「読書感想」カテゴリーアーカイブ

【要約と感想】『イソップ寓話集』

【要約】イソップ寓話と呼ばれるものの中には様々な成立過程を経てきた話が混在していますが、本書は基本的な史料批判を加えた上で11部に分類し、訳出しています。巻末付録にはイソップ寓話を引用した古典一覧の表も付いており、辞典的に使用する際にも極めて有用です。この労力には頭が下がります。逆に言えば、子供に童話を読み聞かせる目的で買うような本ではありません。

【感想】まあ、まず思ったのは、玉石混淆というか、よくできた話と、まるで意味をなさない話とのギャップが凄いということだ。子供向けにアレンジされて人口に膾炙している話は、さすがに出来が良いものばかりであるように思うけれども、半分くらいは読む価値のない話のように思ってしまう。そう感じてしまうのは、話者と読者を隔てる二千年以上の時のせいなのかもしれないけれど。
あと、一般的に広まっている話とイソップの原典が異なっている話が多いことにも気がつく。たとえば一般的に「アリとキリギリス」として知られている話は原典では「蟻と蝉」となっていたり、「金の斧」として知られている話で登場するのは泉の精ではなくヘルメス神だったりする。「ウサギとカメ」の競争の話も、一般的に知られているものとはニュアンスが微妙に違っていたり。まあ、ちょっとしたトリビアにしか使えない知識かもしれないけれども。
それから、生まれ持った分を守るべきことを強調するあまり、後天的な努力を揶揄し非難するような話が極めて多いことにも気がつく。羊や驢馬や狼や烏やライオンが、もともと持っていた性質を超えて高望みすることで、次々と悲惨な目に遭う。こういった話には、身分制原理が社会を支配していた名残を見出さざるを得ない。持って生まれた性質はどんなに努力しても変わらないという「諦めの境地」を強調するライトモチーフは、現代的には「努力に何の意味もない、勝負は生まれた時に決まっている」というメッセージとして流通してしまう。まあ、21世紀の教育的な観点から見て不適切なのは、あくまでも時代の問題であって、イソップ寓話固有の問題ではないけれども。
いろいろ思うところはあるけれども、こういう洒脱な知恵が2500年前に共通教養となっているギリシア文化の奥深さには、率直に驚かざるを得ない。ホメロスの叙事詩、アイスキュロスの悲劇、ソクラテスの教育、プラトンの哲学等々と並んで、ギリシア文化の底なしの深さの一端を味わえる一冊であることには間違いがない。

中務哲郎訳『イソップ寓話集』岩波文庫、1999年

【紹介と感想】荒木紀幸『新モラルジレンマ教材と授業展開 考える道徳を創る(中学校)』

【紹介】新学習指導要領は「考え、議論する道徳」というキーワードを打ち出していますが、道徳の教科書は相変わらず特定の徳目を一方的に上から注入するような旧態依然のクローズエンド型教材に終始していて、これでは子供の道徳的判断力が育つわけがありません。本当に「考える道徳」を創るためには、教師や教科書が一方的にあらかじめ決まった答えを教えるのではなく、オープンエンド型の教材を使用し、子供たちが主体的に道徳的判断力を鍛えるような授業を行なうべきです。
本書は実際に中学校の道徳の授業で使用できるオープンエンド型の教材を多数用意し、授業の狙いや展開、板書の仕方、教材の特徴や注意点等を添え、「考える道徳」を創るためのヒントを提供しています。

【感想】これまで時間をかけて着実に積み重ねてきた実践経験を土台にしている上に、コールバーグの道徳性発達理論を背景にして議論を組み立てているため、論理的にも実践的にも説得力が高い。昨今の「道徳の教科化」によって、こういった説得力のある道徳的判断力養成のモラルジレンマ実践が増えるのか、それとも旧態依然の徳目注入主義が跋扈するのか、あるいは面倒臭い道徳教育を忌避する傾向が続くのか、実態を注目していかなくてはならない。

荒木紀幸編著『考える道徳を創る 中学校 新モラルジレンマ教材と授業展開』明治図書、2017年

【要約と感想】アリストパネース『蜂』

【要約】陪審制の裁判で他人に罰を与えることが快感になりすぎて狂ったように裁判に出席しようとする父親を、合理的な考えの若者がなんとか止めようとして、様々な工夫をしました。タイトルの「蜂」とは、被告を有罪にしなければ気が済まない人々を、誰彼かまわず指す蜂に喩えた皮肉です。

【感想】まあ、端的にいって、あまりおもしろくない。喜劇ということだけれども、くすりとも笑えない。それは作者のせいでも訳者のせいでもなく、作品と読者を隔てる時間のせいだろうとは思う。作品の背景となる習慣や固有名詞が体感的に分かっていれば、げらげら笑えたのかもしれない。アイスキュロスやエウリピデスの悲劇が時を超えてもやはり悲劇であるのに対して、アリストパネースの喜劇がまったく笑えないのは、少々興味深い現象ではある。
とはいえ、アリストパネースが描いたような、相手がどうあろうととにかく刺したくて仕方がない人間というものの性向は、現代のネット社会では日常的に確認できるものではある。2500年経っても人間がさほど進歩していないことはよく分かった。そういう普遍的な人間の愚かさを切り取ってみせるところに、アリストパネースの古典としての価値があるということか。

アリストパネース/高津春繁訳『蜂』岩波文庫、1955年

【要約と感想】アポロドーロス『ギリシア神話』

【要約】ゼウスを中心とした神々やその子孫である英雄たちが、戦ったり騙したり裏切ったり結婚したり国を作ったり滅ぼしたりします。

【感想】あらかじめギリシア神話のあれこれを知っている人が「答え合わせ」のために読むような類の書であって、これからギリシア神話を知りたいと思っている人が読むべき本ではない。無味乾燥な事実の羅列に終始して、面白おかしくよめるような文章にはなっていない。逆に言えば、この無味乾燥な事実の羅列そのものに価値を認めるような「原典主義」の人にとっては、極めてありがたい。巻末の人物索引が実に有益で、アポロドーロスの制作意図通り「参考書」として座右に置いておく類の書だろう。

アポロドーロス・高津春繁訳『ギリシア神話』岩波文庫、1953年

【紹介と感想】長田徹監修『カリキュラム・マネジメントに挑む』

【紹介】カリキュラム・マネジメントの具体的な実践例が紹介されています。他の類書にない本書の特徴は、一人一人の生徒の現状を的確につかんで全教員で情報を共有する「アセスメント」のツール開発とシステム化が前面に打ち出されている点です。この的確なアセスメントを出発点として、初めて「エビデンス」に基づいた改善が可能となるわけです。PDCAサイクルのうち「Check」と「Action」を可視化したことにより、学級経営を土台として全教員が一丸となって学力向上を実現する取り組みが実現しました。

【感想】カリキュラム・マネジメントのPDCAサイクルを実効化するためには「Check」と「Action」の質が決定的に重要であることは、私が指摘するまでもなくすぐに分かることではある。が、実際には「Plan」と「Do」ばかりに熱中して、「C」と「A」は後回しになっている例を散見する。まあ、「P」は机上の空論でも形になってしまうので、とりあえず口を出しやすいという事情はあるだろう。しかし現実の子供を目の前にした「C」は、机上の空論では如何ともしがたい。現実を適切に切り取って可視化する実効的なツールが必要となる。この「C」には文部科学省が行なう「全国学力・学習状況調査」を活用することが期待されていたわけだが、しかしこの調査に関して静岡とか大阪の愚かな政治家たちが間抜けな発言をしているのを見ると、PDCAの初歩すら分かっていないシロウトが教育に安易に口を差し挟むための口実にしかならないんだなと、暗澹たる気分になる。
本書で紹介された取り組みは、民間で開発された検査をそのまま用いているものの、「全国学力・学習状況調査」などに頼らずに、独自に目の前の子どもたちの状況をつかみ取ろうとする「アセスメント」への努力が印象に残る。検査をやりっぱなしで放置するのではなく、現われた結果を校内研修で検討の素材とし、全教員が議論に参加する過程で情報を共有しているところが肝要なのだと思う。的確に現状を把握することが、効果的な介入の前提となる。当たり前のことだが、この当たり前の「Check」→「Action」のサイクルを具体的に実現するためには、組織を組織として機能させるための不断のメンテナンスが必要となり、これが難しいのであった。これを可能にするのはやはり校長先生のリーダーシップと人間性なのだなと、本書を読んで改めて感じた。

まあ、しかし、大前提の大前提として、こうやって人間の能力のみならず性格をも数値化・可視化することで実効的な管理実績が挙がることに対しては、ある種の気味悪さも感じざるを得ない。パラメーターを操作してキャラクターを成長させる一種の「ゲーム」と似たような世界になっているような感じも受ける。が、これは大前提の大前提の問題なのであって、本書で紹介されたような頑張っている学校や先生たちの問題ではない。学校が学校として機能するためにPDCAサイクルが役に立つことは間違いない。「学校が学校として機能する」ことの本質的な意味を問いなおすのが私の仕事というだけのことだ。

長田徹監修『カリキュラム・マネジメントに挑む―教科を横断するキャリア教育、教科と往還する特別活動を柱にPDCAを!』図書文化、2018年

■参考記事:「カリキュラム・マネジメントとは―3つの指針と学校運営の要点―