「歴史散歩」カテゴリーアーカイブ

【宮城県白石市】片倉小十郎と真田幸村の墓が白石城の西にある

白石城は、残念ながら100名城には漏れてしまいましたが、続100名城に選出されております。その名に違わず、復元された三重櫓など、たいへん堂々として格好いいお城です。

三階の花頭窓がとてもオシャレであります。

大手一の門も復元されていて、奥の三重櫓と並べて見ると、とても格好いいです。
本丸御殿はありませんが、かつての勇姿はヴァーチャルで復元されております。

築地塀の中、いっぱいいっぱいの建築物ですね。

復元された三重櫓は、中に入ることができます。
江戸時代の図面どおりに復元されており、階段がとても急です。天辺から見下ろすと、白石の町を一望できます。けっこう高いところに建っているのが分かります。

暑い日でしたが、三重櫓の天辺に吹き抜ける風は清々しかったです。天上の梁の様子も観察できて、大満足です。

二の丸の方は、現在は公園や野球場として整備されています。

二の丸には地元の大横綱「大砲」の像が建っています。肩越しに三重櫓の勇姿。

二の丸から西に向かって20分ほど歩くと、片倉小十郎と真田幸村の墓があります。

廟所駐車場の入口にある「あたご茶屋」には、各種真田幸村グッズが取り揃えられておりました。ファンが訪れるのでしょうか? 私はソフトクリームとコーヒーをいただきましたが、コーヒーにはオマケで花林糖がついてきました。

駐車場から階段を登り、墓地の一番奥に片倉小十郎歴代御廟があります。片倉家の歴代当主はみんな小十郎を名乗っているんですね。

案内板を見ると、白石の人々もやはり明治維新で苦労しているようです。

諸行無常、静かに合掌。

片倉家御廟から真田幸村のお墓までは、残念ながら山の中の道は繋がっていません。一度駐車場まで降りて、一般道を西に向かいます。
幸村のお墓だけあるのではなく、正式には「田村家の墓」の中の一つが幸村のお墓です。

幸村の娘が田村家に嫁いだ縁で、幸村もこちらで慰霊されることになったわけですね。

墓所は、けっこう林の奥に踏み入った場所にあります。

こちらが幸村の墓石です。ほとんど加工されていない墓石の、その簡素さに、むしろ心を打たれます。
ちなみに墓石の左前方に据えられた石碑には、「二代片倉小十郎重長公後室御父眞田左衛門左源幸村御墓」と刻まれています。左の列は欠けていて読めない文字がありますが、元和元年五月七日戦死とあるのは読めますね。で、「信繁」ではなく「幸村」となっているところが、多少気にかかります。明らかに墓石とは作られた年代が違っているように見えるので、後世、何らかの事情でこうなったであろうことが推測されるところではありますが、詳しい事情はまったく分かりません。

諸行無常、強者どもが夢の跡、掌を合わせて白石を後にするのでした。
(2018年9月訪問)

【埼玉県北本市】学校給食歴史館は、想像以上に食品サンプルが豊富

学校給食歴史館」が、埼玉県学校給食会の敷地内にあります。その名の通り、学校給食の歴史を分かりやすく展示している博物館です。入場無料の上に、特製クリアファイルもいただいてきました。

食品サンプルで歴代の給食が再現されており、学校給食の変遷の様子がよく分かります。食品サンプルは壁一面に並んでおり、なかなか壮観です。

埼玉県の「学校給食調理コンクール」で優良作品に選ばれた献立も、食品サンプルとして展示されています。地元の食材を使ったり、伝統的な料理を再現したりと、どれも力作揃いです。

昭和の給食風景を記録した写真等も展示されています。

割烹着やエプロン姿の小学生が写っています。小学生の頃、割烹着や帽子が入った給食袋を家に忘れて冷や汗をかいたことなどを思い出しますね。

ほか、世界各国の給食を展示した「ワールドカップ給食」なんてコーナーもありました。

スウェーデンやチュニジアの給食については、普段は想像することすらありませんね。

また埼玉県は地産地消を進めていて、埼玉県の農産物やそれらを活用して開発した食材の展示も充実しておりました。

私は栄養学科の学生たちの教職課程科目も担当しているのですが、学習指導要領や食育基本法が言う「食育」について理論的に説明することはできても、実際の仕事に具体的にどう落とし込んでいくかについて話をするのは、とても難しいんですね。学校給食歴史館は、給食の歴史やコンクール受賞作品が目で見て分かるように工夫されていて、自分が関わる仕事に対する具体的なイメージを浮かべやすいので、栄養学科の学生にとっては様々な霊感が与えられる良い場ではないかなと思いました。

給食に関係ない人が行っても、懐かしい気持ちになれる場所だと思います。

北本駅からはちょっと離れているんですけれども、バス停からはすぐです。

【宮城県柴田町】船岡城には樅ノ木が残っていた

宮城県柴田町の船岡城に行ってきました。
2015年には三の丸と樅の木デッキにしか行けなかったのですが、今回は二の丸と本丸にもしっかり足を踏み入れることができました。

かつての大手門付近には、現在は地域学習施設や歴史博物館「しばたの郷土館」が建っています。

郷土館の常設展示では、旧石器時代から近世までの歴史や古民具が展示されています。特に充実しているのは、頼朝の奥州征伐との関わりや、寛文伊達騒動についてです。

船岡城は急峻な山に築かれています。麓から急勾配を登ると、まず三の丸に出ます。

三の丸には冠木門らしきものが建てられていますが、うーん、これ、どうなんでしょうね。ちょっと中途半端かなあ。

三の丸の案内パネルに船岡城の概要が記されています。

考えてみれば、船岡城が江戸時代の一国一城令にも関わらず存続していたのは、そこそこ不思議ではあります。仙台藩は他にも白石城とか例外的に城を構えていたりするのが、なかなか興味深いところです。「城」と呼ばずに「要害」と呼べば問題ないってことなのかなあ?

三の丸と二の丸の間は、現在では駐車場として整備されているほか、観光物産交流館「さくらの里」が営業しています。

地元の野菜など名産品が売っている他、食堂もあります。ナスがとても安くて魅力的だったのですが、持って帰るのが大変そうなので断念して、ソフトクリームをいただいてきました。

で、三の丸から本丸までは、かなりきつい坂になっています。足で登るのは大変なのですが、ありがたいことにスロープカーが用意されてます。

スロープカー、本来は15分間隔で営業しているようなのですが、私が訪れたときには他に観光客もなく、いきなり一人だけで乗せてくれました。眼下にいろいとりどりの花が咲き誇り、とても楽しい行程です。桜の季節は、とても賑わいそうです。

本丸には、寛文伊達騒動の中心人物の供養塔があります。

しかしこの寛文伊達騒動、博物館で各種資料を読むだけでは、経過自体は分かる気がするけれども、事件の核心はまったく見えてこないんですね。

いやほんと、どうして伊達藩が取りつぶしにならなかったのか、不思議で仕方がないところです。

本丸には、巨大な観音像も鎮座しております。

人はどうして巨大観音を作りたがるんでしょうかね? かつては中に入って展望することができたらしいのですが、東日本大震災の影響で、現在は立ち入り禁止となっております。

観音様に頼らなくとも、本丸からの眺めはとても素晴らしいです。東を見やると、はるか彼方に太平洋が見えます。

南北から山が迫ってボトルネックの地形になっていることが分かります。福島から仙台に抜けるためにはどうしても船岡を通過しなければならず、交通・軍事の要衝でした。城を作るには絶好のポイントです。
現在は季節を感じる花々で城全体が彩られていて、血生臭い歴史を感じさせるものは微塵も残っておりません。

城の北側、三の丸とは別の尾根筋には、「樅の木は残った展望デッキ」があります。

寛文伊達騒動を題材に取った小説、山本周五郎「樅ノ木は残った」を記念する碑と、樅の木が鎮座しております。

うーん、説明を読んでも、やはり何が問題なのかピンと来ないぞ。ちゃんと小説を読まなきゃだめそうですね。

展望デッキからは、白石川沿いに立ち並ぶ桜並木を見下ろすことができます。千本桜、春はさぞかし壮観なことでしょう。桜の季節に訪れたいけど、きっと凄い人出なんだろうなあ。
(2015年5/31、2018年8月訪問)

【千葉県山武市】松尾城(太田城)は、日本最後の城?

松尾城は、日本最後の城の一つと呼ばれております。
かつて城があったところには、現在中学校が建っております。が、この校舎がなんとなく城っぽくて(西洋の)、ちょっとおもしろいです。

高台の上から校舎が町を睥睨しております。南東に7kmほど行くと九十九里浜なのですが、校舎の展望台っぽいところ(あれは何なんだろう)からなら、海岸まで見晴らすことができそうですね。

中学校の校門を入ってすぐ左側の植込みの中に、かつて城であった痕跡を示す石碑が立っています。

石碑には「太田城」と書いてあります。城主が太田氏だったからです。関東戦国史で大活躍した、あの太田道灌の血筋です。

中学校から少し北、現在では自動車学校の敷地になっているところが、かつての本丸です。ここは廃藩置県後の公庁としても機能していたようです。

自動車学校の周囲に土塁らしきものを確認することができますが、当時の様子を偲ぶ手がかりはほとんど残っておりません。

中学校のグラウンドは、断崖絶壁の上にひろがっております。とても眺めがいい反面、ボールが外に飛び出したら大変なところです。
胸壁の側面を這うように登る坂道には「汐見坂」と名前がついており、坂の入口と出口には松尾城に関する案内パネルが設置されています。

案内パネルには、「明治維新後に築かれた」と説明されています。明治二年に国替えとなって築城を始めたのですが、明治四年には廃藩置県を迎えて工事中止と相成ってしまったわけですね。これが「日本最後の城」と呼ばれる所以であります。まあ、「日本最後の城」は「最後」の定義によって見方が変わりますけれども。

しかし跡地に建つ中学校校舎は、町のどこからもよく見えます。ここに天守閣があったら、さぞかし目立ったであろうことが想像できます。

中学校校舎の展望台っぽいところに入ってみたいなあと思いつつ、松尾を後にするのでした。
(2018年9月訪問)

【千葉県佐倉市】佐倉城は百名城の名に恥じない土の城最高峰

佐倉城は、天守閣もないし、石垣もありません。普段から城に行かないような人にとっては、地味に思われる城かもしれません。が、ちょっとでも城を囓っている人には、たいへんな見所のある城だと思います。

本丸は、現在は草に覆われています。南西側に、かつては天守閣がありました。

天守閣跡は、現在は植込みで表現されています。

かつての姿は、佐倉城址公園管理センターの中の模型で偲ぶことができます。

本丸は、印旛沼に注ぎ込む鹿島川が河岸段丘を削ってできた絶壁の上にあり、天守閣はその西南隅に建っていました。断崖絶壁の崖の上に屹立していた天守閣は、江戸時代には壮観だったのではないかと思います。

しかし、「盗人の行灯」で天守閣が焼失って、どういうことですかね。

現在、天守閣跡の土塁には、平成29年に作られた、ちょっと謎の形をした石のモニュメントが鎮座しております。

ただの石碑でいいのに、なんでわけのわからない屋根の形とか作っちゃうんだろう。意味があるのかなあ?

謎のモニュメント越しに、かつての本丸が広がっております。

本丸御殿の様子についても、公園管理センターの模型で確認することができます。ありがたいです。

本丸から階段を降りて帯曲輪を通り、さらに出丸に至る搦手の様子は、とても興奮します。本丸との比高差がものすごいことを実感できます。

地図で見ると、南西側に水堀があり、北と南の端に出丸が設けられています。このあたりの様子が、ほんとに趣深いのです。土の城の本領が、存分に発揮されております。

出丸の方まで来る人が少ないのは、もったいないなあと思います。

二の丸の入口には、幕末の外交に当たった堀田正睦の像が、ハリス像と並んで建っております。

様々な歴史ドラマ等では、条約勅許に関する弱腰な姿勢が強調されがちな堀田正睦ではありますが、地元では開明派として愛されております。良かったですね。

二の丸も草に覆われて、当時の様子を偲ぶよすがはあまり残っておりません。

本丸と二の丸を分断する空堀は広大で、見応えがありました。草木で覆われてしまって全体像が見えにくいのが残念なところではあります。

全体の縄張図を見ると、本当に広大な敷地であったことが分かります。近世城郭として百名城に選ばれた土の城は、佐倉城の他は水戸城くらいですか? (戦国期の土の城は百名城としてたくさん選ばれているけれども)
土の城の素晴らしさがもっとたくさんの人に伝わればいいなと思いつつ、佐倉城を後にするのでした。
(2018年9月訪問)