鵜殿篤 のすべての投稿

【教育学でポン!?】2022年12月8日

国立歴史民俗博物館で開催中の特別展「加耶—古代東アジアを生きた、ある王国の歴史—」を観てきました。ついでに佐倉城を散策してきましたが、12月も半ばに差し掛かるというのに紅葉がいい感じでした。
【本日の歩数】14563歩■佐倉城を闊歩。

ICT

■石川県七尾市で体験型プログラミング学習 地元企業が小学校に出前授業(テレビ金沢)
民間企業によるCSRも結構ですが、学校のほうは丸投げにせず、カリキュラム全体にどう位置付くかを考えなければいけません。

いじめ

■いじめ防止小・中学生サミット 各学校の取り組みは? 宮城・角田市(tbc東北放送)
子ども自身が考えることも大切ですが、大人の側が決意を示すことも大事です。そしてそれでも「いじめは起こる」という認識も大事です。

不登校

■「高校進学なんて考えてもいなかった」不登校だった14歳・中学3年生が「公立夜間中学」に転入 全国で初めての試み【香川】(RSK山陽放送)
■全国で唯一 不登校の中学生が通える「夜間中学」 不登校の克服へ…【香川・三豊市】(OHK岡山放送)
教育機会確保法の制度を活用した「合わせ技」です。

■求められる子どもの居場所の安心…高岡市の「ひとのま」で寄せられた声は?不登校の経験を持つ人から(富山テレビ)
本来は「地域共同体」が第三の居場所となるべきところ、コミュニティが痩せ細ってしまっているので、人工的に居場所を確保していく必要が生じています。

学校間接続

■偏差値「無力化」時代の志望大学の選び方とは(DIAMOND online)
保護者世代の常識がもはや通用しないのは、御指摘通り。

学校

■「校則はホームページで公開」生徒指導の手引書の12年ぶり改訂で“ブラック校則”はなくなる?文科省に聞いてみた(FNNプライムオンライン)
校則にだけフォーカスしていますが、生徒指導提要は総合的に考えないと良くないように思います。

■「動員に違和感…」堺市のPTA協議会が「日本PTA全国協議会」からの退会を検討している理由(現代ビジネス)
■いま各地のPTAで「PTAの連合組織」を退会する動きが加速している理由(現代ビジネス)
問題の一番根底には「公共性(あるいはゲマインシャフト)」の崩壊があるのでしょうが、立て直すのが現実的に不可能だとすれば、改めてゲゼルシャフト的に構築するしかないのでしょう。

教育全般(国内)

■子どもがこれからの時代を生き抜くために教育においてできる3つのこと(DIAMOND online)
まあ、その程度のことは文部科学省も考えているという。

■3年3カ月不在だった教育長に上原氏 「教育環境や学力向上に力いれたい」 粟国村議会で可決(琉球新報DIGITAL)
明らかに異常な事態ですが、どんな背景があるのか。

【教育学でポン!?】2022年12月7日

卒論指導をたくさんした日。でもまだ終わらない。
【本日の歩数】5438歩■自宅と学校を往復。

働き方改革

■部活動指導に教師が長時間を費やすのは世界の非常識(Newsweek)
■部活動の地域移行 9都県市が国に財政措置など要望(tvk)
■部活動の地域移行 宮城県が運営の在り方などガイドラインを策定へ(khb5)
部活動の地域移行で財源が必要になるということは、逆に言えば、これまでいかに教師がタダ働きを続けてきたか、ということを意味します。

ICT

■Wi-Fiが飛ぶ森で授業、長野県の小さな公立小に「教育移住者」が増える理由 小規模特認校・伊那西小、学校林をフル活用(education×ICT)
いわゆる「もりのようちえん」の延長のようなものかと思ったら、記事の終わりのほうでも触れられていました。教育移住者が増えるのも納得です。

■オンラインで結び複式授業(奄美新聞)
小規模校にこそICTは恩恵のように思います。

■「紙の辞書なんてゴミ!」ネットいじめも横行して…現役教師が告発する「教育現場DX化」の悲惨すぎる実態。(FORZA STYLE)
■「辞書なんてゴミ」「ババアは老害」定年間近の女教師を悩ませるIT化の怒涛。(FORZA STYLE)
これはさすがに教員の方に問題があるでしょう。鉛筆使用に反対して毛筆に固執した人が、今ではどう思われているか。

不登校

■「苦しさ知っているから、分かり合える」不登校の子育て経験した親が”ペアレントメンター”に(まいどなニュース)
親にとっては子育てすべてが初めての経験で、もし仮に子どもが不登校になったときは、「親が悪い」などと適当なことをぬかすいい加減な評論家などのせいで不安のどん底に落とされがちです。こういうサポートがあるのはありがたいです。

学校

■不合理な校則見直しを、文科省が指導提要を初改定…クラスで話し合い・HPで公開(讀賣新聞オンライン)
今回の改訂で具体的な方策に注目が集まっていますが、理念的な部分の記述もなかなかアツいです。

■存続の危機にある県立高校が地元リゾートと連携「こういうことができるんだ」ゴルフ部はゴルフ場で練習可能 青森県(ATV青森テレビ)
署名運動も結構ですが、まずはこういう努力を重ねていくことが大切です。

幼児教育

■保育士が虐待、裾野市の件は氷山の一角? 「全国の園はどこも余裕がない」 “防犯カメラ”設置の是非は(ABEMA TIMES)
防犯カメラも一つの手かもしれませんが、保育士の数を増やすのが本質的な正道なのは間違いないところ。

教育全般(国内)

■人間関係のストレス減、対話で「NVC」非暴力コミュニケーションが注目のワケ NVCが互いに共感できる協力的な関係に変える(education×ICT)
「論破」よりは、こっちのほうが遙かに素晴らしいと思います。

【教育学でポン!?】2022年12月6日

永青文庫で開催中の秋季展「永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品」を観てきました。国宝は展示期間ズレで見逃しましたが、細川庭園の紅葉は見頃を迎えておりました。
【本日の歩数】11476歩■細川庭園を散歩。

働き方改革

■教員不足解消へ 教壇に立った経験がなくても大丈夫「ペーパーティーチャー」を掘り起こせ! 熊本県内初開催(熊本放送)
やらないよりはマシ。藁をも掴む。という感じでしょうか。

不登校

■児童生徒の“潜在的なSOS”をAIで早期にキャッチ!適切な支援で「遅刻早退を7割改善」の自治体も…システム導入の反響を聞いた(FNNプライムオンライン)
こういう可視化の技術は、データのフィードバックでさらに精度が上がっていくのでしょう。

インクルーシブ教育

■「国連勧告に沿ったインクルーシブ教育を」 市民団体が文科相あてに要請書提出 文科相発言撤回も求める(Yahoo!ニュースオリジナル)
現実がどうあれ、原則的には、条約を批准した以上は努力しなければいけません。現実優先で努力する気がないなら、条約破棄の検討をするべきです。

■障害で義務教育受けられない「学齢超過教育」東北で成果残す(河北新報)
大切な仕事です。ICT等の技術の発展で新しい展開が見込めそうな領域です。

校則

■金髪の転校生が来た→校則撤廃! 工藤勇一校長の学校改革秘話(毎日新聞)
校則は、校長の意向ひとつで簡単に変えられます。

■制服にキュロット導入へ 性の多様性などに選択肢 兵庫の県立山崎高(毎日新聞)
制服を廃止するという選択肢はなかった模様。

学校

■「生徒指導提要」約12年ぶり改訂 「こどもの権利」明記 「性的マイノリティー」の項目も追加(山梨放送)
旧版はよく書けていました。改訂版もしっかり読んでみます。

■県立高の新設を つくばで急増の子育て世代が訴え 県議会は反応鈍く(毎日新聞)
茨城県は中高一貫校設置や民間校長採用に前のめりですが、この問題と連動しているのかどうか。

■島根県学力調査 公立小中学生2万人が挑む(日本海テレビ)
どういう狙いをもって実施するかが大切なのですが、全数調査をする意味はあるのでしょうか。

■鹿児島伝統 ほぼ強制の「朝課外(ゼロ校時)」 高校生は不満の一方「補習ありがたい」「自分だけの勉強不安」 保護者、教員も複雑な思い(南日本新聞)
時代の流れに逆行していることは確かでしょう。

■砥部分校存続を求める約2万4000筆の署名を愛媛県に提出 パブリックコメントには“代案”や“修正案”も(itv6あいテレビ)
紛糾しています。

■統合小学校の新校名「至誠」は再考を、住民の署名数が法定数超える(讀賣新聞オンライン)
邪推するに一部有力者の意向で決まったであろう名前ですが、これを受けて、さてどうなるか。

教育全般(国内)

■平川理恵教育長が会見で陳謝 外部調査で“官製談合防止法違反にあたる”指摘 県教委の組織風土にも原因(RCC)
様々な実績を上げて注目を集めていましたが、公務員としての基本ができていなかったようでした。ただ致命的というわけではなく、更迭はなさそうな雰囲気です。

■子ども食堂「気軽に朝食を食べに来て」 “食べる子”と“食べない子” 教科の平均正答率に差が(~~テレ)
ありがたい取り組みですが、本来は行政がなんとかするべき領域の話です。物価が上がって、おそらくさらに困難な状況になりつつあるだろうと推測します。

【教育学でポン!?】2022年12月5日

非常勤講師で遠くまで行くので、雨だと辛い。
【本日の歩数】14431歩■机間指導で歩く。

ICT

■「小規模校の探究学習」、人手不足・知識不足の課題にオンライン連携が解決策 カタリバ提供の「他校との交流」で生徒が輝く訳(education×ICT)
これは良い取り組みです。小規模校に限らず、一般的な高校でも新しい展開が望めそうな印象です。

■教員が押さえておきたい「メタバースの活用」、東大VRセンターに聞いてみた 議論や雑談のほか、疑似体験の活用がカギ?(education×ICT)
様々な可能性があり、いろいろなところで徐々に具体化が始まっており、今後に大注目の技術です。

■県立高、ICT人材育成に向けリーダーが推進 県教委、好事例や課題共有(山形新聞)
全国的には義務教育と大学でICT化が先行し、高校は後回しになっています。自治体が独自に進めるしかありません。

学校間接続

■中学の5段階評定は本当に「平等」なのか? 現役教師と読み解く「内申書」のギモン(AERA dot.)
「評価」というものは、本来は「指導の改善」のためにあるものですが、高校受験のためにあらゆるものが歪んでいきます。逆に言えば、受験そのものを廃止すれば全部解決します。

■英語テスト「公平性に問題」 団体が調査、入試活用中止を訴え(共同通信)
まだ落ち着きません。

学校

■英語「話す」テスト500校集計 4月「全国学力・学習状況調査」(共同通信)
■全国学力テストの中学英語「話す」、オンラインで実施へ…受験100万人の通信環境課題(讀賣新聞オンライン)
英語「話す」についてはさすがに全数調査を行なわず、抽出方式でやるようですが、それができるなら全部抽出にすればいいと思います。

■藤井聡太さんも疑問「宿題って必要?」 ある中学校で廃止した理由(毎日新聞)
教師の手間の問題で一律になっているだけなので、ICTの活用で学習の個別化が進むと効果の高い宿題を出すことが可能になるかもしれません。

■学校給食無償化実現へ、青森市の実例学ぶ 宮城・大崎で市民グループがシンポ(河北新報ONLINE)
税金の使い道としてまっとうです。

■不登校特例校設置へ具体的な検討を 富山市教育委員会(KNB WEB)
教育機会確保法の精神が全国各地で具体化し始めています。この勢いで学校教育制度そのものが液状化していく可能性もあるか。

■4校を1校に統合、埼玉・小鹿野で町立小学校 保護者と今後を模索 町議会可決で町内小中校は各1校に(埼玉新聞)
秩父の奥です。複式学級という現実を目の前にして、統合が進みます。

教育全般(海外)

■米IT系トップに超エリート続々輩出のインド、拡大する学歴社会の「影」とは 小学校入学時点で「輪切り」にされる子どもたち(education×ICT)
カースト制の下では、平等な教育を実現することは難しそうな印象です。

【教育学でポン!?】2022年12月4日

根津美術館で開催された特別展「将軍家の襖絵 屏風絵でよみがえる室町の華」を観てきました。根津美術館はお庭も素敵なのですが、なんと12月に入ったというのに緑の葉がけっこう残り、紅葉の盛りに至っておりませんでした。いかに今年の11月が暖かかかったかが分かります。
【本日の歩数】13580歩■根津美術館の庭を散策。

働き方改革

■財務省vs文科省、財政制度等審議会「教員の量と質」を問う教育予算の行方 日本の教員数は「他国と比べて充実」は本当か(education×ICT)
現場の教師たちが歯を食いしばってもちこたえているので、なんとかなっている状況です。財務省の言うことを真に受けると、公教育はあっという間に崩壊します。

■時代に合わせた授業改革もカギ、多忙でも17時に帰る「公立教員の時短術」 保護者対応も凄い「庄子寛之流マインドセット」(education×ICT)
とても参考になりますが、これをそのままそっくりマネしてもおそらくうまくいかないので、自分に合った自分なりのやり方を見つけていくことが大事なのでしょう。

■「雇い止めは不当だ」東海大の非常勤講師が“異例の”ストライキ実施へ 静岡キャンパスで12月5日と9日(SBS NEWS)
やはり制度として欠陥があります。「雇い止め」にペナルティがないと、今後も同じことが続きます。

■長与町立中「学校から休日部活指導をなくす」 地域移行へ 来年度初めに完了(長崎新聞)
各地で制度の具体化が進みます。進んでいる自治体と遅れている自治体で、格差が拡大している印象です。

学校間接続

■長野県立中高一貫校の入試問題、難しく…時間も足りず… 記者が適性検査Ⅰに挑んでみた(信濃毎日新聞デジタル)
時間との勝負になるのは、あまり好ましくないように思いました。

学校

■女子新御三家の吉祥女子、「脱・進学指導」が生徒主体の決断と自立を促す訳 理系・文系・芸術系も…多様な進路支える教育(education×ICT)
学校教育法施行規則第73条の標準時数よりかなり多めの授業時数が設定されていて、中二の三学期には中学カリキュラムは全部終わるような感じです。

幼児教育

■保育士1人で4歳児30人の重圧 変わらない配置基準、現場に絶望感(朝日新聞DIGITAL)
待機児童ゼロを優先した結果、保育環境が犠牲になっている印象です。

■【速報】園児への暴行容疑で元保育士3人を逮捕 静岡・裾野市の保育園虐待問題で=静岡県警(SBS NEWS)
今ある情報だけでは園の状態がどうだったかが分かりませんが、そうとう異常だったように推測せざるを得ません。

教育全般(国内)

■大人になった「ビリギャル」が悟った受験する意味 勉強って「自分のため」にするものじゃない(東洋経済ONLINE)
そうそう、基本は「一人はみんなのために」の精神です。だから大人はよってたかって子どもの教育に関わるべき(こちらは「みんなは一人のために」)なんです。親と学校だけに任せていては、おかしなことになります。

■高校で猛勉強してもつまづく「世紀の意味や赤道がわからない」小中学校で身に付ける一般常識の重要性(よろず~)
どちらかというと学校の勉強というより「文化資本」の話でしょう。