「群馬県」タグアーカイブ

【群馬県前橋市】上泉城と剣聖上泉伊勢守信綱のお墓

新陰流の創始者にして剣聖の名も高い、上泉伊勢守信綱ゆかりの地を訪れました。上泉城の跡地と、伊勢守のお墓がある西林寺です。

上泉城の跡地は、現在は自治会館となっています。伊勢守の銅像が鎮座しております。新影流の基本である「無形の位」という構えだそうです。かっこいい。

上泉城跡地を遠くから眺めると、こんな感じ。

このあたりが本丸と二の丸のようです。

城の全体像は、上泉駅近くの案内板で確認することができます。2012年に訪れたときは生誕500周年記念事業の一環として綺麗なパネルが設置されていましたが、2019年現在は風雨に曝されてボロボロになってしまっております。

地図を見ると、東と南を川に囲まれた、天然の要害であることが分かります。

さて、本丸の跡である自治会館の敷地には、生誕500年事業等の記念碑が並んでいます。

ちょっと驚いたのは、「剣聖・上泉伊勢守」という歌を作った上に、ボタンを押すと歌が流れるような装置が設置されていることです。

試しに押してみると、大音量で歌が鳴り響きます。素晴らしい演歌なのではありますが、真っ昼間の静かな住宅街に大音量で3番まで鳴り響くと、多少気まずい感じはいたします、はい。

ボタンは二個所あって、自治会館の壁には歌詞も展示されています。

2012年に訪れたときには歌のポスターも展示されていたのですが、2019年再訪時にはなくなっていました。日焼けして色落ちしてしまったのかもしれませんね。

さて、上泉城本丸跡地の自治会館から西へ向かうと、かつての「一の郭」であった西林寺に着きます。こちらには伊勢守のお墓があります。

ハカマイラーとしてはぜひとも訪れたいところです。
西林寺にも顕彰碑が建立されております。

こちらには伊勢守信綱の略譜も記されています。

お墓はとても質素な佇まいでした。なんとなく人柄が偲ばれるような気持ちがしました。

2012年に訪れたときには、自治会館にいらっしゃった方から記念冊子をいただいたり、居合わせた地元の政治家の方に車で駅まで送っていただいたりと、たいへん良くしていただきました。再訪できて、とても嬉しく思いました。また遊びに行きたいと思います。
(2012年訪問、2019年再訪)

【群馬県吉井町】多胡碑はすごいけど、羊太夫伝説の底は見えない

多胡碑は、「たごひ」と発音します。石碑です。完全に文章が読めるものとしては、日本最古(8世紀後半)の石碑です。

多胡碑は、日本の歴史を理解する上であまりにも重要なので、全国に62個所しかない国の特別史跡に指定されています。私個人は、これでやっと27個所目の特別史跡訪問です。
そしてさらに2017年、多胡碑はユネスコの世界の記憶遺産に登録されました。世界的にも重要な史跡と認められたわけですね。

あまりにも重要なので、本物は厳重に守られています。建物の外からガラス越しに見るしかありません。

頭に蓑傘を乗せたような、独特の形をしています。碑文は、もちろん全部漢字です。

脇に、解説パネルが設置されています。
なるほど、新しい行政区を作って「羊」という人に管理を任せるようになった記念に作られたようです。

ところで、ゆるキャラのタゴピー・ヤマピー・カナピーは、なかなかできがいいように思いますが、どうか。

大人向けに、もう少し詳しい解説パネルもあります。
ここで無視できないのは、「羊太夫の伝説」が古くから語り継がれて親しまれているという解説です。少なくとも私は「羊太夫」については、初めて聞きました。

ちょっと調べてみると、この「羊太夫の伝説」が、ひどいひどい。さっくり概要を説明すると、

「奈良時代、羊太夫という役人が、群馬から奈良の都に日参していた。部下の八束小脛が神通力を持っていて、空を飛んで馬を引いて奈良まで毎日通っていたのだ。
が、ある日、八束小脛が寝ているとき、小脛の脇から羽が生えているのを見つけた羊太夫は、羽をむしってしまった。神通力が消えたせいで、奈良の都へ日参することができなくなってしまった。
奈良の都では、姿を見せなくなった羊太夫に謀反の疑いがかけられ、軍隊が差し向けられることとなった。羊太夫は7人の奥方を逃がしたが、捕まって全員殺されてしまった。
羊太夫は蝶になって逃れ、自ら命を絶った。」

ってことですが。
ツッコミどころがありすぎて、どうしたものか。理由もなく羽をむしるって、なんだよ! まあ、中世説話ってものは、他のもだいたいこんな感じではありますけれども。

ところがさらに調べてみると、この「羊太夫の伝説」の底が、深い深い。いくら掘っても底が見えないくらい、深いのですよ。確かに近世以降の名だたる好事家たちが羊太夫伝説に言及していて、中には東方キリスト教との関係を指摘する識者までいるほどです。なるほど、この伝説には、正史には現われない歴史の闇が示されているのかもしれません…

いやあ、まだまだ日本には知らないことがたくさん埋まっていて、侮れないなあ。

そんな羊太夫伝説の一端は、多胡碑のそばに建つ多胡碑記念館で確認することができます。
この記念館の展示は、とても素晴らしかったです。まず当然、多胡碑など上野三碑の詳細な解説があるわけですが、その解説が世界史的な視点からなされているのが特に良かったです。多胡碑が日本だけでなく、東アジア交流史を解明する上でも重要な史料であることがよく分かりました。

また、上野三碑の内容を精査することで、この地域に多民族文化が根づいていたことや、かつての日本が夫婦別姓であったことや、母系家族であったことなども分かります。

また、人類の文字文化全体の発展に焦点を当てた展示も充実しており、見応えがありました。

多胡碑は、上信電鉄吉井駅から徒歩20分くらいのところにあります。

吉井駅も昭和の雰囲気を醸し出していて、懐かしい気分になります。
吉井駅の駅舎の中でも、多胡碑が大プッシュされています。古くから多胡碑を研究している方の学術的な解説が掲げられていたり。

2017年に世界の記憶遺産に登録された際の新聞記事が誇らしげに掲示されていたりしました。

侮れないことが充分に分かったので、今後はちょっとアンテナを鋭くして、羊太夫の情報に敏感になろうと思いました。

(2018年8月訪問)

【群馬県下仁田市】幕末下仁田戦争の犠牲者を偲び、こんにゃくの概念が変わる

下仁田といえば、ネギとこんにゃく。そう思っていた時期が私にもありました。

が、ここは、幕末に水戸天狗党と高崎藩が死闘を繰り広げた、「下仁田戦争」の舞台でもあります。

高崎駅から上信電鉄で約一時間。激しく揺れる電車の旅を楽しんで、終点の下仁田駅に着きます。

上信電鉄の駅には、それぞれ御当地の「上毛かるた」が掲げてあって、昭和の風情が漂います。

駅から歩いて15分くらいで、下仁田町歴史館に着きます。丘を登ると、下仁田戦争と遺跡の案内図が見えてきます。

下仁田戦争は、西暦1864年、上洛を目指して水戸を発った天狗党の一行と、それを阻止しようとする高崎藩が激突した戦いです。この戦いで高崎藩の36名が戦死・処刑されます。戦闘に勝利した天狗党は、下仁田から峠を越えて信州に抜け、さらに京都を目指しますが、敦賀で投降し、悲惨な最期を遂げます。

今はのどかな風景が広がっていて、凄惨な戦闘があったことなど想像もできません。

歴史館が建つ丘の麓には、戦死した高崎藩士の碑が建っています。題字は勝海舟が書いています。

案内板に、下仁田戦争の概要が書いてあります。

丘の上には、水戸の回天神社から献木された梅の木が植えられています。天狗党の変145周年を記念して、2009年に水戸回天神社から送られたものでした。脇には祈念碑が建てられています。水戸と高崎の遺恨も晴れたでしょうか。【参考】回天神社

歴史館は丘の上に建っていて、遠くからでもよく目立ちます。

展示では、さすがに下仁田戦争の経緯や遺物が充実していました。下仁田に逗留した藤田小四郎が揮毫した扇子など、なかなか感慨深いものが展示されています。また、単に高崎藩や天狗党を美化するのではなく、客観的に幕末の情勢を描いているのにも、好感を持ちました。

意外だったのは、縄文時代の出土品が充実していることでした。特に石棒未製品を見られたのは、貴重な経験でした。石器や土器、土偶などの出土品も充実していて、なかなか侮れない縄文先進地域であることが分かりました。

本当は、歴史館の目玉展示は世界遺産にも登録された荒船風穴なのですが、こちらは次の機会にまたゆっくり訪れたいと思います。

さて、下仁田に来たのだから、こんにゃくをいただかなくてはなりません。

ということで、駅前に店を構える常磐館で、こんにゃくフルコースをいただきました。こんにゃくの松前漬けや、こんにゃくそうめん、こんにゃく白和え、酒盗和え、こんにゃくの刺身、田楽など。いやあ、うまい。

さらに、こんにゃくの天ぷらに、こんにゃく炒り鳥と、たいへんゴージャズ。こんにゃくの概念を改めざるを得ません。うめえ!

また、デザートの蒟蒻ゼリーがうまい。いやあ、これだけ食べても低カロリーで、こんにゃくは素晴らしいですね!

(2018年8月訪問)