「教育」タグアーカイブ

【要約と感想】奈須正裕『個別最適な学びと協働的な学び』

【要約】日本の従来の学校教育で行ってきた集団一斉教授はオワコンになりつつあります。教師や学校は、今こそ新しい教育にチャレンジするべき時です。時期学習指導要領の目玉キーワードになるであろう「個別最適な学び」と「協働的な学び」について、具体的な授業実践を土台にしながら解説します。子どもたちの「学びたい」という気持ちを信じ、教師が教科の本質を捉えた上で丁寧に学習環境を整えれば、子どもたちは本来の「有能な学び手」の力を発揮します。教師は、従来の一斉授業観を放棄し、新しい時代の新しい学びにふさわしい新しい役割を担うべきです。ICTはへっちゃらで使いこなしましょう。

【感想】おもしろく読んだ。単に頭の中で考えた理論ではなく、具体的な授業実践を積み上げながら鍛え上げた話なので、説得力を感じる。子どもに先生の役割を委ねて授業を進行させる「自学・自習」の取り組みは、なかなか刺激的だ。が、確かに教師が事前に環境を整備して資料を豊富に用意しておけば、成立する取り組みのように見えた。というか、教師の役割が「アナウンサー」とか「アクター」というものから「ディレクター」へ、あるいはさらに「プロデューサー」とか「監修」といったものに変わっていくということなのだろう。
 しかしこのレベルまで実践が高まると、現行制度による縛りが授業実践の足かせになる。具体的には例えば、教科書採択の権限が各学校ではなく教育委員会にあるのはどうなのか。またあるいは「学習指導要領」の法的拘束性はどう考えるべきか。「特別の教科 道徳」の設置など、むしろ時代に逆行しているのではないか。本書内では、もっぱら授業方法が時代遅れだと強調していたが、現場の先生たちは一生懸命に頑張っていて、むしろ中央集権的な教育制度や教育行政のほうが現場の足を引っ張っているのではないか。役にも立たない研修を制度化して強制するより、現場を信じて先生方に大きな権限を与えるのが一番うまくいくのではないか。教育行政が現場を信じていないことが、実は日本の教育が抱える諸問題のいちばん根っこにあるのではないか。教育最前線の現場では「子どもの力を信じて自由を与える」ことによって素晴らしい実践が行われている一方で、教育行政が「教師の力を信じないで自由を奪う」ことによって現場の活力が削られていくのであった。

【個人的な研究のための備忘録】エージェンシー
 「エージェンシー」という言葉への言及があったので、サンプリングしておく。

「近年、OECDがエージェンシーという概念を提起しています。直訳すれば「行為主体性」ですが、OECDは「私たちが実現したい未来」を具現化する上で不可欠なものであり、「変化を起こすために、自分で目標を設定し、振り返り、責任をもって行動する能力」と説明しています。先生の支援を受けながら、自分たちの意思と力で自分たちが望む授業を仲間と協働しながら創り出していく「自学・自習」の経験が、子どもたちにエージェンシーを育んでいくことは間違いのないところでしょう。」(38頁)

 やはり、従来は「personality」と呼ばれていた対象を、意図的に「agency」と呼び換えてきているような印象を受ける。「行為主体性」とか「責任をもって行動する能力」などは、従来はpersonalityという概念が内包していた観念のはずだ。これをわざわざ新しくagencyという言葉でもって言い換えてきているということは、逆に言えばpersonalityという言葉に実践的な力がなくなってきていることを意味するのだろう。personalityという言葉に様々な手垢がついて、従来担っていた意味内容の輪郭がぼやけ、伝えたい内容が伝わらなくなったということなのだろう。「人格」という日本語についても、あまりにも意味内容が拡散し、本来この言葉が担うはずだった役割を果たさなくなっているので、おそらくこれに代わる新しい言葉が必要になっている。英語のagencyに相当するような新しい日本語は、さて、誕生するのかどうか。これからもカタカナで「エージェンシー」と呼び続けることになるのか。

■奈須正裕『個別最適な学びと協働的な学び』東洋館出版社、2021年

【要約と感想】平井聡一郎編『GIGAスクール構想で進化する学校、取り残される学校』

【要約】一人一台端末が実現しましたが、従来のICTのイメージを引きずっていると取り残されます。単にICTを授業内で活用するだけでなく、学校活動全体をDX化して組織を根本から変革できる学校がどんどん進化していきます。端末を触って分かった気になるのではなく、少なくともクラウドについては理解しておいた方がいいでしょう。
 大事なのは、まずやってみることです。教員が完璧でなくても、子どもの方はどんどん先に進めます。むしろそうやって子どもが自主的に学びを進められるのが、ICT本来の強みです。管理職や教育委員会は、過剰な規制強化などで改革の芽を潰してはいけません。ICTをバリバリ使いこなすカッコいい教員を目指しましょう。

【感想】日本で何かを売りつけようとするときには、「みんなもう持っていますよ」と働きかけるのが一番効果が高いわけだが、この本はタイトルからしてそういう日本人の弱みに上手につけ込んできている感じがすごい。とはいえ実際、できる学校とできない学校、やれる自治体とやれない自治体で、どんどん格差が拡大している。不甲斐ない自治体の有様は公教育に対する不信感を広げて、私立受験の誘因にもなる始末だ。
 本書は、幅広い領域から著者を集め、多面的・多角的に教育DXとGIGAスクール構想について取り上げており、さしあたってこの一冊で全体像を概観できるようになっている。ICTを実際の日々の授業に活かしたい教員は別の即戦力系実践本を買った方がいいが、まず話の前提とか大雑把な全体像を把握しておきたい管理職や教育委員会の中の人には丁度いいのではないだろうか。というか、これくらいは知っておかないと、本当に取り残されてしまうだろう。

■平井聡一郎編『GIGAスクール構想で進化する学校、取り残される学校』教育開発研究所、2021年

【要約と感想】田村学『学習評価』

【要約】「知識の構造化」を踏まえて、学習指導要領の理念に基づき、カリキュラム・マネジメントの一環として、妥当性と信頼性の高い学習評価を実現し、丁寧に子どもを見とって、質の高い授業改善に繋げていきましょう。
 いつでも・どこでも・だれにでも簡単に評価規準が作れるよう、特に分かりにくい「思考力・判断力・表現力」と「学びに向かう力」について評価規準を作成する際のフォーマットを示しました。フォームに具体的な文言を流し込むだけで、簡単に評価規準が完成します。

【感想】文部科学省の意図を丁寧に解説した上で、著者独自の「知識の構造化」の議論を展開し、さらにご丁寧にもフォーマットを用意して、誰にでも簡単に学習評価の評価規準を作成することができるようになっている。まさに、手取り足取り、懇切丁寧、という印象だ。学習評価に関して途方に暮れている現場の先生方にとっては、一縷の光明が見えるような本になっているのではないだろうか。

 ちなみに田村学『深い学び』と姉妹編のような関係にある本で、そちらを先に読んでおくとさらに理解が進むだろうと思う。
 で、やはり教育の理念とか授業の展開などについてはヘルバルトやデューイからそんなに進歩していないように見える一方、学習評価の技法に関してはものすごく進んだように思ったのだった。

■田村学『学習評価』東洋館出版社、2021年

【要約と感想】工藤勇一・鴻上尚史『学校ってなんだ!日本の教育はなぜ息苦しいのか』

【要約】ブラック校則や不登校なんてものは表面上の問題に過ぎず、本質的には子どもたちに自己決定権が与えられていないことが問題です。教育にとっていちばん大切なのは「自律」した人間を育てることですが、それには「戦略」が大事です。表面的な問題を正義面して解決しようとせず、みんな違っていることを前提に、必ず合意できる本質を大切にし、そこから粘り強く対話を重ね、根気よく合意形成をしていけば、自ずと環境が整っていきます。そして教育の問題といわれているものは、子どもの問題ではなく、教師の問題であり、大人や社会の問題であることが見えてきます。

【感想】工藤校長が言っていることは他の本の内容とまったく一緒(そうじゃないと困る)なのだが、対談相手の鴻上尚史がさすがの切れ味で、教育哲学の本質的なところがより浮き彫りになっているように読んだ。どちらも宙に浮いた理想論ではなく、地に足の着いた実践を踏まえて語っているので、とても説得力がある。
 ただし同じように問題解決をしようと思ったら、組織をまとめあげる人間観察力とコミュニケーション力が必要なのは言うまでもなく、ブレない理念と信念に加え、本書で繰り返し強調されるように「戦略」を立案する知恵と経験が大切になってくる。この重層的な課題に「当事者意識」を以て臨むことは、極めて大変なことだ。しかしその困難に恐れず立ち向かっていく大人の姿を、子どもたちもしっかり見ているということだろう。説得力はそういうところから立ちあがってくる。私も一人の大人として、頑張ろうと思う。

【今後の研究のための備忘録】教育と宗教
 現代日本教育の問題を「宗教」と表現する発言が両者からあったので、サンプリングしておく。

鴻上「「どうしてツーブロックの髪型は校則違反なんですか?」と問う高校生に「そんなの高校生らしくないだろ!」と言い放つ先生とは、言葉は通じていません。会話になってないのです。それは宗教的言葉です。「どうして神はこれを禁じているのですか?」「それは神が禁じているからだ!」は、論理的な会話ではないはずです。ただ、宗教的信念の告白です。」pp.12-13

工藤「民主主義が成長している欧州と日本の学校教育を比較すると、日本は論理的に物事を進めるのが得意ではないように感じます(中略)。伝統的、かつ経験主義的で、情緒的であり、ある意味宗教的な感じがします。」pp.258-259

 ちなみに工藤の言葉の中に「岡本薫」という人物名が出てくるが、彼は著書の中で日本の教育を「教育教」と呼び、宗教になぞらえている(岡本『日本を滅ぼす教育談義』)。さらにちなみに、教育の弊害を宗教になぞらえるのは日本だけではない。オーストリア出身でラテンアメリカで活躍した思想家イヴァン・イリイチも、教育を宗教に喩えて批判している(イリイチ『脱学校の社会』)。
 で、教育を「宗教」になぞらえて何が言いたいかは、わからなくもない。だがしかし、教育の「教」が宗教の「教」でもあることはなかなか奥が深く、ここを侮っていると足を掬われるようにも思うのであった。教育というものを突きつめていくとどこかで必然的に「宗教」なる何かに変質する瞬間(個人的にはそれを「特異点」と呼んできている)があることについては、畏れを抱いておく必要があると思っている。

【今後の研究のための備忘録】エージェンシー
 「エージェンシー」という言葉に関して、世界中の教育界で流行しているが日本人には分かりにくい、という話題が出て来たので、サンプリングしておく。

工藤「いま、世界中の教育関係者の間では「エージェンシー」(agency)が大事だってことが言われています。文科省は「主体的に問題を解決する姿勢」と訳しているのですが、ちょっとわかりにくいですよね。
 先日、OECDの局長が来日した歳、対談させてもらう機会がありました。そのとき「麹町中の取り組みは当事者意識を育てることだ」と話したら、「それはエージェンシーですね」と返ってきたんです。つまり、エージェンシーは当事者意識を指すような言葉なんですね。なんでも他人事にしてはいけない、自分自身もまた社会を構成しているひとりなのだという考え方を育てるべきだという考え方です。」pp.96-97

 個人的には、従来personaliyという言葉で言いあらわされてきた対象(責任と主体性を持った人格)に関して、personalityという言葉自体がボヤけて焦点を失いつつあるので、代わりとなる言葉が必要になり、そこにすぽっと当てはまったのがagency(当事者性・主体性)という言葉だと考えている。あるいは日本語においても、教育基本法の第一条で教育の目的は「人格の完成」と言っているが、いまや「人格」という言葉自体がボヤけて焦点を失いつつあるので、代わりとなる言葉が必要になっている。そんなとき、「主体性」とか「当事者性」という言葉にしっくりきたりするわけだ。しかしもともとはpersonalityや「人格」という言葉で呼び習わされてきた何かであることは、忘れてはならないように思う。

工藤勇一・鴻上尚史『学校ってなんだ!日本の教育はなぜ息苦しいのか』講談社現代新書、2021年

【要約と感想】本田由紀『教育は何を評価してきたのか』

【要約】国際的に比較すると、日本人の生産力や自己肯定感の低さが極めて異常なことが一目瞭然ですが、論理的には、垂直的序列化と水平的画一化の過剰、水平的多様化の過小という社会構造が問題です。このような構造を生み出している原因を浮き彫りにするために、本書は「能力」「資質」「態度」という言葉に分析を施します。
 「能力主義」に関しては、一般的には「メリトクラシー」という英語の翻訳語と理解されていますが、そこから大きな勘違いが始まっています。欧米のメリトクラシーは「業績主義」であって、日本語の言う「能力」は、それとはまったく異なるガラパゴスな指標となっています。それが明治期から昭和、さらに平成を経て、ガラパゴスな変化が加速し、いまや「人格」をも動員しようと試みる「ハイパー・メリトクラシー」の段階に突入しています。
 また一方、21世紀に入る頃からナショナリズムを高揚させようとする意図的な動きに伴って「態度」という言葉が頻発されるようになりました。
 このような閉塞状況を打破するためのポイントは、高校改革にあります。具体的には、普通科中心から多種多様な学科構成への変革、選抜の在り方の見直し、民間企業の採用の考え方の変更が有効な打開策になるでしょう。

【感想】限られた少数のキーワードに分析を施すことで日本が抱える問題の全体構造が明らかになるという、いわゆる「一点突破全面展開」のお手本のような見事な構成だった。行論については、テンポがいいと思うか、議論を急ぎすぎだと思うかは、まあ人によるだろうけれど、新書だからこれでいいのだろう。切れ味が鋭いことには間違いがない。読者の方も、日本が抱える問題たちを綺麗に切り刻んでくれているように読めるのではないか。学生に勧めていい本のように思った。

【要検討事項】とはいえ、専門家の立場からはいろいろ言いたいことも出てくる。特に本書は概念史を扱っているわけだが、国会図書館デジタルコレクションの検索結果から始めるという方法は、「歴史屋」の私からすれば物足りないことこの上ない。少なくとも日本国語大辞典を繙いても損はしない。たとえば「能力」という言葉に関しては、江戸時代の用例や中国古典での扱いについて基礎的な情報を得ることができる。
 また、日本教育史プロパーとしては、「能力」という言葉が「開発主義」の流行に伴って一般化していったことは強調しておきたいところだ。そしてもちろん開発主義のモトネタであるペスタロッチー主義にも同じ傾向があるわけだが、それはつまり、そもそも近代教育の内容と方法自体が「能力(この場合はfaculty)」の「開発(develop)」という発想を土台にしていることを示唆している。あるいはさらに遡ってロックやルソーを見てもよい。「外から知識を与える」のではなく「内部からの力の形成」という発想の素朴な姿を見ることができる。この「知識から力への重点の変化」は、近代教育思想の基本的な土台となっている。明治初期開発主義は、この近代教育思想の基礎・基本を忠実に受け容れた結果、「能力」という言葉を連発していくことになる。こうしてみると、「能力」とは日本固有の問題というよりは、「近代」に固有の問題に見えてくる。確かに「メリトクラシー」と「能力主義」の中身が異なるのは指摘通りとして、じゃあヨーロッパ近代(特に資本主義の論理)が「日本語で言う能力なるもの」からどの程度自由だったのか。ちょっと考えただけでもいろいろ丁寧に見ておきたい論点が噴出してくる。
 まあ、本書にそれを求めるのはナイモノネダリではある。本書は本書固有の課題にはしっかり応えているので、生じた疑問については私自身の課題として突きつめればいいだけのことではある。

【今後の個人的研究のための備忘録】
「人格」に絡んだ文章がいくつかあったので、サンプリングしておく。

「一九五〇年代の議論がほぼ「学力低下」は「国力の低下」をもたらすということのみに収斂していたのに対し。一九七〇~八〇年代においては、「落ちこぼれ」等の学力問題が「子どもの人格形成のゆがみ」をもたらすということが強調されるように変化していた。つまり、「学力の低い子ども」は「人格」的にも劣っており、非行などの逸脱行動に走る確率も高いということが、非常にしばしば主張されるようになる。さらには、「学力」が高い子どもであっても、「知識の記憶力」に終始し、やはり「人格のゆがみ」がもたらされている、という議論が展開される。」pp.119-120

「(前略)「学力」を「人格」や「人類社会の平和と発展」と結び付けて論じる言説の広がりが、続く八〇年代後半から九〇年代にかけて生じた、日本型メリトクラシーと並ぶもうひとつの垂直的序列化の軸であるハイパー・メリトクラシーへの地ならしとなっていった。」p.126

 やはり「人格」という言葉の中身が高度経済成長を境目に大きく変化している様子を覗うことができる。「期待される人間像」で描かれる「人格」という言葉と、ここで指摘されている「人格」は、まったく異なる意味内容を持っている。このあたり、「学力」とか「能力」という言葉を補助線にするといろいろ見えてくるものがありそうだ、というところでは非常に勉強になった。このインスピレーションを、自分の研究に活かしていきたい。

本田由紀『教育は何を評価してきたのか』岩波新書、2020年