鵜殿篤 のすべての投稿

【要約と感想】三好信浩『教育観の転換―よき仕事人を育てる―』

【要約】伝統的な講壇教育学は「教育」の目的を人格や教養という概念で語ってきましたが、それは現実と噛み合っておらず、様々な問題を引き起しています。江戸以来の日本人の仕事観を踏まえ、これまで傍系として軽視されてきた職業教育や産業教育を見直し、教育の目的を「よき仕事人を育てる」という観点から組み替えましょう。明治以降の工・農・商・医などの実業教育が担ってきた人作りの成果を踏まえ、現代の高等専門学校や専修学校や各種学校、あるいは企業内職業訓練等も含めて文科省管轄学校以外の人材育成機関が担っている大切な役割に改めて注目すると、現代の教育問題を解決するための様々な可能性が見えてきます。

【感想】著者御専門の教育史的事実を踏まえつつ、本来の守備範囲を大きく超えて現代教育の根本的な問題を突き、「教育」という概念そのものの規定に切り込んでいくことを企図している本だった。ところどころに自身の長年の仕事に対する誇りと責任を土台とした「教育学の徒」としての矜恃が垣間見えて、なかなか味わい深かった。
 気になるのは、職業教育とかキャリア教育に関して様々な研究を引用しているのだが、なぜか東大教育学(の史哲)を意図的にかどうなのか排除しているところだ。特にかつては乾彰夫先生(まさに「「学校から仕事へ」の変容と若者たち」という本を書いている)、近年では児美川先生が職業教育・あるいはキャリア教育についてなかなかの仕事をしているように思うのだが、まったく名前が出てこない。教育社会学系の本田由紀や苅谷剛彦の名前は出てくるので、東大系研究者を視野に入れていないというよりも、史哲系研究者を視野に入れていないという印象だ。まあパージの事実自体は特に構わないのだけれども、どういうことか理由は少々気になる。

【個人的な研究のための備忘録】人格
 私自身は、教育学の徒として、教育の中核概念である(と信じるところの)「人格」について歴史的・哲学的に研究を続けているわけだが、本書は「仕事」という観点で以て「人格」概念を外堀から埋めるような作業をしている。

「現今の教育、特に学校教育では、「学力」とか「学歴」とか「知力」とか「科学技術力」とか、果ては、「教養」とか「人格」とかが目標とされているが、それらの諸力は、ひとかたまりとなって「仕事」の中で開花し、一人一人の「個性」となり、「生き甲斐」となる。仕事こそが、人間の学習の到達すべき花園である。」3頁
「教育とは、「よき仕事人を育てる」という一語に尽きる。この一語の中には、教育界で大切な目標とされてきた、「人格」とか、「教養」とか、「道徳」とか、「学力」とか、「創造力」とか、「実践力」などの諸概念を包み込める気がする。しかも、産業だけでなく、人間の営むあらゆる職業の教育にまで拡張して適合するのではないかと考える。」10頁

 私なりに解釈すれば。日本近代における「人格」概念は、伝統的な共同体から身も心も「個人」を切り離すモメントとして作用した。その作用は親族内の労働集約を前提とした伝統的な働き方から近代的な雇用労働への転換に親和的だったはずだ。あるいは逆に、伝統的共同体から切り離された近代的な雇用労働が現実的に可能となって初めて「人格」という概念に説得力が生じたと言えようか。本書が現代教育の基礎概念としてあげている「学力」も「教養」も「道徳」も「創造力」も「実践力」も、伝統的共同体では必要がなく、すべて近代的な資本主義社会で生きる「個人」として必要なものだ。おそらく「仕事」の意義というものは、伝統的な共同体から「個人」が引き剥がされたところで初めて意識されたり追求されたりするものだろう。(そういう意味で、江戸時代をおもしろく感じるのは、おそらく西洋近代的な文脈と関係ないところで、純粋に日本社会が資本主義へと離陸する過程で「個人」が抽出されつつあり、それが「仕事」の意義と響き合う条件を整えていったからではないか)
 とするなら、高度経済成長を経て既存の共同体が破壊され、「人格」を形成する努力をするまでもなく「個人」が剥き出しにされてしまうような現代社会においては、「人格」を形成する努力に何の意味(あるいは力)があったかが見失われ、それに伴って単刀直入に「仕事の意義」を追求する動機や欲求が浮上した、ということになるのではないか。著者が揶揄する(ように私には読める)戦後教育学の素朴な「人格形成」への熱意というものは、いまだに「個人」が伝統的な共同体に埋没しているところから「個人」を抽出しようとする意図と欲望に由来し、そして60年代後半からそれが機能不全を起こしているように見えるのは、その意図と欲望を支えていた現実そのものが高度経済成長によって失われたからなのではないか。

三好信浩『教育観の転換―よき仕事人を育てる―』風間書房、2023年

【要約と感想】三好信浩『日本の産業教育―歴史からの展望』

【要約】明治期から昭和戦前期にかけての産業教育(工学・農学・商学)の全体像を、学校数や生徒数などの統計、時代背景、学校沿革史、校長などキーパーソンの教育思想などの分析を通じて多角的に示した上で、現代の産業教育(あるいは日本の教育全体)が抱える課題の核心と解決への見通しを示します。

【感想】さすがに長年の研究の蓄積があり、教育史的に細かいところまで丁寧に神経が行き届いているのはもちろん、本質的な概念規定についても射程距離が長く、とても勉強になった。概念規定に関しては、いわゆる「普通教育」と「専門教育(職業教育)」の関係に対する産業教育の観点からの異議申し立てにはなかなかの迫力を感じる。本書でも触れられているとおり、総合高校などの改革にも関わって極めて現代的な課題に触れているところだ。この問題をどう考えるにせよ、本書は必ず参照しなければならない仕事になっているだろう。

【個人的な研究に関する備忘録】人格
 個人的には「人格」概念の形成について調査を続けているわけだが、人格教育に偏る講壇教育学に対する産業教育思想からの逆照射はかなり参考になった。大雑把には、明治30年代以降は産業教育界でも「品性の陶冶」とか「人格形成」などが唱えられるようになった姿が描かれていたが、おそらくそれはヘルバルト主義の影響(本書ではヘルバルトの「へ」の字も出てこないが)で間違いないと思う。しかし昭和に入ると、「人格形成」という概念に対して疑義が呈せられるようになっていく。そして敗戦後はいったん「人格」が再浮上するわけだが、1970年代以降にまた説得力を失っていく。さて、この「人格」の浮沈をどう理解するか。

針塚長太郎(上田蚕業学校初代校長)『大日本蚕糸会報』第154号、1905年3月
「教育の期するところの主たる目的は、其業務に関する諸般の事項に就き綜合的知識を授け、業務経営の事に堪能ならしめ、兼て人格品性を育成し、以て社会に重きを致し、健全なる常識に富むみたる者を養成するにあり」

尾形作吉(県立広島工業学校初代校長)『産業と教育』第2巻10号、1935年10月
「産業と教育といふ題目は余りに大きな問題で、我々世間知らずに只教育といふ大きな様な小さな城郭に立籠つて人格陶冶や徳性涵養一点張りの駄法螺を吹いて居つた者の頭では到底消化し切れないことである。」

【個人的な研究に関する備忘録】instruction
 また、教育(education)と教授(instruction)に関して、ダイアーの言質を得られたのも収穫だった。

「私がまず第一に申したいことは、日本では教育の中心的目的がまだ明確に自覚されなかったことであります。それが単なる教授(instruction)と混同されることがしばしば見られます」(Veledictory Address to the Students of the Imperial College of Engineerting)ダイアー1882年の離別の演説。

 VeledictoryとあるのはValedictoryの誤植だろうか。ともかく、ここでダイアーが言う「教育」とは「education」のことだろう。本書では特にeducationとtrainingの違いに焦点を当てて話が進んだが、より理論的にはeducationとinstructionの違いが問題になるはずだ。ダイアーもそれを自覚していることが、この離別の演説から伺うことができる。乱暴に言えば、educationのほうは品性や倫理などを含めた全人的な発達を支える営みを意味するのに対して、instructionは人格と切り離された知識や技能の伝達を意味する。ダイアーの言う「教育=education」の意味は、もっと深掘りしたらおもしろそうだ。

【個人的な研究に関する備忘録】女子の産業教育
 そして女子の産業教育についても一章を設けて触れられていたが、全体的なトーンとしては盛り下がっている。

「これまでの日本の近代女子教育史の研究物は、高等女学校の教育を中心にしてきたうらみがある。しかし、産業教育の指導者たち、例えば工業教育の手島精一、農業教育の横井時敬、商業教育の渋沢栄一らは、高等女学校に不満を抱き、よりいっそう産業社会に密着した教育を求めてきた。」p.287
「日本の職業学校がこのように産業から遠ざかった理由は多々あるであろうが、その一つとして共立女子職業学校の先例がモデルにされたことも考えられる。同校は、一八八六(明治一九)年という早い時期に宮川保全を中心とする有志によって各種学校として設置された。岩本善治の『女学雑誌』のごときはその企図を美挙として逐一紹介記事を載せた。」pp.271-272
「日本の女子職業学校の先進校である共立女子職業学校が裁縫と並んで技芸を重視したこと、中等学校の裁縫科または裁縫手芸家の教員養成をしたことは、戦前期の女子の「職業」の範囲を区画したものと言えよう。」p.272

 どうだろう、問題の本質は学校の有り様どうこうというよりは、「裁縫」の技能が家庭内に収まるだけで産業として成立しなかったところにあるような気がするのだが。実際、学校の有り様如何にかかわりなく、ユニクロが栄えだしたら裁縫学校は衰えるのである。

三好信浩『日本の産業教育―歴史からの展望』名古屋大学出版会、2016年

【教育学でポン!?】2024年2月20日

沼津まで実習巡回指導に行ってきました。
【本日の歩数】10687歩■沼津を闊歩。

働き方改革

■熊本市部活動改革 人材バンク設置等答申案まとまる(KAB熊本朝日放送)
全国的な流れに逆行する動きですが、どうなるか。

■九電が部活動地域移行支援 タッグを組んだのは?(テレQ)
なんだか50年前にイリイチが『脱学校の社会』で提唱していたような仕組みですね。

ICT

■「子どもたち主体の学びへ」ICT端末活用した授業の事例を共有 『GIGAスクール構想』について考えるフォーラム(KUTVテレビ高知)
■『GIGAスクール構想』を推進 高知市でフォーラム【高知】(RKC高知放送)
■ICTを活用したうるま市の島しょ地域のネット部活 子ども達が1年の成果を発表(沖縄テレビ放送)
単なるAIドリルの段階ではなく、子どもたちの主体性を活かすような取組み事例でした。

学校

■全国初・都道府県単位で学校給食無償化へ 「『あおもり大変革』を達成したい」宮下宗一郎青森県知事が就任後初の新年度当初予算案に盛り込む “青森新時代”へ独自色の強い予算案発表(ATV青森テレビ)
市区町村レベルでは給食費無償化がかなり進んでいましたが、いよいよ県単位での話になってきました。文科省の調査はまだ終わらないのか。

■工藤勇一校長が<服装の制約>と<宿題>を廃止した深い理由とは…「宿題がないと勉強しない」と話す保護者に僕が伝えたいこと(婦人公論.jp)
知っている人にとってはいつもの工藤節ですが、知らない人が読むと驚いたりするのか。

■“ふりかけ論争”ある中学校で「給食に持参OK」 議会で反対も…あなたの意見は?(テレ朝news)
醤油やマヨネーズだって持ってくればいいじゃない。

■「学び直したい」 OL受講生募集開始 県内初の夜間中学ことし4月開校へ(熊本県民テレビ)
まあ、形式的に学歴が欲しいわけじゃないよね。

■教員免許の失効見落とし、非常勤講師を採用…県教委(讀賣新聞オンライン)
愚かな政策によるとばっちり。

■「学歴社会」は時代遅れではない…20代の7割以上が学歴を重視【ライボ調べ】(Web担当者Forum)
まあ若い人は学校以外の社会の有り様を知らないので、勢い、学歴に重きを置くという視野の狭い考えに陥りやすい、と予想。

幼児教育

■性犯罪歴を開示する「日本版DBS」創設へ…子どもと触れ合う男性保育士の本音(弁護士JPニュース)
■「男性保育士が女児の着替えの世話をするのはちょっと…」性加害報道が相次ぎ、強まる風当たり。「抱っこは気を遣う」と神経をすり減らす男性保育士は園に不要な存在なのか?(集英社オンライン)
もちろん「子どもの権利」を一番に制度を構築していけばいいのですが、しかしそれはもちろん男性保育士の排除に繋がらないはずです。

教育全般(国内)

■文部省サイト「マナパス」は知らなきゃ損!無料で永遠に必要とされる人材に(fuelle)
文科省のサイトは、他にもいろいろ充実しているのですが、やはり広く知られていない感じです。

■「GDP4位転落」日本に数学嫌い克服が必要な理由(東洋経済オンライン)
どんな工夫をしても、他人と成績を比べて競争させる環境が残っている限り、効果は出ないでしょう。

【教育学でポン!?】2024年2月19日

会議を頑張りました。
【本日の歩数】8434歩■自宅と学校を往復。

ICT

■GIGA端末の活用、自治体ごとの格差が広がる MM総研の調査 児童生徒に生成AIの「活用を推奨」とした自治体は7%(こどもとIT)
アンケートに回答があった自治体でもこれだけ格差が広がっているので、回答のなかったところがどうなっているか気にかかるところ。

■教育現場における“生成AI”、親子の本音は? 「生成AIを通して、子どもに“考える力”を養って欲しい」(ORICON NEWS)
生成AIはまだ黎明期で、この先すごい勢いで進化していくことを考慮する必要がありますかね。

■今どきの受験生はスマホが味方? 多様なアプリ登場 AI自動解答や名物講師の授業動画、チャットで励まし合いも(まいどなニュース)
使えるものはどんどん使えばいいんじゃないですかね。

不登校

■安心できるフリースクール「カンガルーハウス」作ろう 支援呼びかけ(毎日新聞)
本来なら公教育の観点から行政が責任をもって進めるのが望ましいわけですが、なかなかそこまで理解が進んでいない状況では、民間の熱意に頼るしかありません。

学校間接続

■医学部入学者、女性が4割占める 求められる「人生を自分で決める力」―不正入試から5年(時事メディカル)
なるほど。教育の世界では、管理職に就く人の男女差はまだまだ大きいです。

学校

■河村たかし市長「教員社会はそうなっちゃっているのか…」 今年度は全体の約8割69団体から受け取る 名古屋市教育委員会の金品授受問題(CBCnews)
再発防止に向けて、よろしくお願いします。

■中学3年の給食費無償化も 佐世保市宮島市長初の予算編成 一般会計約1211億5000万円《長崎》(NIB長崎国際テレビ)
給食費無償化の流れが止まりません。

■金八先生以後に生じた「学校=悪という構図」「学校が良いサービスを提供して当たり前という考え方」…工藤勇一校長が指摘する<近年の教育現場が抱える問題点>とは(婦人公論.jp)
まあ、金八そのものが原因というよりは、資本主義の成熟に伴う新自由主義的な空気と公共的な関心の後退が背景にあって、学校に限らず「公共サービス」全般への不信感が高まり、金八はその雰囲気をうまく掬い取ったということなんでしょう。

高等教育

■東京大学 地球規模の課題研究で5年制課程を創設へ 文理融合型、授業はすべて英語(日テレNEWS)
■東京大に5年制新課程 文理融合、27年秋創設方針(時事通信)
■東京大学、文理融合の5年制新課程 27年秋入学から創設(日本経済新聞)
課程名称に「デザイン」を掲げているところに注目しました。

教育全般(国内)

■子育て世帯とそうでない世帯との「分断」につながる可能性も 子ども・子育て支援法などの改正案が閣議決定(ニッポン放送)
なるほど、教育学の視点を欠いて数字だけ見ているとこういう議論になるわけですね。

【教育学でポン!?】2024年2月18日

今日も読書が進みました。
【本日の歩数】3955歩■ひきこもり。

働き方改革

■【「教員」⇒「外部指導者」へ】中学校の部活動指導の「外部委託」進める宮城県 外部指導者に対して注意点など伝える初めての研修会(ミヤテレ)
いろいろな問題が起きるだろうことは容易に想像ができますが、しかし教員免許を持つ者だったとしても同じ問題は起こるでしょうから、外部指導者への切り替えを躊躇する理由にはなりません。研修を充実させていきましょう。

ICT

■個別最適な学びの実現へ「自由進度学習」の可能性、ICTの活用で起きる変化 そのプロセスが「探究的な学びの入り口」になる(education×ICT)
自由進度学習という方法そのものはけっこう昔からありましたが、ICTの活用によって格段に実現しやすくなりつつあります。

■ベネッセ、進研ゼミで生成AI活用の新サービスを提供開始へ(教育とICT Online)
■生成AIを相手に英語で討論、グループ学習ではもう一人のメンバーに(教育とICT Online)
生成AIを教育向けにカスタマイズしたサービスが次々とリリースされ、既に学校現場では実用化段階に入っています。

インクルーシブ教育

■多様な子を前提に「教育のほう」変える、狛江第三小「あおば学級」の実践 環境を子どもに合わせるインクルーシブな学校(education×ICT)
どれだけ技術が進歩して様々なデバイスが登場しても、それを使いこなすためには基本となる理念が大切だということがよく分かる記事でした。

学校間接続

■貧困家庭から東大合格「塾通いは認められず、参考書を買うカネもない」(日刊SPA!)
私も塾に行かずに東大に合格した口だけれども、30年前とは確かに「課金」の効果が変わっていそうなんですよね。

学校

■YouTubeを見るのをやめさせるにはどうすればいい?学校の先生が実践して効果を感じた3つの方法(Yahoo!JAPANニュース)
まあ、引き出しを増やすという意味ではいい記事でしょう。

■鈴鹿学校再編の再考求める 反対派ら市教育長と会合 三重(伊勢新聞)
まあ、すんなりとはいかないのです。

高等教育

■吉田寮の存続は、教育の機会均等を守ること 「関係ない」に抗う(毎日新聞)
コタツは15年前に行った時にも玄関にありましたが、そんな重要なものでしたか。