「雑感」カテゴリーアーカイブ

【プログラミング教育】ころがスイッチドラえもん「ワープキット」「ジャンプキット」で遊ぶ

実際に遊んでみよう

知育玩具『ころがスイッチ ドラえもん』「ワープキット」と「ジャンプキット」で遊んでみました。商品名のとおり、ピタゴラスイッチにインスパイアされているようなおもちゃです。

遊んでいるうちにプログラミング的思考が育まれるとのことですが、さてどうでしょうか。

まず箱を開けると、こんな感じになっております。

小さなパーツがけっこうたくさん入っていますね。

まずは附属の「ミッションブック」に従って遊んでみましょう。実際に遊んでみた動画が、こちら。

なかなか夢中になって組んでしまいました。

秘密道具の使い方

さて、実際に遊んでみた経験を踏まえて、秘密道具の使い方を考えてみました。(※あくまでも個人的見解です。)

「ワープキット」附属の秘密道具

■どこでもドア
使い勝手:★★
トラブル:★★
おもしろ:★★★★
コメント:初期設定に一手間かかるところが面倒です。が、下から上にボールを運べる手段は他にないので、重宝します。オリジナルコース設定では要所に設置することになりそうです。

■タイムトンネル
使い勝手:★★★
トラブル:★
おもしろ:★★★★★
コメント:くるくる回ってかなり時間をロスします。別々のコースを走っていた2つ以上のボールを一個所に集約するという、おそらく開発者の意図とは違う使い方ができて、なかなか創造力をかきたてます。

■エスパー帽子
使い勝手:★
トラブル:★★★
おもしろ:★★★
コメント:分岐をコントロールする装置です。このアイテムの使い方次第で、かなり面白いコースづくりができそうな気がします。スタート時にセットするのを忘れると、悲しい結末を迎えます。

■タケコプター
使い勝手:★★★★
トラブル:★★
おもしろ:★
コメント:ボールが通過するとタケコプターが回ります。それだけです。ときどきタケコプターが吹っ飛んでいるのに気がつかないでいたりします。

■もぐら手袋
使い勝手:★★
トラブル:★★★
おもしろ:★★
コメント:装置の挙動はおもしろいのですが、けっこうトラブルが多いアイテムです。ここで止まってしまうときは、ブロックのはまりかたに歪みがあるケースが多い気がします。

「ジャンプキット」附属の秘密道具

■空気砲
使い勝手:★
トラブル:★★★★
おもしろ:★★★
コメント:ボールをジャンプさせる道具ですが、やはり着地が難しいです。思う通りに飛んでくれないことがしばしばあります。ここが頭の使いどころなのでしょう。

■ガリバートンネル
使い勝手:★★
トラブル:★★
おもしろ:★★
コメント:大きな玉になって出てきます。大玉の挙動が面白いので、魅せ場を作れるアイテムです。短距離直線で終わらせるのはもったいない感じがしますね。

■バイバイン
使い勝手:★
トラブル:★★
おもしろ:★★★★★
コメント:ボールが2つに分裂します。実におもしろいアイテムです。魅力的なオリジナルコースになるかどうかは、この秘密道具の使い方にかかっていそうな気がします。

■時間ナガナガ光線
使い勝手:★★★★
トラブル:★
おもしろ:★
コメント:時間をかけてコースを通過します。それだけです。2つのボールのゴール時間を調整することには使えますが、他に何かおもしろい使い方あるのかなあ。

オリジナルコースを作ろう!

さて、秘密道具の使い方にも慣れたところで、オリジナルコースを作ってみましょう。
今回は、「立体交差」にこだわってコースを作ってみました。実際の挙動はこちらの動画に。

「鈴鹿サーキット」の立体交差が大好きなので、とにかく立体交差をたくさん作りました。立体交差が6個所あります。

立体公差が多いと、コース全体がコンパクトにまとまりつつ、ボールの挙動がおもしろくなるような気がします。ただ、高さが出るので、コース全体を安定させるためにマニュアルには書いていない独自の工夫が必要になります。

たとえば空気砲を固定させるために、支柱の組み方をアレンジしています。高いコースを支えるためには、ブロックの組み方に工夫を加える必要があります。

支柱の組み方を工夫した副産物というか。ボールが支柱の間の隙間を通っていくところとか、ちょっとおもしろいかなと思っています。

バイバインを支える支柱の間を大玉が転がっていくところなど、なかなかの魅せ場かなあと思いますが、どうでしょう。

そんなわけで、なかなか夢中になってコースを組んだのでした。

秘密道具の裏技な使い方

いくつかの秘密道具は、おそらく開発者が意図していない使い方ができて、コース編成の自由度を高めます。
たとえば「バイバイン」と「ガリバートンネル」と「どこでもドア」は、普通はスイッチを押す側のボールはスイッチを押した段階で役割終了なのですが、これが跳ね返ってくるのを利用して、コースに戻してしまうという裏技が使えます。これを使うと、ボールが増殖していきます。
次の動画では、実際にボールを3つや4つに増殖させる仕掛けを作っています。

また、タイムトンネルは、ジャンプしたボールなども含め、別のコースを進んできたボールを吸収する受け皿として使えます。
下の動画では、後半のコースで、空気砲でジャンプしたボールをタイムトンネルで受け取っています。

結論

作っている間にもいろいろアイデアが浮かんできます。創造力をかきたてるというキャッチフレーズも、あながち間違っているとは言えなさそうでありました。
晴れた日は砂場で元気に遊ぶとして、雨の日はこういう知育玩具もいいのかもしれません。

【ころがスイッチ ドラえもん】


【感想】Bunkamuraザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」

「みんなのミュシャ」展(Bunkamuraザ・ミュージアム)を観てきました。

いやあ、圧倒的。
印刷物やテレビ番組等で作品自体を目にすることは多いのだけれど、実際のポスターはとても大きくて、迫力があります。繊細な線に、惚れ惚れとします。情報量が多くて、いつまでも見ていられる感じ。

眼福だったのはともかく、個人的な研究を豊かにする2つの目的があって観に行きました。一つは「装飾芸術」の位置づけ、もう一つは「ナショナリズム」の観点です。

ヨーロッパは伝統的に「装飾芸術」を低く見て、古典的な絵画と彫刻のみを上級の「美術」とみなす傾向がありました。が、19世紀末からジャポニズムの影響やラスキンやモリスの主張等もあり、装飾芸術の地位が高まっていくことになります。そして注目されるのは、装飾芸術の復権が民族的意匠の再発見を伴っていることです。具体的には日本や中国の造形美術に対する高い評価の他、東欧(ハンガリーなど)の民族的意匠が注目されていきます。
ミュシャに対する評価はこういう19世紀末ヨーロッパの空気と関係しているのかな、という関心がありました。そしてミュシャ自身がデザインサンプルを大量に残していることに、確かに時代の空気を感じてきたのでした。図録でも「ミュシャの装飾文様と日本の七宝について」(38-39頁)で、民族的意匠との関連が指摘されているところです。

もう一つの「ナショナリズム」に関しては、ミュシャ自身の「スラブ叙事詩」ほどではないですが、なかなか興味深い作品が展示されていました。
こちら、写真撮影OKのスペースに展示されていたので、撮ってきました。

黒い眼帯をしているのは、チェコの英雄ヤン・ジシュカです。最近はマンガでも大活躍しているので、多少は知名度が上がった人物かもしれません。→大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』
ヤン・フスについては私の大学での授業「教育原論」でも触れています。なぜなら、教員採用試験に必ず出てくる教育思想家コメニウスと深い関係があるからです。また、ルターの宗教改革との比較でも触れることになります。
ヤン・フスやコメニウスについて触れるとき、ミュシャの作品は学生たちに具体的なイメージを喚起させるのに、とても役に立ちます。
さて、この作品に付された解説パネルには以下のような説明がありました。

やはり「チェコ人の戦う魂の象徴」ということです。ミュシャは19世紀末から20世紀初頭の「ナショナリズム」の勃興を体現している人で、間違いないわけです。図録でも「チェコ復興運動の機運が高まる」とか「画家として祖国復興に貢献することを目指していた」(41頁)とか「熱心な汎スラブ主義者だったミュシャ」(42頁)などと書かれているところです。

しかしそんな民族主義者ミュシャの絵が、遠い極東日本に大きな影響を与えているという不思議さ。
会場にはミュシャに影響を受けた現代日本作家の作品も展示されていました。私の世代にはお馴染みの天野喜孝(FF)や出渕裕(ディー土リット)の作品があって、眼福でした。少女マンガでは、水野英子、花郁悠紀子、波津彬子、山岸凉子、松苗あけみというラインナップ。
ミュシャの作品は、民族主義を突きつめるとかえって普遍的になっていくという、ひとつの好運な例なのかもしれません。本展覧会の名前自体が「みんなのミュシャ」という。「スラヴのミュシャ」を自認していたミュシャ本人(ムハと呼ぶべきか?)は、どう思ってますかね。

平日の昼なのに大混雑で、みんなミュシャが好きなんだなあと再確認した展覧会でした。

【城と猫】城に行くと猫がいる―Castles & Cats

城に行くと、猫がいるのは何故。
Dungeons & DragonsとかTunnels & trollsのノリでCastles & Catsということでよろしくお願いします。

人吉城(熊本県人吉市)

城の東側、石柱標識。

城の東側。

(2019年7月 人吉城)

唐沢山城(栃木県佐野市)

虎口脇。当時の佐野市は摂氏38.7度。まるで警備警戒していない。

本丸に向かう参道。行きは元気。

城を見学して帰ってきたら、こう。

(2019年8月 唐沢山城)

大高城(愛知県名古屋市)

二の丸の東屋下。

本丸に向かう途中。

(2015年8月、2011年5月 大高城)

和歌山城(和歌山県和歌山市)

大手門付近お堀端

(2015年6月)

岡山城(岡山県岡山市)

帯曲輪の石垣麓。

(2017年10月 岡山城)

韮山城(静岡県伊豆の国市)

城池親水公園。

(2016年1月)

他に、目視はできても、写真ではうまく撮れなかったニャンコもたくさんいるからなあ。気がついたらアップしていこう。
ちなみに、石垣の城ではよく猫を見るものの、土の城や山の城ではほとんど猫をみかけない。

【感想】サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」

サントリー美術館で開催中の「遊びの流儀 遊楽図の系譜」展を見てきました。

「遊び」というと、近代以降では子どもの専売特許のような印象を持ちがちなのですが、かつては大人も子どもも一緒になって全力で遊ぶものでした。大人も一緒に遊ぶ様子がよく分かる展覧会だったように思います。

たとえば中世では、蹴鞠や貝合という遊びは貴族の嗜みでした。梁塵秘抄に記された「遊びをせんとや生れけん」とは、後白河法皇が愛した今様に由来します。中世以降は、中国の士大夫層の嗜みであった「琴棋書画」がアレンジされて、屏風や襖絵が描かれることになります。遊んでいるのは大半がいい大人です。近世初期に描かれた風俗図や遊楽図でも、全力で踊っているのは、大人です。子どもも描かれてはいますが、授乳されていたり、手を引かれていたりするのが目立つくらいで、遊びの主役であるようには見えません。囲碁や将棋や双六の盤は、豪華な蒔絵を施された嫁入り道具にもなっており、単なる子どもの遊び道具とは扱われていません。総合的に見て、「遊びは子どものもの」という意識を確認することはできません。

子どもと大人の遊びが明確に分裂し、「遊びは子どものもの」という意識が作られていくのは、近世中期以降のことでしょうかね。この時期に作られた児童用玩具が大量に発掘されているのを思い出します。
近世中期は、子どもに対する教育の意図が明確に目立ち始める時期でもあります。「子ども=遊ぶもの/大人=働くもの」の分離プロセスについて、想像力が喚起される展覧会でした。

【感想】劇団四季『パリのアメリカ人』

劇団四季『パリのアメリカ人』を観てきました(7/26、於KAAT)。

視覚的な表現が極めて高度で、とても楽しく観ました。バレエを主軸とした華麗でダイナミックなダンスと、鏡のようなアナログ装置にプロジェクションマッピングのような最新技術を加えた背景美術が見事で、眼を離す暇を与えてくれませんでした。

話は恋愛の五角関係です。一人の女性を三人の男性が好きになり、そのうちの一人を別の女性が好きになるという関係です。両想いの組ができなかったら悲惨な結末を迎えてしまう設定であります。
話の作り方はオーソドックスで、アリストテレス『詩学』が言うところの「認知と逆転」を効果的に組み込んでいます。気がついたところでは、「認知と逆転」が三個所に配置されていました。まず三人の男性が一人の女性を愛していたことが分かるところ、次に同じプロジェクトに関わっていたことが明らかになるところ、そして隠れてパフォーマンスをやっていたとことが両親に見つかるところ。それぞれ、ダンスを織り交ぜながら見事に「認知と逆転」が表現されていたように思いました。

物語の背景は第二次世界大戦直後のフランスです。ビシー政権とかマジノ線とか、独仏戦争に関わる用語が飛び交います。まあ、予備知識がなくても分かるとは思いますが、知っているとよりリアルなのは間違いないところです。
個人的に気になったのは、リズが「アルザス」にいたという情報です。アルザスは、周知の通り、フランスとドイツの間で何度も取ったり取られたりした因縁の地です。アルザス語はどちらかというとドイツ語に近い言語です。日本人なら簡単に見過ごすところですが、フランスやドイツの人が見ると、なにか含むところを感じる絶妙な設定なのかもしれません。

で、そういう背景と筋を運びながら観衆の感情を動かしていく演劇なわけですけれども。不覚にも(?)自分自身の感情が激しく動かされてしまったので、個人的なことですが記しておこうかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の妻と結婚する前、とても好きになった女性がいました。ほぼ一目惚れで一発でやられていましたが、人柄やこれまでの人生を知れば知るほどますます好きになっていくのでした。こんなに一人の女性を好きになったのは生まれて初めてのことで、自分でも信じられないくらい積極的にアプローチをかけました。彼女からは「ぐいぐい来る人」なんて言われましたが、こんなにぐいぐい行ったのは生まれて初めてのことでした。ジェリーがぐいぐいアタックしているところでは、ついかつての自分の姿を思い出してしまったのでありました。まあ、あんなに華麗なダンスはもちろん無理ですが。
ぐいぐいアタックの甲斐が実ったのかどうかは分かりませんが、告白が成功して、つきあえることになりました。めちゃめちゃ有頂天。リズにOKされて川に落ちてしまうジェリーの気持ちがよく分かるのです。有頂天なのです。とても楽しい時間でした。犬を連れて成田山でウナギを食べたり、荒川巨大貯水槽を見学したり、浮世絵の展覧会に行ったり。今の妻には恐縮ですが、とても楽しい時間だったのでありました。
が、残念ながら、理由は私のほうでは未だに分かっていないのですが、彼女から別れを告げられることになりました。往生際悪く、恋人じゃなくていいから顔を見たいと頼みましたが、もう二度と会えないと釘を刺されました。心臓が止まるかと思うほどの大ショックでした。
劇中で「二度と会えないけれど、思い出は消えない」というような歌がありました。この劇ではしっかり会えるんですけれども、私は今のところ会えておりません。二度と会えないんでしょう。二度と会えないって、そう思うだけで涙が出てきます。悲しいのです。そして確かに、思い出は消えないのです。
もちろん今の妻は心から愛しているのですけれども、でもかつての恋の思い出も確かに残っております。消えません。「二度と会えないけれど、思い出は消えない」。劇で泣いたというよりは、自分の失恋経験を思い出して、ホロリとしてしまったのでした。元気にしてるかなあ。こちらは今は、とても幸せであります。