「日々随想」カテゴリーアーカイブ

【教育学でポン!?】2024年6月30日

出かけようと思っていたけれど、あまりの暑さに家で読書を選択。
【本日の歩数】3400歩■引きこもり。

働き方改革

■教員採用試験の前倒し、意味あるの? #専門家のまとめ(Yahoo!JAPANニュース)
実際、大学の教職課程のほうは対応に苦慮しておりますが、やるしかないのでした。

■受験者数は前年度から110人減  2026年度の公立小中校の教員採用試験始まる【長野】(SBC信越放送)
長野県に限らず、受験者数が増える要素がありません。

ジェンダー

■男子校は女子差別? 共学化論争に欠けた「機会の平等」議論と「東大至上主義」への疑問 おおたとしまささん(弁護士ドットコムニュース)
教育原理的に考えれば共学推進にしかなりませんが、教育の本質とは別の力が働くと別学維持の論理も成り立ちます。

性教育

■子どもに「性は恥ずかしい」と教えてはいけない理由 ノルウェー保育士が提案する性教育(Yahoo!JAPANニュース)
かつては性を共同体で管理していたのでこういう問題は起きませんでしたが、個人の自由裁量になったときに新たな倫理観とコミュニケーション技法が求められます。ノルウェーですらその整備ができないとなれば、ましてや日本では。

不登校

■不登校のオンライン学習、出席扱いに比べ「成績評価への反映」が浸透しない訳 壁となる「学校で受ける定期テスト」「校長判断」(education×ICT)
成績評価に関しては、学力の三要素のいわゆる「姿勢・態度」が致命的な問題のような気がしますが。

学校間接続

■“県立王国”愛知の公立中高一貫校 「適性検査」解答は記述式なし「選択式」の理由(AERA dot.)
いや、そんな手放しで褒めるようなことだろうか。

学校

■災害から子どもたちをどう守る? 行政と学校がより緊密に情報共有 登下校時間など市の対策本部が一斉提示 南さつま市(南日本新聞)
この判断、難しいんですよね。

■18÷0=?物議を醸した小3の宿題に東大生が反応。「教員の力不足」「思考力を磨く良問」などの声(日刊SPA!)
このケースに関しては、単に教員の数学力に問題があるだけでしょう。

教育全般(海外)

■【香港 国安法4年】「教育の最後のラインを守っていく」かつて民主派支持の教員が今も教壇に立つ理由(TBSテレビ)
良心との板挟み。言葉がない。

【教育学でポン!?】2024年6月29日

出かけようと計画していたけれども、あまりにも熱すぎるのでやめ。
【本日の歩数】4948歩■引きこもり。

働き方改革

■休日の部活動 バスケットボールなど3種目を「地域クラブ活動」移行の自治体も 山梨(UTYテレビ山梨)
各市町村の担当者は頭が痛いことでしょう。藁をも掴む思いで会議に参加している人もいるのでは。

ICT

■子供たちの可能性を広げるPC教室の新しい形——ICT活用教育の最新トレンド【3】(教育とICT Online)
一人一台端末で「クラウド」の便利さを実感した上で、PC教室のハイスペックマシンのありがたさを実感するのが良いのでしょう。

■文部科学省がネットワーク強化を訴え――New Education Expo 2024(教育とICT Online)
展示会のセミナー報告記事でした。

■教育の情報化の現状と課題を総括――New Education Expo 2024(教育とICT Online)
現状の課題を総合的に俯瞰した記事でした。

■進む教科書のデジタル化と活用方法の課題――New Education Expo 2024(教育とICT Online)
太田先生が登壇していました。

■情報教育の現場から最新の知見が集まる――New Education Expo 2024(教育とICT Online)
展示会のセミナー紹介記事ですが、生成AIの実践事例が多く紹介されていました。

■PC教室に関する共同研究の成果を発表――大阪教育大学、マウスコンピューター(教育とICT Online)
VR映像の編集や授業への活用はまったく未知の領域なので、どういうものか実感したいものです。

■8割の小学生保護者が学校以外でプログラミングを学ばせていないと回答、シンクプラス調査(こどもとIT)
一般家庭にまだ浸透してない現状がよくわかりました。

ジェンダー

■高校の共学化加速、男女別学はピーク時の3分の1に…埼玉県では卒業生ら反対で存続議論(讀賣新聞オンライン)
男女別学を維持したい最大の動機は前例主義に基づく「現状維持志向」であって、教育的に積極的な意義はあまりないんですよね。

学校

■学力の担保はできるか?教科学習1割減、「探究学習」倍増させた渋谷区の今 公立小中学校で午後を「総合的な学習の時間」に(education×ICT)
教育委員会が積極的に旗を振って、公立の小学校と中学校で実践にこぎつけているのが大注目です。私が担当している教職課程の科目「教育課程論」でも触れましょう。

【教育学でポン!?】2024年6月28日

待ち人来たらず。
【本日の歩数】10268歩■自宅と学校を往復。

働き方改革

■休日部活動の地域移行「他県より動き鈍い」市町村に協議会などの設置呼びかけ 山梨県(YBS山梨放送)
そろそろ他の自治体との格差が気になってきますか。

■市職員が部活指導 中学教員の負担減、経験を地域に還元 福島市教委、県内初 時間に応じ手当を支給 通勤、遠征費も(福島民報)
実質的にどれだけ効果があるのかはわかりませんが、公務員の副業を積極的に認める先例になるのはいいことのように思いました。

ICT

■渋谷区 クラブ活動を企業が支援 エンジニアがプログラミング教育 狙いは?(TOKYO MX+)
渋谷区はチャレンジングな試みを率先的に行っている印象があります。

学校間接続

■共通テスト「韓国語」以外の29科目は「適切」評価…「英語」などには「文章量が多い」と注文も(讀賣新聞オンライン)
まあ今後は総合型選抜の比重がもっと高まり、共通テストの利用そのものが減少すると予測します。

学校

■スクール水着、いまや学校指定なし 主流は「スパッツ型」「ラッシュガード」 教師も医師も歓迎するワケ(OBS大分放送)
学校指定にする意味がありませんよね。

■西梶ヶ谷小学校 「市勢要覧(カワサキノコト)」を授業に活用 地域の魅力、学ぶ契機に(タウンニュース)
なるほど、教材として大きなポテンシャルがあるのではないでしょうか。

■「どうして子どもは小学校へ行くの?」蓮見アナの回答がアノンシスト賞 ラジオフリートーク部門 最優秀賞を受賞(TBSテレビ)
まあ教育学の専門家から見るとヌルいのですが、実践的には良い回答でしょう。

■青森県板柳町の「4つの小学校」の統合計画めぐる住民投票 8月18日に投開票 『小学校校舎の改修』か『新校舎の新築』か(ATV青森テレビ)
学校に関して住民投票になるのは、前例がないわけではありませんが、異例ですね。

高等教育

■大学再編、支援強化を提示 少子化背景に中間まとめ案 中教審(時事通信)
終わりの始まり。

■文科省は「博士」増加対策へ 高学歴ワーキングプアはそれで本当に解消できるのか?(日刊ゲンダイDIGITAL)
まさに。

教育全般(国内)

■デイサービスで子ども食堂 利用時間後の施設利用(タウンニュース)
場所が既にあるのは有利なので、あとはマンパワーですね。

【教育学でポン!?】2024年6月27日

非常勤講師でプチ旅行の気分。
【本日の歩数】19916歩■非常勤講師。

働き方改革

■福島市の職員が中学校の部活動をサポート 「部活動指導員」に7月から最大5人配置へ 職員の兼業可能に(FTV福島テレビ)
仕組みの詳細が記事からは分からないので、はたして妙案なのか苦し紛れなのかが判断できません。

ICT

■ネット検索で「死にたい」、子どもの悩み気づくには?GIGA端末活用した自殺対策 孤独見つける「デジタルアウトリーチ」の可能性(education×ICT)
少し抽象度の高い話になっていますが、現場で奮闘してきた経験の深い人の言葉だけに迫力を感じます。

■データと生成AIを組み合わせて授業や教材の質を向上できる——九州大学大学院 教授 島田 敬士氏インタビュー(教育とICT Online)
急速に進化している領域です。注目しましょう。

■授業でも校務でも生成AIは新しい仲間——ICT活用教育の最新トレンド【1】(教育とICT Online)
私ももうAIなしでは仕事ができない体になりました。

■教育DXの焦点【2】 生成AIの登場で変わる大学のデータサイエンス・AI教育(教育とICT Online)
ほんと、教職コアカリキュラムとかどうかと思いますよ。

■教育DXの焦点【3】 日々のデータから有益な事例を見いだすリアルワールドエビデンスとは(教育とICT Online)
AIのおかげで手軽にデータ解析ができるようになったので、みんなやればいいと思うよ。

不登校

■不登校支援の充実へ 人的・財政的支援を求める(ABA青森朝日放送)
■青森県内全域の小中学校に不登校支援の専用ルーム「校内教育支援センター」設置を提言(RAB青森放送)
同種の取り組みは他地域ですでに効果を上げていることが分かっています。

学校

■教員の負担軽減も 広がる水泳授業の民間委託 スイミングスクールのノウハウで子供たちにも好評(RKB毎日放送)
全国的な動きです。で、プールに関しては三方ヨシなのですが、よく考えると何か落とし穴があるんじゃないですかね。

■「小中学生の夏休みの短縮・廃止を求める親が60%!」この調査に邦丸・内藤が思うこととは!?(文化放送)
大雑把には150年近く前にできたシステムが賞味期限切れになっているということですが、新しい形が見えない。

高等教育

■大学の「学費値上げ論争」が空転する日本の大問題 これからの日本の国立大学が果たすべき役割は?(東洋経済ONLINE)
よくある受益者負担論。

【教育学でポン!?】2024年6月26日

予想以上に学生たちが知育玩具に食いついてきた。
【本日の歩数】7286歩■自宅と学校を往復。

ジェンダー

■娘と息子で「期待する最終学歴」が異なる親たちの、ジェンダーへの「思い込み」 与えるおもちゃから、期待する最終学歴まで(education×ICT)
ですよね。とはいえ自分自身でも無意識に出てしまうことがあり、自覚して改善するのはなかなか大変です。

学校

■地方教育費、2年ぶり増 光熱費が高騰 文科省調査(時事通信)
本当は教員にかける人を増やすためにお金を使いたい。

■問題相次ぐ「学校健診」 校医に求めるのは「いやな検査があったら『やめてほしい』と言っていい」許可【学校健診問題を考える(上)教師の見方】(J-CASTニュース)
■小児科医が伝える「学校健診」の現状 小学校との打ち合わせの機会「ないことが多い」【学校健診問題を考える(下)医師の見方】(J-CASTニュース)
この問題は「給食」などと同じく、教育と福祉と医療が複合的に絡み合っているために広く耳目を集めている印象です。まずはともかく当事者のコミュニケーション量を増やすところから。

■委員会で全会一致から一転否決 委員長まで反対に 沖縄市議会が給食費半額補助の請願を否決(沖縄テレビ放送)
反対側の意見が雑で、政局にされてしまったなという印象です。

■TSMC進出で増える外国ルーツの子ども『教育どうする?』熊本の公立学校の取り組み(くまもと県民テレビ)
「外国語としての日本語」を教える知見は発展途上の印象があります。

■読み書きできず人間扱いされなかった…不登校生、日本で孤立した外国人が救われた 夜間中学は学びの場だけではない「居場所であり、夢を紡ぐ場所」(南日本新聞)
まったくですね。

■“給食費未納”23年度は約2700万円に上る見込み 22年度の2045万円からさらに増え 広島市(RCC中国放送)
32倍となると、意図的なものというより、システム上の不備を疑った方がいいのでしょう。

■小学校の校長先生はどのくらいお給料をもらっている?具体的な仕事内容はどのようなもの?(ファイナンシャルフィールド)
誤解を招きそうな雑な記事でした。学校教育法上は、教員免許がなくても校長になれます。

幼児教育

■「こども誰でも通園制度」実施へ 有識者らの検討会が初会合 加藤こども政策担当相「現場の意見も聞き、一体となって制度を作り上げたい」(フジテレビ)
しっかり検討してください。いろいろ問題があります。

■定員5人、小さな保育園 県内初NPOの認可園、富山に7月(北國新聞)
子ども子育て新支援制度のもと、保育園と言っても多様な形態があるわけです。