「歴史散歩」カテゴリーアーカイブ

【大阪市中央区】大阪城天守閣は微妙だが、大阪歴史博物館は素晴らしい

城マニアの間では、大阪城天守閣の評判はあまりよろしくありません。鉄筋コンクリートの復興天守であること自体は仕方がないとしても、外観はもうちょっとなんとかなったのではないかと。

というのは、豊臣の城なら黒くなければいけないはずなのです。松本城や熊本城の天守閣のように、黒いはずなのです。しかし大阪城は、中途半端に五層目だけ黒くて、四層目までは徳川の城のような白色となっております。白は、徳川の城のイメージカラーです。復興天守は、豊臣の城(黒漆)と徳川の城(白漆喰)とどっちにしたいのか、わけがわかりません。個人的には、どうせコンクリートの復興天守なのだから、豊臣の城として黒く統一したほうがよかったんじゃないかと思いますけどね。

まあ、そもそも現在の大阪城の縄張自体が豊臣期のものを反映していないことは、一般的にもよく知られている事実です。豊臣の臭いが残るものは大坂夏の陣の後で徹底的に破壊され、埋められて、その上に徳川家による大阪城が建て直されているわけです。

訪れたのは、ちょうど「大坂の陣400年」にあたる時期でした。

復興天守閣はともかく、石垣と堀はさすが、めちゃめちゃ立派です。圧倒的です。見応えがあります。

まあ、徳川家の普請なんですけどね。

大阪城の南西には「大阪歴史博物館」があります。その10階から大阪城を見下ろすことができます。実に大きい城です。

大阪歴史博物館の展示は、復元模型が豪華で、たいへん素晴らしく、見応えがあります。エレベーターで10階まで上って、最上階の古代から階を下るごとに現代に近づいてきます。

10階の古代でコーナーでは、難波宮に関する展示がとても素晴らしいです。窓の外に難波宮跡を見下ろせるのが、またすごい趣向ですね。

博物館地下には難波長柄豊碕宮の発掘調査跡がそのまま保存されています。難波長柄豊碕宮は、大化の改新の後に孝徳天皇によって造営された都です。たいへん立派な都で、実は大化の改新の中心人物は孝徳天皇だったのではないかという説(教科書的には中大兄皇子と中臣鎌足ということになっています)を唱える学者もいます。
地下遺構見学のとき学芸員さんに大化の改新についての見解を伺ったのですが、難波宮研究を踏まえたなかなか斬新な意見をお持ちの方で、スリリングでした。ともかく、大化の改新期には、大阪が日本の中心だったことに間違いはなさそうです。

復元した5世紀の倉庫を見学することもできます。

そんなわけで、大阪の歴史というと豊臣秀吉にスポットライトが当たりがちなのですが、歴史博物館ではきっちり古代における難波の重要性を強調していました。古代と言えば普通は奈良・京都とイメージしがちですが、実は大阪が内政的にも外交的にも極めて重要な鍵を握っていることは、もっと広く知られていていいように思いました。

また戦国期に関しても、秀吉以前の「石山本願寺」についての展示が充実していたのが印象的です。
大阪城が建つ前、同地には本願寺の本拠地である石山御坊が存在していました。織田信長が10年攻め続けても攻略できなかった大変な要塞です。海上からは信長包囲網に加わる毛利水軍の支援などもありました。大阪が南北に伸びた長い台地であり、その北端に石山本願寺(現大阪城)が建っていて、当時は台地の麓まで海が迫っていたことなど、よく分かる展示となっています。

石山本願寺推定地の碑が、大阪城公園内に立っています。

まあ豊臣徳川による土木工事で本願寺は徹底的に破壊されたので、ここに確実にあったという証拠はなく、大阪城一帯のどこかにあっただろうくらいではあります。

大阪がかつて宗教都市として栄えたことは、今や完全に忘れ去られてしまいました。

しかしまあ、豊臣秀吉は、考えれば考えるほどよく分からないキャラクターです。若いときのキレっぷりと晩年の老害っぷりの落差は、なかなか他に類を見ないように思います。
憎き徳川家康のイメージカラー白で輝いているコンクリート復興天守閣が、実は歴代天守の中で最も長持ちしていることに、秀吉は何を思うのでしょうか。
(2014年4/28訪問)

ブロトピ:国内旅行

【石川県金沢市】尾山神社神門は文明開化の徒花なのか

金沢の尾山神社に行ってきました。金沢城の西、城を挟んで兼六園の反対側にあります。
神社に祀られている主神は、加賀藩初代藩主の前田利家です。

まず圧倒的に目を引くのが「神門」です。一目見た正直な感想を言えば、かなり異様な佇まいの建物です。というのも、和漢洋の3つのスタイルが混在していて、他に類を見ない建築物だからでしょう。敢えて似たようなものを挙げるとしたら、横浜や神戸や長崎の異人館になるでしょうか。

神門が完成したのは明治8年で、日本全体が文明開化に沸いていた時期です。穿った見方をすると、明治維新に乗り遅れて存在感をまったく示せなかった加賀藩としては、なんとしてでも明治政府が示す文明開化の方向性に乗って勢力を挽回しなければならず、見よう見まねで最新の洋風建築を取り入れようという狙いがあって作られたように思えるわけです。まあ、なんの証拠もない、私の勝手な想像ですが。

このような和漢洋混在のスタイルは、ナショナリズムが勃興する明治10年代には姿を消していきます。文明開化期だったからこそ可能だった特異なデザインだったように思えます。こういうものが残っているのは、とてもおもしろいです。

境内には、前田利家若かりし頃の騎馬像があります。「槍の又左」の異名通り、槍を高々と掲げていますが、さらに母衣を背負っているのが大きな特徴でしょう。

母衣について説明パネルがありました。

利家の騎馬像と並んで、正妻のお松の方の石像も設置されています。

NHK大河ドラマで『利家とまつ』が放映されたのをきっかけに制作されたもののようです。

興味を引くのは、「尾山」という地名がしっかり残っていることですね。

もともと金沢城があったところには、室町時代後期には「尾山御坊」というお寺が建っていました。一向宗(本願寺)の重要拠点で、お寺と言いつつ実際には堀や土塁を備えた防御施設でした。尾山御坊が滅ぼされた後に、「金沢」という地名に変わります。「尾山」という名前を聞くと、私はつい本願寺を思い浮かべてしまいます。

拝殿は和風で、見事な造りでした。

帰り際、五色のギヤマンがはめられた神門の三層が、夕陽を受けて輝いていました。文明開化期独特の薫りを堪能して、尾山神社を後にするのでありました。
(2015年9/14訪問)

ブロトピ:国内旅行

【石川県金沢市】金沢城の本丸(尾山御坊跡)はワイルド

金沢城(尾山御坊)に行ってきました。
日本百名城にも選ばれている、実に広大で優雅な城なのですが、一面、ここほど本丸が観光客に無視される城も珍しいと思うのです。

観光客の大半は、兼六園の方から城に入ります。が、城マニアはもちろん大手門(尾板門)から攻め入りましょう。大手門は、兼六園の入口(南西)とは反対側(北)にあります。

大手門の枡形を形づくる石垣が、たいへん立派です。石が巨大。

大手門を抜けると、新丸に出ます。この新丸が、また広大です。

南の方(上の写真では左側)に菱櫓が見えます。鉛の白い瓦屋根で、格好いいです。新丸にも観光客はあまりいません。地元の方がのんびり犬の散歩しています。

新丸から河北門を抜けて三の丸に攻め上ると、兼六園方面の石川門から入ってきた観光客と合流し、賑やかになります。

石川門と枡形も、たいへん立派です。海鼠塀(瓦の目地に漆喰を塗りつけて食い違い格子模様になっている壁)が格好いいですね。

いちばん絵になるのは、三の丸から二の丸へ入る橋爪門でしょう。五十間長屋や続櫓の唐破風と相まって、美しい絵になります。石垣も、赤と青と白の石をうまく組み合わせて組んであって、綺麗ですね。

五十間長屋の中にも入ることができます。続櫓から橋爪門の枡形を見下ろすことができて、気分がいいです。

全員、鉄砲で狙い撃ちできますね。防御力の高い枡形です。

櫓から三の丸を見下ろします。広いですね。

写真中央にあるのは、河北門です。ここの枡形も強力ですね。

五十間長屋を降りて、二の丸を抜け、本丸に向かいます。そしてなぜか、本丸に向かうところで観光客がめっきり減ります。多くの人が二の丸から三の丸へ引き返していきます。

上の写真は、二の丸と本丸を隔てる空堀です。空堀に降りられるのが嬉しいですね(この空堀を真っ直ぐ進んでいくと玉泉院庭園に出られます)。右側が二の丸、左側の石垣の上が本丸です。写真中央の極楽橋を渡って本丸に攻め入ります。

本丸の案内パネルによれば、もともと「金沢御堂」があったとされています。石山本願寺と並ぶ、一向宗(本願寺)の重要拠点の一つです。「尾山御坊」とも呼ばれていますね。加賀は「百姓の持ちたる国」と呼ばれた通り、戦国初期には一向宗が大きな力を持っていた地域でした。

佐久間盛政が加賀に入城したとき、尾山の名が改められ、金沢城となります。金沢というと前田利家の印象が強いのですが、もともとは佐久間盛政の攻略地でした。前田利家が金沢に入るのは、賤ヶ岳合戦で佐久間盛政が没落してからのことです。そして前田利家本人は、金沢から尾山に名前を戻しているようですね。利家ゆかりの神社も「尾山神社」となっています。案内パネルではそのあたりの事情が省かれていますね。

さて、そんな本丸の案内パネルが設置されているのは、木立が鬱蒼と生い茂る中です。うーん、大自然。

金沢城の本丸は、ほとんど整備の手が行き届いていません。実は1995年まで金沢大学のキャンパスがあり、本丸は理学部の附属植物園として利用されていました。現在でも自然が豊かに残されており、城として整備するよりは街中の貴重な緑地として活かす方向で考えているようです。
そんなわけで、大半の観光客は本丸まで足を伸ばしません。

下の写真は、本丸の乾櫓跡から二の丸を見下ろしたところです。デカい城です。

本丸から三の丸に降りていくところの石垣も極めて壮大で立派ですが、やはり観光客はほとんどいません。

北西側から見る城の全景も雄大です。惚れ惚れする石垣です。下の写真は金沢城本丸の全景です。

かつてはここに築地塀や隅櫓も建っていて、壮観だったでしょうね。

さて、金沢城の見所は、まだあります。玉泉院丸跡に、たいへん美しい庭園が復元されました。

見所は、なんといっても石垣です。

長方形の石を縦に置くというのが、なんとも現代アート風です。キュービズムを彷彿とさせます。格好いい。

「色紙短冊積石垣」とは、名前も風流ですね。

しかしこんなに大きな城を抱え百万石を誇った加賀藩が、幕末維新期にほとんど存在感を示せませんでした。江戸時代を通じて事なかれ主義を貫いた結果、太平の世は無事に渡りきったものの、変革期には役立たずに終わってしまいました。歴史の教訓として興味深い事実です。金沢出身の哲学者、三宅雪嶺の話によれば、幕末の金沢は金沢でいろいろ大変だったことは分かりますけれども。
そんなわけで、ただの観光なら1時間もあれば十分ですが、金沢城=尾山御坊を本気で堪能しようとすると、朝から晩までかかります。それくらいする価値はあるだろう、とても立派な城です。
(2015年9/14訪問)

ブロトピ:国内旅行

【岐阜県恵那市】明智城の麓には明智光秀の供養塔があるが怪しさ満点、大河ドラマとは違う場所

岐阜県恵那市にある明智城に行ってきました。明智城の麓には、明智光秀出生地の碑と供養塔もあります。
ちなみに、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台となっている明智荘は、同じ「明智」でも、ここではありません。ドラマの方では、同じ岐阜県でも、可児市にある明智(恵那明智から北北西に約40km)が舞台に設定されています。

明智城は、明知鉄道の終点「明智駅」から500mくらいのところにあります。明智には日本大正村もあり、見所が多いところです。
ちなみに大河ドラマの舞台は、同じ岐阜県の明智でも、名鉄広見線の「明智駅」が最寄りです。違う場所です。

明智光秀の供養塔は、龍護寺にあります。

明智光秀公の御霊廟に「おはか」とふりがなが振ってあります。

霊廟に入ると、「明智光秀公出生地」の石碑が立っています。

何度も書きますが、大河ドラマ『麒麟がくる』では、同じ岐阜県でも、こちら恵那市ではなく、可児市の明智のほうを出生地としています。どちらが正解でどちらが間違っているというわけではなく、史料が存在しないため、現時点では確かなことは分かっていません。
ちなみに、可児明智と恵那明智も含め、光秀の出生地と言われている場所は6個所あります。

さて、霊廟内には供養塔が立っています。

「色即是空 明智光秀公供養塔」は、まあいいのですが。

裏に回ると……

「空即是色 敵は本能寺にあり」とありますよ!! 怪しすぎ!
ちなみに、現在の歴史学の水準では、明智光秀が「敵は本能寺にあり」と言ったことは明確に否定されています。大河ドラマでは、このセリフを言うのかどうか。

ところで、この龍護寺には「遠山の殿さんの墓」もあります。

実は、恵那市の明智を領有していたのは明智氏ではなく遠山氏だったんですね。遠山氏は岩村城や苗木城なども領有しており、東美濃一帯を支配する国人領主でした。明智の遠山家の末裔には、「遠山の金さん」として有名な遠山景元がいます。

龍護寺の案内パネルにも、「遠山家菩提寺」とあります。恵那の明智は遠山家が代々領有する地であって、光秀の出身地とするには微妙な感じもします。
ただし、明智光秀が可児明智の生まれではなく、遠山家に生まれて可児明智に養子に出た可能性などもあり、一概に恵那明智が光秀の出生地であることを否定できるわけではありません。恵那と可児の距離や当時の勢力関係から考えても、養子に出ている可能性は低くありません。
文書資料が残されていない以上、確かなことは分かりません。

さて、案内パネルにもあるとおり、龍護寺から明智城本丸までは650mの山道です。15分ほど山登りです。

明知城の案内パネルでも、城主は遠山氏となっていますね。ちなみに漢字は「明智城」ではなく「明知城」となっています。

本丸までの山道はしっかり整備されていて、とても歩きやすいです。

本丸は比較的こじんまりとしている印象ではありましたが、中世山城はこんなものでしょう。

本丸からは明知の里が一望できます。北北西には岩村城も臨めるところです。

地政学的には、恵那明智から明智川を南下すると矢作川に当たり、矢作川を下っていけば豊田と岡崎に出ます。恵那明智は、木曽川水系と矢作川水系を結ぶ中継点になっています。木曽川や矢作川を直接抑える拠点と比較すれば重要度は一歩下がるものの、美濃や尾張の側から見れば、武田家の侵攻を一番最初に食い止めるべき前哨地点として、無視できない要所であることには間違いありません。

明知城には、光秀が学んだ学問所という伝承のある天神神社もあります。果たして明智光秀はどこで生まれ、どう育ったのか。負けたものの史料は時代の流れの中で意図的に失われていき、現在では想像にまかせる他ありません。(2011年8/31訪問)

ブロトピ:国内旅行

【長野県松本市】開智学校は建築も展示も資料もすごい

松本市にある旧開智学校に行ってきました。2019年9月、国宝に指定されました。

洋風建築を見よう見まねして作られた、擬洋風建築を代表する建物です。土台部分は煉瓦造りに見えますが、実は木造で、漆喰によって模様をつけているだけです。

授業料や校舎建築費の自己負担に憤って学校を焼き討ちしてしまう地域もある中、長野県では住民がお金を出し合って学校を作っています。開智学校のような先進的な校舎を作り上げてしまうというのは、並大抵の気合いではありません。教育にかける期待がいかに高かったかを伺えます。

正面玄関の彫刻が、とてもユニークですね。唐破風に付けられた校名額の天使が愛らしいのかどうか。

訪れたのは国宝指定の一ヶ月前のことでしたので、この時点ではまだ「重要文化財」です。

中に入ることもできます。2階の講堂は、なかなか豪華な作りですね。

展示も充実しています。国定教科書の紹介など、近代教育の流れが大まかに分かるような展示内容になっています。

専門的にいっても興味深い展示がいくつかあります。たとえば開智学校では、明治32(1899)年に特別学級が設けられています。

この場合の「特別学級」とは、特に障害児教育を意味していません。ビネー式の知能検査が開発普及するのはもう少し後のことです。
展示パネルで興味深いのは、「料理屋への方向や芸妓修行で学習時間の確保が困難な女児のための裏町特別学級」という記述です。一般的には日露戦争前後に就学率が100%近くになったと言われていますが、現実的には特別学級のような「抜け道」が用意されることで、就学率が見せかけ上100%に近づいていただけということが伺えます。長野県だけではなく、東京や大阪の工場地帯でも事情は同じです。この時点でも、子どもは「労働力」として期待されており、学校へ行って勉強できるのは必ずしも当然のことではありませんでした。

また明治31(1898)年には「子守教育」も始まっています。

現在では子育てを担うべきなのは専ら母親であると思いこまれていますが、当時は母親が子育てなどしていませんでした。母親に期待されていた役割は、子育てではなく「肉体労働」でした。子どもを産んだ翌日には、母親は畑に出て野良仕事を開始しています。
では誰が子育てをしていたかというと、子どもたちです。子どもが子どもを育てていました。それがよく分かるのが「子守」という言葉です。開智学校に展示されている写真は、なかなか衝撃的です。

子どもを背負った子どもが、輪になってフォークダンスをしているところでしょうか。子どもを背負いながら授業を受けている写真は、開智学校だけでなく、日本各所で見ることができます。
現在、「日本では昔から母親が子育てをしてきた」と主張する人がいますが、こういう写真を見れば、一発でウソだと分かります。子育てをしていたのは、子どもです。大人は働くので精一杯でした。そして母親が働くので精一杯で子育てにまで手が回らないという事情は、実は現在でもさほど変わっていません。変わったのは、子育ての責任を母親だけに押しつける風潮が強くなったところです。

ところで、開智学校がすごいのは、建築や展示だけではありません。一般の見学者が立ち入りできない資料保管所があって、そこに研究者垂涎の資料がたっぷり残っているのです。
特に個人的には、明治年間の「教案」が大量に残っているのがありがたいです。教案とは、現在で言えば「指導案」のようなもので、個々の授業の目的や段取りを現場の教師がデザインしたものです。教育雑誌に掲載されている模範的な授業案ではない、現実に使用された生の教案が残されているというのは、実証研究にとって本当にありがたいことです。

ところで展示で以下のようなパネルがあったので。

「哲学概説」の「二」は、おそらく「実態」ではなく「実体」ですね。物質的な実体と精神的な実体の二元論が特徴だと答え、日本的哲学(西田幾多郎など)において一元化されたと批判することが期待されているのでしょう。
「大化改新」については、現在なら中大兄皇子実行犯説は怪しいとか、黒幕は実は孝徳天皇だったとか言いたくなります。当時であれば、豪族支配を終わらせて天皇制を確立した端緒というふうに答えるべきところなのでしょう。同じく、「建武中興」について、現在では後醍醐天皇の政策の是非について荘園など土地経済制度を踏まえて答えるところですが、当時であれば天皇制の理念に沿って回答することが期待されていたはずです。歴史的事実を正確に知っているかどうかよりも、国体思想に素直に適応しているかどうかが試されている問題ですね。テストが行なわれた昭和12(1937)年は、盧溝橋事件から日中戦争が泥沼化していくタイミングでした。
(2019年8月訪問)

ブロトピ:国内旅行