鵜殿篤 のすべての投稿

【教育学でポン!?】2020年2月19日

妻と食事中、今日は子ども食堂の運営の話になりました。いろいろと考えるべきことが多いなあと思いました。

教育全般

学校が早く終わっても…4時まで外出禁止 「4時禁」はブラック校則? 岐阜県教委が見直し求める(CHUKYO TV NEWS)

議論もなにも、憲法に保障された「自由権」を、「子どもだから」という理由で侵害することが許されるかどうかという話ですよね。

大学入試の未来はどうなるのか ―第3回検討会議の内容と委員の腹積もり―(HARBOR BUSINESS Online)

詳細については議事録をしっかり読むとして。岡委員の発言にある「入試は本来アドミッションポリシーに基づいて各大学が選抜するものである」が、私としても正論に見えるわけです。しかし世間様の圧力のせいもあって、この方向では議論が進まないんですよね。世間のほうが「学力=偏差値」という考え方に縛られているように見えます。

知識ではなく精神を育てる「シュタイナー教育」。学校教育との違いを紹介!(オリーブオイルをひとまわし)

シュタイナーは、オーストラリアではなくオーストリア出身ですね…。個人的には、シュタイナー教育の本質的なことを掴もうと思ったら、1920年代ドイツという特異な空間についての理解が必要になると思っています。

小学校入学までに先取り学習はする?教え方が学校と違うと子どもが混乱するケースも(ママスタセレクト)

まあ、悪くない内容でした。教育学的な知見では、「先取り学習」を押しつけることにほとんど意味はないというのが常識です。すぐに追いつかれますし、副作用の方が大きいからです。子どもの個性と発達段階に配慮すること、つまり子どもが興味を持ったときに働きかけるのが、幸せに一番近いでしょう。

坂井市の小学校で「2分の1成人式」(FBC)

※映像と音声が流れます。
教育学的には、「2分の1成人式」にそもそも教育的意味があるかどうかが問題となります。ところで成人年齢が18歳になっても、「2分の1成人式」は10歳なんですね。

大人目線で見る、中学受験の厳しい現実ーー『二月の勝者』の圧倒的情報量とその残酷さ(Real Sound)

東京だけに見られる特有の中学受験は、ガラパゴス的な自由競争下の進化の結果ではありますね。所詮はガラパゴスという認識は持っていたほうがいいと思います。

【教育学でポン!?】2020年2月18日

妻と食事中、今日は涅槃図の話になりました。古代インドでは、豹が虎の雌だと思われていたそうで。江戸時代の日本人がそう考えていたという話は知っていましたが、古代インドもそうだったんですか。

教育全般

全国で5校目 広島県福山市の小学校が「国際バカロレア」に認定(広島ホームテレビ)

※映像と音声が流れます。
小学校ということですから、「国際バカロレア」の中でも3歳~12歳を対象としたPYP(国際バカロレア初等教育プログラム)のことだと思われます。国際バカロレアも年齢ごとに種類が違うという基本知識を持っていないと、微妙に誤解しそうなニュースではありました。

小・中学校を統合する意味は…増え始めた「小中一貫校」って何?(FNN PRIME)

専門的にいえば、「学校教育法=六三三制」の見直しの過渡的形態と考えるところです。六三三制の見直しは、自民党教育部会がずっと主張してきたところでした。その流れの一環と理解しています。一般的には、学級担任制と教科担任制の境界線をどうするかという議論として考えると分かりやすいかもしれません。

「教育は選択肢」、スラムでの教育支援に込めた思い(alterna)

教育にできることは実際には思ったより限られているのですが、とにもかくにも「字を読み書きできるようになる」と、良くも悪くも、世界の見え方が大きく変わるんですよね。

体罰の定義「子に苦痛や不快感」 厚労省指針、4月運用(共同通信)

体罰の定義は、学校教育法第11条に絡んでもなかなか厄介な問題となっています。指針の内容に注目したいと思います。ここで「教育的意図」の有無を問題にすると深い闇に迷い込むことになるのは、専門家が夙に指摘しているところですね。

作問委員が問題集作成 共通テストの国語記述式で(JIJI.com)

マッチポンプってやつですね。

【教育学でポン!?】2020年2月17日

上腕三頭筋と大腿四頭筋が筋肉痛です。日頃からよく歩いているつもりでしたが、この筋肉は普段の生活で使っていなかったと、自分の肉体で学習なのです。

教育全般

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある vol.1(Meiji.net)

内村鑑三が地理学の本を書いていたこととか、けっこう忘れられていますよね。地理はおもしろい学問で、暗記教科だってみなされるのは勿体ないですね。(先週の実習巡回で、群馬と栃木を間違えたのが未だに痛恨)

全国初、小学教諭採用に「体育枠」 宮崎県教委が設置へ(西日本新聞)

教育学的な本質から導いた結論ではなく、「国体に向けて」ですか、なるほど。

京都大学の吉田寮、学生たちの暮らしが切り取られた写真集。ひたすら思索し続けてきた痕跡が熱い―平林 克己,宮西 建礼,岡田 裕子『京大吉田寮』武田 砂鉄による書評(ALL REVIEWS)

私が吉田寮を訪れたときは、玄関にコタツが据えられていて、文字どおり温かく迎え入れてくれたのでした。コタツにあたっていると、取れたての白菜を10個ほど抱えて「鍋にしよう」と叫ぶ寮生が現れたり、浮浪者風の男性が佇んでいても誰も気にしなかったり、二階から降りてきた寮生が「これからユニクロに行くぜ」と気合いを入れていたり、そんな日常の風景を見させていただきました。

チームで解く「国算オリンピック」 小学生が3人1組のチームになって国語と算数の問題解く(とちテレ)

※映像と音声が流れます。
こういう協同的な問題解決の機会を増やしていくと活気が増すんでしょうね。いい取組みだと思います。

中学生のかた必見! 高校受験に向けていつ頃から勉強を始めればいい?(ベネッセ教育情報サイト)

こういう記事を読むと、つくづく受験なんて廃止したほうがいいと思ってしまいますね。特定の「対策」をするから、意味がないように見え、勉強が嫌いになっていきます。勉強は、空気を吸うようにやりたいものです。

【要約と感想】筑波大学附属学校教育局編『グローバル人材を育てる―いま、なぜ若者は海外へ行かなくなったのか』

【要約】統計的には、海外留学する若者が減っています。理由は、経済的なものや心理的なものなど複合的だと思われます。しかし急速にグローバル化が進んでいる現状では、海外留学する意味は必ずあります。筑波大学と付属学校は、グローバル化人材を育てるために様々な取組みを行なっています。

【感想】総論(グローバル化における教育のあり方)と、具体的事例(筑波大学と附属学校における取組み事例の紹介)で構成されている。先進的な取組みの数々には、さすが筑波大学だなと感心させられる。

個人的な感想では、日本がガラパゴスから脱出できないのは、企業の採用形態(新卒一括採用)に最大の問題があるのではないかと思っている。常時採用が当たり前になれば、大学卒業後に半年留学とか、当たり前の風景になるだろうと思うわけだが。

筑波大学附属学校教育局編『グローバル人材を育てる―いま、なぜ若者は海外へ行かなくなったのか』東洋館出版社、2012年

【教育学でポン!?】2020年2月16日

妻と食事中、昼は「女系天皇」の話、夜は「大きな物語」の話になりました。

教育全般

未来の科学者へ!小中学生が大学で研究発表(MRO)

※映像と音声が流れます。
こういう取組みはどんどん進めていきたいものです。

「低レベルすぎる学生レポート」の数々に大学教員の嘆きが止まらない(マネーポストWEB)

レベルが低いものは確かにあるのですが、書き方を教えていないという問題もあると思います。

教員間いじめ問題

「いじめは職員室内にもある」前提に 教育評論家・武田さち子さんに聞く(神戸新聞NEXT)

まあ、おっしゃるとおりですね。

神戸市教委、大幅再編へ いじめ対応などの「監理室」新設 来年度案(毎日新聞)

ふむふむ。機能するかどうか注目しましょう。

東京大学

東大教養課程を収めれば「ヘイト」しない? 東大の「教養過程」はそんなにスゴいものなのか?(HARBOR BUSINESS Online)

個人的な経験に限って言えば、教養課程はたいへんありがたい存在でした。東大には理科Ⅰ類で入りましたが、3年に上がるときに教育学部に文転できたのは、教養課程があったおかげです。理科系の専門科目より、政治学や哲学など一般教養の授業の方が肌に合っていたことが、2年間でよく分かったのでした。

なぜ受験エリートたちは「東京大学」を目指したのか?(幻冬舎GOLD ONLINE)

そんなわけで結果的には「進学選択制」は極めてありがたかったのですが、目指した動機ではありません。京大と東大と比較して東大を選んだのは、単に東京に行ってみたかったからでした。まだインターネットがなく、情報が東京に一極集中していた時代のことです。今だったら、判断は変わる可能性が高い気がします。