苅谷剛彦解説『日本の15歳はなぜ学力が高いのか?―5つの教育大国に学ぶ成功の秘密』早川書房、2017年
【B】リヒテルズ直子×苫野一徳『公教育をイチから考えよう』日本評論社、2016年
【B】今井むつみ『学びとは何か―〈探究人〉になるために』岩波新書、2016年
【B】苫野一徳『教育の力』講談社現代新書、2014年
【B】布村育子『迷走・暴走・逆走ばかりのニッポンの教育―なぜ、改革はいつまでも続くのか?』日本図書センター、2013年
【C】池上彰編『先生!』岩波新書、2013年
【B】福田誠治『こうすれば日本も学力世界一―フィンランドから本物の教育を考える』朝日選書、2011年
【B】橘木俊詔『日本の教育格差』岩波新書、2010年
【B】諏訪哲二『学力とは何か』洋泉社、2008年

いじめ問題

【B】荻上チキ『いじめを生む教室―子どもを守るために知っておきたいデータと知識』PHP新書、2018年
【B】中野信子『ヒトは「いじめ」をやめられない』小学館新書、2017年
【B】共同通信大阪社会部『大津中2いじめ自殺―学校はなぜ目を背けたのか』PHP新書、2013年
【B】尾木直樹『いじめ問題をどう克服するか』岩波新書、2013年
【B】阿部泰尚『いじめと探偵』幻冬舎新書、2013年
【C】小森美登里『いじめのない教室をつくろう―600校の先生と23万人の子どもが教えてくれた解決策』WAVE出版、2013年
【C】山脇由貴子『震える学校―不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために』ポプラ社、2012年
【B】加野芳正『なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか?―透明な暴力と向き合うために』日本図書センター、2011年
【B】森田洋司『いじめとは何か―教室の問題、社会の問題』中公新書、2010年
【B】芹沢俊介『「いじめ」が終わるとき-根本的解決への提言』彩流社、2007年
【C】山脇由貴子『教室の悪魔―見えない「いじめ」を解決するために』ポプラ社、2006年

【講義】教育課程の意義と編成(麻布2019)

試験

試験にはこちらから入ってください。

課題発表会

感想をどうぞ。

サザン中学校
みやこ中学校
下諏訪社中学校
俠中学校
胡瓜中学校
私立野球中学校
相模穂高中学校
鈴蘭中学校

第1回(9/23)

プリント(第1回)
今回の作業

第2回(9/30)

プリント(第2回)
今回の作業

第3回(10/7)

プリント(第3回)
今回の作業

第4回(10/14)

プリント(第4回)
今回の作業

第5回(10/21)

プリント(第5回)
時間割作成用紙
今回の作業

第6回(10/28)

プリント(第6回)
今回の作業

第7回(11/11)

プリント(第7回)
今回の作業

第8回(11/18)

プリント(第8回)
今回の作業

第9回(11/25)

プリント(第9回)
今回の作業

第10回(12/2)

プリント(第10回)
年間スケジュールテンプレート
今回の作業

第11回(12/9)

プリント(第11回)
今回の作業

第12回(12/16)

プリント(第12回)
今回の作業

第13回(12/23)

プリント(第13回)
今回の作業

授業の目的と評価

・この授業の最終的な目的は、「教育課程」とは何か?を理解することです。
・教員採用試験に関しては、必ず出題される『学習指導要領』について理解します。
・評価は、期末テストと提出課題によって行います。出席が足りていない者には受験を認めません。
・90 分の復習と 90 分の予習を前提として授業を構成します。
・出席は、基本的にスマートホンを利用します。スマホが使えない者は、紙媒体等で出席を取るので、授業後すみやかに申し出てください。
・質問は、udono-a@tokyo-kasei.ac.jpまで。

課題

・中学校の「教育課程」を一つ完成させることを目指します。
・教育課程を作るためには、基礎的な知識がたくさん必要になります。各授業でひとつひとつの知識を定着させながら、すこしずつ教育課程を作っていきます。
・最終的に教育課程が完成したら、書類にして体裁を整え、提出してください。
・コンピュータによる提出を想定しています。

教科書

『中学校学習指導要領(平成 29 年告示)』および『中学校学習指導要領解説 総則編』を手に入れておいてください。
文部科学省の WEB サイトから無料で手に入れることもできますし、本として購入することもできます。
『中学校学習指導要領(平成 29 年告示)』
『中学校学習指導要領解説 総則編』

 

【講義】教育概論Ⅱ(中高)

期末試験

■2019年度後期:教育概論Ⅱ試験■
WEB試験はここをクリックして受けてください。

■児童学科のみ対象 2019年度後期:教育概論Ⅱ試験■
※児童学科の方はこちらを回答しても大丈夫です。

※提出期限は1/27(月)24:00です。
※「送信」ボタンを押して「おつかれさまでした」と出れば正常に完了しています。
※「送信」ボタンを押すまで、大問の間を進んだり戻ったりして、何度も書き直しすることができます。

課題

課題内容

(1)学校をひとつ作り、教育課程を設定して下さい。
wordファイルテンプレート

(2)学校の年間スケジュールを立てて下さい。
excelファイルテンプレート

(3)応用:保護者向けに、学校のアピールをしてください。
PowerPointファイルテンプレート

※テンプレートを使用するかしないかは、各人の自由です。

締切

火5:2020年1/13(月)24:00
土1・土2:2020年1/10(金)1/20(月)24:00

提出方法

以下、必要項目を入力し、ファイルをアップロードして下さい。ファイル名は、「000000」の部分を自分の学生番号に変えて下さい。
※1/8以前に「ファイルが大きすぎる」と出てしまった方、設定を変更しましたので、改めて送ってください。

[contact-form-7 id=”7297″ title=”東京家政大学2019教育概論Ⅱ課題提出用”]

第1回(9/21・9/24)

プリントはこちら
今回行う作業

第2回(9/28・10/1)

プリントはこちら
今回行う作業

第3回(10/5・10/8)

プリントはこちら
今回行なう作業

第4回(10/12 10/19・10/15)

※台風接近につき、10/12(土)は1・2限とも休講です。
プリントはこちら
今回行なう作業

第5回(11/2・10/29)

プリントはこちら
時間割作業用紙
今回行う作業

第6回(11/9・11/5)

プリントはこちら
今回行う作業

第7回(11/16・11/12)

プリントはこちら
今回行う作業
※主体的・対話的で深い学びの具体的な内容に関するヒント
【理科編】中学校学習指導要領解説(23頁~28頁、176頁~180頁)
【社会編】中学校学習指導要領解説(23頁~24頁、121頁~129頁)
【外国語編】中学校学習指導要領解説(10頁~16頁、82頁~100頁)
【美術編】中学校学習指導要領解説(9頁~20頁、125頁~136頁)
【家庭科編】中学校学習指導要領解説(16頁~17頁、128頁~133頁)

第8回(11/23・11/19)

プリントはこちら
今回行う作業
構造改革特区(首相官邸webサイト)

第9回(11/30・11/26)

プリントはこちら
今回行う作業

第10回(12/3・12/7)

プリントはこちら
年間スケジュールテンプレート
今回行う作業

第11回(12/10・12/14)

プリントはこちら
今回行う作業

第12回(12/17・12/21)

プリントはこちら
今回行う作業
学習指導要領アピール公式動画(文部科学省)

第13回(12/24・1/11)

プリントはこちら
今回行う作業

第14回(1/14・1/25)

プリントはこちら

授業の到達目標

(1)カリキュラムの意義と機能を説明できる。
(2)学習指導要領の理念と内容を説明できる。
(3)ナショナリズムなど、現代的な教育の基本的な課題を説明できる。
(4)現代教育の課題を踏まえ、解決に向けた見通しを持って協働的に問題解決に取り組む。

授業概要

(1)新学習指導要領が目指す「社会に開かれた教育課程」および、その具体的な実現のための「カリキュラムマネジメント」について理解する。
(2)日本社会の変化を踏まえて、学習指導要領の変遷を理解する。
(3)現代日本の教育が抱える課題を理解し、プレゼンテーションやグループワーク等を行い、他の学生の考えを尊重しながら自分の考えをまとめ、教師としての自覚を深める。
(4)教育基本法や学習指導要領の理解を通じて、公教育に携わる専門家としての意識を育む。

評価方法

(1)期末テスト50%
(2)提出課題40% 課題内容については初回の講義で説明する。
(3)平常点(ディスカッションやディベートへの参加態度)10%

教科書

『学習指導要領』最新版
『学習指導要領解説 総則編』最新版

自学自習のための参考ページ

「学力」とは何か?―学校教育法の定義と背景―
【教育課程編成の基礎】スコープとシークエンスとは?
社会に開かれた教育課程とは―新学習指導要領の理念―
カリキュラム・マネジメントとは―3つの指針と学校運営の要点―
【教育課程編成の基礎】教科等横断的な視点とは何か?
育成を目指す資質・能力とは―知識から21世紀型能力へ―
主体的・対話的で深い学びとは―アクティブラーニングを超えて―

質問はこちら

教えて!せんせい

 

【要約と感想】藤川大祐『いじめで子どもが壊れる前に』

【要約】いじめはどの学校、どの学級でも起こりえます。完全に撲滅することは不可能でしょうが、重要なのは、深刻化させないことです。
そのために、授業にディベートを取り入れて、多様な考えを受け入れられるような子どもに育てましょう。子どもの「観測気球」に臨機応変に対応しましょう。過去の教訓から学び、危機管理の原則を踏まえた学校運営と学級経営をこころがけましょう。深刻な場合は、警察との連携を躊躇してはいけません。

【感想】本書の特徴は、教育方法学の立場からの考察にあるのだろう。教師の日々の授業実践が、いじめの発生に関わってくるという観点だ。教科書に書いてある決まり切った答えを一方的に教え込み、できるかできないかで子どもたちを差別し、子どもを見下すような教師の下では、自然といじめが発生しやすい条件になるということだ。まあ、そうなんだろう。
逆にというか、それゆえにというか、他のいじめ論者が主張するような「人権教育」とか「子どもの権利条約の精神」とか「加害者への徹底指導」とか「被害者の回復プロセス」とか「事実確認の手法」とかいう話は、極めて弱い。そのあたりは別の本で参照すればよいだろう。

【言質】
「アイデンティティ」と「個性」という言葉の用例サンプルを得た。

「この時期、すなわち思春期から青年期の子どもたちにとって重要な課題は、アイデンティティの形成です。アイデンティティとは自我同一性などと訳されるもので、他者とは異なる、かけがえのない存在としての自分ということです。」(122頁)
「「個性尊重」などという使い古された言い方をすると誤解を招きそうですが、個々の子どもが劣っている部分も含めて自分らしさを発揮し、そのことを受け入れられるようにしていくことが重要です。」(124頁)

「個性尊重」という言葉に対して、使い古されて誤解を招くという認識を示しているのは、なかなか興味深い。サンプルとして確保しておきたい。
アイデンティティに関しては、「存在」という言葉を著者がどのように認識しているかが気になるところではある。

藤川大祐『いじめで子どもが壊れる前に』角川oneテーマ21、2012年