【要約と感想】ホメロス『イリアス』

【要約】いまから3000年以上前のことですが、ギリシア連合軍が小アジアのあったトロイエという町を攻め落とした戦争のうち、お互いの陣営が誇る最高の武将が一騎打ちをするまでの経緯を描いた物語です。
他にもたくさんの一騎当千の武将たちが縦横無尽に戦場を駆け巡り、たくさんの兵士たちが無残に殺されていきます。

【感想】まあ、率直に言って、ひでえ話だなあと。とても人に奨められる話ではない。特に女性と子供には読ませたくない。女性が読んだら怒り心頭に発して話の筋を追うどころではなくなるのではないか。女性をモノとして扱うことになんの躊躇もない登場人物たちの言動には唖然とするしかない。また残虐表現が酷すぎて子供に見せたくなくなる。北斗の拳劇場版ですら児戯に見えてしまうほど殺し方の描写がむごたらしい。それに最大の英雄であるはずのアキレウスが愚かすぎて、話にならない。愚か者の見本市のように、バカしか出てこない。そもそも戦争の始まった経緯も馬鹿馬鹿しいし、戦争が止められないのも馬鹿馬鹿しいし、ときどき人間界に介入する神々の愚かさ極まりない身勝手な行動と言い分には吐き気すら催す。
まあ、女をモノとして扱って恥じないのも残虐極まりない殺人描写も、作者に悪意があるわけではなく確かに時代のせいではあるだろうが、それを認めた上で、ともかく現代の人間たちにとって読む必要のある物語ではない。今となっては分別ある大人たちが古典的教養を身につけるために読むものであって、純粋に物語を楽しむために読むような類のものではなかろう。というか、プラトンの時代ですらもはや子供に与えるのに相応しくない作品として認識されていたのも頷けるというものだ。あんな愚かな連中が神様だとしたら、とてもじゃないが敬う気になどなれない。

そういう数々の難点を教養と分別の力で乗り越えれば、まあ、英雄譚として楽しむことはできるかもしれない。たとえば結局だれが一番強いのかなどと考え始めると、ドラゴンボールと同じような楽しみ方はできなくもない。個人的な感覚だけで言えば、アキレウス>ヘクトル>ディオメデス=パトロクロス>サルペドン=オデュッセウス>大アイアス>アガメムノン=メネラオス>小アイアス>パリスって感じか。最弱のパリスに最強のアキレウスが討たれるというのは、まあ、話の筋から言えばうまくできてると言えるが、それは「イリアス」後の話となる。
それから、最大のクライマックスであるはずのアキレウスv.s.ヘクトルの一騎打ちが、間抜けすぎる展開であるとこは、間抜けであるがゆえに面白いかもしれない。例えば三国志演義であれば呂布と関羽・張飛の戦いは矛を何十回合わせても決着がつかないような息もつかせぬ手に汗握る展開となるわけだが、イリアスでは一撃で決着がついてしまう。あっけないことこの上ない。こういう戦闘感覚については、東洋人と西洋人の感覚の違いを考える上でもヒントになるのかもしれない。
あと、敵を殺した後に、どうしてあんなにも武具を剥ぐことを優先するんだろう。死体から武具を剥いでいるうちに逆に狙われてやられていく描写が多すぎて、なんでこんなにバカばかりなのか、不思議になる。まあ、これが文化というやつなんだろうけれども。

【女をモノとしてしか見ていない酷い描写を備忘録的にメモ】
アガメムノン「いかにもわしはどうしても娘を手許に置きたいのだ。わしには正妻クリュタイムネストレ(クリュタイムネストラ)よりもあの娘のほうがよい。姿かたちといい、心ばえや手の技といい、娘は少しも妻には劣らぬのだ。」1・101-120

ネストル「さればなんぴとであれ、ヘレネゆえに(われらが)こうむった悲歎の報復のためにも、トロイエ人の妻を抱くまでは、帰国を急いてはならぬぞ。」2・333-368

アカイア勢一同「誉れ最も高く、神威ならびなきゼウス、ならびによろずの不死なる神々よ、両軍のいずれの側にせよ、先に制約に背いて不埒を働く時は、その当人たちのみかその子らの脳漿も、この酒の如く地上に流れ、またその妻たちは見知らぬ者に婢となって仕えますように。」3・302-309

アガメムノン「これは必ず果たされることだが、幸いにしてアイギス持つゼウスとアテネとが、イリオスの堅固な城を陥すことをわしに許してくださる暁には、わしの次にはそなたに第一の褒賞をとらせよう、三脚の釜か、車体と共に二頭の馬か、それともそなたと褥を共にする女かをな。」8・273-291

アガメムノン「それにまた、優れた手芸の心得のあるレスボス生れの女七人を添えよう、これはかつてあの男が見事な造りの町レスボスを陥した時、わしが選び取った女たちで、その美貌は女たちの間でも際立っていた。」9・114-134

アキレウス「わたしは幾度も眠られぬ夜を過し、昼は血腥い戦いに明け暮れた――それも彼奴らの抱く女を得るために敵と戦ってだ。」9・307-336

アキレウス
「われらが己れの力と長い槍とで、人間たちの豊かな町をいくつも屠り、苦労の末に手に入れた女たちがな。」18・310-342

アキレウス「アトレウスの子よ、これはあなたとわたしのどちらにとっても、むしろよかったのだろうか、われら二人がひとりの若い女ゆえに、嫌な想いをし心を蝕む争いで猛る狂ってきたというのは。あの女などはむしろ、わたしがリュルネソスを陥して自分のものにしたその日に船の上で、アルテミスが射殺して下さったらよかった。」19・40-73

アキレウス「私はアテネと父神ゼウスの加護の下にこの街を陥し、女どもを捕え自由の日を奪って連れ帰った。」176-198

「みまかった人を弔う催しに、三脚釜か女か、豪華な賞が賭けられる折のこと」22・131-176

アキレウス
「まず駿馬を駆る騎士に与える見事な褒賞としては、一位の者には優れた手芸の心得のある女一人と、二十二メトロンを容れる、取っ手のついた三脚釜とを、二位の者には胎に騾馬の仔を持つ、まだ馴らしていない六歳の牝馬一頭を」p.346 23・262-286

「勝者には火に掛ける大きい三脚の釜、アカイア人の間では牛十二頭と値踏みされたもの、また敗者のためには一人の女を場の中央に立たせたが、様々な技術を身につけた女で、一同の値踏みは牛四頭であった。」p.366 23・700-724

テティス「倅よ、食事も眠りも忘れ、いつまでも歎き悲しんでわれとわが心を蝕んでいるのです。こんなときには女を抱いて楽しむのもよいことなのだよ。」24・120-137

いやあ、本当に酷い言いぐさばかりだが。特にアキレウスの酷さと愚かさには目を覆うばかりだ。

ちなみに、トロイア戦争はヘレネという一人の美女の奪い合いに端を発するのだが、「まさか一人の女性をめぐって十年も大まじめに戦争を続行するなんてありえない」という理性的な感想は、私が言うまでもなく、しっかり古代から表明されている。たとえばヘロドトス『歴史』は、ヘレネがトロイアにいなかったという説を紹介し、一人の女性のために命を賭けて戦争するなんてことがあるわけないと主張しているのだった。まあ、理性的に考えれば、そうとしか思えない。が、上記の酷い引用に見られるように、「女」を実際に「財産の筆頭目録」として扱った時代がひょっとしたらあって、我々の想像を絶する価値観で人々が動いていた可能性も排除できないとは思う。たとえば農耕が広く普及する以前であれば、土地や金(交換材)よりも人間そのものを財産(交換可能なモノ)として理解する可能性は、あるのかもしれない。そういう時代の話なのかもしれない。逆に言えば、ヘロドトスの時代には、そういう原始的な感覚がもはや共有されないことをも意味しているのだろう。

ホメロス『イリアス(上)』松平千秋訳、岩波文庫、1992年
ホメロス『イリアス(下)』松平千秋訳、岩波文庫、1992年