「教育」タグアーカイブ

【要約と感想】レナード・サックス『男の子の脳、女の子の脳―こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方』

【要約】男の子と女の子では、生物学的に脳の構造が異なっています。よって、同じ対象を見ても聞いても、感じ方や対応が異なります。男の子が乗り物など動く者に興味を持ち、女の子が華やかな色のものに興味を示すのは、脳の構造から導かれる自然な行動です。男女差は文化によって作られたのではなく、生物学的な根拠に基づいています。
この事実を知らないと、不適切な指導を加えてしまい、取り返しがつかない結果を招きます。男女の性の特質をよく踏まえて、もっとも効果的な働きかけを行なうよう、務めるべきです。男女別の教育を推進したほうが、ジェンダー・フリーな世界に近づくでしょう。

【感想】90年代頃からフェミニズムの論理に冷や水を浴びせかけているのが、本書に代表されるような進化生物学の立場である。男女の性差が文化的に生み出されたと主張するフェミニズムを、進化生物学は自然科学的な手法から徹底的に否定する。男女差は生物学的な基礎に基づく自然なのだと言う。特に脳の構造が決定的に違っているのだと言う。
まあ、自然科学的な根拠を持って言われてしまうと、なかなか否定するのも大変なわけだ。

とはいえ、本当の話は、そこからなのだろう。仮に自然科学的に男女差が存在しているとして、それはもちろん優劣の差を意味するのではない。単に「持ち味」の差であると理解するべきところだ。そしてもし「持ち味」の差が優劣の差に結びつくのだとしたら、どこかで何かが間違っている可能性が高い。そして、どこで何が間違っているかを判断するのは、進化生物学の役割ではない。

レナード・サックス『男の子の脳、女の子の脳―こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方』草思社、2006年

【要約と感想】工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。』

【要約】学校が機能不全に陥っているのは、目的と手段を取り違えているからです。目的を適切に設定した上で、手段を合理的に取捨選択しましょう。必ず状況は良くなります。
たとえば、期末テストなどやめてしまえばいいのです。期末テストなんかやっても、学生は一夜漬けに勤しむだけで、本物の学力は伸びません。逆に、他の手段で学力が伸びるなら、期末テストなどやる必要はありません。
宿題も廃止しました。宿題など、学力を伸ばす上でなんの役にも立っていません。廃止したほうが、学力が伸びます。
期末テストや宿題にこだわる人は、単に目的を見失って、思考停止に陥り、前例にしがみついているだけです。学校が何のために存在しているのか、根本から考え直す時代が来ています。かつて学校は時代の最先端でしたが、むしろ今は最も遅れています。今の時代、そもそも学校など必要ないかもしれません。

【感想】文科省が校長先生に「学校運営=マネジメント」の力を要求するようになって、しばらく経つ。本書に示された諸改革は、いわばマネジメントのお手本のようなものかもしれない。まず「目的」を適切に設定した上で、PDCAの「C」を軸にサイクルを回す、というところが教科書的なわけだ。実際のところ、学校では、マネジメントの最重要ポイントである「目的を適切に設定する」ということが、なかなか難しかったりする。文科省や教育委員会から目的が降りてきて、主体的に判断する力が育ってこなかったからだ。まあ、学校そのものの問題というよりは、上から目的を押しつけてきた教育行政そのものの問題であるようには思うが。

とは言うものの、いよいよ学校が独自のマネジメントを要求される時代に入ってしまったわけで、力が育っていないと嘆いている場合ではない。これを好機と捉えて文科省や教育委員会の圧力から離れて独自路線を行くか、従来通り上から言われたことを下請的にこなしていくのか、時代の分かれ目である。主体的な力を発達させる学校と、言われたことしかやらない学校で、これからますます格差が拡大していくことになるだろう。いやはや。

【今後の研究のための備忘録】
学習指導要領に対する苦言が現場の校長先生から発せられていることが興味深い。

「すでに2018年度から先行実施されている新しい学習指導要領は、「社会に開かれた教育課程」を標榜しています。(中略)しかし、学習指導要領の存在自体が、教員の自由な発想を忘れさせて、「社会に開かれた教育課程」の阻害要因となっているのは、何とも不思議なことではないかと思います。」74-75頁

学校評価に対するコメント(158-159頁)も、上から基準を設定することの無意味さやバカバカしさを指摘していて、なかなか要点を突いている。

またあるいは、教育のサービス化に対する苦言も、興味深い。

「しかし、現状の学校と保護者の関係を見ると、保護者が「消費者」、学校が「サービス事業者」と化しているような状況が見受けられます。保護者のクレームを真に受けて対応した結果、子どもが自律する機会が失われてしまったこともあるはずです。(中略)自身に当事者だという意識があれば、文句を言うより先に「どうすればよいか」を考え、行動を起こします。逆に、当事者意識がないと、「お客様感覚」で何か不都合が起きると、自分ではない周りの誰かのせいにしようとするものです。」152-153頁

ここから「コミュニティ・スクール」の必要性へと話が展開していく。これからの公教育は、学校だけが担うのではなく、大人たち全員が責任を持って進めなければ成り立たないと、私としても思う。

全体的な思想背景としては、「近代の終わり」が強烈に自覚されている。「近代」には学校の存在価値について疑問が持たれることはなかったが、「近代の終わり」に際しては、学校の存在価値が失われるという時代感覚である。これからの学校は、「近代の終わり」に対応して、変わっていく必要があるという認識である。学校改革で打った手が有効かどうかは、最終的にはこの歴史認識が適切かどうかに関わってくるのであった。

工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革』時事通信社、2018年

【要約と感想】近藤卓『子どもの自尊感情をどう育てるか』

【要約】自己肯定感を育むことの重要性は広く知れ渡っているようですが、ただ単に褒めればいいと勘違いしている向きもあるようです。「自尊感情」と「自己肯定感」は厳密には異なるものであり、良かれと思った働きかけが逆効果を生むこともあります。「基本的自尊感情」と「社会的自尊感情」をしっかり区別して、基本的自尊感情を育む働きかけを行ないましょう。
基本的自尊感情と社会的自尊感情を測定する尺度を開発し、「そばセット」と名付けました。広く活用されることを期待します。
自尊感情を育てる授業の実践例も提示しました。ポイントは「共有体験」です。

【感想】「自尊感情の4つのタイプ」という分類は、なかなか分かりやすい。これが頭に入っていると、確かに生徒指導等にも大いに役に立ちそうな気がする。以前に研修で聞いた「子どもの4つのタイプ=働きかけ方の4類型」も、おそらくモトネタはここだろう。実践的にも広く使える類型であるように思う。
尺度開発にもしっかり時間をかけていて、妥当性・信頼性ともに説得力があるように思った。短い本ではあるが、なかなか得るものが大きかったように思う。

近藤卓『子どもの自尊感情をどう育てるか そばセット(SOBA-SET)で自尊感情を測る』ほんの森出版、2013年

【要約と感想】藤野京子『困っている子を支援する6つのステップ』

【要約】意地悪をしたり暴れたりする困った子に対して、頭ごなしに叱っても、問題は解決しないどころか、むしろ悪化します。問題行動のパターンを見極め、適切な支援を行なえば、確実に問題は解決し、子どもは成長していきます。

【感想】心理学の知見を応用しながら、現実的な問題対処のパターンを確立しようと試みている本だ。理論的背景はLSCI(Life Space Crisis Intervention)というものらしい。
6つのステップとは、(1)落ちつかせよう(2)整理させよう(3)見極めよう(4)気づかせよう(5)訓練しよう(6)準備させよう、ということらしい。そして問題のパターンにも6つあり、(1)現実誤認(2)問題の発生源(3)攻撃行動の正当化(4)自己価値(5)スキル(6)他者との不適切な関係、とのことだ。

本書はいろいろ具体的な対処を示しているわけだが、一言で言えば「メタ認知」とか「セルフ・モニタリング」という概念に集約されるように思った。子どもが意地悪や暴力など不適切な行動を起こしてしまうのは、要するに自分を客観視できておらず、その行動がどのような帰結を招くのか予測ができていないからだ。自分の行動や感情を第三者視点から分析できるようになれば、功利主義的に考える限り、不適切な行動は減るに決まっているのだった。いかにメタ認知の視点に気づかせるかが、具体的な対処のスキルとなってくる。

とはいえ、メタ認知ができる上で問題行動を起こす人間も、世の中には存在するわけだ。こういう人間に対しては、本書の対処法は役に立たないような気がする。
まあ、本書は素直な年齢の子どもを対象にしているので、あまり心配することもないのだろうけれども。

藤野京子『困っている子を支援する6つのステップ―問題行動解決のためのLSCI(生活空間危機介入)プログラム―』明石書房、2010年

【要約と感想】岡田祥吾『英語学習2.0』

【要約】英語ができるようになるために決定的に重要なのは、自分に最適な学習方法を見つけることです。メタ認知とセルフモニタリングが大切です。学習法を効率化し、永続きする方法を選び、学習効果を実感しながら英語を身につけましょう。

【感想】著者本人はコンサル時代に身につけた「問題解決アプローチ」だと言っているけれども、私が専攻する教育学の文脈では、それを「メタ認知」あるいは「セルフモニタリング」という概念で説明する。目標を定め、自分の性向を分析し、方法を意識的に選択し、その効果を客観的に測定して、方法を微調整する。いわゆるPDCAサイクルを適切に回すためには、自分自身の適性を見極め、方法が最適化されているかを確認する視点が必要となる。それが「メタ認知」であり「セルフモニタリング」だ。それができる人間は、英語に限らず、目標さえ定まれば、自然と伸びていくに決まっているのだった。逆に言えば、力がつかないのは、目標が適切に定まっていないか、メタ認知ができていない可能性が極めて高いことになる。
そんなわけで、本書は本気で英語を身につけたい自発的な大人のための本であって、むりやり学習させられる受け身な学生向けの本ではない。

岡田祥吾『英語学習2.0』角川書店、2019年