「読書感想」カテゴリーアーカイブ

【要約と感想】石川瞭子編『高校生・大学生のメンタルヘルス対策―学校と家庭でできること』

【要約】社会のあり方が大きく変わった結果、高校生や大学生に対するケアのあり方も、従来の考え方から大きく変えていかなければなりません。発達障害、危険薬物、ひきこもり等、新しい状況にきめ細やかに対応するため、養護教諭やスクールカウンセラー、ソーシャルスクールワーカーなど専門家が連携を密にしていく必要があります。個別事例を詳細に検討すると、子どもと父親との関係が問題であることが多いことが見えてきます。保護者に対するケアを伴わなければ根本的な解決は望めないでしょう。

【感想】個別的事例は、詳細で、胸が痛む。どうしてうまくいかないのか。現場の専門家たちは精一杯やっているようにしか見えないのだが、やはり家庭の協力がなければいかんともしがたい。こうした個別事例から得られる教訓を共有しながら、地道に粘り強く対応していくしかない。私自身も、目の前に課題を抱える学生たちがたくさんいるので、自己有用感を育んでもらえるよう、傾聴の姿勢と受容の態度で受けとめ、温かく見守っていきたい。

が、理論的な部分では「?」とも思う。「時代は変わった」と言うのはよいが、その本質的な部分を捉えているかというと、個人的にはかなり微妙な感想を持つ。心理に関わる人たちには歴史の知識が欠けているという認識(偏見?)が、さらに強まった本でもあった。

【今後の個人的な研究のための備忘録】
エリクソンの理論が時代にそぐわなくなっているという記述があって、おもしろかった。心理の専門家から見ても「時代遅れ」に見えるという言質を得て、勇気が出るのであった。

「エリク・ホーンブルガー・エリクソンは、高校の時期を青年期前期とし、同一性と同一性拡散がこの時期の発達の課題だとした。この時期は子どもから大人に移行する時期であり、心理社会的な意味が大きな時期だと言われている。しかし現代の青年期は、大人への移行期ではなくなっている。つまり、エリクソンが言うような青年期、自分を見つめたり葛藤したりしながら自己を確立する時期とは違うものになっている。(中略)大人になったら自由にできることが増えるから、窮屈な子供時代から脱出したいと思うような社会の構造ではなくなっているのだ。」(85頁)

石川瞭子編『高校生・大学生のメンタルヘルス対策―学校と家庭でできること』青弓社、2013年

【要約と感想】『情報社会のいじめ問題―解決に向けた地域からのアプローチ』

【要約】いじめ研究は日本が最も進んでいるので、海外の研究を参照するのは愚かです。諸外国のbullyingは課題のある特定の子どもが行なう身体的な暴力を念頭に置いていますが、日本の「いじめ」は相手を精神的に追い詰めることが目的で、だれでも加害者や被害者になり得るところが決定的に異なります。
日本的ないじめは、情報社会(匿名性や常時性や島宇宙化)に親和的な特徴をもっており、加速度的に進化しています。教師や保護者は知識をアップデートして、プロバイダや関連諸機関と連携しながら対処を進めていきましょう。

【感想】スマホが普及する前の「iモード」が話の前提となっていて、2019年現在から見ると情報そのものはかなり古く、現状に対して直接的には参考にならない。モバイル黎明期の状況と対応を知るための古文書的な史料となっている感じはある。
とはいえ、ネットいじめに対する基本的な対処そのものは当時から変わっていない気もする。フィルタリング、啓蒙された親の積極的な関与、業者も含めた関係諸機関との連携、技術を逆手に取った人間関係の可視化だ。
私も技術革新に乗り遅れないよう、しっかり対応していきたい。

『情報社会のいじめ問題―解決に向けた地域からのアプローチ』ブックレット群馬大学、上毛新聞社、2011年

【要約と感想】高木清『15歳までの必修科目―非行臨床と学校教育の現場から』

【要約】愛情と信念を持って接すれば、非行少年も必ず更生します。そうならないのは、教育現場がおかしいからです。

【感想】まあ、言いたいことは分からなくもないし、少年鑑別所での粘り強い取り組みには頭が下がる。こういう誠実な人が現場に増えれば、鑑別所でも学校でも、救われる子どもは増えるだろう。それは間違いない。
だがしかし、教育制度についての勉強不足は、著しい。教育基本法に対する無理解には、唖然とせざるを得ない。真に受けるわけにはいかない。御本人が誠実であることはとてもいいことなのだが、だからといって不勉強であることが免罪されるわけではない。
たとえば「○○するべきだ」という文章があまりにも多すぎるが、大半は誰もが気づいていて文部科学省が既に着手しているものばかり(キャリア教育とか人権教育とかカリキュラム・マネジメントとかチーム学校とか能力別学級編成とか初任者研修とか)だし、そもそもこのような大量の要求によって現場が疲弊しているのだということには、気がついた方がいい。教育現場に「○○するべきだ」ということを言っても、誰も幸せにならない。「○○なんて、無駄だから、やらなくていいよ」と言ってあげるほうが、遙かに大切な時代なのだ。ほんとうに、無駄な行事や書類書きは、さっさとやめるほうがよろしい。

著者の真摯さと誠実さと熱意と粘り強さと愛情をしっかり受け取め、著者が多くの若者たちを救った具体例や経験に敬意を払いつつも、教育現場に対する具体的な提言に対しては見なかった振りをするべき本であるだろうと思った。個人的な成功体験は、必ずしも組織や制度全体の改善には結びつかない。具体的な改善については、皆で知恵を出し合っていかなければならない。

高木清『15歳までの必修科目―非行臨床と学校教育の現場から』海鳥社、2014年

【要約と感想】渡部信一『日本の「学び」と大学教育』

【要約】90年以降の大学改革の流れで、FDとかPDCAとかeポートフォリオとかアクティブ・ラーニングとかが導入されましたが、それらは所詮は西洋近代の延長線上にある工学的アプローチに過ぎず、原理的な限界があり、このままでは時代の変化(グローバル化、予測不可能化、デジタル化)に対応できず、大学は滅びます。重要なのは、曖昧で複雑なものをそのまま総合的に理解することであり、状況や環境との相互作用であり、具体的で現実的な文脈を伴った身体性であり、決まった一つの答えを出すのではない「良い加減」です。これを取り戻すためには、最新の認知科学の知見を踏まえると、日本の伝統的な「学び」が極めて有効です。

【感想】御多分に漏れず、私もPDCAとかアクティブ・ラーニングの掛け声に巻き込まれているわけだが。それら工学的アプローチの限界を認知科学の立場から明らかにしてくれたのは、とても心強い。代替案として「日本伝統の学び」をクローズアップしたのも、具体的で、面白い。ぜひ自分の授業デザインに取り入れていきたいと思う。
とはいえ、西洋近代の知恵を丸ごと捨て去るのも如何なものかと思う。著者の言うように、それぞれの良いところを「良い加減」でチャンポンにするような知恵が必要なのだろう。そしてその知恵こそ、ヘルバルトが言う「教育的タクト」であり、ペスタロッチーが体現していた技術に他ならないだろうとも思うわけだ。

【今後の研究のための個人的メモ】
工学的アプローチに対する批判は、心強い。自分で言うのもどうかなという時に、積極的に引用していきたい。

「目標に向けて合理的に人間づくりをするという臣での「教育」は一五世紀の西欧において錬金術をモデルにした考え方であり、一九世紀半ば以降の学校教育制度の発展とともに広がっていったにすぎない。」p.80
「例えば、本来は工場での「物づくり」のために開発された「PDCAサイクル」と呼ばれる生産工程・業務管理を行なうためのシステムが、「人づくり」という捉え方から学校現場へ導入された。(中略)このシステムを「教育」に導入することにより、まさに工場における「物づくり」と同じように効率的に「人づくり」が可能になるというのである。」p.81

「結局、「アクティブ・ラーニング」が「きちんとした知」を教師のコントロールのもとで「学ばせよう」としている限り、外見的には「身体を動かすことによって学ぶ」という点では類似しているように見えたとしても、伝統芸能における「学び」とは本質的に異なっているのである。例えば、「効率的なアクティブ・ラーニングの実施」という発想をもっている限り、それは「よいかげんな知」を「しみ込み型の知」で身につけるという基本的な枠組とは大きくかけ離れたものにならざるを得ない。」p.88

「私が「ポートフォリオ評価」など近代教育における評価に対して懸念するのは、「学習者中心主義の立場に立ち学習者自身の自己評価を大切にする」という発想をもちながら、結果的にはすべて教師が想定した枠組みの中でのみの評価に陥ってしまうということである。」p.103

渡部信一『日本の「学び」と大学教育』ナカニシヤ出版、2013年

【要約と感想】市川寛明・石山秀和『図説 江戸の学び』

【要約】江戸時代の学びは、近代的な学校教育とはまったく異なっていました。18世紀中頃から市場経済の展開に伴って全国に普及していった寺子屋では、師匠からの一方的な教え込みではなく、自発的な学習の姿勢が重んじられていました。自発的な学習を重視する姿勢は、教授法を発展させたヨーロッパには見られない傾向です。
しかし一方、侍の学習機関である藩校では、18世紀の半ば以降の商品経済の展開に対して旧来の身分制ではもはや対応しきれず、実力主義的な傾向が強まり、試験制度の導入が進行します。この傾向は最終的に明治維新以後の実力主義的な教育制度の受容に繋がっていきます。
自発的な人格形成を大事にする江戸の学びは、現代教育の閉塞感を打破するために大きなヒントを与えてくれそうです。

【感想】図版が多く、解説も丁寧で、とても面白く読める。絵を見ているだけで楽しい。寺子屋や昌平坂学問所、藩校の基礎はもちろん、石門心学や往来物、さらにリテラシーの諸相までも網羅されていて、情報量が極めて多い。西洋近代教育と江戸の学びを比較する論理も明快で、それぞれの特徴を掴みやすい。地方の教育状況に関する記述は手薄ではあるが、大都会江戸から見た近世の学びのあり方を概観する上で、かなり良い本であるように思う。

【要検討事項】気になるのは、江戸時代の学びに対して「人格形成」を重視しているという記述が連発されるところだ。本書は一方で商品経済の展開による功利主義的な展開を強調している。両者の整合性がどうなっているのか気にかかるところなわけだ。本書の論理では、18世紀半ばまでは市場経済の進展による功利主義的な傾向が強く、18世紀後半以降は儒教の影響を受けて「人格形成」に傾くという構成になっているが、本当だろうか? 私個人の知識と教養から見れば、相当に怪しい記述になっていると思う。
たとえば日本資本主義発達史論争や幕末明治維新期の経済史を踏まえれば、天保期に向かって不可逆的に市場経済が進展していく。商品経済の圧力が増える条件は揃っていても、「人格形成」に直ちに向かう素材は必ずしも見出せない。あるとすれば「衣食足りて礼節を知る」という条件くらいだろう。市場経済の進展によって生活に余裕ができた層から教養形成に関心を向けることは確かにあるだろうが、その逆は考えられない。人格形成への関心向上は、市場経済の更なる進展が前提条件となるはずだ。
また仮に当時の教育関係者が「人格形成」を強調する文書を遺していたとしても、それが直ちに現実を反映しているわけもない。なぜなら現在の教育関係者も声を大にして「人格形成」の重要性を説いているはずなのに、現実には反映していないからだ。
あるいはそもそも、西洋近代の契約社会を背景として成熟した「人格の尊厳」が土台となっている「人格の完成」の観念と、儒学的な天思想(自然=社会観)を背景とした江戸期の「人となる」観念は、本質的な人間理解が相当に異なっているはずなのだ。本書は、近世の「人となる」と現代教育の「人格の完成」を、そもそも「人格とは何か」についての教育原理的な考察を欠いたまま、単にアナロジーだけで結びつけているように見える。個人的には、かなり危険な論理のように見える。要検討事項だ。

市川寛明・石山秀和『図説 江戸の学び』(ふくろうの本)河出書房新社、2006年