「日々随想」カテゴリーアーカイブ

【教育学でポン!?】2022年5月25日

会議が予想以上に早く終わって、嬉しい。
【本日の歩数】5991歩■自宅と学校を往復。

不登校

■不登校の相談先、見つけて 保護者団体の代表が総合サイトを開設(毎日新聞)
情報があっても、それを必要としている人がたどり着けるとは限らないので、ポータルやコーディネーターの仕事はとても大事です。

学校

■高校で必修化『探究』って何? いち早く取り入れた高校で「国公立大の現役合格が20倍」に!? 4000人が参加する「探究の専門塾」も!?(MBS NEWS)
大学入試改革(総合選抜型の増加)と高校カリキュラム改革が連動しています。充実した学びが実現できるかどうかは、教員のカリキュラム構成力にかかっています。

■学級閉鎖で学力低下は「低所得家庭の男子小学生だけ」。少人数学級やベテラン教員の指導で影響緩和も【東大・早大教授ら分析】(HUFFPOST)
理由は丁寧に考えるとして、数字で出てきた結果はしっかり押さえておきたい貴重な調査です。

■義務教育学校で連携 木城町教委と宮大 協定(宮崎日日新聞)
大学と地元の教育委員会の連携は、全国で進みつつあります。どんどん進めるのがお互いにとって良い刺激になると思います。

■先生たちがぶっちゃけた運動会の裏話、多すぎる練習にトイレ掃除「コロナで縮小」には安堵の声(週刊女性PRIME)
本末転倒ですよね。

■「GW中の平日は欠席の子が多かった」子どもに学校を休ませて旅行に行く是非(マネーポストWEB)
学校という施設に期待される機能と役割を具体的に考える上で、なかなかよい質問。

■日給・西脇会長、食材高騰も「学校給食の安定供給」重要性を強調/日本給食サービス協会(食品産業新聞社ニュースWEB)
給料を1割上げるのが理想的な解決策です。

■PTA「地獄の委員決め」を消滅させた学校 「強制ではなく、やりたい人ができる時に」(デイリー新潮)
■PTAの権限、執行部に集中…なぜ? コロナ禍で書面総会、委員会の廃止 会員負担軽減も「意見出せない」懸念(熊本日日新聞)

■校歌歌える?…コロナ下で歌う機会が激減 現役高校生も「うろ覚え」、福井県内の各学校が危機感(福井新聞ONLINE)
校歌というものに期待される機能と役割も、教育学的に考えるといろいろ不思議なものではあります。

教育全般(国内)

■大学教授はラクをしている…日本に「高学歴ニート」が多いワケ(幻冬舎GOLD ONLINE)
途中までは普通に読みましたが、最後の方は「下衆の勘ぐり」になっていて???でした。

【教育学でポン!?】2022年5月24日

実習巡回指導で千葉の方へ。
【本日の歩数】9430歩■鎌ヶ谷を闊歩。

働き方改革

■なぜ学校の先生は「無理な働き方」をさせられてしまうのか…? 残業代も過少な「異常な実態」(現代ビジネス)
ですね。児美川先生の記事でした。本も買おう。

■小学生の水泳授業を民間委託 狙いは専門性の高い授業と教員負担軽減 大分(TOSオンライン)
全国的に民間委託の試みが加速していきそうな様子です。

■【公立中学校の部活動】中学時代に部活動をしていた方の多くが、休日の指導を民間業者へ委ねることに「賛成」(日本トレンドリサーチ)
総論賛成の流れはできているようですが。

■休日の部活動を学校から地域に移行 福知山で受け皿作る動き(両丹日日新聞)
各論の段階になると難しい話が続出します。道のりは遠い。

ICT

■教育DXの焦点【1】 教育も「データ駆動型」への転換が迫られる時代に(教育とICT Online)
■教育DXの焦点【2】 情報モラルがICT活用の足かせになってはいけない(教育とICT Online)
旗を振る人たちは一生懸命にやっていますが、学校現場の方はなかなか変わる様子がありません。ともあれ先生が忙しすぎます。

不登校

■特例校設置で不登校支援を提言 コロナ下で増加(共同通信)
制度そのものはけっこう前からありましたが、活用が遅れていました。ここ数年で注目される機会が増えました。

校則

■学校制服は「必要」が54% 2000人アンケートで見えた、中高生保護者のホンネ(AERA dot.)
教育の本質と無関係な「ホンネ」ばかりで、本格的に「必要ない」なと思い始める。

学校

■日本の教育の発展を妨げる「抵抗勢力」の謎!?公立教員のリアル×親の本音 【対談】親の疑問×公立小学校教員のリアル(education×ICT)
なかなかぶっちゃけている記事でした。多少気になる話もありますが、この調子でぶっちゃけていくといいのではないでしょうか。

■小学校給食ストップしていた東大阪市…きょう全校で再開 一時は1万人超に提供できず(TBS NEWS DIG)
ようやくですか。

■「近くの学童だけではまかないきれなくなる…」通学等の条件が整えば約7割が賛成との意見も 富山市小中再編説明会 和合地域(チューリップテレビ)
■岡谷東と岡谷南などが統合へ、県立高校再編の最終案公表 長野(SBC信越放送)
学校統廃合の話が全国的に加速しています。

【教育学でポン!?】2022年5月22日

日曜日も授業動画作成。いい天気だったから、ちょっと悔しい。
【本日の歩数】6081歩■自宅と学校を往復。

ICT

■1人1台端末を利活用する授業で新しい時代に必要な資質・能力を育む―― 堀田 龍也氏(教育とICT Online)
総論としては、もっともな話に聞こえます。気になるのは、格差の拡大に対して教師がどう対応するかでしょうか。新自由主義の人は、格差の拡大を是認しますけれども。

■日本の「子供にPC1人1台」政策はズレている デンマークはなぜ教育改革に成功したか(NEWSポストセブン)
国が違えば適したやり方も異なるので、一概に真似をすればいいというものでもありませんが、まあ日本の現状がほぼ詰んでいるように見えるのも仕方がないところ。

■未来担う人材を育成…『金沢IT部活』に中高生11人が入部 金沢市長「世界で活躍する人材に」(石川テレビ)
市の主催ということは公費から援助が出ているのかな。

校則

■中学校・高校の先生1400人に聞いた…「学校制服は必要」派は8割 「毎日の服装に悩まなくていい」「経済的である」(まいどなニュース)
必要だとした理由の大半は、教育とはまったく関係なく、「管理のコスパ」に関わるものという。そして教育に関連する「勉学に打ち込める」という理由は、どうしてそうなるのか意味不明。

■体育で肌着は禁止? 市教育委「体を冷やし不衛生」と説明…管理優先の教育現場に感じるギャップ【大分発】(テレビ大分)
管理が通れば道理がひっこむ模様。

学校

■「広島県の公教育」が大変貌、教育長・平川理恵「もっと教委は現場に行け」の真意 国際バカロレア、イエナプラン、不登校支援ほか(education×ICT)
■熊本市教育長・遠藤洋路、子どもの「将来のために」が引き起こす教育の盲点 今の幸せのため自ら考え行動する教育委員会へ(education×ICT)
トップが変わると全体が変わる、注目の事例2つです。どういう成果が上がるか、引き続き注視しましょう。

■「文学」と「論理」は分けられるか 教科書から見た高校国語教育(47NEWS)
個人的には、国語教育に関する古典的なアポリアである「形式か内容か」が、現代的な装いで形を変えて出てきた問題だと理解しています。

■ガンプラを組み立てて“ものづくり”を学ぶ!約9万人の小学生が参加した『ガンプラアカデミア』の受付スタート(Walkerplus+)
民間企業が教育事業に関わるCSRの一種です。導入すること自体はいいとしても、このメニューをカリキュラムに導入することで子どもたちにどういう力をつけるかという、学校の主体性は厳しく問われるべきです。

教育全般(国内)

■高校野球の応援は「強制」のままで良いのか?(室橋祐貴)
学習指導要領に関わる事項のみ「強制」してよいというのが、法治主義。

【教育学でポン!?】2022年5月21日

土曜日も授業動画作成。雨だから悔しくない。
【本日の歩数】6175歩■自宅と学校を往復。

ICT

■“生徒の日記”を「AI」が解析 使用された単語などから悩みを早期発見へ 葛城市(MBS NEWS)
特定の単語に反応するだけならAIを導入するまでもないけれど、どういうアルゴリズムなのか。

■ICT教育推進 県立高校「1人1台端末」運用スタート 宮崎県(宮崎ニュースUMK)
公費の援助はありませんでしたか。高い買い物なので、しっかり使っていただきたいですね。

■顔も声も知らない「幽霊先生」出没中 大学の遠隔講義、映像や音声配信なく学生失望(熊本日日新聞)
コロナ1年目では仕方がなかったかもしれませんが、もう3年目なので、さすがにどうか。

学校

■給食残してクラスで謝罪、完食指導による心の傷で「会食恐怖症」に… 教育現場の実情(弁護士ドットコムニュース)
胃袋の大きさは一人ひとりかなり違うわけで。

■富山市の学校再編 細入地域で反対意見続々(KNB WEB)
各地で荒れ模様ですが、このままではじり貧なのは明らかで、前向きな知恵は出るのか。

教育全般(国内)

■三角関数は学びたい人だけでいい?日常生活で使う使わないを基準にすべき? 維新議員の問題提起から考える(ABEMA TIMES)
教育学理論を踏まえた見解は見当たらず。とほほ。

■“小学生の全国大会廃止”…柔道界に起きた変化、日本の子どもたちのスポーツは勝利至上主義と商業主義から抜け出せるのか(ABEMA TIMES)
いろいろ問題が山積していますが、すべての問題に共通する根本的な問題は「教育的視点の不在」です。

■増加する子ども食堂、変化するその役割 貧困支援→コミュニティ創造の場へ(まいどなニュース)
食を中心にしつつ、いわゆる「人間関係資本」を豊かにする場所になっています。それでいいと思います。

■県と市で異なる教育方針に現場混乱の恐れ トップ出席の会議でも溝埋まらず【岡山】(TBS NEWS DIG)
■岡山県の義務教育目標から「岡山市を除外せず」協議継続へ(KSB瀬戸内海放送)
政令指定都市の存在意義を考えれば、岡山市が独自の教育方針を立てるのが筋です。が、おそらく子どものためを考えた教育議論ではなく、単に県と市の縄張り争いに見えます。

教育全般(海外)

■「何でこんなことに・・・」障がいのある子ども達が中学校に行けない 海外の日本人学校で起きているコト(FNNプライムオンライン政治部)
ニーズがあると分かっているなら実現に向けて知恵を絞っていただきたいところですが、まあコスパの問題なのだろうと推測。

【教育学でポン!?】2022年5月20日

実習巡回指導で遠出してきました。
【本日の歩数】8476歩■関宿に実習巡回。

働き方改革

■「(校長の)信用失墜行為として懲戒処分の対象ともなり得る」との文科相発言で、教員は動くのか(前屋毅)
なにはともあれ、まず仕事を減らしましょうよ。

ICT

■ネットワールド、塩尻市の全小中学校教員向け仮想デスクトップ環境を構築(週刊BCN+)
21世紀ですから、この程度の環境整備は当然の前提にしてもらわないと仕事にならない気はします。

■小学生向けプログラミング学校開校へ 群馬・太田市がIT人材育成(毎日新聞)
市役所内で開催。授業料は取られるけど格安な印象。

■鹿児島市教委とソフトバンクが連携協定 ICT活用しAI人材育成へ(南日本放送)
学校のICT関連プロジェクトは民間企業の草刈り場になりつつあるのかなあ。

いじめ

■いじめ不登校をユーチューバー『天才むかたん』に相談、教育委員会を動かした解決の真相(週刊女性PRIME)
既に私立探偵が介入したケースもあったわけで、第三者の介入によって「公共の場」へ問題が引き出される事案は増えそうな予感はするところ。

ジェンダー

■「努力を重ねてきたのに、順天堂大は性別だけで受験生を差別した」医学部入試で不利に扱われ不合格になった女性受験者の告白(TBS NEWS DIG)
性別も含めて、自分の努力ではどうしようもないところで自分の運命を決められるというのは、辛いものがあります。

■制服選択、奄美でも 9高校中6校が採用 生徒ら「メリット大きい」(南波日日新聞)
制服選択制が全国的に急速に進んでいます。制服の廃止に踏み切るところは見当たりませんが。

インクルーシヴ

■アバター動かし重度障害児が「オンラインゲーム」 視線入力やスイッチ操作を通じて新しい発見も(東洋経済ONLINE)
人間の能力を拡張する「テクノロジー」の正しい使い方です。障害を持つ人以外にも意味があるはずです。

学校

■最新の「学習指導要領」が、「絵に描いたモチ」になってしまっている意外な理由(現代ビジネス)
児美川先生の記事でした。まあ、本を買って読もう。

■エントランスは元校長室、進路指導室は飲食スペースに 廃校再生した宿泊施設オープンへ(神戸新聞NEXT)
廃校舎の活用が全国的な課題となっています。

教育全般(国内)

■【体育座り】学校での「体育座り」廃止、約半数が「良いと思う」(日本トレンドリサーチ)
少なくとも日本の伝統的な座り方ではありません。平安貴族や鎌倉武士が座っていたように座ればいいじゃない。

■子どもの「英語力」に地域差 さいたま市トップのワケ 課題は“教師”の英語力(FNNプライムオンライン社会部)
さいたま市がトップですか、なるほど。

■「子どもの意見表明権」後押しする取り組み 高校生ら対象、福井の有志が始動(福井経済新聞)
子ども自身が関わる事案について子ども自身の意見を聞かないというのは、本質的におかしいことです。が、現実ではまかりとおっています。

■「キャンプ体験で学びや創造性向上」 関学教授ら実証実験(毎日新聞)
いや、たとえばスタバでコーヒー飲みながらだったらどうなのか。たとえば銭湯で湯船に浸かっていたらどうなのか。たとえば人の少ない電車に揺られながらだったらどうなのか。テントだけの問題なのか。