「鎌倉時代」タグアーカイブ

【栃木県足利市】足利織姫神社は恋人の聖地だが、足利城は山の奥

足利市の足利織姫神社に行ってきました。
織姫神社の背後に続く山道をさらに進むと足利城の跡に行けて、こちらは2012年5月と2020年10月に訪問しています。

さて、足利織姫神社は機神山の中腹にあります。

鳥居をくぐったら、階段が待ち受けています。

階段は229段あります。がんばりましょう。

階段の途中、ところどころに足利市の文化を示す様々な記念碑や銅像等が据えられています。足利氏の家系図には、歴代室町将軍や古河公方などのメジャー系列のほか、千葉県小弓を本拠地とした小弓公方=足利義明の系列もしっかり書き込まれていました。鑁阿寺に寄進した足利国朝が「喜連川公方」って書かれていて、興味をそそられます。「喜連川公方」ってメジャーな呼ばれ方なんでしょうか?

山腹にある梅の花は、見頃を迎えておりました(2018年2月)。

秋は、同じ角度から紅葉が見事なのです(2020年10月)

織姫神社の御祭神は、天八千々姫命と天御鉾命の二柱。もともとは伊勢で機織りに関わる神様だったのが、いわゆる織姫と彦星に習合していった感じです。

階段を登りきると、目の前に本殿が現れます。本殿は鮮やかな朱色を基調としていて、なかなか見事です。階段を登りきったという達成感を増幅させてくれます。

振り返ると、足利の街と渡良瀬川を一望できます。229段上ってきた甲斐がある、清々しい眺めです(2018年2月)。

秋は紅葉が見事ですね(2020年10月)。

ところで、2012年にも織姫神社に来ているのですが、その時とは境内の印象がかなり変わっています。というのは。

2012年にはこういう萌え幟がそこかしこに立っていたんですね。2008年に西又葵が描いたイラストで萌え米が話題になって以降、萌えキャラによる町おこしが盛んになっていた時期です。足利も萌えキャラで頑張っていたんですね。2018年訪問時には、神社境内からは萌え幟が消えてしまっていましたが、町中ではまだまだひめちゃんとたまちゃんは頑張っています。

境内には「恋人の聖地」の鐘が設置されています。七夕のロマンスにあやかるのと、機織りで縦糸と横糸が結び合わさるという連想から、足利織姫神社は恋愛パワースポットということになっています。
(2018年2月には修復工事中で鐘そのものは取り外されていましたが、2020年10月には工事完了していました。)

さて、2018年は神社に参拝してすぐに帰りましたが、2012年と2020年はここからさらに山の奥へ、足利城を目指して踏み入ります。

織姫神社から北の山一帯は自然公園として整備されていて、ハイキングコースとしてとても人気があります。織姫神社を起点とするハイキングコースを、足利城を超えてさらに進むと名草巨石群というパワースポットがあって、そこを目指すハイカーが多いのですが、私は足利城まで。

地図で見るとこんな感じ。足利城は織姫神社のほぼ真北に位置しています。

で、ゴツゴツした岩が露出する山道を進んでいくと、おっさんの声が響き渡ってきました。

断崖絶壁の岩の上で叫ぶおっさん。まあ、眺めがとてもいいので、ヤッホーの一つでも叫びたくなる気持ちは分からないでもありません。
で、こういうふうに岩が露出しているので、足利城とか金山城とか唐沢山城とか、関東の城には珍しく石垣が組まれるのかなと思いました。

細尾根の岩道をさらに進むと、足利城跡に着きます。

2012年に来たときは、手前の紅葉が新緑で輝いていましたが。

2020年は紅葉の見頃にやってきました。

本丸下の東屋から切り取られる風景が、なかなか趣深かったのでした。

案内板。足利城は両害山城とも呼ばれているようですね。源平合戦と戦国時代に機能したお城のようです。足利氏の勃興についても完結にまとめられていて、分かりやすいです。

縄張の様子が分かる案内板。

案内板。

本丸は、神社として整備されています。ところが2021年2月に山火事があり、全焼したとの報道がありました。驚きました。

美しい風景も灰燼に帰しているのでしょうか。被害が少ないことを祈ります。

足利城本丸跡から東方の足利市街を臨むの図。ここからの眺めを見る限りでは、ここに城を設置するのは地政学的に合理的な気はします。まあ、広域的な観点で見た場合、前橋や佐野ほどの地政学的重要性はないような気もしないではないですが、今と昔では川の流れや道筋が違っているから、一概には言えないんだよなあ。関東の戦国時代には、古河公方や上杉謙信等も絡んで、何度か争いに巻き込まれているようです。

さて、織姫神社の少し北は織姫公園として整備されていて、「もみじ谷」と名付けられたエリアは、名前の通り秋は見事に真っ赤になります。

谷を埋める紅葉。

見事ですね。

春は梅、秋は紅葉で彩られる織姫神社ですが、春も秋も境内でいちゃいちゃするカップルを横目に見ながら、足利を後にしたのでした。
(2018年2/26訪問、2020年11/18訪問)

【栃木県足利市】鑁阿寺に日本人の「名門」好みを見る

足利市にある鑁阿寺(ばんなじ)に行ってきました。

この鑁阿寺、個人的には、日本の歴史を貫くライトモチーフを理解する上で極めて重要な場所であると認識しています。

鑁阿寺の手前には、室町幕府初代将軍、足利尊氏の銅像があります。

この足利尊氏の銅像、武家政権のトップにもかかわらず、武者姿ではなく、公家様式なんですよね。最初に見たときは、違和感が先に立ちます。他に、埼玉県東松山の菅谷館にある畠山重忠像や新発田城の初代藩主像も、武者姿ではなく公家様になっていますが、なんでなんだろう?

鑁阿寺の仁王門。

寺の周りを水堀が囲んでいて、かつては武家館として守りを固めていたことが分かります。「足利氏館」として日本百名城にも選定されています。

参道から本堂を見る。この本堂は鎌倉時代に建てられたもので、国宝に指定されています。鎌倉の建物が戦乱等で失われているので、鎌倉時代の関東では極めて貴重な国宝となっています。

紅梅が咲き始めていました。梅の向こうに本堂を見るの図。

上の写真は、2012年に訪れたとき、本堂脇にあった案内板。2012年時点では重要文化財だったのですが、この後、なんと2013年に国宝に再指定されます。ということで、今回訪問時には、案内板は撤去されていました。

中御堂。本堂等と比べると小さく感じるけれど、なかなか風雅な建物です。

案内板によると、建物は安土桃山時代のもののようで、再修したのは生実御所国朝(おゆみごしょくにとも)ということです。この国朝が、関東戦国史に名を残す小弓公方=足利義明の孫に当たります。小弓公方については、過去記事を参照=「千葉県千葉市・市川市・松戸市 小弓公方足利義明の野望」。
小弓公方の野望は後北条氏によって潰えることになりますが、秀吉が後北条氏を滅ぼした後、足利義明の系統は秀吉の計らいによって復活することになります。復活した足利家は喜連川藩となって、江戸時代を通じて藩閥体制の中の例外的な存在として生き残ることになります。小弓公方一族の粘り強さが興味深いわけですが、日本の歴史を考える上で重要なことは、実力で天下を取ったはずの秀吉や家康が、零落した名門足利家の権威をまったく無視できていないという事実です。

御霊屋。

中には、室町幕府歴代15将軍の像が祀られています。2012年に訪れたときは、この15代将軍像の特別展示を見ることができました。9歳で亡くなった7代将軍義勝の像とか、けっこう面白かったなあ。

多宝塔。

案内板によると、多宝塔は徳川家が寄進して再建したものですが、その理由の説明がちょっと興味深いですね。案内板には「徳川氏は新田氏の後裔と称し」と書いてあります。「徳川氏は新田氏の後裔であり」とは書いていないんですね。徳川氏が新田氏の後裔であるというのは、事実として確認されておらず、あくまでも「自称」であるというところがポイントです。鑁阿寺の公式見解として、「称し」とされているところに趣を感じます。このあたり、名門の権威を利用しようとする徳川家と、名門の矜持を保とうとする足利一族の微妙な関係を伺えるように思います。

仁王門近くにある説明盤。名門縁の大寺院だったのに、廃仏毀釈によって寺勢が衰えた無念さが滲み出ているように読めました。

説明盤の裏には、足利氏の家系図が刻まれています。名門を誇る自意識が示されています。
日本では、応仁の乱(1467年)までは武士であっても名門であるかどうかが極めて大きな意味を持っていたわけですが、150年間の下克上の世を経て実力重視の世の中へと変化しました。とはいえ、秀吉や家康ですらこの名門足利家の存在を無視できなかったという事実が、鑁阿寺の各所に刻まれているわけですね。そう考えると、鑁阿寺の前にある足利尊氏の像が武者様ではなく公家様である理由も、分かるような気がするわけです。

ガンダムシリーズ等に日本人の「名門」好みの特質が如実に出ているよなあと思いつつ、鑁阿寺を後にするのでした。
(2018年2/26訪問)