「歴史散歩」カテゴリーアーカイブ

【神奈川県鎌倉市】大仏切通し

 中世要塞都市鎌倉に入るための限られた入口、いわゆる「鎌倉七口」のうちの一つ、大仏切通しを突破してきました。北側の「火の見下」というバス停から大仏切通しに通じるハイキングコースに入れるのですが、まるで民家に入っていくかのような佇まいで、本当にこの先に進んで良いのか少々不安を覚えつつ、しばらく行くと鬱蒼とした森に出ます。数メートル手前が住宅街だったとは信じられない光景です。

 真夏だったこともあって、コースに被さるように草が生い茂っており、短パンやスカートなどで生足を出していると酷い目に遭いそうです。夏でも長ズボンでチャレンジすることをお勧めします。
 急な上り坂の下側に、案内パネルが設置されています。

 鎌倉攻めでは激戦地になったとのことですが、いや、ここは突破できないでしょう。ものすごい要衝です。

 坂を登り切ると、「切通し」として一番有名な光景が眼前に飛び込んできます。

 いつもテレビや雑誌で見る景色です。実際に見ると、とても素敵。
 そして、この先ちょっと行ったところが数日前の雨でぬかるんでいて、通行もままならない状態になっていました。鎌倉を攻めるのは、本格的に大変そうです。

 しばらく、まさに「切通し」っぽい道が続きます。この道の上で待ち伏せされて弓の雨を注がれたら、ひとたまりもありません。10回くらい死にます。
 まさに「切通し」な道を抜けると平坦な山道が続きますが、道の南側は崖(崖下は藤沢に向かう道路)になっており、谷津に降りるのも大変そうです。

 しばらく行くと源氏山(北東の方)に向かうハイキングコースの分かれ道が現れますが、野草に覆われていてまともに進める感じがしません。このまま南下して鎌倉大仏を目指します。

 ハイキングコースの出口。トンネルの右側の階段を上がっていくと大仏切通しに向かう山道に入ります。大仏側から行くとこの階段からスタートであまり風情がないし、切通しの光景が眼前に飛び込んでくるスペクタクル感も薄いので、大仏切通しにアタックするなら北西側の「火の見下」(鎌倉駅からバスで一本)から向かうのが断然お勧めです。

 さらに少し南下すると鎌倉大仏が鎮座しておりますが、大仏坂下バス停の真ん前にオープンしたばかりの隠れ家的な喫茶店があって、休憩がてらにふらっと入ったらなかなか居心地が良かったのでした。大仏切通しハイキングで疲れたら、ここで休憩がお勧め。

 鎌倉大仏には数年ぶりに訪れましたが、コロナのせいで中に入ることは禁止となっておりました。残念。
(2022年8/26訪問)

【お得な切符の買い方】青春18きっぷで東京発日帰り旅行の基礎

東京発日帰り青春18きっぷの基本

 東京発で日帰り旅行をするとき、「青春18きっぷ」を使うとお得に移動できます。

 青春18きっぷは、5枚綴りで12,050円。つまり1日あたり2,410円以上の電車賃がかかるとき、お得になります。片道なら1,205円が採算ラインとなります。
 そこで、東京から片道1,205円がどのあたりかをイメージできていると、青春18きっぷを使うべきかどうかを判断することができます。

 ちなみに東京から関東近郊に出かける場合は、「六角形」をイメージすると全体像を理解しやすいでしょう。下の図は、東京を中心に、6方向に路線が延びている様子を概略したものです。黄色が六方向それぞれの中心都市で、オレンジ色が青春18きっぷを使用した場合の採算分岐点となる駅です。
(※運賃は東京駅を起点として計算しております。)

 高崎、宇都宮、水戸、甲府といった関東近郊主要都市に日帰りで行く場合は、青春18きっぷを使うと基本お得になります。
 もちろん新幹線が使えず片道2時間コースになりますが、中央線以外は基本的にグリーン車が使えますので、ちょっと奮発してグリーン券を買うと、かなり快適に道中を楽しめたりします。

東京から六方向に出かける

 六方向それぞれに特徴と個性があります。その日の気分と天気予報で出かける方向を決めましょう。

(1)東海道線:温泉、海

 神奈川県に向かい、小田原と熱海が採算ラインの向こう側になります。ちなみに鎌倉は東京からだと採算ラインを超えませんが、浦和からなら片道1,265円となり、青春18きっぷを使う意味があります。大磯を越えていくと、小田原・熱海方面進行方向左側の車窓から海が見えて、テンションが上がります。
 東海道沿線ではまず湯河原・箱根・熱海等の温泉地が外せません。熱海で乗り換えて伊東や下田に向かう選択肢もあります。夏は海水浴等も選択肢に入ってきます。晴れた日は、熱海から船に乗って初島に行くと、富士山が綺麗に見えます。
 城好きには小田原城や石垣山城の他、箱根周辺の山城や、障子掘りが見事な山中城なども選択肢に入ってきます。静岡に入るなら、沼津の長浜城、原の興国寺城はお勧めです。
 神奈川を超えて静岡まで脚を伸ばすと、薩埵峠、日本平や久能山東照宮、三保の松原あたりまでは日帰りで楽しめます。近くにはちびまる子ちゃんランドもあります。こうなると夕飯は清水でマグロ丼をいただきたくなります。

(2)中央線:果物

 山梨県に向かい、甲府が採算ラインの向こう側です。
 甲府盆地北側の高いところを線路が通っているため、甲府方面下り列車では進行方向左の席から見える景色が見晴らしよく、たいへん美しいです。晴れている日は山並みの向こうに富士山も見えます。葡萄が美味しい季節(8月)にちょうど青春18きっぷが使えます。
 城好きには、甲府城の他、武田家の本拠地躑躅ヶ崎館(現武田神社)や武田信玄が生まれた要害山城、あるいは新府城も選択肢に入ってきます。要害山城の麓にあった温泉が好きでしたが、残念ながら営業停止してしまいました。

(3)高崎線:温泉、粉もの

 群馬県に向かい、高崎と前橋が採算ラインの向こう側です。高崎から先に行こうとすると、電車の本数がぐっと減るので、計画が大事になってきます。
 群馬県は小麦が良くとれて、パスタが美味しいところだったりします。近くには世界遺産「富岡製糸場」もあります。下仁田でこんにゃくをいただくのもいいでしょう。温泉では、伊香保や水上が日帰り範囲内になります。早起きすれば草津温泉や四方温泉も日帰り可能範囲です。
 城好きには、高崎周辺に信玄が造った城や、長野家の本拠地箕輪城、真田ゆかりの沼田城や名胡桃城も選択肢に入ってきます。個人的には白井城がお勧めです。ほか、両毛線沿いには良い城がたくさん残っています。歴史好きには大きな古墳や上野三碑も外せません。

(4)宇都宮線:避暑、B級グルメ

 栃木県に向かい、宇都宮が採算ラインの向こう側です。宇都宮と言えばギョウザですが、駅ビルの中に有名店の支店があったりします。
 そしてこの方角に行けば、もちろん日光が日帰りの選択肢に入ってきます。明治初期から外国人居留者の避暑地だっただけあって、夏の中禅寺湖周辺は気持ちよいところです。しかし残念ながら紅葉の盛りには青春18きっぷは使えません。
 小山で両毛線に乗り換えて、足利・佐野方面に向かうという手もあります。東京からだと高崎周りよりも、小山からの方が近くなります。足利学校周辺は観光地的にも開発が進んでいます。足利フラワーパークの藤の見頃には、残念ながら青春18きっぷは使えません。
 城好きには、烏山城、笠間城、大田原城、黒羽城などが選択肢に入ってきます。

(5)常磐線:花、魚

 茨城県に向かい、水戸が採算ラインの向こう側です。
 偕楽園の梅が綺麗な季節に春の青春18きっぷが使えます。こちらの方角では大洗も日帰り範囲内です。早起きすれば、袋田の滝もなんとか日帰り範囲に入ってきます。ひたち海浜公園も日帰り範囲ですが、ネモフィラの見頃には残念ながら青春18きっぷは使えません。早起きすれば、福島県境の大津湊まで行って岡倉天心ゆかりの六角堂、あるいはさらに福島県に入っていわきで美味しい魚をいただいて国宝の白水阿弥陀堂までは日帰り範囲です。
 城好きには、水戸城の他、水郡線で常陸太田城も選択肢に入ってきます。

(6)総武線快速→内房、外房:海、魚

 千葉県に向かい、銚子や館山が採算ラインの向こう側です。
 外房では銚子のほか、九十九里浜や鴨川が日帰りの範囲に入ってきます。美味しい魚をいただきたいです。内房では富津岬の展望タワーや鋸山のてっぺんから東京湾を一望するのも気分が良いです。浜金谷から船に乗って東京湾を横断し、久里浜から再び電車で東京に戻るという手もあったりします。
 城好きには、久留里城や大多喜城が選択肢に入ってきます。歴史好きには、香取神宮や鹿島神宮も外せません。香取神宮と鹿島神宮は一日で回れて、青春18きっぷの威力を存分に発揮することができます。