「近代」タグアーカイブ

【要約と感想】水田洋『「知の商人」たちのヨーロッパ近代史』

【要約】15世紀半ばに印刷術が発明されて以降、知識は本の形で「商品」となりました。主に商品としての本に関わった出版業者や編集者の生き様を通じて、書誌や酒や音楽に関する蘊蓄も交えながら、ヨーロッパ近代という時代の雰囲気を垣間見ます。

【感想】読者を限定する本だ。ヨーロッパ近代思想史に関する基礎教養が要求される内容になっていて、相応知識を持つ層であればニヤリと笑いながら読めるが、初学者にはお勧めしない。そしてそれは敢えて衒学的に狙ったわけではなく、叢書(『経済学全集』第2版)の月報に連載された文章をまとめた結果、こういう味わいになっている、ように思う。ともかく、叢書の月報を書くという仕事には、専門領域の全体像を把握していることはもちろん、それに関わる幅広い教養が要求されるわけで、それを一人でこなしていたのには舌を巻く。私としても酒を飲みながらこういうレベルの話ができるようなジジイを目標に教養を積んできたつもりだが、さてはて、道は果てしない。

【今後の研究のための備忘録】ボルケナウ
 フランクフルト学派の一人、ボルケナウの主著「封建的世界像から市民的世界像へ」について語るところで、こう言っている。

 ボルケナウはこの論文で、ルター主義の支配が確立されたのが、エルベ以東のドイツであり、そこでは、西ヨーロッパで宗教改革がうみだした革命――ドイツ農民戦争をひとつの頂点とする――が、まったく起こらなかったことを指摘し、他方では、旧教・正教の世界でも、東ヨーロッパのギリシャ正教が修道院エリート主義をもつのに対して、ローマ旧教がそれをもたないという違いがあり、カルヴァン派は、世俗の信徒を重視する点で、むしろローマ旧教を継承するものだという。また、彼によれば、ギリシャ正教とルター主義には、エリート主義をふくめておおくの共通点があり、とくに重要なのは、ルターにおける罪の観念が、逆転して一切の道徳の否定にいたり、ギリシャ正教の最大の罪人に最大の恩寵があたえられるという教義と一致してしまうことであって、それがドストイエフスキーの影響を、ドイツであのようにおおきいものにしたのである。
 戦後における東西の対立を予測していたかのように、ボルケナウは、ルター主義を、エルベ以東の地主貴族支配の宗教と規定して、ギリシャ正教に依拠するスターリン独裁にむすびつける。これは、スターリン主義の批判であるだけでなく、ドイツ精神の自己批判または自己分裂であった。」258-260頁

 この引用箇所が気になったのは、もちろんロシアのプーチンを想起したからだ。プーチンがウクライナ侵攻を正当化するときに依拠するギリシャ正教の有り様が、実はスターリン主義や、それを超えてルター主義とも響き合っているかもしれないという示唆。私たちやヨーロッパ諸国の常識から見れば、プーチンは狂気の振る舞いにしか見えないわけだが、ギリシャ正教1500年の歴史的文脈の中に置いてみると実は首尾一貫しているということなのかもしれない。
 そして実はボルケナウ「封建的世界像から市民的世界像へ」は、亡くなった大学の指導教官であった土方先生から私向けの本だと進められて頂いてしまったにも関わらず、あまりの大著ぶりに恐れをなして目次にしか目を通しておらず、本棚の肥やしになったままなのであった。今こそ真剣に取り組むべきタイミングが訪れたということか、どうか。

水田洋『「知の商人」たちのヨーロッパ近代史』講談社学術文庫、2021年<1985年

【要約と感想】深井智朗『プロテスタンティズム―宗教改革から現代政治まで』

【感想書き直し2022/2/12】実は著者が論文の「捏造」をしていたことが、読後に分かった。捏造していたのは他の本ではあるが、本書が捏造から免れていると考える根拠もない。信用できない。読後の感想で、「論文や研究書の類ではズバリと言えず、言葉の定義や歴史的社会的背景を注意深く整理した上で奥歯にものが挟まったような言い方をせざるを得ないような論点を、端的に言葉にしてくれている」と書いたが、それがまさに研究にとって極めて危うい姿勢だということがしみじみと分かった。今後、本書から何か引用したり参考にしたりすることは控えることにする。

【要約】一口にプロテスタンティズムといっても内実は多様で、ルターに関する教科書的理解にも誤解が極めて多いのですが、おおまかに2種類に分けると全体像が見えやすくなります。ひとつは中世の制度や考え方を引き継いで近代保守主義に連なる「古プロテスタンティズム」(現代ではドイツが代表的)で、もうひとつはウェーバーやトレルチが注目したように近代的自由主義のエートスを準備する「新プロテスタンティズム」(現代ではアメリカが代表的)です。前者は中世的な教会制度(一領域に一つ)を温存しましたが、後者は自由競争的に教会の運営をしています。

【感想】いわゆる教科書的な「ルターの宗教改革」の開始からちょうど500年後に出版されていてオシャレなのだが、本書によれば「1517年のルター宗教改革開始」は学問的には極めて怪しい事案なのであった。ご多分に漏れず、ドイツ国家成立に伴うナショナリズムの高揚のために発掘されて政治的に利用された、というところらしい。なるほど音楽の領域におけるバッハの発掘と利用に同じだ。そんなわけで、でっちあげとまでは言わないが、極めて意図的な政治的利用を経て都合良く神話化されたことは、よく分かった。
 古プロテスタンティズム=ドイツ保守主義、新プロテスタンティズム=アメリカ自由主義という区分けも、やや図式的かとは思いつつ、非常に分かりやすかった。ウェーバーを読むときも、この区分けの仕方を知っているだけでずいぶん交通整理できそうに思った。
 全体的に論点が明確で、情報が整理されていて、とても読みやすかった。が、分かりやすすぎて、逆にしっかり眉に唾をつけておく必要があるのかもしれない。(もちろん著者を疑っているのではなく、自分自身の姿勢として)。

【研究のための備忘録】中世の教会の状態と印刷術
 そんなわけで新書ということもあって、論文や研究書の類ではズバリと言えず、言葉の定義や歴史的社会的背景を注意深く整理した上で奥歯にものが挟まったような言い方をせざるを得ないような論点を、端的に言葉にしてくれている。ありがたい。
 まず、宗教改革以前(というか「印刷術」以前)の教会の状態を簡潔に説明してくれている本は、実は意外にあまりない。

「また人々は、教会で聖書やキリスト教の教えについての解き明かしを受けていたわけではない。たしかに礼拝に出かけたが、そこでの儀式は、すでに述べた通りラテン語で執り行われていた。一般の人々には何が行われているのかわからない。もちろん人々の手に高価な聖書があるわけではない。仮にあったとしても、聖書はラテン語で書かれているので理解できなかった。」p.28

 こういう印刷術前の状況は、「教育」を考える上でも極めて重要だ。たとえば印刷されたテキストそのものが存在しない場合、今日と比較して「朗読」とか「暗誦」という営み、あるいは「声」というメディアの重要性が格段に上がっていく。そういう状況をどれくらいリアルに思い描くことができるか。
 で、現代我々がイメージする「教育」は、「文字」というメディアが決定的に重要な意味を持ったことを背景に成立している。もちろん印刷術の発明が背景にある。ルターの見解が急速に広がったのも、印刷術の効果だ。

「ルターの提言は、当時としては異例の早さでドイツ中に広まった。(中略)この当時は、版権があったわけではないから、ヨーロッパ各地で影響力を持つようになっていた印刷所や印刷職人が大変な勢いで提題の複製を開始した。」p.45
「いわゆる宗教改革と呼ばれた運動が、すでに述べた通り出版・印刷革命によって支えられていたことはよく知られている。ルターはその印刷技術による被害者であるとともに受益者でもある。」p.49

 これに伴って「聖書」の扱いが大きな問題になる。

「一五二〇年にルターはさまざまな文章でローマの教皇座を批判しているが、その根拠となったのは聖書である。(中略)しかし、すでに触れたようにこの時代の人々のほとんどは聖書が読めなかった。その理由は写本による聖書が高価なため、個人で所有できる値段ではなく、図書館でも盗難防止のために鎖につながれていたほどであったからである。もう一つ、聖書はラテン語訳への聖書がいわば公認された聖書で、知識人以外はそれを自分で読むことはできなかった。
 この問題を解決したのは、一つはグーテンベルクの印刷機である。写本ゆえに高価であった聖書が印刷によって比較的廉価なものとなったからだ。しかしなんと言っても重要なのはルターがのちに行う聖書のドイツ語訳である。(中略)これは画期的なことであった。聖書を一般人も読めるのである。文字が読めなくても朗読してもらえば理解できる。」pp.58-59

 本書では「近代」のメルクマールを人権概念や寛容の精神に求めていて、もちろんまったく問題ないが、一方でメディア論的にはそういう法学・政治学的概念にはまったく関心を示さず、印刷術の発明による「知の流通量増加」が近代化を促した決定的な要因だと理解している。「教育」においても、印刷されて同一性を完璧に担保されたテキストが大量に流通したことの意味は、極めて大きい。

【研究のための備忘録】フスとの関係
 ルターの主張と宗教改革の先輩ボヘミアのヤン・フスの主張との類似性は明らかだと思うが、教育思想史的にはコメニウスとの関係が気になるところだ。フス派だったコメニウスにはどの程度ルター(あるいはプロテスタンティズム)の影響があるのか。本書で説明される「リベラリズムとしてのプロテスタンティズム」の説明を踏まえると、コメニウスの主張にも反映していないわけがないようにも思える。(先行研究では、薔薇十字など神秘主義的な汎知学との親和性が強調されているし、そうなのだろう。)

「エックは、ルターがフスの考えを一部でも支持して、フスは正しかったと言ってくれれば、それでこの二人は同罪だと指摘すべく準備していたのだ。エックは事前にルターの考えを精査し、ルターとフスの考えの類似性を感じ取っており、また内容それ自体で勝負しようとしているルターを陥れるとしたら、この点だと確信していたのである。」p.54

【研究のための備忘録】中世と近代
 で、歴史学的な問題は「中世と近代の境界線」だ。はたして「宗教改革」は中世を終わらせて近代を開始したのか。本書は懐疑的だ。

「トレルチの有名な命題は、「宗教改革は中世に属する」というものである。ルター派もジュネーブのカルヴァンの改革もそれは基本的に中世に属し、「宗教改革」という言い方にもかかわらず、教会の制度に関しては社会史的に見ればカトリックとそれほど変わらないのだという。」p.107
「近代世界の成立との関連で論じられ、近代のさまざまな自由思想、人権、抵抗権、良心の自由、デモクラシーの形成に寄与した、あるいはその担い手となったと言われているのは、カトリックやルター派、カルヴィニズムなど政治システムと結びついた教会にいじめ抜かれ、排除され、迫害を受けてきたさまざまな洗礼主義、そして神秘主義的スピリチュアリスムス、人文主義的な神学者であったとするのがトレルチの主張である。」pp.108-109

 ということで、本書は中世の終わりをさらに後の時代に設定している。それ自体は筋が通っていて、なるほどと思う。とはいえ、メディア論的に印刷術の発明をメルクマールに設定すると、いわゆる「宗教改革」は派生的な出来事として「知の爆発的増加」の波に呑み込まれることになる。このあたりは、エラスムス等人文主義者の影響を加味して具体的に考えなければいけないところだ。

【研究のための備忘録】市場主義と学校
 教会の市場化・自由化・民営化を、学校システムと絡めて論じているところが興味深かった。

「「古プロテスタンティズム」の場合には、国家、あるいは一つの政治的支配制度の権力者による宗教史上の独占状態を前提としているのに対して、「新プロテスタンティズム」は宗教市場の民営化や自由化を前提としているという点である。」p.112
「それ(古プロテスタンティズム:引用者)はたとえて言うならば、公立小学校の学校区と似ているかもしれない。」p.113
「その点で新プロテスタンティズムの教会は、社会システムの改革者であり、世界にこれまでとは違った教会の制度だけではなく、社会の仕組みも持ち込むことになった。それは市場における自由な競争というセンスである。その意味では新プロテスタンティズムの人々は、宗教の市場を民営化、自由化した人々であった。」p.117

 現代日本(あるいは世界全体)は、いままさに学校の市場化・自由化・民営化に向けて舵を切っているが、コミュニティ主義からの根強い反対も続いている。なるほど、これはかつて教会の市場化・自由化・民営化のときにも発生していた事態であった。つまり、教会改革の帰結を見れば、学校改革の帰結もある程度予想できるということでもある。

【研究のための備忘録】一と多
 本書の本筋とは関係ないが、「一と多」に関する興味深い言葉があったのでメモしておく。

トレルチ講演原稿の結び「神的な生は私たちの現世での経験においては一ではなく多なのです。そしてこの多の中に存在する一を思うことこそが愛の本質なのです」p.208

 カトリックの思想家ジャック・マリタンの発言との異同を考えたくなる。

【感想】国立歴史民俗博物館「学びの歴史像―わたりあう近代―」

 東京国立歴史民俗博物館で開催された企画展示「学びの歴史像―わたりあう近代―」を観覧してきました。
 この博物館の常設展示は、「日本と考えられているものの境界」を丁寧に掘り下げることで逆に「日本」を浮かび上がらせるような性格を示しているように個人的には思っておりまして、もちろん企画展示でも我々が通常イメージするような「学び」を打ち出してくることはありません。企画概要で「狭義の「教育史」ではなく」と示しているとおりです。「狭義の教育史」を専門とし、特に明治前半の「狭義の教育史」をメインフィールドとしてきた私としては、挑戦状を叩きつけられたようで、無視できない展示なのであります。まあ、楽しく観覧いたしました。

 企画展示では、課題を浮き彫りにするためにサブテーマを6領域設定しておりました。
(1)地図から浮かび上がる自国認識の変化
(2)幕臣が近代化に果たした役割
(3)博覧会を通じた社会教化
(4)衛生観念の普及
(5)アイヌによる教育の受容と利用
(6)学校教育の展開

 (6)はいわゆる「狭義の日本教育史」のフィールドで、私にとってはお馴染みの領域です。伊澤修二、能勢栄、湯原元一あたりについては、お馴染みすぎて、言いたいことがいろいろ胸に湧いてくるところです。とはいえ、八重山における学校定着過程を持ってくるところは、さすが「境界」を深掘りしてきた博物館なのでした。
 (1)(3)(4)のテーマに関しては、アカデミックの世界では30年前に流行っていて、院生時代によく勉強した領域のような印象があります。おそらく、(1)はポスト・コロニアルの文脈、(4)はフーコー生権力論の文脈で流行っていたという認識です。(3)についても本が立て続けに出版されて話題のテーマとなっていて、岡倉天心絡みで美術の研究にいっちょ噛みしていた私としても、一通り目を通したものでした。私の記憶にある資料もたくさん展示されていて、なんだか懐かしい感じがしました。
 (2)に関して、従来は勝海舟や福沢諭吉がよく参照されていたわけですが、今年に関しては渋沢栄一の印象が強いところでしょうか。いわゆる「教義の教育史」に関わる史料もたくさん展示されていたので、何か今後の研究のためのヒントは隠れていないかと目を皿のようにして舐めるように観覧したのでありました。
 (5)に関して、私の勉強不足の領域で、たいへん勉強になりました。常設展でも展示されているテーマですが、より深掘りした内容となっていて、見応えがありました。「境界」を掘り下げてきた博物館の知見に唸るしかありません。アイヌに限らず、一般的に植民地教育というものは「同化」の論理を押しつけるものであると同時に「上昇」のルートにもなり得るもので、両義的で複雑な意味を持ちます。それはイギリスに留学して弁護士資格を取得したガンディーなどの例を見れば分かりやすいでしょう。そこに意図的に「境界」を設けるのか、あるいは「越境」を志すのか、複雑な葛藤が生じるところです。葛藤の跡が生々しく刻み込まれている史料がたくさん展示されていて、なんだか涙が出てきたのでした。というのは、巨視的に見れば、それはアイヌに限った問題ではなく、日本全体に関しても、幕末維新期の「西洋化」や、あるいは現代のグローバル化に関わってくる問題に通じているからかもしれません。好きか嫌いかに関係なく、もはや我々は自主的自発的に英語を身につけてグローバルな商品経済に身を投じるしかありません。日本語を身につけて近代化を志すアイヌの気持ちを多少なりとも推し量れるかどうか、というところです。

 いろいろ勉強になって刺激を受けたので、私の方はしっかり自分の仕事を充実させていきたいと思います。(2021年12/10観覧)

【感想】明治錦絵×大正新版画―世界が愛した近代の木版画

神奈川県立歴史博物館で開催されている「明治錦絵×大正新版画―世界が愛した近代の木版画」を観てきました。素晴らしい展示でした。

明治期に入ってからの版画は、江戸時代の浮世絵の伝統を引き継ぎながらも、さらに西洋のエッセンスを吸収して進化して、凄いことになっています。パッと見で目につくのは、やっぱり色の鮮やかさですね。展覧会の副題でも「極彩色の新世界/日本標準」と謳っているとおりです。伝統的な岩絵具では出せなかったような鮮やかな発色が、文明開化による技術革新によって可能になったということなんでしょう。明治錦絵では、特にカーマイン調の「赤」が目立ちます。赤色の使い方が、惚れ惚れと素晴らしいです。江戸時代の赤は、いわばバーミリオンとかスカーレットで、「朱」なんですよね。

大正新版画は、一転、「青」がとても印象深い作品が多かったです。グラデーションの青が、深くて、吸い込まれそうです。なんとなく、新海誠の背景を思い浮かべます。もちろん新海誠と大正新版画の間には、透過光と反射光という技術的に越えられない壁が立ちはだかっています。が、全体的に高い彩度や、明度のコントラストの付け方や、色相選択の理念が、とても似ているように感じたのです。DNAが引き継がれているような印象を持ったというと、言い過ぎか。

ともかく、とても見応えのある展示会でした。新版画、一枚ほしいなあ。

【長野県松本市】開智学校は建築も展示も資料もすごい

松本市にある旧開智学校に行ってきました。2019年9月、国宝に指定されました。

洋風建築を見よう見まねして作られた、擬洋風建築を代表する建物です。土台部分は煉瓦造りに見えますが、実は木造で、漆喰によって模様をつけているだけです。

授業料や校舎建築費の自己負担に憤って学校を焼き討ちしてしまう地域もある中、長野県では住民がお金を出し合って学校を作っています。開智学校のような先進的な校舎を作り上げてしまうというのは、並大抵の気合いではありません。教育にかける期待がいかに高かったかを伺えます。

正面玄関の彫刻が、とてもユニークですね。唐破風に付けられた校名額の天使が愛らしいのかどうか。

訪れたのは国宝指定の一ヶ月前のことでしたので、この時点ではまだ「重要文化財」です。

中に入ることもできます。2階の講堂は、なかなか豪華な作りですね。

展示も充実しています。国定教科書の紹介など、近代教育の流れが大まかに分かるような展示内容になっています。

専門的にいっても興味深い展示がいくつかあります。たとえば開智学校では、明治32(1899)年に特別学級が設けられています。

この場合の「特別学級」とは、特に障害児教育を意味していません。ビネー式の知能検査が開発普及するのはもう少し後のことです。
展示パネルで興味深いのは、「料理屋への方向や芸妓修行で学習時間の確保が困難な女児のための裏町特別学級」という記述です。一般的には日露戦争前後に就学率が100%近くになったと言われていますが、現実的には特別学級のような「抜け道」が用意されることで、就学率が見せかけ上100%に近づいていただけということが伺えます。長野県だけではなく、東京や大阪の工場地帯でも事情は同じです。この時点でも、子どもは「労働力」として期待されており、学校へ行って勉強できるのは必ずしも当然のことではありませんでした。

また明治31(1898)年には「子守教育」も始まっています。

現在では子育てを担うべきなのは専ら母親であると思いこまれていますが、当時は母親が子育てなどしていませんでした。母親に期待されていた役割は、子育てではなく「肉体労働」でした。子どもを産んだ翌日には、母親は畑に出て野良仕事を開始しています。
では誰が子育てをしていたかというと、子どもたちです。子どもが子どもを育てていました。それがよく分かるのが「子守」という言葉です。開智学校に展示されている写真は、なかなか衝撃的です。

子どもを背負った子どもが、輪になってフォークダンスをしているところでしょうか。子どもを背負いながら授業を受けている写真は、開智学校だけでなく、日本各所で見ることができます。
現在、「日本では昔から母親が子育てをしてきた」と主張する人がいますが、こういう写真を見れば、一発でウソだと分かります。子育てをしていたのは、子どもです。大人は働くので精一杯でした。そして母親が働くので精一杯で子育てにまで手が回らないという事情は、実は現在でもさほど変わっていません。変わったのは、子育ての責任を母親だけに押しつける風潮が強くなったところです。

ところで、開智学校がすごいのは、建築や展示だけではありません。一般の見学者が立ち入りできない資料保管所があって、そこに研究者垂涎の資料がたっぷり残っているのです。
特に個人的には、明治年間の「教案」が大量に残っているのがありがたいです。教案とは、現在で言えば「指導案」のようなもので、個々の授業の目的や段取りを現場の教師がデザインしたものです。教育雑誌に掲載されている模範的な授業案ではない、現実に使用された生の教案が残されているというのは、実証研究にとって本当にありがたいことです。

ところで展示で以下のようなパネルがあったので。

「哲学概説」の「二」は、おそらく「実態」ではなく「実体」ですね。物質的な実体と精神的な実体の二元論が特徴だと答え、日本的哲学(西田幾多郎など)において一元化されたと批判することが期待されているのでしょう。
「大化改新」については、現在なら中大兄皇子実行犯説は怪しいとか、黒幕は実は孝徳天皇だったとか言いたくなります。当時であれば、豪族支配を終わらせて天皇制を確立した端緒というふうに答えるべきところなのでしょう。同じく、「建武中興」について、現在では後醍醐天皇の政策の是非について荘園など土地経済制度を踏まえて答えるところですが、当時であれば天皇制の理念に沿って回答することが期待されていたはずです。歴史的事実を正確に知っているかどうかよりも、国体思想に素直に適応しているかどうかが試されている問題ですね。テストが行なわれた昭和12(1937)年は、盧溝橋事件から日中戦争が泥沼化していくタイミングでした。
(2019年8月訪問)

ブロトピ:国内旅行