「教育」タグアーカイブ

【要約と感想】相馬伸一『コメニウスの旅<生ける印刷術>の四世紀』

【要約】コメニウスは、教員採用試験レベルでは『大教授学』や『世界図絵』のみに依拠して「近代教育学の祖」とされてきましたが、それは近代的な関心からコメニウスの一部を都合良く切り取って歪めた語りに過ぎません。また近代批判の文脈に巻き込まれてコメニウスが非難されることもありますが、これも現代的な関心からテキストの一部を恣意的に切り取ったものです。さらに民族主義や史的唯物史観など、コメニウスは時代によって様々に異なる立ち現れ方をします。しかしだからといって、コメニウスの実像を客観的に記述するべきという単純な話にはしてはいけないのです。
コメニウスの語られ方を四世紀に渡って確認することで、教育と歴史が実践的な関心にどう応えるかという課題が浮き彫りになっていきます。

【感想】とてもおもしろく、かつ勉強になり、様々な霊感を与えてくれる、素晴らしい本だった。一点突破全面展開のお手本のようなスピード感溢れる内容で、一気に読み終わってしまった。
いやあ、教育原理の授業でコメニウスをどう扱うかヒントを得ようと思って読み始めた本だったわけだが。もともとは、ヤン・ジシュカを扱ったマンガを枕にして、ミュシャに着地しようかなんて安易な考えを思っていたけれども、そんな小手先の工夫でコメニウスを扱うのではすまなされないような衝撃を受けた。とはいえ、二十歳前の学生に伝えるにはどうしても情報の縮減をしなければならないわけで、私自身が実践的な課題の前に立たされるのであった。いやはや。

私自身の年来の関心に引きつけて言えば、「教育の<教>は宗教の<教>」であることが強烈に再確認できたのが極めて大きな収穫であった。たとえば東洋の教育思想(具体的には儒教と仏教)を語る上でも、「教育(教)=宗教(天)」の全体像をイメージしておかないと、本質を見失う。教育を単なる「技術=手段」であると見なすと、とんでもない見当違いに陥る。またあるいは、プラトンやアリストテレスを考える上でも、教育は単なる「技術=手段」なのではなく、それが国家存在理由の「目的=本質」でもあることを押さえておく必要がある。要するにかつての「教」は、現代の「教育」とは射程距離がまったく異なっている。そもそも「教」という漢字は、神の声を聞くための占いをしている形象に由来するのだった(※諸説あります)。私の関心に引きつけて恐縮ではあるが、コメニウスも同様に、「教育」ではなく「教=神の声を聞く」の射程距離で理解しようと努める必要があることが、よく分かった。この「教」の射程距離の話を、「教育=手段」という近代的な学校経験で凝り固まった学生たちにどのように伝えるのか。いやはや。

本書が手法として用いた「メタヒストリー」は、様々な対象に施すことができる。私の関心に引きつけて恐縮ではあるが、たとえば具体的に、日本教育史では「足利学校のメタヒストリー」なんかは、かなりおもしろいのではないかと思う。(※参考「【栃木県足利市】足利学校は日本最古の学校じゃないよね?」)

【今後の個人的な研究のための備忘録】
私の専門の明治日本教育史の話も出て来た。谷本富が明治28年の著作で「コメニウス/ペスタロッチー」を「実質陶冶/形式陶冶」の対として理解していたという話だ。本書には出てこなかったけれども、谷本が本当に言いたかったのは、その実質陶冶と形式陶冶の統合を実現したのがヘルバルト教育学だという理屈だったはずだ。
しかしところで、日本人がこのように「実質陶冶/形式陶冶」を理論的に理解するようになったのは、私の観察では明治25年頃のことだ。そもそも日本人が「形式」という言葉を頻繁に使用するようになったのは明治25年前後のことだ。明治10年代には、「形式」という言葉自体に出くわすことが極めて希だ。また「内容」という言葉は影も形もない。たとえば福沢諭吉は一切使用していない。ところが明治25年を過ぎると、いたるところに「形式/内容」の二分法が現れるようになる。谷本が「コメニウスは実質陶冶」と主張したのは、まさにこの黎明期に当たる。「形式/内容」二分法的思考の黎明期に、コメニウスは実質陶冶代表として登場せしめられた瞬間、ヘルバルトによって止揚されることとなった。ヘルバルト教育的教授の前座としての「コメニウス=実質陶冶/ペスタロッチー=形式陶冶」という扱いだったわけだ。なるほどなあ。
私の年来の追究課題である「形式/内容」二分法思考の日本での定着過程を考える上でも、ちょっとしたインスピレーションを受けたのであった。

相馬伸一『コメニウスの旅<生ける印刷術>の四世紀』九州大学出版会、2018年

【要約と感想】北詰裕子『コメニウスの世界観と教育思想―17世紀における事物・言葉・書物』

【要約】コメニウスの教育思想の特徴は近代的な「事物主義」とされてきましたが、実際には前近代(17世紀)的な性格を色濃くもっています。コメニウスの教育思想は、単に「方法」として見るだけでは理解できません。「神の三書」という存在論や17世紀の言語観(普遍言語構想)を踏まえて、初めて全体像が見えてきます。コメニウスの言う「事物」とは、現代の我々が考えるような客観的な対象ではなく、「神の三書を読む文字」でした。

【感想】とてもおもしろく読んだ。
大学の講義(教育原理)でコメニウスを扱う必要が当然あって、西洋教育史の概説書はいくつか読んできているわけだが、ことコメニウスに関しては、正直、位置づけがよく分からなかったのだった。具体的には、実際に『世界図絵』を読む限り、それが「近代的な教育」に連なるものとはどうしても思えなかったのだ。どういうことか知ろうと思って概説書をなぞっても、だいたい「感覚主義」とか「事物主義」と言って終わってしまい、本質が見えてこないのだった。そこで一念発起して、ちゃんとしたコメニウス研究書を読もうと思って本書を手に取ったわけだが。いやはや、とてもおもしろかった。勉強になった。

結果として、「コメニウスは近代じゃないだろう」という私の違和感は、半分当たっていたようだった。私の理解では、これは「教育」ではなく、「教」だ。「教育」の「教」は「宗教」の「教」でもある。そういう、教育と宗教が未分化である「教」の世界が展開されているのが、コメニウスの世界だ。本書の結語でも仄めかされているように「教育」だったら単なる方法に落とし込むこともできなくはないが、「教」であったら世界観や存在論と切り離すことは不可能だ。
そしてその世界観や存在論は、間違いなく「進化論以前」のものだ。本書自体には「進化論」というモチーフはまったく出てこなかったわけだが、私の読み取りでは「前近代」というよりは「進化論以前」の認識論・存在論という印象が強く残った。というのは、コメニウスの言う「事物」とは、進化論以後の私たちが考える「個物」ではなく、「類」に相当するように読めたからだ。
本書ではそれをプラトン主義的に「イデア」と呼んでいたが、アリストテレス的に言えば「類」ということになる。コメニウスの言う「事物」が「個物」ではなく「イデア/類」であると理解すれば、『世界図絵』がどうしてああなっていたのか、すんなりと理解できる。コメニウスは「類」の体系を漏れなく網羅的に示すことが可能であり、義務であると考えていたわけだ。完全に進化論以前の発想だ。(なんとなく、朱子学の言う「格物」の「物」に近いかもしれない。フーコー『言葉と物』を読みかえさねば…)
だから、「コメニウスは近代じゃないだろう」という理解は半分間違っていて、正確には「進化論以前だろう」と理解するべきところだったわけだ。たとえば「進化論」や「熱力学」の前には、普遍言語としての数学を用いて世界を完全に記述できるという認識と義務観が存在していた。そしてそれは近代的な価値観であり、そういう意味ではコメニウスも近代的な価値観を共有しているように思える。

それから、コメニウスが世界そのものを学校だと捉えていたところなど、極めて興味深かった。プラトンとの親和性を想起させるところでもある。プラトンは教育を学校だけで完結するものではなく、本質的には「正義の法」に基づいた社会教育であるべきだと捉えていた。コメニウスも、学校教育は8段階ある人生行路のうちの前半部分で必要となるだけで、最終的には世界そのものが学校になると言う。

そんなわけで、新プラトン主義の射程距離の長さにも、改めて驚く。私が追究している「人格」という近代的概念の背後には、どうやら新プラトン主義が控えている。
講義に活かせるかはどうかは分からないが、少なくとも個人的にはかなりスッキリした。ありがたい本であった。

北詰裕子『コメニウスの世界観と教育思想―17世紀における事物・言葉・書物』勁草書房、2015年

【要約と感想】北俊夫『「ものの見方・考え方」とは何か』

【要約】授業が目指すことは、「一匹の魚」を与えることではなく「魚の捕り方」を身につけさせることです。ものごとを見る視点や考える方法を理解することは、子どもにとっては生きる力を身につけることになり、教師にとっては授業力を向上させることになります。

【感想】新学習指導要領では、「見方・考え方」という言葉が前面に打ち出されている。各教科の目標に「見方・考え方」という言葉が必ず盛り込まれている。主体的・対話的で深い学びとも密接な関連がある概念だ。
しかし学習指導要領を読むだけでは、その内実はあまりよく分からない。本書は、理解しにくい「見方・考え方」というものを噛み砕いて解説している。具体的な事例も数多く挙げられていて、分かりやすいように思う。

ただ教育史専門家から言わせてもらうと、このような考え方そのものは明治10年代の「開発主義教育学」に既に見られる。開発主義教育学は、単に知識を与えるような教育を批判して、「能力」を伸ばすことを主張した。そして具体的には観察や判断を通して「分析/総合」「帰納/演繹」といった論理的思考様式を身につけることを目指した。新学習指導要領が目指すものとまったく同じというわけだ。逆に言えば、150年前からあまり進歩していないとも言える。どうして進歩していないかをしっかり反省しないと、また同じ失敗を繰り返す。

北俊夫『「ものの見方・考え方」とは何か―授業力向上の処方箋』文溪堂、2018年

【要約と感想】筑波大学附属学校教育局編『グローバル人材を育てる―いま、なぜ若者は海外へ行かなくなったのか』

【要約】統計的には、海外留学する若者が減っています。理由は、経済的なものや心理的なものなど複合的だと思われます。しかし急速にグローバル化が進んでいる現状では、海外留学する意味は必ずあります。筑波大学と付属学校は、グローバル化人材を育てるために様々な取組みを行なっています。

【感想】総論(グローバル化における教育のあり方)と、具体的事例(筑波大学と附属学校における取組み事例の紹介)で構成されている。先進的な取組みの数々には、さすが筑波大学だなと感心させられる。

個人的な感想では、日本がガラパゴスから脱出できないのは、企業の採用形態(新卒一括採用)に最大の問題があるのではないかと思っている。常時採用が当たり前になれば、大学卒業後に半年留学とか、当たり前の風景になるだろうと思うわけだが。

筑波大学附属学校教育局編『グローバル人材を育てる―いま、なぜ若者は海外へ行かなくなったのか』東洋館出版社、2012年

【要約と感想】古屋和久『「学び合う教室文化」をすべての教室に―子どもたちと共に創る教室文化』

【要約】子ども同士で学び合う環境さえ整っていれば、教師の授業が拙くても、子どもは成長します。学び合いの文化を定着させるために、友達の話を聞くことに熟達させたり、「分からない」ことを推奨したり、学習したことを自分の言葉で振り返ったりさせるなど、様々な工夫をしました。
そして教師こそ、文科省や学習指導要領に言われたことの下請け的な「消費者」に終始するのではなく、「生産者」として、よりよい実践を創っていく意識を持つべきです。

【感想】力強い実践の本だった。土台となる理論は佐藤学(学びの共同体)から得ているものの、数々の具体的な実践は現場での知恵と工夫から生まれている。とても感心しながら読んだ。仮に教師の授業が拙くても、教室の環境さえ「学び合い」を促進するようにデザインされていれば、子どもたちは自然と力を発揮していく。その通りだろうなと思う。
しかし今、新自由主義的な自己責任論が一般社会で蔓延する中、教育の世界でも、「学びの共同体」とは正反対の、自分さえ良ければいいという抜け駆け精神が目立っている。中学受験の流行が拍車をかけている。だからこそ「学び合う教室文化」を前面に打ち出す実践は、とても尊いと思う。

古屋和久『「学び合う教室文化」をすべての教室に―子どもたちと共に創る教室文化』世織書房、2018年