「教育」タグアーカイブ

【要約と感想】トマス・アクィナス『君主の統治について―謹んでキプロス王に捧げる』

【要約】この本の目的は、立派な君主を教育することです。そのために聖書や先哲の議論から、具体的な事例が豊富に示されています。
 君主制は、先哲の議論と歴史の経験と論理的な理屈を踏まえれば、貴族制や民主制よりも優れた、最高の政治形態です。しかし君主制には僭主制へと堕落する弱点もありますので、民衆のほうは用心しておくのがよいでしょう。
 ところで人間の最高目的は神によって定められており、カトリック教会が指導しているので、君主もそれに従わなければなりません。君主の仕事の範囲は、俗界の指導に限られます。君主固有の仕事をまっとうするためには、政治的な力量ではなく、高潔な人格のほうが重要です。それこそがカトリックの指導に従ったあり方です。教会の言うことを守って立派な君主になりましょう。
 都市を建設したり維持したりするために気をつけるべき注意点も示しました。

【感想】本文よりも、訳注と解説のほうが長い、岩波文庫にしばしば見られるスタイルの、気合が入った本だった。解説に書いてあったことは、不勉強にも知らないことばかりで、とても勉強になった。
 本書はいわゆる「君主の鑑」とカテゴライズされる、カトリック教会の価値観に従って俗界君主を教育することを目的とした内容の本で、ヨーロッパ中世には類書がたくさんあったらしい。そして直ちに想起されるように、マキアベッリ『君主論』が暗に批判するようなキレイゴトの記述に満ちている。逆に言えば、マキアベッリが政治のキレイゴトを粉砕するまでは、「君主の鑑」のようなあり方のほうが常識的だったということでもある。
 また直ちに想起されるのは、東洋の君主論(貞観政要や資治通鑑など)との類似だ。論語の精神である徳治主義(修己治人)や「天」への畏敬の念とトマスが示す君主の理想は、もちろん具体的な細部はまったく異なるものの、大枠では響き合っているように思う。君主にとって大事なのは、政治的力量ではなく徳である。ちなみに本書訳注や解説でもヘレニズムとの関係が指摘されてはいるが、全面的に議論が展開されているわけでもない。しかし東洋にはマキアベッリを待つまでもなく、既に韓非子もいたりするわけではあるが。

【要検討事項】本文ではなく解説のところに示されている文章だが、「教育」という翻訳語が気になった。

「まず指摘しておかねばならないのは、それら作品の表題である。「道」(スマラグドクス『王の道』Via Regia)、「教育」(オルレアンのヨナス『王の教育について』De Institutione Regia)、「人格」(ランスのヒンクマルス『王の人格と王の職務について』De Regis Persona et Regio Ministerio)といったタームが用いられている。」pp.157-158

 現代英語ではinstitutionとなっている単語が、ここでは「教育」となっている。まあそれ自体は西洋教育史を勉強すれば常識に属する知識であって、特に驚くことではない。ただしそれがeducationでもなくinstructionでもなかったことについて、特別に意識を払っても損はないように思うのでもある。ここで使用されている「Institutione」が示す具体的な内容は、もちろん現代の私たちが用いる「教育」という言葉が示す内容とは、大きくかけ離れている。大枠の大枠では「教育」と呼んでもちろん差し支えないわけだが、この「Institutione」を適切に表現する現代日本語を考えることは、現代教育についての知見を深める上でも、おそらく無駄な作業ではない。
 それと同様に、この文章では「Persona」というラテン語が「人格」と翻訳されている。もちろんここでは「人格」という日本語を使うしかない。しかし現代の我々が使用する「人格」という言葉の意味内容が、中世からは、特にカント以後に決定的に転回していることを踏まえると、いま私たちがイメージする近代的な「人格の陶冶」概念を、この中世の「君主の鑑」に当てはめることがどれくらい適切か、ある程度疑って留保しておいた方がいいのだろう。そして「Persona」と「Institutione」の転回は、「目的」の転回と深く関わってくる。

【今後の研究のための備忘録】
 例えば「目的」について、以下のように記されている。

「しかし人間は徳にしたがって生活しながら、既に上述したように、神の享受のうちにあるより高次の目的に向かって秩序づけられているので、多数の人間の目的と一人の人間の目的は同一のものでなければならない。それゆえ会い集う民衆の終局目的は徳にしたがって生きることではなく、有徳な生活を通して神の享受へと到達することなのである。」第1巻第14章107

 このような考え方は、もちろん近代的な「教育」や「人格」がまったく知らないものである。というか、こういう考え方を覆したところで、近代の「教育」や「人格」という観念は成り立っている。だとするなら、このような中世的目的観の下で行なわれる「Persona」への「Institutione」は、はたして「人格の陶冶」と考えてよいかどうか、ということになる。
 ちなみにもちろん著者を批判しているのではなく、私が批判的に行なうべき仕事として留意しておこう、という話である。

 またそれから「国家有機体論」について触れていることについては、しっかり記憶にとどめておきたい。

「それゆえ君主たる者は王国における自己の職務が、ちょうど肉体における魂や、世界における神のごときものである、とういことをよく認識しておかなければならない。」「かれの支配下にいる人びとをかれ自身の四肢のように考え、柔和と寛容の精神を発揮することができるであろう。」第1巻第12章95

 ただしもちろん、近代国民国家とは条件が決定的に異なっていることについては忘れてはならない。

トマス・アクィナス『君主の統治について―謹んでキプロス王に捧げる』柴田平三郎訳、岩波文庫、2009年

【要約と感想】渡部淳『アクティブ・ラーニングとは何か』

【要約】アクティブ・ラーニングの授業実践を具体的に紹介しながら、その理論、具体的な技法や手段、国際比較、日本の教育史を踏まえた展望、学校に導入する手法や段取り、学校や教育を超えたところで持つ意味など、多角的に議論を展開します。それらを踏まえると、これからの教育は「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」が決定的に重要な時代に入ります。というのも、アクティブ・ラーニングの学習スタイルは、そのまま民主主義の手続きや運用のあり方と響き合っているからです。学校や教員関係者だけでなく、保護者も含めた一般市民がアクティブ・ラーニングの意義を捉えられるかどうかが、今後の民主主義社会の展開にとってとても重要になってきます。

【感想】良い本だった。私の授業で教科書に指定しようかと思ったくらいだ。(少なくとも来年度以降は「主体的・対話的で深い学び」に関わる参考図書として書名を提示することにする)。
 著者が豊富な実践経験を持っていることが本書の説得力を増しているのも確かではあるが、それ以上に「広い視野」を示しているところが類書との大きな違いのように感じた。アクティブ・ラーニングの実践事例だけなら教育関係雑誌からいくらでも引っ張ってくることができるわけだが、学校や教育の場面を離れたところで理論的・歴史的・社会的にどのような意義を持つかについては、お題目(知識基盤社会とかSociety5.0のような)の提示でお茶を濁す記事が多いように感じる。まあそれはそれで実践的に問題はないのではあるが、やはり射程距離を理論的に明らかにしているかしていないかで、実際に自分もやってみようという気になるかどうか、人を動かす説得力というところでは大きな違いは出てくるだろう。
 そんなわけで、私自身の大学の授業も一方的な講義型から参加・表現型へと意図的に切り替えつつあるところではあるが、その方向で大丈夫のようだと、意を強くした次第である。頑張ろう。

 ただ個人的には、文科省が今回の学習指導要領で敢えて「アクティブ・ラーニング」という言葉を一切使用せず、意図的に「主体的・対話的で深い学び」という言葉を前面に打ち出してきていることの意味は、学生たちにしっかり説明すべきだと思っているし、実際にそうしている。文科省の方としては、「アクティブ・ラーニング」という言葉が現場に無用な誤解を生んで意図せざる混乱を引き起こしたと理解しており、その見解を学習指導要領解説総則編で示している。学習の目標や意図を無視した単なる「アクティブ」なだけの授業が現場で蔓延してしまったことに対して、文科省は苛立ちを隠していない。このあたりの事情について、本書はまったく触れていない。
 「深い学び」を重視する立場と「アクティブ・ラーニング」を重視する立場の止揚が、今後の理論的課題になってきそうな予感はする(というかヘルバルトにしろデューイにしろ、ずっと前からそうなんだけど)。

渡部淳『アクティブ・ラーニングとは何か』岩波新書、2020年

【要約と感想】山口裕也『教育は変えられる』

【要約】実際に教育委員会で教育行政に関わった立場から、日本の公教育の問題点を炙り出し、よりよい公教育を実現するための理念と哲学を踏まえて、実際に東京都杉並区で取り組んだ教育行財政改革の具体的な方策を紹介し、その狙いと成果を明らかにしています。
 これまでの教育とこれからの教育の一番の違いは、「みな同じ」から「みな違う」です。そして違うことによって孤立するのではなく(新自由主義の誤り)、協働に向かうことです。その理念を実現するために、単に学校単位や先生個人に責任を押しつけるのではなく、教育委員会にできることはたくさんあります。地域と一体になった組織作り(コミュニティ・スクール)、教育課程編成の個別化、理念を実現するための学校建築、教育委員会そのものの官僚制からの脱却、目的に即したテストの設計と活用など、現場の教師たちの豊かな実践を実現するための手立てが豊富に提示されています。
 つまり、教育は変えられます。

【感想】良い本だった。
 実際に自治体として取り組んだ実践を踏まえて、地に足のついた議論が展開されているのが、一番の特徴だろう。学者が頭で考えただけの教育論ではない(それが悪いというわけではなく、実際に苫野一徳氏の教育論が実践を支える確かな柱になっている)。公教育でここまでできるのだという参照点にもなる。教育関係者にとっては大きな刺激になるのではないだろうか。

【今後の個人的な研究のための備忘録】
 教育課程の個別化に関しては、他人事ではなく、いろいろ気になるところだ。

「考え方の始発点を「みな違う」に逆転するということは、学校の仕組みのもっとも深い部分にある教育課程の個別化に半ば必然的に行き着きます。教育が十分に公で在るためには、「すべての人の合意」を意味する「普遍意志」がその条件になる以上、個別化した教育課程の編成権について、学校という公的機関の校務一切の掌理権を有する校長のみならず、学習者が未成年である場合は保護者がその一部を有すこともまた、論理的に考えて半ば必然の帰結となります。」104頁

 なかなか凄いところに突っ込んでいる文章だ。教員養成課程に関わる立場としては忸怩たる思いを抱いているところなのだが、現在の教員養成は「授業ができる」ようなプロを養成するところだとは思われていても、「教育課程を編成できる」ようなプロを養成するところだとは認識されていない。まず、教育課程を履修する学生自体が、そう思っていない。授業さえできれば十分だと思い込んでいる。私個人は「教育課程論」という授業を抱えているので、その半期2単位で、なんとか学生諸君に「教員とは、単に授業ができる人ではなく、教育課程編成においても優れた見識を持つ必要がある」ということを伝えようとしている。が、キョトンとされて終わりだ。学生だけの問題ではない。日本社会全体が課題を共有していない。日本社会は、教員を単に「授業をする人」だと思い込んでいる。その日本社会全体の偏見に立ち向かうには、半期2単位というのは、なかなか短い時間である。まあ、精一杯頑張っているつもりではある。私にできることは、今のところ、学生諸君に教育課程編成の力をつけて現場に送り出すべく、最善を尽くすことしかない。筆者の言う「教育課程の個別化」を支えるのは、最終的には子どもたちと直接向きあっている教員だ。個々の教員が「教育課程を編成する力」を持たなければ、「教育課程の個別化」は悲惨な結果に終わる。「総合的な学習の時間」が理想通りに機能しなかったのは、各学校に教育課程編成の力がなかったせいだ。そう想像できるから、教育課程編成の権限がなかなか現場に降りてこない。多少は規制緩和されているし、その動きは加速しているようにも見えるが、果たして文部科学省が一番重要なハンドルを手放して教育現場に譲り渡すかどうか。たとえば具体的には教科書(編成と採択)の問題は極めて大きい。

 というように、「教育課程の個別化」だけで様々に複雑な論点が次々と沸き上がってくるわけだが、本書は全編がそういう論争的なキーワードに充ちている。教育委員会制度そのものの改革(いわゆる準公選制に近い)や、学力テストの利活用などに対しては、私個人としても言いたいことが次々と浮かんでくる。
 ともかく、そういうふうに論争的に読まれただけでも、本書のタイトル「教育は変えられる」に一歩近づいているということなのかもしれない。

山口裕也『教育は変えられる』講談社現代新書、2021年

【要約と感想】中澤渉『日本の公教育―学力・コスト・民主主義』

【要約】日本の公教育を考える上で必須のトピックについて目配りが効いているだけでなく、教育社会学の基本的な考え方も分かるように配慮されている本です。教育の「公共性」について考えようとするとき、社会科学の知見がどこまで威力を発揮するか(あるいはしないか)について、近年の研究成果も踏まえて論じています。
 教育の公共性に関わる論点は、学力の定義や測定、教育による便益とかかるコスト(個人および社会全体)、特に高等教育(大学)の効用、格差、自由選択と平等のバランスなど、多岐にわたります。多様な論点に対して多様な考え方やスタンスがありますが、本書は常に両論併記を心がけながらバランスを保つ配慮をしています。そして公教育に対する信頼を確保するためにも、社会科学研究には大きな社会的意義があります。

【感想】学生たちにも広く読んで欲しい、基礎基本がよくまとまった本でした。(方法論に関わる記述は多少難解かもしれないけれど、これくらいは頑張って読みこなして欲しい)
 教育社会学といって思い出すのは、およそ30年前の学生の時分、藤田先生や苅谷先生、それから一世代下の広田先生に学び、理論的にはボウルズ&ギンタスとかブルデュー、ギデンズあたりを読んだ記憶だ。まあ学生の時はそれで世界を分かった気になっていたわけだが、こういう教養は定期的にアップデートしていかないと、本当にあっという間に置いて行かれる。私も研究者の端くれなんだから学術論文を読めばいいとはいえ、細分化された専門分野の最先端についていくので時間的・体力的に精一杯だったりするとき、こういうまとまった新書があると、たいへんありがたいのであった。まずは時代についていってる気になれる(←ちゃんと学術論文も読みましょう)。
 本書の全体的な印象として、学生の時の東大教育社会学(藤田先生や広田先生)は「公教育」の社会的意義を闡明するために幅広い専門的仕事と社会的発言を積極的に引き受けていて、そういう教育社会学の良質な伝統をしっかり引き継いだ仕事をしているなあ、というところ。教育社会学の一部には、現実に対して斜に構える、あまり感心しないニヒリズムも巣くっていると思っている(偏見)のだが、そういう嫌な匂いはまったくしなかった。
 ということで、公教育について考えようとするとき、私の場合は専門家として歴史アプローチ(主に地上戦)と哲学アプローチ(主に空中戦)をとることになるわけだが、教育社会学の成果を後方支援に大量投入しておくことは極めて大事なことだ、と改めて感じたのであった。勉強しよう。
 しかし一方、現実の日本の公教育に関しては、ここ10年で大きな地殻変動が起きつつある。コミュニティ・スクールとか教育委員会改革に伴う総合教育会議設置とか教育機会確保法とかイエナ・プランやIBの流行などは、本書の視野には入っていない。もちろんGIGAスクール構想も絡んだ「個別最適化」のインパクトに触れられていないのは、時期的に著者のせいでもなんでもない。まあ、ないものねだりをしても仕方がなく、私の仕事としてしっかりやればいいだけの話ではある。

【個人的な研究のための備忘録】
 私の個人的なポリシーにとって都合のよい記述があったので、メモしておく。

「学校教育は、人間的な営みである。だからこそ、実践としては個別性や多様性に配慮しなければならない。そのような多様性を考慮するからこそ、教育は公共性を持つのだ。統計的エビデンスは多数派の傾向なのだから、そのエビデンスに無条件に従って教育実践を行うだけなら、教師は単にマニュアルをこなす教育マシーンになってしまう。そこでは、教師としての専門性や力量は関係ない。」(159頁)

 ですよね。

 また、本書の本筋とは関係がないのだが、個人的にずっと気になっていることで。

「近代国家で、組織的に人々を社会化するためには、学校教育制度の成立・維持がもっとも合理的だと信じられている。この説明は実証されないまま信じられているので、マイヤーらは「神話」とよび、教育制度は、神話によって成立する一つの宗教のようなものだという。」(234頁)

 「教育」を「宗教」になぞらえる表現をいろいろな機会に見るわけだが、それは日本に限らず世界的な傾向らしい。イリイチも学校制度を批判するときに「宗教」になぞらえている。ジョン・マイヤーの所論も一つサンプルに加えた。

中澤渉『日本の公教育―学力・コスト・民主主義』中公新書、2018年

【要約と感想】青木栄一『文部科学省―揺らぐ日本の教育と学術』

【要約】旧文部省と旧科学技術庁が2001年に合併して誕生した文部科学省は、科学技術・イノベーションの観点が強化されることで、旧文部省とは異なる新しい組織になっています。
 従来から内(教育委員会、国立大学、教育関連諸団体等)に強く外(政治家、他省庁、民間企業等)に弱かった文科省は、官邸主導で立案された教育政策や産業界の意向を背景とした他省庁からの「間接統治」の圧力を受けて、施策実現を目指すだけの下請け機関となりつつあります。具体的な様子は、高校無償化政策や高大接続改革等に見ることができます。
 文部科学省(および教育関連業界)がジリ貧状態を抜け出すためには、従来の殻を破って、積極的に外に打ち出していく覚悟が必要です。

【感想】良い本だった。我々の来し方を踏まえ、現在の立ち位置を確認し、未来を展望するために、数多くの示唆を与えてくれる。勉強になった。
 私個人は私立大学の教職課程に所属しており、文部科学省とは二重に関わる(大学教員として・教員養成として)仕事を受け持つ立場として、まさに現在我が身に降りかかっている問題を整理するのにも役に立った。

 思い返してみれば、30年くらい前までは文部省を腐していれば何か言ったことになるような気になれた教育学徒だった私が、今現在は単に文部科学省を批判するだけでは何の意味もないことを主張するようになっている。私自身が、理想に燃えてピュアだった20代から、ある程度社会の現実を知って責任ある仕事を受け持つ40代に成長?したという側面もある。が、一方で、文部科学省の仕事や立ち位置も確かに変わっている。特にここ10年くらいは、文部科学省がむしろ防波堤となって、政治界や経済界の圧力から教育界を守っていることを実感する始末だ。今や私自身が、新自由主義に批判的なスタンスを取りつつ「教育の公共性」を前面に打ち出して、おおまかには文部科学省と同じ方向を向き、いわゆる「抵抗勢力」と化していることを自覚せざるを得ない。そういうポジションから見ると、若い頃のように文部科学省を腐して悦に入るどころか、もう同情するしかないような気分になったり、あるいはできることなら側面支援したくなったりすることもある。これが大人になるということかどうか、いやはや。

 ともかくまあ個人的には、教育界の末席に連なる責任ある立場として、専門家としての見識を磨きながら、文部科学省の仕事に協力したり批判したりしていこうと改めて思ったのであった。

【言質】
 「教育の商品化」がなしくずしに進行して教育の公共性が衰退し、民間教育産業が続々と市場に参入してくることについて、個人的には大きな危惧を抱いているわけだが、それに関する本書の言葉をメモしておく。

「今回暗礁に乗り上げた大学入試改革は、政治家と企業にとって新しい「市場」を生み出すという点で利益にかなっていた。税金で運営されてきたセンター試験を衣替えするのだから、官業の民間委託や「払い下げ」のようなものであり、官製市場の民間開放そのものである。この過程に携わる政治家は教育企業からの支援を期待できるし、少子化に苦しむ教育企業も売り上げが確実に見込める官製市場へ参入できれば一息つける。」(221頁)

 身も蓋もない話だが、GIGAスクール構想にも同じように金の匂いがプンプンするし、実際に民間企業がよってたかっている。私の個人的な危惧にも関わらず「教育の商品化」はどんどん進行するのだろうし、日本全体のことを考えれば危惧するしかないのではあるが、一方さて私個人の身の振り方はどうしよう?というところなのだ。本当にどうしよう??

青木栄一『文部科学省―揺らぐ日本の教育と学術』中公新書、2021年