「世界史」タグアーカイブ

【要約と感想】菊池良生『傭兵の二千年史』

【要約】傭兵は、古代ギリシアやローマの時代からフランス革命まで、2000年にわたって軍制の基本要素でした。しかし絶対王政下での常備軍設置など様々な軍制改革が行われる過程で傭兵制度の持つ意味が徐々に変化し、最終的にはフランス革命戦争において王家の欲望に奉仕するためではなく「国家のため」に戦う軍隊「国民軍」が誕生し、さらにはフランス以外の諸国家においては反ナポレオンのためにナショナリズムが勃興し、傭兵制度は無用のものとなりました。現代の傭兵は国家的枠組を逃れるロマンティシズムに満ちたものですが、それは食い扶持を求めて已む無く陥る従来の傭兵人生とは関係のないものです。

【感想】スイスの傭兵については様々な本から摘み食いして知っていたつもりだったけれども、マキアベッリのころのイタリア傭兵事情とかドイツ南部のランツクネヒトに関する知識はとても新鮮だったし、傭兵部隊の雇用体制とか実際の部隊運用とか兵站とか輜重とか経済基盤に関して基礎的な知見を得ることができたように思う。またオランダやスウェーデン、さらにプロイセンの軍制改革について、図らずもコンパクトな知見を得た。勉強になった。
封建体制から近代中央集権国家に移行する際、経済史では絶対王政を経由するステップが必要不可欠だという議論がある(それは日本近代史では徳川政権を封建制と見るか絶対政と見るかの議論として白熱する)わけだが、軍制という観点からも絶対王政を経由することが実際問題として必要なステップと分かったことが最大の収穫かな。とすると、日本近代史に関しても、長州奇兵隊や幕府歩兵隊、あるいは赤報隊等新政府軍に参加した草莽軍隊の位置づけや性格が個別具体的には大問題となるわけだ・・・

菊池良生『傭兵の二千年史』講談社現代新書、2002年

【要約と感想】桃井治郎『海賊の世界史―古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで』

【要約】古代ギリシアの時代から19世紀初頭まで、世界史を背後で動かしていたのは海賊です。古代ではローマ帝国の支配に反抗する海賊たちが地中海で活躍し、中世ではキリスト教とムスリムの海賊が地中海を席巻し、大航海時代には大西洋やカリブ海で国家の覇権をかけて海賊たちが活躍しました。しかし19世紀前半に地中海北アフリカ沿岸の海賊たちの根拠地が欧米主権国家に制圧されるに至って、海賊の活躍に終止符が打たれます。
海賊はローマ時代から国際秩序を乱す人類共通の敵と見なされる一方、秩序や管理や束縛から自由な英雄として祭り上げられ、憧れの対象となりました。

【感想】バイキングの事績や大航海時代の大西洋やカリブ海域の海賊については類書で読んである程度知っていたつもりだけれども、古代ギリシアやローマの海賊、そして近代以降の地中海域の海賊については新たな知見を得られた。バルバリア海賊に関する具体的な記述は、とても面白かった。
個人的に、自分のご先祖様が熊野の海賊だったと勝手に思い込んでいるので、「海賊」というものに対してそこそこ思い入れがあったりする。秩序や管理や束縛から逃れ、自由な個人としての生き方である「海賊的人生」に憧れるというのも、個人的にはよく分かる。
そして今、海賊的人生の在処(主権国家の具体的権力が及ばない私的空間)は「インターネット」の彼方にあったりするのかなとも思ったりする。そしてそこは、まさに主権国家が権力を及ぼそうとする最前線になりつつある。主権国家がバルバリア海賊たちに突きつけた最終通告と同じような通告が、インターネット界隈に対しても発せられつつあるのだった。

桃井治郎『海賊の世界史―古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで』中公新書、2017年

【要約と感想】加藤雅彦『ライン河―ヨーロッパ史の動脈』

【要約】フランスとドイツの間の政治史が本書のテーマです。ローマ帝国のガリア・ゲルマニア進出からEU統合まで約2000年に渡る仏独関係が通史的に語られます。フランスはローマ帝国に服従して以来、多民族を強力な中央集権国家で統一する国民国家形成に向かったのに対し、ドイツはローマ帝国に反抗し、言語文化を同じくする民族が多数の国家に分裂し、現在も地方分権的な連邦制度を採用しています。その結果、フランスは個別的なものより普遍的なものを上位に置く「文明」を称揚するのに対し、ドイツは個別的なものを尊重する「文化」を上位に置きます。今後も独仏両国の関係がヨーロッパの運命を握っています。

【感想】独仏間の政治経済関係史が話題の中心であって、自然や景観に関する紀行文的な話題は前面に出てこない。ライン川にまつわる自然や景観に関心がある向きには、本書は薦めない。
本書を読了して会得したと思うのは、「ラインラント(ケルン・ボン・コブレンツ)」及び「アルザス・ロレーヌ(ストラスブール)」の地政学的知見だ。もともとローマ帝国の版図に基づけば、ガリアとゲルマニアの境界線はライン川にあった。だからフランス人としては、ローマ帝国の普遍的な文明を継承するという意識が強ければ強いほど、国境線をライン川に設定したくなる。そして現在はドイツ領となっているライン川左岸ラインラントも、もともとローマ帝国の統治を受け入れた地域であり、さらにフランス革命時にはリベラルな思想に親和的であって、ゲルマン的な「文化」に対しては反発を覚えやすい。一方アルザス・ロレーヌは、言語文化的にはドイツに親和的である一方、フランス革命の影響を受けてリベラルな雰囲気も持つ。
独仏に挟まれたラインラント・アルザス・ロレーヌの地政学は、海に囲まれた日本人にとっては最もわかりにくいものであるような気がする。本書のような「境界史」は、日本人的偏りを自覚し是正する上でとても意味があるような気がした。フランス史とかドイツ史などのような国家を実体化して語る政治史では、境界の地政学は取りこぼされてしまうだろう。ライン川を表面的な主題としながら、実質的にラインラントやアルザス・ロレーヌを語り、独仏関係史に思いを馳せるというスタイルは、とても洗練された優れた語り方だと思った。とはいえ、本書では過度にフランスとドイツを実体化しているような記述もあって、個々の記述に対しては警戒を要する気もする。

加藤雅彦『ライン河―ヨーロッパ史の動脈』岩波新書、1999年

【要約と感想】南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』

【要約】ローマの盛衰は、地中海地域だけ見ていても理解できません。ローマ帝国盛衰の本質は、ガリアやブリタニアなど従来「辺境」とされて見過ごされてきた地域支配の在り方と変容にあります。ローマが最も栄えていた頃は、辺境地域の優秀な人材をリクルートするシステムと、彼らを包括する「ローマ人」というアイデンティティが帝国の紐帯となっていました。「ローマ人」とは現在の偏狭な民族意識にもとづくものではなく、ローマ的価値を共有する意識が土台となっていたので、蛮族と呼ばれる人々も容易に「ローマ人」へ組み込むことができました。しかしローマ帝国崩壊の過程で「ローマ人」を緩やかに結びつけていたアイデンティティが崩壊し、偏狭なローマ人意識が台頭したのに応じて、いわゆる蛮族の人々が帝国から離脱します。これがローマ帝国崩壊の本質です。
本書はこの仮定を、皇帝や側近等を中心とした政治過程から明らかにしようとしています。

【要確認事項】「ローマ人というアイデンティティ」の崩壊がローマ帝国衰亡の決定的な要因だという著者の仮定が正しかったとして。でもだとしたら、いちばん決定的だったのは、ローマ帝国のアイデンティティの本質を構成していた多神教的価値観をキリスト教が破壊してしまったところにあったんじゃないの?と単純に思えてしまう。多神教的価値観と具体的な儀式を背景にして成立していた「ローマ人というアイデンティティ」は、キリスト教のような一神教によって本質的に変質してしまったのではないのか? その疑問に本書は答えてくれないどころか、「ローマ人というアイデンティティ」とキリスト教が両立することが前提で話が進んでいく。この論点を論証せずに話を進めて大丈夫なのか、ローマ史の専門家でない私には分からないところではある。
まあ門外漢の印象に過ぎないのではあるが、「アイデンティティ」という集団的心性を証明すべき課題の根幹として扱うにもかかわらず、宗教や文化といった集団的心性を形成する本質にほとんど触れることなく、権力闘争過程の叙述に終始するのでは、本質的に課題と方法が噛み合っていないのではないかと思ってしまう。果たして史料に即して権力闘争の過程を扱う政治史の手法だけで「アイデンティティ」というフワフワした得体の知れない対象を取り扱えるものだろうか? これは新書で紙幅が少ないとかそういう問題ではなく、本質的な「対象と方法」に関わってくる問題だと思う。

【感想】まあ、とはいえ、国家の在り方の本質が地方行政の具体相に現われるという点については、丁寧に書かれていたように思う。というか、「アイデンティティ」などと論証困難なフワフワした観念に頼らずとも、地方行政の有り様を丁寧に論証していけば、普通にローマ帝国衰亡の過程は描けるような感じがする。特に個人的には幕末明治期の国家制度に詳しいわけだが、やはり国家の在り方の本質は地方制度の具体相に現われる。山県有朋の市制町村制などに典型的だ。本書でも、従来の研究では見逃されていたガリアやブリタニアにおける地方行政の具体相がけっこう丁寧に描かれており、「アイデンティティ」という媒介項など必要とせず、そのままローマ帝国衰退を説明する根拠となるように見えてくるのだ。
特に重要なのは、おそらく地方名望家層の扱いと現地人のリクルート及び出世のシステムだ。日本の幕末維新期の課題も、地方名望家層の体制への取り込みと有能な人材のリクルートシステムの確立だった。これが上手くいったから、日本は近代化へ向けて舵を切ることができた。逆に言えば、ローマ帝国では地方名望家層の離脱とリクルートシステムの機能不全が本質的な問題だったのであって、アイデンティティは後から付いてくる類いの些末な問題だった可能性はないのだろうか。
現代の日本が抱える問題も、「日本人のアイデンティティ」という得体の知れないフワフワしたところに本質があるのではなく、地方行政の具体相に根幹があるような気がするのだった。

南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』岩波新書、2013年

【要約と感想】吉村忠典『古代ローマ帝国―その支配の実像―』

【要約】紀元前70年、共和政ローマ末期にシチリア総督となって強大な権力を握ったウェレスは、暴虐の限りを尽くして現地人から搾取を繰り返しましたが、最終的には正義の訴追人キケロに悪事のすべてを暴かれ、政治の表舞台から姿を消します。
が、しかし、その裁判記録を現代的な観点からよくよく精査してみると、キケロも単純に正義を体現しているわけではなく、政治的経済的な利害関係の中にいることも分かります。単純に勧善懲悪として理解するのは、危険かもしれません。
実際に行なわれた裁判の具体的過程を通じて、共和政末期ローマの権力構造や世界観が浮き彫りにされます。

【感想】ケース・スタディを徹底することによって時代と地域の性質を包括的に明らかにする上に、普遍的な人間と国家のあり方までも考えさせるという、一点突破全面展開のお手本のような良書だと思う。現在のわれわれの常識からは、古代に「主権」というものがなく権力の極が複数存在することについて理解が及びにくいわけだが、本書は具体的に古代権力のあり方について分からせてくれる。そしてその作業は同時に、近代的な「主権国家」の有り様そのものを相対化させる視点も浮かび上がらせる。おもしろかった。

またキケロの胡散臭さもよく分かる。彼は莫大な資産を持つ「名望家層」を代弁して「寡頭制」を支持する立場にあった。共和制末期ローマの価値観として、キケロの立場は代表的なものだったようには思われる。が、もちろん民主制の現代的価値観からは、直ちに首肯できるものではない。個人的には、むしろキケロが口汚く罵るグラックス兄弟やカエサルなど民衆派のほうに親近感を覚える。『老年について』や『キケロー書簡集』にも、キケロが民主主義的な立場に対して真っ向から反対する意見を散見することができる。『キケロー書簡集』等には「よき人々」という言葉が盛んに用いられているが、これは道徳的に優れた人々という意味ではなく、資産を持った金持ち連中のことと理解しなければならないだろう。彼の政治観・正義観・道徳観は、「寡頭制」を支持する立場という前提から理解される必要がある。
とすれば、本書で扱われたウェレス裁判も、同様に「寡頭制」を支持する立場から行なわれたものと理解する必要があるし、本書もそう仄めかしている。ウェレスの行なった数々の野蛮な行為が仮に事実であったとしても、ひょっとしたらそれらは「寡頭制」が説得力を失って「名望家層」が没落する過程で必然的に発生する運命にあった不幸な出来事であり、単にキケロが保守的な価値観で以て断罪しただけのことかもしれないわけだ。後にキケロがカエサル等民衆派を立場の違いというだけで口汚く罵っているのを見ると、このウェレス裁判の内容も素直に聞くわけにはいかないように思えてくる。さらには後にキケロのライバルとなるカティリーナの弾劾に対しても。

まあ、いずれにせよ、権力というものがいかに恐ろしいか、思いを新たにする。権力者の指先一つで、われわれの生活は一瞬で台無しにされてしまうのだ。税金を食い物にして恥じない権力者がデカい顔をしているのは、2000年前も今も変わりがない。

吉村忠典『古代ローマ帝国―その支配の実像―』岩波新書、1997年