鵜殿篤 のすべての投稿

【教育学でポン!?】2022年5月19日

学生が楽しく実習に取り組んでいて、なによりでした。
【本日の歩数】10384歩■栃木県と茨城県に実習巡回指導。

働き方改革

■教員の新しい研修制度が「新たな波乱」を呼ぶ(前屋毅)
■“不適切言動”防ぐ研修制度を検討 県教委・佐藤博教育長<岩手県>(岩手めんこいテレビ)
いやほんと、具体的にどうするつもりなんでしょうね。

■休憩0分で働き続ける「教師の働き方」が明らかに。なり手を増やすのに必要なことは(やつづかえり)
表面的な論点はだんだん明確になりつつあるので、もっと根本的に、現場の教師に自由な裁量権を与えようとしない政治家や官僚の「教師不信マインド」こそが教育衰退の元凶であることを打ち出していきたいところです。

■休日の部活動指導を地域や民間へ 「地域部活動」に向け会合 山梨県内では韮崎市が初(UバクUTY)
総論はほぼ決着がついて、各自治体の具体的なアクションが続々と報告されるようになってきました。

不登校

■「どの子も自分なりの輝きを」不登校児支える現役教師 兼 NPO代表 外出は「学びの最中」…フリーマガジンに込めた思い【新潟発】(NST新潟総合テレビ)
いわゆる「第三の場所」が増えることで、不登校の子どもが楽になるだけでなく、社会全体に余裕が出てきます。

校則

■生徒主体で校則改正 2年間で6件、“不合理”改善(兵庫)(日本海新聞)
一過性の流行に終わらせず、継続して取り組むことが重要なのでしょう。

ジェンダー

■「女の子もポーチにコンドームを」避妊・性暴力・ジェンダー…世界の授業ではここまで教える 日本の性教育はなぜ遅れているのか?【news23】(TBSテレビ news23)
かつては共同体で教えていたので学校で性を扱わずにすんでいましたが、もはや共同体が扱わなくなった以上、学校で教えないと、マスコミ経由で歪んだ知識を蓄えるだけになります。

■不正入試、順大に賠償命令 女性受験生に「差別的扱い」―東京地裁(時事通信)
■医学部不正入試、順天堂大に慰謝料支払い命じる 差別的な取り扱いでの苦痛認め 東京地裁(東京新聞)
■医学部入試「女性差別」、順天堂大に賠償命令 東京地裁(日本経済新聞)
■「女性差別」入試、順大に805万円賠償命令 計13人に 東京地裁(朝日新聞DIGITAL)
■「男尊女卑分かっていれば受験しなかった」 順天堂大に賠償命令(毎日新聞)
教育学の教科書に載せるレベルの事案かと。

学校

■2030年危機で大学教授も大量失業へ 私大腐敗“諸悪の根源”は何か(デイリー新潮)
言いたい放題ですが、私大に頼ってきた日本の大学行政の特殊性は踏まえていないようです。

■“小規模特認校” 存続求める意見も 富山市婦中地域で“小中学校再編”説明会(チューリップテレビ)
紛糾していますが、さて10年後にはどうなっているか。

■1日限定の「夢の学校」開校へ 廃校を活用 大学生が授業を全てプロデュース【岡山・和気町】(岡山放送)
■廃校に「メダカの学校」 高級種を販売、飼育ロボット開発も 福島・いわき(福島民報)
■学校の使い道(5月19日)(福島民報)
■旧多和小学校を生かして地域活性化! 香川県知事がさぬき市で意見交換(KSB瀬戸内海放送)
日本全国で急激に廃校舎が増えつつあり、今後の利活用を考えることが急務になっています。

■「一緒に歩んでいきたい」みんなが学び合う居場所“夜間中学”自主教室2年目に(静岡県)(SBS)
自主的な教育活動に頭が下がります。本来なら公的に責任を以って取り組むべき課題です。

教育全般(国内)

■「こども家庭庁」のあり方 経済同友会が提言発表(CHUKYO TV)
基本的には、経済の論理を教育にもちこむとロクなことになりません。

■文科省教育の限界 「答えがない時代」の教育のあり方とは(NEWSポストセブン)
こういうふうに単に文科省を悪者にしてヨシとする姿勢こそが、昭和の遺物でしょう。むしろ官僚(文科省)が旗を振ろうとしているのに対し、政治家たちがその邪魔をしています。

■「語学系は早い方がいい」「ひらがなを覚えるついで」 早期教育は「3~5歳から」が4割(まいどなニュース)
公教育に対する各家庭の不信感が伺えます。無課金で到達できる成果に限界を感じたとき、課金ゲームが始まるわけです。

【教育学でポン!?】2022年5月17日

授業動画を3本作りました。
【本日の歩数】5979歩■自宅と大学を往復。

働き方改革

■教職員の働き方改革 改善「実感」69.9%、目標の8割に届かず 月平均残業45時間以下は8割超で達成 鹿児島県教委調査(南日本新聞)
この調査書に回答すること自体がウザいという可能性もあったり。

■部活「地域移行が急務」 有識者会議 茨城県教委に提言書(茨城新聞クロスアイ)
一般論としては流れができているので、地域の具体的な実情を検討する段階に入ってきているでしょうか。

ICT

■いじめ相談、小中学生へ配布のタブレット端末で受け付け 悩みに返信も 習志野市教委(千葉日報)
正しいテクノロジーの使い方だと思います。常にこのアプリのアイコンが表示されているだけでメッセージとしての意味が生じる可能性も。

校則

■「私だってスカートをこんなに短くしたくない」大人にはわからない…女子高生が短いスカートをはく本当の理由(PRESIDENT Online)
先生の苦しい胸の内が伺えて、校則が何のためにあるのかますます疑問が増すのでした。

学校

■5年後は児童3割減か 少子化深刻、増える少人数学級 かつて小学校存続の声多かったが…香美(神戸新聞NEXT)
学校の統廃合に反対すること自体はいいとして、ただ、単に「漠然と学校がなくなることに対する不安」から反対すると、後でもっと大変なことになるかもしれません。丁寧に説明して、丁寧に理解しようとする姿勢が大事になります。

教育全般(国内)

■「こども家庭庁」設置法案 自公国民などの賛成多数で衆院通過(NHK NEWS WEB)
教育学や保育学の教科書を書き換える準備をしましょう。

■開成・元校長の柳沢幸雄さんがハーバード大の教壇で気づいた「流暢な英語」より大切なこと(AERA dot.)
良い記事でした。おそらく、日本語にも当てはまります。

【教育学でポン!?】2022年5月15日

関東私立大学の教職課程に関わる会議と研究会に参加して、いろいろ勉強になりました。
【本日の歩数】5439歩■自宅と大学を往復。

働き方改革

■PTAの「外注」コスト増でもメリット多すぎる訳、「活動の精査」がポイント 保護者の負担、時間もストレスも大幅減の実際(education×ICT)
「公共性」という観点から、保護者や教員だけでなく社会全体で子育てを担っていくと考えると、「外注」も問題なく視野に入れていいでしょう。社会全体で担える仕事をアウトソーシングできれば、保護者と教員は本来やるべきことに力を注げます。

ICT

■「ICTが進む学校や教師」を批判する日本の問題点、広がる格差との向き合い方 「無理なく」が最良、効率的なICTの取り入れ方(education×ICT)
ですね。平等は大切ですが、それは「単なる横並び」ではありません。格差の拡大は望ましくないことですが、それは頑張っている人の頭を押さえつけて止めることでもありません。

いじめ

■小学校の「いじめ」認知件数が大幅増加 暴力行為も多発…市の協議会で報告(島根・松江市)(さんいん中央テレビ)
「認知件数」が増えていること自体は、まったく問題ないというか、むしろ良いことです。本当に大切なことは、いじめを可視化し、解決に向かうことです。認知件数を減らしたいばっかりに隠蔽することがあっては本末転倒ですので、どんどん認知件数を増やすことを奨励する方向でいきましょう。

不登校

■全中学校の設置目指し、岡崎市が校内フリースクール「F組」を増やす訳 長期欠席者の増加率抑制、減少傾向の学校も(education×ICT)
実際に成果が出ているということであれば、注目の取り組みです。成功の理由がどのあたりにあるのかは複合的でしょうが、教室の人口密度が減るだけで居心地はぐんとよくなります。

学校

■コロナ禍で3年ぶり「夜間中学」新入生の歓迎集会 大阪市の統廃合計画に存続支援の訴えも(ABCニュース)
統廃合に関しては、コスパを重視するあまりに大切なものを見失う傾向にある人たちがいる気がします。

教育全般(国内)

■中学教師の覆面座談会「派手な髪色の子を”戻す方へ導く”のが立派な指導者なのか」(PRESIDENT WOMAN)
マスコミ報道からは見えない角度から本質を突いてきている、いい記事でした。

■コロナ禍で親の収入減、学びの機会失われ…「子どもの教育格差なくせ」無料のオンライン塾始動(神戸新聞NEXT)
頭が下がります。本来なら税金を使って公教育の範囲でなんとかするべき課題ですが、公教育を潰そうと頑張った人たちのおかげで如何ともしがたい状況になりつつあります。

■映画『教育と愛国』公開 上映の映画館で監督と政治学者によるトークイベント開催(MBS NEWS)
東京ではシネ・リーブル池袋で上映中の模様。

【教育学でポン!?】2022年5月14日

土曜日も授業動画作成。
【本日の歩数】5436歩■自宅と大学を往復。

働き方改革

■公立小中、教諭半数「休憩ゼロ」 全国アンケート、残業過少申告も(共同通信)
■「休憩ゼロ分」「トイレにも行けず」 教師をめぐる“過酷”労働実態が明らかに “過労死ライン”と「見えない残業」(FNNプライムオンライン)
■小中学校教員の半数が「休憩時間0分」、6割超が「辞めたいと思ったことがある」 名古屋大調査で明らかに(弁護士ドットコムニュース)
■教員の残業「100時間超え」「休憩時間0分」も約半数。「準備不足のまま授業に」悲鳴も【名古屋大学調査】文部科学省が定める時間外勤務の上限の目安45時間を大幅に超える結果となった(HUFFPOST)
■「理由もなく涙が…」新任教員1か月で適応障害に ブラック職場に教員ら法改正訴え なり手不足で引き継げるのか“教師のバトン”(TBS NEWS DIG)
休憩ゼロは法律違反だし、管理職からの過少申告要求は犯罪です。そして、すぐにでも働き方改革を実現する方策がいくらでもあるのに、どうしてやらないのか。

■茨城・守谷市教委 残業減へ部活動改革 日課見直し、教員の時間確保(茨城新聞クロスアイ)
■中学校の部活動を「地域移行」とは? 教師の長時間労働減へ…地域や民間に委ねる【宮城発】(仙台放送)
制度的な外堀は埋まってきている印象はありますが、実は一番の問題は「部活命!」の現役教員をどうするか。

■教員が過労死ライン超えて残業か 埼玉の私立高、労基署が是正勧告(共同通信)
私立は公立と違って目につきにくい分、悪質なケースもあります。

学校間接続

■「夢をアピール」して大学合格!増加する『総合型選抜』の入学者…専門の塾に通う生徒たちも 変わる『大学入試』のいま(MBS NEWS)
大まかには、アメリカのやり方に近づいています。

学校

■「体育座りは体に悪い」という記事でもっと気になったこと(Newsweek)
全校集会は本来なら何らかの目的を達成する手段として活用すべきところ、開催自体が目的になると変なことになります。やることがないなら、やめたほうがいいでしょう。学習指導要領でも特に必須事項になっているわけじゃないし。

■ランドセル「重すぎ」 専門医「成長のため少しでも軽く」 教科書ページ 15年で1.8倍に(上毛新聞社)
教科書をバラして使うところだけ持っていけば簡単に解決する、などと思う。

■「学歴がないためにどれだけ苦労したか」73歳男性も入学 …九州初“公立夜間中学校”が開校 様々な思いを胸に開く学びの扉【福岡発】(テレビ西日本)
やったばい、って胸を張ってほしいです。

教育全般(国内)

■教員免許、過去失効分も復活 「ペーパー先生」教壇へ―学び直しが課題(時事通信)
こんなマヌケな制度を導入して公教育の崩壊を招いているのが誰なのか、文科省は明らかにして責任を追及してください。

■誰も知らない?わが国初の子どもの貧困実態調査の「本当の意義」、小林盾教授を壁ドン教授と言う勿れ(末冨芳)
丁寧な記事で、勉強になりました。まず話の前提となるデータを揃えることは極めて大切にもかかわらず、そういう基礎の大切さを理解している人も少ないという。

■ヤングケアラー支援へマニュアル 学校や自治体連携、厚労省(共同通信)
教育と福祉が接する領域では、コーディネーターが機能するかどうかで結果は大きく違ってきます。

教育全般(海外)

■早く話し始める子と遅い子「学力差」その後の真実 比較対象にはなるが将来の成否を約束はしない(東洋経済ONLINE)
まあ育ち方には個人差があります故。

■灘→MIT卒の起業家が語る、「問題児」が許容されるMIT学生の壮大な”いたずら” MIT卒起業家の新しい教育論・前編(現代ビジネス)
京都大学には似たような伝統と雰囲気が残っていますね。東大でも、駒場寮があった頃なら。

【感想】三菱一号館美術館「上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー展」

 三菱一号館美術館の「上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー展」を観てきました。

 上野リチは、ウィーン応用美術大学で学び、ウィーン工房に参加したデザイナーです。
 作品そのものは、手書きの味が残るフリーハンドの線と、微妙に彩度を下げた色のチョイスと配置が絶妙で、ぱっと一目で「かわいい」と思えるものばかりですが、近寄ってじっと凝視してもやはり「かわいい」のでした。個人的には70年代りぼんオトメちっくの陸奥A子や田渕由美子のカラーイラスト、あるいは榛野なな恵の低彩度カラーイラストを想起します。アール・ヌーヴォともアール・デコとも異なる何らかのデザイン・センスの系譜があるように感じます。そのセンスに名前を付けるなら、やはり「おとめチック」になりそうです。シンプルな機能美を旨とするブルーノ・タウトとそりが合わなかったのは、まあ当然のように思えます。彼におとめチックの要素はありません。

 学問的な興味は、やはり「応用美術」の概念的な位置づけにあります。純粋美術とは異なる「応用美術(あるいは装飾美術)」の価値というものが、どう認められていったか、あるいは認められていかなかったか。そのあたりの概念的なインスピレーションは展覧会そのものからは得られなかったので、買ってきた図録を見ながら改めて考えることにするのでした。
 「cafe1894」が満員で、上野リチ展タイアップの見た目も麗しい色とりどりの創作メニューをいただけなかったのは、多少の心残りであります。
(2022年5/13訪問)