「東京都」タグアーカイブ

【東京都豊島区】豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

豊島区にある「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」を見学してきました。2020年7/7にオープンしました。
手塚治虫や藤子不二雄や石森章太郎が住んでいた、マンガの聖地トキワ荘です。オリジナルは1982年に解体されましたが、2階建て木造アパートがほぼ完全に再現されています。外観から中身まで、完全にThe昭和です。

訪れたときはコロナウイルス対策のために、事前予約制となっていました。

玄関から入って、まず二階に上がります。
トキワ荘でマンガ家たちが住んでいたのは二階で、一階には一般の住民が住んでいました。編集者やアシスタントたちが日夜出入りして大騒ぎで、一階の住民たちは大変だったのではないかなと思いますが、証言はあるのかな。

廊下の幅はけっこう広いですね。
階段の先には共同トイレと共同炊事場があります。昭和は風呂どころかトイレ付きの個室も当たり前ではないわけで。
共同炊事場の再現度も凄いのですが、本当は臭いも凄かっただろうと思います。もちろん現在は綺麗なものです。

奥の流し台は、お風呂代わりになっていたようですね。

マンガ家たちが住んでいた部屋のいくつかも再現されています。水野英子の部屋には、伝説的なカウボーイの絵が飾ってあります。こんなのサラサラ描かれたら、たしかに仰天しますね。

石森章太郎の部屋では、入口脇に堆くディズニー映画のフィルム缶が積んであります。いまDVDを買うのとは比較にならないくらい、レアなものだったでしょうね。

一階部分では、関係作家の作品展示や企画展示が行なわれています。貴重な資料も多く、見応えがあります。

南長崎周辺にはマンガ家ゆかりの場所が多く残っている他、2015年からいろいろなモニュメントも作られています。トキワ荘にあやかって町全体を観光地化している感じです。

2009年には「記念碑トキワ荘のヒーローたち」が設置されました。

トキワ荘そのものがブロンズ像になって鎮座している様子は、ちょっと微笑ましくも滑稽な感じで、いいですね。

もともとトキワ荘があった跡地には、2012年にモニュメントが設置されました。

狭い路地から入ってちょっと奥まったところに、いきなりモニュメントが鎮座しています。

ちなみに表玄関があった場所ではなく、裏口の階段があった場所付近のようです。編集者が表から来たら手塚治虫が逃げるほうです。

また近くには「トキワ荘通りお休み処」も開いています。ミュージアムではお土産や出版物を販売していないので、こちらで求めることになります。
二階部分には寺田ヒロオの部屋が再現されている他、案内パネルや資料等も揃っています。コミュニケーションノートには、ゆかりのキャラクターがたくさん残されています。

またさらに近くには「トキワ荘マンガステーション」が設けられ、トキワ荘関連作家のマンガを読むことができます。しかも無料。なかなかレアな施設です。

そして、ラーメン大好き小池さんが通っていたであろう中華料理屋「松葉」が健在です。外観から中まで昭和です。

ラーメンは昔ながらの東京風ラーメンで、かなりの薄味でありました。

マンガの歴史について知るだけでなく、日本全体が若々しかった高度経済成長期の様子を知るミュージアムとして、たいへん充実していました。マンガに興味がある方もそうでない方も、一度は行っておいていい場所ではないかと思います。
(2020年9/19訪問)

【東京都表参道】MEGANE DESIGN LAB. in 表参道

MEGANE DESIGN LAB. in 表参道」に行ってきました。(2019年4/5訪問)
眼鏡デザイナーとめがねを楽しむ試着会というコンセプトのイベントです。

イベント会場の「おにめがねラボ+」は、表参道駅から徒歩7分程度、外国人観光客でごった返す表参道の小路を越えた、落ち着いた佇まいの建物の2Fにあります。

「ふくいのめがね展示会」、入場無料で開催中です。おにめがねラボ+は、ガラス戸を入って2Fですよ。

おおー、かっこいいスペース。
普段はonimeganeさんのオフィシャルショップですが、昨日はイベントということで4つの眼鏡ブランドさんが奥のスペースで展示を行なっておりました。昨日はFascino Ribelleさんにいろいろな話を聞かせてもらいました。藍を使った眼鏡の話が、とても印象に残りました。

しかし、聞いてもいないのにいきなり私がかけている眼鏡ブランドを言いあてるのは、まあデザイナーさんからすれば当たり前なんだろけれども、普段ではあり得ない経験で、ちょっと新鮮でおもしろかったり。

昨日は特別イベントということで、棚にも単行本が飾ってありますが、マンガ家の松本救助先生が、眼鏡橋華子ばりに眼鏡の見立てを行なっておりました。なんと贅沢なイベントだ。かつては声優の若林直美さんが眼鏡を見立てるというイベントをやったメガネ屋さんもありましたが、眼鏡作家さんが見立てるというのは、なかなか画期的ですね。社長さんのツイートを見ると、ものすごい見立て力だったということが分かります。さすがだなあ。

今後も開催される予感がするので、また遊びに行こうと思います。というか気になるフレームがあったから、今回開催期間中にもう一度行こうかな…

【東京都の桜の名所2019】石神井川→飛鳥山公園→上野公園→千鳥ヶ淵→播磨坂

桜が咲いたので、東京都の桜の名所をぐるっと巡ってきました。(2019年3月29日)

飛鳥山公園まで自宅から歩いて行ける距離にあるので、まずは石神井川沿いをぶらぶらします。
途中に「音無もみじ緑地」という公園があるのですが、実は紅葉だけでなく桜も綺麗だったりします。

他に「音無さくら緑地」という公園もあるのですが、さくら緑地よりももみじ緑地の方が桜が綺麗な気がします。

飛鳥山公園は、江戸時代からの桜の名所だけあって、とても綺麗です。

午前中にも関わらず、そこかしこで既に宴会が始まっておりました。

飛鳥山公園(JR王子駅)から上野公園(JR上野駅)まで、京浜東北線で10分程度で行けます。

上野公園はお年寄りから子ども連れ、あるいは外国人の方々まで、大混雑の大賑わいでした。

上野公園から千鳥ヶ淵へ。千鳥ヶ淵は、個人的には半蔵門から九段下へ抜けるルートが好きです。

江戸城の西、内堀沿いに南北に広がる千鳥ヶ淵公園でも既に宴会が始まっておりました。

千鳥ヶ淵公園を抜けた後は、お堀の西側の千鳥ヶ淵緑道ではなく、お堀の東側の北の丸公園の方に向かいます。ボート乗り場がある千鳥ヶ淵緑道はめちゃめちゃ混んでいるのですが、北の丸公園の方は人が少なめで、少しゆっくりできます。

風情から言うと、やはり千鳥ヶ淵がいちばんいいなあ。

最後は播磨坂さくら並木へ。九段下駅から大手町を経由して茗荷谷駅で降ります。茗荷谷駅から東大植物園の方に向かう途中に、播磨坂さくら並木が続いています。

並木の下では酒盛りが始まっておりました。

薄曇りで肌寒かったのが多少残念ではありましたが、春の訪れをたっぷり満喫した一日でした。

【東京都の桜の名所2018】石神井川→飛鳥山→上野公園→千鳥ヶ淵

桜が咲いたので、東京の桜の名所を一回りしてきました。まずは石神井川沿いを王子方面に歩きます。

全体的には7分咲きという感じですが、気が早い樹は満開になっています。

続いて飛鳥山公園へ。こちらは石神井川沿いよりも開花が遅く、全体的には五分咲きという感じでした。

京浜東北線に乗って王子から上野に出て、上野公園へ。戊辰戦争彰義隊慰霊碑の脇の桜が見事に咲いていて、人気を博していました。大河ドラマで上野の山の戦いがどのように描かれるのか。

上野公園では、すでにへべれけに酔っ払っている人たちがたくさんいました。明日明後日が本番ですよ。もうすぐ満開です。

上野で銀座線に乗って、半蔵門線に乗り換えて半蔵門へ。桜の向こうにかろうじて半蔵門が見えます。千鳥ヶ淵公園は7分咲きという感じでした。

千鳥ヶ淵緑道も7分咲きくらいでしたが、場所と角度によってはいい感じに見えます。明日と明後日は凄い人出になりそうですね。