教育の基礎理論-11

前回のおさらい

・産業革命と社会の変化。資本主義における立場によって、学校の役割が異なって見える。
・階層分化。資本家と労働者の分裂。

産業革命と階層分化(つづき)

モニトリアル・システム

ベル・ランカスター法:助教法。大勢の生徒に対する一斉授業方法。教師はまず成績優秀な学生に教え、優秀な学生(モニター・助教)が一般学生に教える。
・安価に、大量に、早く、労働者を作ることができる。
・「人格の完成」を目指すというよりも、工場労働で必要となる必要最低限のリテラシーとモラルを身につけることを目指す。
・ベル・ランカスター方式の学校で子供たちが身につける能力とは、実際はどういうものか?→隠れたカリキュラム

分業と個性、学歴主義

・分業によって生産性が格段に上がる。アダム・スミス。
・分業が促進されるほど、個性が意味を持つ。社会に人材を送り出すとき、それぞれの特性に応じた持ち場に就けることができれば、社会全体の効率が上がる。適材適所。
・この場合の「個性」とは? 「人格の完成」に関わる「個性」なのか?
・人間を測るモノサシ。横の個性と、縦の個性。
メリトクラシー:能力主義。身分や血筋の高い者が社会を統治する体制を否定する。出自に関係なく個人の持っている能力によって地位が決まり、能力の高い個人が社会を統治する。
学歴主義:学校の勉強に高い適応能力を示した個人が、きっと社会一般でも高い能力を発揮するだろうと期待する態度。しかし、学校の勉強に高い適応能力を示す個人が、一般社会で高い適応能力を示すとは限らないということは、広く気がつかれている。それにも関わらず、どうして学歴主義が説得力を持つのか?→文化的再生産論

隠れたカリキュラム

・カリキュラム:教育目的を達成するために、計画的に配列された、教育内容。
・正式のカリキュラム:学校や教師が教えていると公式に表明されている教育内容。学生や保護者や世間にとって、学生が学校で身につけることを期待している学習内容。
・正式のカリキュラムは、完璧に身についているわけではない。が、まったく人生で困らないのは何故か?
隠れたカリキュラム:教師は教えていると思っていないし、保護者や世間も学校でそれを教えているとは思っていないにもかかわらず、いつのまにか学生たちが身につけている暗黙の内容。
・勉強はつまらないし人生で役に立たない。→役に立たないものでもガマンして努力しなければならない。→つまらないし役に立たないものをガマンして身につける習慣。
・知識や考え方、行動様式が、意図されないまま、いつのまにか身についている。このような習慣形成の方が、正式なカリキュラムで学ぶ知識よりも、優秀な労働者になる上で決定的に重要。
・遅刻しない、早退しない、無断欠席しない、授業中は席を立たない、先生の命令には無条件に従う、無意味に思えることでもとりあえずやる、相互監視する、競争する、出る杭を打つ、密告する。
・学校で身につける意識と行動様式=労働者として必要な意識と行動様式。
・他に性別役割分業に関する意識等。

文化的再生産

・学歴の高い親の子どもの学歴も高くなりやすいのはなぜか?
・遺伝=生物的再生産か、環境=文化的再生産か?
文化資本:支配階級の習慣や考え方を教育システムが評価することにより、もともとそういう習慣を身につけていた層が高い学歴を得て、高い階級へと再生産される。
・労働者にとってはつまらないし役に立たないように見えるものも、文化資本を独占する人々にとっては極めて優れた意味があるように見える。学校文化に親和的な人間ほど高い学歴になる傾向があるが、それは必ずしも人間としての能力が高いことを意味しない。

新教育

・20世紀初頭から世界的に広まった教育運動。主知主義的な教育を批判し、子供の自発性や能動性、創造性を重視する。日本では大正期(1912年~1926年)に流行。大正新教育運動。

人間の範囲の拡大

・「白人+男性+キリスト教徒+中産階級」のみを人間とした市民社会から、様々な人々の努力により、徐々に人間(人格を持ち、自由と権利を行使できる者)の範囲が拡大していく。労働者、女性、異教徒(無神論者)、子供、障害者。→動物?
・権利の拡大過程。男子普通選挙権(労働者への公民権拡大)。
・女性参政権。フェミニズム(女権拡大論)。
・植民地の独立。公民権運動。
・児童の権利に関する宣言(1959年)。児童の権利条約(1989年)。児童が保護の対象から、権利の主体へ。
・障害者権利条約(2006年)→障害者基本法、障害者差別解消法。

復習

・産業革命に伴って生じた教育の変化について、「メリトクラシー」などの言葉と一緒に押さえておこう。
・「隠れたカリキュラム」という言葉について、様々な角度からアプローチしてみよう。(性別役割分業など)

予習

・新教育について、デューイ、エレン・ケイ、モンテッソーリの仕事について調べよう。

教育課程の意義と編成-10

前回のおさらい

・討論を通じて、『学習指導要領』が目指す教育の方向性を確認しよう。
▼文部科学省が意図していることを正確に読み取り、目指している教育の構造を理解しよう。(思考力)
▼把握した文部科学省の意図が、はたして本当に有効かどうか、有効としたらどのような効果をもたらすか、様々なデータや知識、あるいは自分の経験と照らし合わせて判断しよう。(判断力)
▼教育の課題に対する自分の意見をまとめ、適切なキーワードを使用して、論理的にわかりやすく伝えよう。(表現力)

(1)『学習指導要領』で育成を目指すとされている「資質・能力」の設定は適切だろうか? 世界や日本社会の変化に対する現状認識が適切かどうか、社会で必要とされる「人材」の設定が適切かどうかを考えて、学習指導要領が育成を目指す資質・能力を吟味してみよう。
(2)「社会に開かれた教育過程」について。これまで学校教育で学んだ知識が本当に社会に出てから通用しないのか、本当に学校教育を社会に開くように変える意味があるのかどうか、吟味してみよう。
(3)「カリキュラム・マネジメント」について。教科横断的な資質・能力は本当にこのやり方で身につくのか、吟味してみよう。

学習指導要領の吟味(つづき)

(4)「主体的・対話的で深い学び」について。学習指導要領が求める「資質・能力」は、この指導方法で身につくのか。それとも従来からのやり方のほうが効果が上がるか。

参考資料

育成を目指す資質・能力
社会に開かれた教育課程
カリキュラム・マネジメント
主体的・対話的で深い学び

教育学Ⅱ(龍ケ崎)-8

■龍ケ崎キャンパス 11/27(月)

前回のおさらい

・「人間だけがスポーツをする」ということの多面的・多角的な理解。
(ア)人間には主体性があるが、動物は調教や命令によって動くだけ。
(イ)人間は手足を器用に操れるが、動物はできない。
(ウ)人間にはスポーツをする余裕があるが、動物は生きるために精一杯で余裕がない。
(エ)人間は勝利や名誉を求めるが、動物は求めない。
(オ)人間は達成感や自己満足を求めるが、動物にはない。
(カ)人間は娯楽を求めるが、動物は求めない。
(キ)人間は言葉を使ってコミュニケーションして団体行動ができるが、動物にはできない。
(ク)人間にはルールを作ってそれを守る能力があるが、動物にはない。
(ケ)人間は文化を持っているが、動物には持っていない。
・自己評価。

これまでの作業の振り返り(1)

物事を多面的・多角的に見る

・これまでやってきたことは、一つは「物事を多面的・多角的に見る」ことのトレーニングである。
・単に「物事を多面的・多角的に見よう」と言っても身につかないので、実際に作業を行いながら具体的に考えてみた。
・「人間とは何か?」という問いは、「物事を多面的・多角的に見る」うえで、極めて有効に働く。人それぞれに様々な考え方があるからである。
・しかし「人間とは何か?」という問いはレベルが高かったようなので、「スポーツとは何か?」という問いに変更した。

物事を多面的に見るとは?

・「薄っぺらい見方」とは、物事を一面でだけ見ることである。
・薄っぺらい見方にならないためには、物事を「立体的」に捉えなければならない。
・ある物事を一つの面から見るのでは、独りよがりの偏った考え方に陥る。
・物事の様々な面を見ることによって、正確な理解に近づいていくことができる。
・「人それぞれだから考えても意味がない」という意見は、視野を狭くして正確な理解を妨げる、極めて危険な薄っぺらい考え方。

物事を多角的に見るとは?

・物は、見る角度によって「見え方」が異なる。
・ある角度から見えたものが、物の本当の姿とは限らない。
・物の本当の姿を理解するためには、あらゆる角度から物を観察しなければならない。
・事も同じ。様々な角度からしっかり見ることによって、本当の姿を理解することができる。

協働する

・しかし「物事を多面的・多角的に見る」と言っても、一人の考えには限界がある。一人一人の考えは偏っていて、一人だけでは物事の真実にたどり着くことは難しい。
・だから、様々な「個性」を持った人たちと一緒に考えることによって、様々な異なった意見をたくさん出す必要がある。
・単に様々に異なっているだけでは意味がない。それぞれの意見がそれぞれに真実を言い当てていることを理解し、尊重して、初めて意味がある。
・チームは様々に異なった「個性」が集まることで強くなる。同じような人間がたくさんいても、チームとして強くなることはない。

吟味する

・ただ言葉として知っているだけでは、「薄っぺらい」ままに終わる。
・自分のものとして確かな理解をして、使える知識にしなければ意味がない。
・そのためには、自分で理由を説明できなければならない。
・自己評価は、知識を自分のものとして理解するための手続きとなる。

命題の吟味

人間は手足を器用に操れるが、動物はできない。

・どうして人間は手足を器用に操れるが、動物にはできないのか?
※ヒント:ポルトマン『人間はどこまで動物か』の中の「生理的早産」という考え方。
・人間と動物の生物学的な違いはどこにあるのか。
・「本能」によって行動する動物と、「文化」によって行動する人間。

指導者として気をつけること

・「型」の習得の重要性←「本能」で動くのではなく、「文化」を身につけるということ。
・「型」を超えることの重要性←「文化」と「個性」。
・物事を理解するうえで、「思い込み」の重要性。
・物事を理解するうえで、「思い込み」を破壊することの重要性。

【要約と感想】『「ゼロトレランス」で学校はどうなる』

【要約】間違った指導法「ゼロトレランス」のせいで、子供は不幸になり、教師は疲弊し、保護者の不信は高まり、学校はめちゃくちゃになります。

【感想】最近、大阪のある高校が行った、黒髪指導に名を借りた人権侵害が大きな問題となった。詳細は分からないので事件そのものに対するコメントは控えるが、世間の人々が漏らした感想はなかなか興味深かった。けっこう多くの人が「80年代の管理教育じゃあるまいし、21世紀になって時代遅れな」という感想を述べていたのだ。そういう感想を抱いた人は、本書を読めばきっとガッテンボタンを連打することだろう。報道の通りなら、あの学校の姿勢が「ゼロトレランス」だ。

ゼロトレランスは、トレランスがゼロということ。トレランスとは「寛容」という意味で、つまり「寛容をゼロにせよ」ということだ。要するに、学校という教育の場にあろうが、「教育的な配慮」を一切おこなわず、問答無用で機械的に罰を与えよという姿勢を指す。これは80年代のアメリカで誕生した治安政策に由来するが、現在の日本(あるいは世界)では新自由主義的な経済至上主義の下で、競争原理の信頼性を確保するために導入されているようだ。

しかし、ゼロトレランスが仮に大人の世界の治安対策として適用可能であったとしても、これを「教育」や「学習」の場面に無条件に持ち込むことが極めて異常なことはすぐにわかるはずだ。ゼロトレランスが子供から奪うのは、試行錯誤の機会や、多面的に物事を見る観点を身につける機会や、安心して成長できる雰囲気だ。要するに「人格の完成」へと向かう教育の機会そのものが剥奪される。学校にゼロトレランスを導入するなら、そこが「学校」と呼ばれる必然性はもはや存在しないといってもよいだろう。そこは「教育の場」ではなく、「人材培養工場」だ。

「社会に開かれた教育課程」によって「資質・能力」を身につけさせようとする新学習指導要領が狙っているのも、まさに学校を「教育の場」ではなく「人材培養工場」にしようということなのかもしれない。
「競争」の原理を突き詰めていくと何が起こるかは、姉歯一級建築士事件とかJR西日本福知山線事故とか近年の様々なデータ改竄事件などを見ても明らかだと思うのだが、ああいう事案に共通する「過度の競争によって引き起こされる人心荒廃とモラル低下」がゼロトレランスの強化で解決できるなどと考えているとしたら、お目出度いとしか言いようがない。

横湯園子・世取山洋介・鈴木大裕編集『「ゼロトレランス」で学校はどうなる』花伝社、2017年

教育学Ⅱ(新松戸)-9

前回のおさらい

・教育基本法体制
・学校教育法。教育委員会法。学習指導要領(試案)。

教育基本法体制(つづき)

生活綴方(せいかつつづりかた)

*無着成恭『山びこ学校』。1948年、山形県山元中学校。1951年、クラス文集を『山びこ学校』として刊行。
*綴方:いわゆる作文。

地域教育計画、コア・カリキュラム

*川口プラン:海後宗臣
*コア・カリキュラム:梅根悟、ジョン・デューイ

学習指導要領の変遷(1)

・1958年と1968年に学習指導要領改訂。
・いわゆるゆとり教育から詰め込み教育へと変化。

逆コース

・冷戦体制と東アジア情勢の変化によって、GHQの方針が転回。中国(1949年)と朝鮮半島(1950年)の情勢。
サンフランシスコ平和条約(1951年)。
池田ロバートソン会談(1953年)
・教育二法(1954年)。「教育公務員特例法の一部を改正する法律」と「義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法」。
・地方教育行政の組織及び運営に関する法律(1956年)。教育委員選出を公選制から首長による任命制に転換。
・学習指導要領改訂(1958年)。法的拘束力あり。特設道徳の登場。
*スプートニクショック:1957年、ソ連の人工衛星スプートニク打ち上げ成功。
*教育の現代化:ブルーナー『教育の過程』。発見学習。「どの教科でも、知的性格をそのままに保って、発達のどの段階の子供にも効果的に教えることができる。」→1968年の学習指導要領改訂。

 

復習

・冷戦構造によって教育が大きく変化する理屈を把握しておこう。

予習

・「高度経済成長」について調べておこう。

「人格の完成」とは何か、絶賛研究中。