「雑感」カテゴリーアーカイブ

【感想】青年劇場「キネマの神様」

青年劇場の「キネマの神様」という演劇を観てきました。原作は原田マハの小説です。

*以下、ネタバレを含みますので、劇を見たり本を読んだりする予定がある方は、見ないようにしてください。

 

 

見たあと、とても幸せな気分になれる作品でした。それぞれ問題を抱える登場人物たちが、協力して一つのプロジェクトを成功に導いていく過程で、自分自身の問題を解決していくという筋書きです。登場人物たちの問題が複雑に絡み合うため、筋書きそのものは単純ではないのですが、一つのプロジェクトが成功に向かって行く柱が分かりやすく、最後まで作品世界に入りこんで楽しむことができました。

登場人物たちが抱える課題とは、
(1)アラフォーのヒロイン:思い込みが激しい性格が災いして、長く勤めた会社を退職。
(2)ヒロインの父親、ゴウちゃん:ギャンブル依存症で多額の借金を抱えている上に、心筋梗塞で倒れる。
(3)名画座の主:時勢の流れに逆らえず、名画座を畳まなければならないと思い詰める。
(4)映画雑誌の編集長:夫が自殺し、ひきこもりの息子を抱えている。
(5)ひきこもりの息子:ひきこもっている。
という具合なわけですが。

こういう問題を抱えた登場人物たちが、協力して「キネマの神様」という映画評論サイトを立ち上げ、自分の持ち味を存分に発揮していきます。それぞれの持ち味がチームの中でがっちり噛み合って、奇跡的な成功に向かって行きます。きっと誰か一人が欠けただけでも、この成功はもたらされなかっただろうなと思います。一つのプロジェクトを成功させようと全員が真剣に取り組むからこそ、お互いの持ち味を尊重し合い、自分の能力を最大限に発揮して、チームが一つに固まっていくのだなと思いました。

ゴウとローズ・バッドが論争のやりとりの中から友情を紡いでいく過程も、とても刺激的でした。最初はゴウを見下していたローズ・バッドが次第に相手の人格を尊重し始め、最終的にかけがえのない友情を築き上げていく展開には、ついホロリとしてしまいました。
お互いの人格を認め合えないまま相手を罵って一方的に勝利宣言して終わる昨今の不毛なtwitter的論争と比較した時に、なんと奇跡的な「論争」でしょう。こういった論争を成立させるためには、どうしても「映画を愛している」という共通項が存在しなければならないのでしょうけれども。愛している映画の前では、自分のプライドなんて、ちっぽけでつまらないものなわけですから。
ローズ・バッドは、ゴウの映画批評に対して「人間性が表れている」というような意味のことを言いました(正確な表現は忘却)。私も本の感想などいろいろなことを書き散らかしている身ではありますが、ちゃんと私の文章に私の人間性が表れているかどうか。まずは「自分自身に嘘をつかない」という意識を徹底しなければいけないなと、劇を見ながら思った次第です。

要所要所で織り交ぜられる細かいギャグも効果的で、最初から最後まで集中して見られる舞台でした。とてもおもしろかったです。

■青年劇場「キネマの神様

【大学教育改革の最前線?】ディプロマ・ポリシーとカリキュラムの整合性を検証する

昨日は大学教員の研修会で、ディプロマ・ポリシーとカリキュラムの整合性を検証するグループワークに参加してきました。

【ところで、そもそもディプロマ・ポリシーとは】
卒業時に学生たちが身につけているべき知識や能力を示したものです。つまり、本来は、ディプロマ・ポリシーで示された能力を身につけていない者は、卒業に値しないことになります。逆に言えば、学生にとっては学修成果の目標となるものです。
そして大学にとっては、その大学の教育理念を示すものです。われわれ大学の教員の立場から見れば、われわれが行なう個々の授業は、最終的にこのディプロマポリシーを達成するために行なわれているはずのもの、ということになります。

【では、カリキュラムとの整合性とは】
ディプロマポリシーを達成するためには、学生が卒業するまでの教育が、目標を達成するために合理的に計画されていなければいけません。計画=カリキュラムが教育目標と噛み合っているのかどうか、しっかり検証する必要があります。

そんなわけで、私が勤める東京家政大学では毎年課題意識を持って研修会(FD)に取り組んでおります。近年では文部科学省の大学制度改革と連動して、主にディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーの策定と実質化に力を入れてきております。
本日は、特に「ディプロマポリシーの実質化」を目指し、具体的には栗田佳代子先生(東京大学大学総合教育研究センター)の指導の下、各学科のカリキュラムがディプロマポリシーと整合性がとれているかを検証しました。

たいへんたくさんの先生方が参加されて、会場は熱気に包まれております。

トップダウンで各ポリシーを策定するのではなく、こうやって各教員が参加してボトムアップ型でポリシー策定を進めていくやりかたは、栗田先生からも高い評価をいただいているところです。
世間からは見えにくいですが、実は大学の先生たちも、大学改革のためにけっこう頑張っているんですよ…

具体的には、自分が担当する授業が、策定されたディプロマ・ポリシーの何に該当するかを可視化し、全体のバランスがとれているかどうかを判断していきます。もしもバランスが偏っていたとしたら、ディプロマ・ポリシーとカリキュラム構成が噛み合っていないことが明確になるわけです。

ということで、自分が担当している授業が学生たちのどのような資質・能力を伸ばしているかを考えて、付箋をもりもり貼っていきます。

こうしてみると、確かに全体のバランスが一目瞭然となります。

こうしてできた表を叩き台として議論に入り、改善点を洗い出していきます。
私が個人的にたいへん感心したのは、この作業を通じて、学科で行なっている教育の「本質」に関わる議論に発展していったことです。学科会議等でディプロマ・ポリシーを議論したときには、そこそこ真剣に話を進めて生産的な結論が出たように思っていましたが、こういう作業を通じてみると、実はまだまだ抽象的なお題目のレベルで話が終わっていたんだなということを実感します。個々の教員が自分の授業の位置づけと役割を認識して、さらにそれを全体のカリキュラム構成にフィードバックし、全員で共有できたときに、初めて具体的で実質的なディプロマ・ポリシーに仕上がっていくんだということを、目の当たりにしました。
なるほど、これがいわゆる「カリキュラム・マネジメント」というやつなんだなと。

今後もこういう具体的で実質的な作業を通じて、さらに大学教育を善いものにしていく所存であります。

とはいえ、疑問なしともしないところです。大きくは、2つの疑念があります。
一つは、文部科学省が示したコア・カリキュラムとの整合性です。そもそも我々のような保育者養成校では、各大学で好き勝手にカリキュラムが組めるわけではなく、法律によって一定の枠がすでに決められています。本来、必修科目は法律の規定に則って行なうべきであって、自由にできるのは選択科目だけということになります。こういうふうにトップダウンであらかじめ枠が決められているというときに、各大学がディプロマ・ポリシーとカリキュラムの整合性を考えることに、どれほどの意味があるのか、疑問が生じるところです。
二つは、学問の自由との関係です。個人的な理想の話になってしまいますが、昔の学者の本を読むと、学問の自由を追究した独自の講義から新しいアイデアが生まれてきていることがよく分かります。それぞれの教員が学問の自由を尊重し、個々の講義に全力を傾けることによって、新機軸が生まれてきます。講義に枠をはめるのでは、新機軸が生まれてくる余地はなさそうに思います。本来は、大学は「職業陶冶」のために存在していたのではなく、学問の発展のための機関だったはずでした。もしも「職業陶冶」が最大の役割だとしたら、それは「専門学校」とは呼ばれても、「大学」と呼ばれる必然性はないように思うわけです。

まあ、時代が変化する中で大学も変わっていかなくてはならないので、あまり決めつけず、柔軟に対応していきたいとは思いつつ、やはり私個人の理想というのも大事にしていきたいとも思うわけです。いやはや。

闘士ゴーディアンの、ここが革新的だ!

闘士ゴーディアンというと、一般的には山本正之の主題歌で知られているような風潮があるが、その神髄が理解されていないのは極めて残念なことだ。ということで、闘士ゴーディアンのどこが凄いか、切々と語らせていただく。

死亡フラグが立つまでもない

闘士ゴーディアンの最大の特徴は、「出死に」だ。お笑いには「出落ち」という概念がある。登場した瞬間に笑いをとることを意味する言葉だ。ゴーディアンには、「出死に」という概念がふさわしい。キャラが登場した瞬間に、視聴者が「あ、このキャラ、この回で死ぬな」と悟るからだ。もはや死亡フラグを立てるまでもない。
以下、どれだけ出死にするか、見てやっていただきたい。

ゲストキャラは、ほぼ死ぬ

ゴーディアンでは、ゲストキャラ皆殺しが繰り返される。
第7話で主人公の生まれ故郷が全滅したのを皮切りに、第11話では友情を交わしたヘンリー含めて第7連隊が全滅、第12話ではメガコン隊員ダルフの家族(母、姉、妹×2、弟)が皆殺しにされ、第16話では任務のために雇われた5人のゲストキャラが全滅、第33話では収容所から脱走した仲間が全滅する。
特に衝撃なのが第33話で、脱走した仲間がロイド将軍を救うために「ここは俺たちが引き受けた。ありったけの武器をおいてってくれ」と100%死亡フラグを立てて頑張ったにもかかわらず、ダイゴに背負われたロイド将軍は基地に着く前に死んでしまう。ふつう、ロイド将軍は助かるだろ。ダイゴは「俺は何をやってきたんだ。みんな死んじまった!みんな死んじまった!みんな死んじまった!」と叫び、マドクターに怒りの鉄拳をふるうのだった。

出死にDATA
■第7話の死亡者:ゲスト全滅。ゲンじいさん(祖父)、サム、幼馴染み
■第11話の死亡者:ゲスト全滅。ヘンリー。カスター隊長。
■第12話の死亡者:ダルフの家族みなごろし。(母、姉、妹×2、弟)
■第16話の死亡者:ゲスト5人全滅。 死亡フラグ:マーチン「俺に任せて早く行きな」
■第33話の死亡者:ゲスト全滅。ロイド将軍、ニッキー、マイルズ、ディランなど。

肉親が、ほぼ殺される

ゴーディアンでは、主要キャラの肉親がよく殺される。計算したところ、主要キャラの肉親は、83%の確率で、登場したその回のうちに死ぬ。
インパクトがあったのはポールの父親が公開処刑される第34話だ。ダイゴはポールの親父さんを助けに行くが、間一髪間に合わず、親父さんは蜂の巣にされるのだった。 ふつう間に合うだろ。
ヒロインの母親が無惨に殺される第58話もすさまじい。

出死にDATA:肉親の死亡者
■第7話の死亡者:ダイゴの祖父
■第12話の死亡者:ダルフの家族(母、姉、妹×2、弟)
■第34話の死亡者:ポールの父親
■第42話の死亡者:ダイゴの母親
■第58話の死亡者:ヒロインの母親

市長は、ほぼ死ぬ

ゴーディアンでは、市長が死ぬ。計算したところ、市長として登場したキャラは、85%の確率で、その回のうちに死ぬ。
20話代でビクトールタウン攻防戦が描かれた後、本格的なサントーレ同盟とマドクターの戦いが全地球規模で始まる。主人公達は他の街を味方につけようと会議を開いたりするが、簡単には味方は増えない。サントーレとマドクターの勢力拡大競争の過程で各タウンの市長が登場するが、ほとんどは惨殺されるか、自業自得の非業の死を遂げ、街は廃墟となる。
各市長が頻繁に登場するのは、このアニメではゴーディアンは切り札であっても決戦兵器ではないことに由来する。ゴーディアン一体では戦局を決着させることができないので、主人公側は各都市を味方につけるために政治をすることになり、その過程で各都市の市長の登場機会が増えるという仕組みになっているのだった。高度に政治的なアニメなのだ。

出死にDATA:市長の死亡者
■第24話の死亡者:ビクトールタウン知事ロビンソン
■第31話の死亡者:ビーサウンドタウン知事(街全滅)
■第39話の死亡者:マイナータウン市長(街全滅)
■第42話の死亡者:ケープギャラクシータウン市長マダムクイーン(街全滅)
■第44話の死亡者:タイガータウン市長(街全滅)、レインボータウン市長
■第47話の死亡者:スタータウン市長クーパー、ジョージタウン市長ジョージ
■第53話の死亡者:ヨーロッパ共同体タウン大統領シュバイツ

「ここは俺に任せてお前は早く行け」と言った奴は死ぬ

ゴーディアンでは、「ここは俺に任せてお前は早く行け」と言ったら、かなりの高確率で死ぬ。計算したところ、89%の確率で死ぬ。死ななかったのはバリー隊長くらいのものだ。
衝撃的なのは第26話のメイスン。バリー隊長を逃がすために戦ったメイスンは、マドクターのロボットに踏みつぶされて死ぬ。踏みつぶされる過程がきちんと丁寧に描かれるのが非情だ。

「ここは俺が食い止める」死亡者DATA
■第7話の死亡者:ゲンじいさん「わしにかまうな。早く街を救ってくれ」
■第16話の死亡者:マーチン「俺に任せて早く行きな」
■第26話の死亡者:フランコ「ここは我々が引き受けた。おまえは撤退しろ」、メイスン「15連隊にかまわず、その間に逃げろ!」
■第42話の死亡者:マダムクイーン「この戦いは私に任せてあなたがたは海岸に避難なさい」
■第59話の死亡者:龍馬「おいはここでできるだけ長く敵を食い止める」
■第60話の死亡者:ガウス「ここは我が隊に任せろ。早く家族たちをサントーレへ」

回心して味方になった人は、間違いなく死ぬ

ゴーディアンでは、回心して味方になったキャラが、容赦なく死ぬ。計算したところ、回心した7人のキャラ全員が死んでいる。死亡率100%。圧倒的だ。
第22話で登場した青シャツ党党首の妹アニタが、最終回一話前まで引っ張られた上で物質崩壊ビームによって木っ端微塵になるのも衝撃ではあるが、最も印象に残るのは第27話のマドクター戦闘員のエピソードだ。サントーレの避難民に詰め寄られ、「いいんだ。俺はみんなに殺されても仕方のない人間だ。今ならジタバタせず死ねるよう!ただ先生に何も恩返しができねえのが」と涙ながらに叫ぶところに、ゴーディアンのエッセンスが凝縮されている。第62話のあっけないテウスの死に様も、感慨深い。

回心したのに死亡者DATA
■第22話の死亡者:青シャツ党首ゲバリスタ
■第27話の死亡者:マドクター戦闘員
■第60話の死亡者:ガウス、メウス
■第62話の死亡者:カレン、テウス
■第72話の死亡者:アニタ(ゲバリスタの妹)

捕虜が虐殺される

ゴーディアンでは捕虜が助からない。
第37話では、マドクター幹部のエリアスが、部下のツアラを殺された腹いせに、300人の捕虜を大量虐殺する。300人はマドクター幹部一同が逃げるための人質だったのだが、ゴーディアンが手出しできずに幹部が逃げ切ったあと、虐殺される。ラストは砂漠に死体が転がっている図で終了する。ダイゴが「貴様ら人間じゃねえ、人間の皮をかぶった獣だ。ゆるさねえ、許してたまるか!」と叫ぶのも当然だ。
第58話では、せっかく解放したマドクターの負傷投降兵が、マドクター将軍の手によって皆殺しにされる。そもそもマドクターの下級兵士を巻き添えにする作戦で、「余分な人間は整理しておくのだー」「生きていても役に立たない者ばかり」というマドクター将軍のセリフが恐ろしい。
ちなみに第34話では、公開処刑にされた捕虜のうち、ポールの父親だけ蜂の巣にされ、他の人は助かる。とても珍しい。良かったね。

捕虜の虐殺DATA
■第33話の死亡者:脱走者多数
■第37話の死亡者:捕虜300人くらい皆殺し
■第58話の死亡者:マドクター負傷投降兵皆殺し

敵幹部は、ほっといても死ぬ

ゴーディアンでは、マドクター幹部を主人公がまともに倒せず、マドクターの内部抗争による陰謀で死ぬことが多い。最終回でクリントを殺されたダイゴは「許せねえ、お前らだけは俺がこの手で倒す」と叫ぶのだが、ダイゴが戦うまでもなくマドクター幹部たちは次々と自滅していった。ゴーディアンは、敵をこの手で倒してないのだった。戦闘隊長のバルバダスは、ゴーディアンが全く別のところで戦っているときに、メカコン隊員の待ち伏せで情けなく倒されているし。
バラス総統はいちおうゴーディアンとの一騎打ちで死んでいるが、構造的にはエリアスとの権力闘争に敗れたために一騎打ちに追い込まれた形となっている。
「お慈悲をー」と叫びつつ死ぬサクシダーなど、哀れすぎる。

マドクター幹部死亡者DATA
■第9話の死亡者:クロリアス(内部抗争による自滅)
■第27話の死亡者:バルバダス(主人公の仲間が爆殺)
■第63話の死亡者:バラス総統(内部抗争による自滅)
■第73話の死亡者:エリアス(自滅)、サクシダー(マドクター内部事情)、ドクマ大帝統(自滅)

どうしてこうなった

ということで、軽快な山本正之の主題歌などのせいで、一見脳天気なマカロニウェスタンに見えるにも関わらず、実際の内容は強烈な鬱展開だ。
ゴーディアンの放映期間は1979年10月~1981年2月。ちなみに『機動戦士ガンダム』の放映期間が1979年4月~1980年1月で、微妙にかぶっている。ゴーディアンの鬱展開は、基本的にはタツノコの『テッカマン』や『キャシャーン』に由来するのだろうが、中盤以降の戦争描写には『ガンダム』の影響を考慮する必要があるような気がする。
世界観は中二的SF世界。彗星衝突による文明崩壊後の世界というのはともかく、敵組織がナポレオンやヒトラーを陰から操っていたとか、ネアンデルタール人とクロマニヨン人の断絶を説明してしまうとか、挙げ句の果てに宇宙論で最終回を迎えるあたりなど、壮絶な超展開には唖然とせざるを得ない。

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」に行ってきました

東京国立博物館の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」に行ってきました。とても見応えがありました。

なんといっても、縄文の国宝6点が大集合していたのが大興奮でした。これは、なかなか見られません。
他にも、遮光器土偶(どうしてまだ重要文化財なのだ)とか、火焔式土器大集合とか、縄文ポシェットとか、巨大な石棒どもとか、見所が満載でした。

そんなわけで、お土産もたくさん買ってきました。やはり眼鏡者としては、遮光器土偶は外せません。
まずは遮光器土偶キーホルダー。

さらに、遮光器土偶キャンディ。

ケースに入っていると光の加減でどうなっているのか分かりにくいですが、出したらこう。

コーラ味でした。美味しくいただきました。

いちばんインパクトがあったのは、これですかね。遮光器土偶アイマスク。

これで我々も遮光器土偶になれる!?

縄文時代については、近年急速に見直しが進んでいるようです。未解明の部分も多いので、これからの展開も楽しみですね。私は、土器を見ただけで製作時期を当てられるように研鑽を積みたいものです。(今は中期くらいしか見分けが付かない…)

教員免許更新講習2018

今年も教員免許更新講習の時期がやってまいりました。

教員免許には有効期限があって、10年ごとに更新しなければ教員資格を失ってしまいます。更新するためには、大学で講義等に参加し、所定の単位を取得しなければなりません。法律で決まっている以上、誰も逃れられません。更新を怠って教員免許の期限が切れ、職を失ったり、黙って仕事を続けているうちにバレて大変なことになってしまったニュースを毎年のように聞きます。

そして私は、免許を更新するために集まった先生方の前で講義をしてきたのでした。恐れ入ります。先生方は、たいへんお忙しいところ、貴重な時間を捻出して講習に参加していただき、お疲れ様でした。有意義な時間となっていれば幸いであります。

個人的には、この免許更新講習、どうかなあという気がしています。というのは、教育公務員特例法に定められた「研修」との整合性が計られていないことが明らかだからです。教員資格に関する法令全体が合理的に整備されていないからです。要するに、立法を司る人々の怠慢が反映された制度だと思っているからです。
とはいえ、いったん法律で決まった以上、ソクラテスに倣い、国民として法律に粛々と従うことについては吝かではありません。立法関係者の不勉強は明らかではありますが、いったん法律が定まった以上、免許更新講習を有意義な時間にするのが我々の役目です。主観的には、けっこう頑張ってるつもりです。

ということで、「教育の最新事情」のテーマとして、「社会に開かれた教育課程」と「カリキュラム・マネジメント」について話をしてきました。これらは昨年出た新学習指導要領の目玉キーワードとなっており、「最新事情」の看板にふさわしいものと思ったからであります。話の内容は、まあ、上記リンク先で示してある見解に沿って行いました。

とはいえ、参加する先生方から集めた事前アンケートを見たところ、総じて関心が高かったのは、「特別支援教育」であったり「特別の教科道徳」の具体的な姿であったりと、やはり各先生方の目の前に迫った喫緊の実践課題に対してでした。「社会に開かれた教育課程」と「カリキュラム・マネジメント」は、差し迫った喫緊の実践課題というよりは、ちょっと遠回りで原理的な話になるからでしょう、あまり関心を集めていないようでした。このあたり、新学習指導要領を出して鼻息が荒い文部科学省の姿勢とは、意識にちょっと開きがあるような気がしていたところです。

そんなわけで、様々な立場の現場の先生方と直接触れあうことができる貴重な機会を最大限に活かし、個人的な興味関心からアンケートをとってみました。「社会に開かれた教育課程」と「カリキュラム・マネジメント」という概念が、どれくらい現場に浸透しているかどうかを確認しようという試みでありました。結果だけ示すと、「社会に開かれた教育課程」については7割くらいの先生方が、「カリキュラム・マネジメント」については半分くらいの先生方がピンと来ていない様子でした。また校内研修においても周知徹底されている様子は伺えませんでした。「カリキュラム・マネジメント」については一部の学校で徹底的な研修によって周知されている様子も伺えましたが、全体として意識が高まっているわけではないということが分かりました。
まあ、「特別の教科道徳」とか「特別支援教育」など、現場の先生方は差し迫った緊急の課題にまず対応しなければならないので、学習指導要領の理念の浸透はこれからといったところでしょう。

そして、授業後に回収したご意見・ご感想を丁寧に読みました。先生方が、目が回るほどの忙しさの中、子供たちのことを考えて頑張っていることがよくわかりました。先生方が、苛酷な環境で時間に追われながらも、いかに目の前の子供たちのことを真剣に考えて日々の仕事に取り組んでいるか、改めて頭が下がる思いです。

アンケートでは、「マネジメントの観点から学校運営が改善しているかどうか」も聞きました。一部の学校ではありますが、かなり意欲的に「働き方改革」を進めていることを確認できました。たいへん心強いことです。しかしまだまだ大半の学校では形になっていないようです。先生方の激務が少しでも緩和され、子供たちに向き合う時間を確保できるよう、関係者が知恵を出し合い、良い方向に改革が進んでいくことを願います。私も、少しでも力になれればと思います。

貴重な時間を捻出して参加してくれた先生方に対して、私の話が少しでも参考になっていれば、幸いです。先生方、たいへんおつかれさまでした。