「城」タグアーカイブ

【長野県松本市】松本城と犬甘城

松本城と犬甘城に行ってきました。

松本城は、何回訪れても、感動します。アルプスの山々を背景に聳え立つ黒い天守閣は、惚れ惚れとする美しさです。素晴らしい。今回は三が日だったので、松本城も謹賀新年モードでした。

下から天守閣を見上げる。かっこいい。

見る角度によって姿を変え、受ける印象が様々に変化するのも松本城天守閣の見所ですね。これは北西側から見た天守。個人的には、南西側から見る形が一番好きです。

続いて、犬甘城へ徒歩にて移動。

犬甘城は、松本城の北西1.5kmほどのところにあります。現在は「城山公園」となっています。

縄張の図。私は南側からまず六ノ郭に登って、尾根伝いに北に移動し、一の郭に出ました。城の西側は奈良井川が削った断崖絶壁になっていて、天然の要害になっています。

一の郭全景。写真では比高差があまりないように見えますが、私が写真を撮っている場所は袖郭になっているところで、そこまでたどり着くのがけっこう大変。全体の防御力はかなり高い城のように思います。

六の郭には展望台が立っていて、松本市街を見渡せるほか、アルプスの山並みを眺めることができます。なかなか爽やかな気持ちになれるところです。

犬甘城を後にして、東に400mくらいのところに、正麟寺があります。ここにはマタ・ハリやジャンヌ・ダルクとも呼ばれた川島芳子のお墓があります。若い頃の華麗な活躍と、処刑で命を落とすという非業の死に、思いを馳せます。

さらに500mほど東に行くと、旧開智学校。道なりに歩いて行って裏側に出ました。1/3は残念ながら休館日で、中には入れません。開智学校には、土方先生と一緒に資料調査に行ったことが思い出されます。貴重なのは建物だけでなく、明治時代の教案等、文書史料が数多く残されていて、宝の山です。

そんなわけで、信州蕎麦を美味しくいただいて松本を後にしたのでした。
(2018年1月3日訪問)

【東京都北区】もみじ寺(滝野川城跡)は、やっぱり紅葉が綺麗

 東京家政大学から徒歩10分くらいの所に、愛称が「もみじ寺」という金剛寺があるので、授業の合間に散歩に行ってきました。

 さすが、もみじ寺の名前に恥じない本堂の構えです。

 本堂の脇にも立派な楓が色づいていました。

 石灯籠の側にはバーミリオンの楓。

 門の脇にはガランスの楓。境内はそんなに広大というわけではありませんが、さすが「もみじ寺」と呼ばれるだけあって、コンパクトに色とりどりの紅葉を楽しめます。

 実はこのあたり、江戸時代から紅葉の名所として知られていました。歌川広重が「江戸名所之内 王子滝の川紅葉風景」として描いております。

 さらにここは、かつて「滝野川城」があった所のようです。豊島氏と共に太田道灌を相手にした滝野川氏の本拠地でした。遺構は完全に失われていて面影はありませんが、周りの地形を総合的に考えると、舌状台地の先っぽで、石神井川が天然の堀になって、城の場所として適していたような感じはします。

 お寺の前の通りは、まだ紅葉60%といったところ。

 お寺の前の橋は、「もみじばし」。紅葉橋交差点や、もみじ小学校が近くにあります。

 少し足を伸ばして飛鳥山公園へ。桜の名所として江戸時代から有名ですが、紅葉もなかなか良いです。

 飛鳥山も、紅葉全開までもう一息という感じですね。そんなわけで、王子で昼ご飯を食べて、3限の授業に臨むのでした。
(2017年11/22訪問)

【岡山県岡山市】岡山城と後楽園

岡山県に行く用事があったので、用事の隙を見て岡山城と後楽園に行ってきました。

個人的な感想ですが、外から見るだけなら、岡山城天守閣のカッコ良さは全国でもトップレベルです。特に旭川をまたいで臨む天守閣は、カッコいい!

後楽園の南側入口から川沿いに遊歩道があるのですが、先端にある桃太郎の像?あたりからの景色もとても綺麗。観光客はあまり足を伸ばさないポイントですね。

天守閣から本丸を臨む。まあ、天守自体は鉄筋コンクリートの復元なので、中はどってことないですが。普通に宇喜多家絡みの展示は充実しています。せっかくなので、天守の中にある甘味処で宇喜多サンデーを食べてきました。黍団子入り。

江戸から残っている月見櫓は国宝に指定されていて、とても味わい深いです。ほか、石垣は時代ごとに様々な容貌を見せてくれて、とても見応えがあります。きっと初心者からマニアまで楽しめる、いい城です。

後楽園にも行ってきました。ありがたいことに、早朝7:00から開園しているんですね。朝食前にぐるっと二周してきました。早朝の名園散歩は、とても気持ちいいですね。

後楽園から臨む岡山城天守閣も、たいへん味わい深いです。そんなわけで、朝のバイキングで岡山名物黍団子を食して、満足して学会にでかけたのでした。
(2017年10/8訪問)

【静岡県浜松市】近藤康用屋敷跡は駐車場になっていたが、浜松城はかっこいい

浜松に行ってきました。
浜松城、天守閣は復元ですが、黒くてなかなか立派。近くから見るとこぢんまりしているようですが、遠くからだと高台の上に立派に聳えているように見えます。

特に桜の季節は、黒い天守閣が映えますね。(2013年3月29日訪問時)

が、浜松城がメインではなく、今回は「犀ヶ崖」へ。「さいががけ」と発音しますが、地元の方のイントネーションは「さ↑いが↓が↑け」ではなく「さ↓い↓がが↓け」でした。

ここは武田信玄が遠江に進行した際、徳川家康を蹴散らした「三方原の戦い」における一戦闘地です。

本戦で惨敗を喫した家康側が計略を用いて武田側に一矢報いた戦闘で、騙された武田軍が険しい崖の底に落ちていったところです。今でも険しい崖の跡が深々と残っています。当時はあの世への入口と恐れられていた場所のようです。

犀ヶ崖には資料館も建っていて、三方ヶ原の戦いについて学ぶことができます。

そして、大河ドラマで悪者になっている近藤康用どのの屋敷跡推定地にも行ってきました。浜松城公園の一角ですが、今は見事に何もありません。

浜松は大河ドラマの舞台として盛り上がっていて、遠州鉄道の高架下では大河ドラマ館が営業しています。

安定の顔出しパネル。

しかし浜松駅にある顔出しパネルのインパクトにはかないません。ウナギから顔を出す発想て。

駅前には、ゆるキャラ家康くんのモニュメント。

4年前に浜松に行ったときは、城に家康くんの着ぐるみが来ていました。袴がピアノとか、全体的な造形の無理矢理感がいいところ。

家康は鵜殿氏本家の仇敵なんですけれどね。しかし過去の遺恨は水に流し、ウナギパイをお土産に浜松をあとにしたのでした。
(2017年9月20訪問)

【福島県須賀川市】光の国と姉妹都市になって、ウルトラ兄弟や怪獣たちがいる

 須賀川市に行ってきました。
 M78星雲「光の国」と姉妹都市になっていて、町の中心の松明通り沿いにウルトラ兄弟がいました。

 ウルトラ兄弟勢揃い。お母さんもいます。が、可哀想に、レオとアストラは仲間はずれのようでした。

 怪獣たちもいました。道路を挟んでウルトラ兄弟たちと戦っています。
 しかし、どの怪獣をセレクトするかには、苦労しただろうなあ。バルタン星人を落選させるのは苦渋の選択ですね。ベムスターを選抜メンバーに入れたのは英断な気がします。

 須賀川市役所前にはお父さんがいました。
 東日本大震災で壊れた市役所の建て替え工事が完了した2017年に伺いました。周りはまだ工事中のところが多かったです。

 駅前にはウルトラマンのモニュメント。かっこいい。

 市役所のガラスには、こんなシールも貼ってありました。芸が細かい。

 散歩していたら、住宅展示場にかわいい石のバルタンが。松明通りに並べる選抜メンバーから外れたことに抗議してのことでしょうか?

 駅隣接の観光案内所に、折り紙のウルトラマンと怪獣たち。

 ところで、松明通りにウルトラ兄弟や怪獣たちが立てるのは、実は電信柱がないからなのです。電柱がない代わりに点検ボックスなどがあるのですが、これにも怪獣のイラストが。ガッツ星人!

 レッドキングとか、ベムラーとか、ブルトンとか、マストドンとか。なつかしい!

 近くには城跡もあります。鎌倉期に作られたらしい岩瀬山城。今は公園として整備されています。須賀川市立歴史博物館で見学した知見によれば、戦国期には二階堂氏と伊達氏の間で攻防戦が繰り広げられていたようです。

 博物館では、亜欧堂田善について知見を深めてきました。ちなみに光の国と姉妹都市なのは、ウルトラマン生みの親の円谷英二の故郷だからです。さて、今後も松明通りに怪獣たちは増えていくのかな?
(2017年9/5訪問)