鵜殿篤 のすべての投稿

教育概論Ⅰ(栄養)-4

■短大栄養科 5/9(火)

前回のおさらいと補足

・日本は江戸時代中期頃から生産力が向上し、子供に対するまなざしが大きく変化した。教育への関心が高まり、寺子屋などの教育機関も普及していった。このまま進めば自力で近代化を行うような実力を蓄えていった可能性もあるが、現実には西欧列強の圧力によって開国し、他律的な近代化を余儀なくされた。
・西洋列強が中華帝国やイスラム帝国に替わって世界の主役に躍り出る契機となったのは、西暦1500年前後。この時期、ヨーロッパでは(1)大航海時代(2)宗教改革(3)ルネサンスという出来事があった。ヨーロッパが強くなった理由を考えるときに、この3つの事件は重要である。
・しかしより重要なのは、この3つの事件に先行して、15世紀半ばに印刷術が発明されていたということである。

ルネサンス(15世紀)

・芸術家の誕生。神に捧げるための技術から人間を楽しませるための芸術への転回。
・孤独な読書体験。音読から黙読へ。
・自己実現の決定的な条件としてのリテラシー。
・個人的な欲望や野心を醸成する経験。

個人主義の誕生

・ヨーロッパに強大な力をもたらした新大陸発見、宗教改革、ルネサンスには、印刷術という新しい技術とリテラシーという新しい経験が共通して前提されている。
・それは同時に人間の欲望を積極的に肯定していく。個人主義の誕生。
・富を獲得し、天国を目指し、新たな娯楽に接触し、自己実現するためには、リテラシーを獲得しなければならない。
・リテラシーを獲得する手段=教育。
・リテラシーを獲得する場所=学校。

リテラシーの獲得と、モラトリアム

・生活をしていく上で、なにをするにもリテラシーが必要な世の中へと変化する。リテラシーを身につけることが、人間として生きていく上での必須の条件と見なされるようになっていく。
・リテラシーを身につける場としての学校。
・リテラシーを身につける期間としてのモラトリアム。

モラトリアム:執行猶予。労働から免除されている期間。思春期・青年期の拡張。大人と子供の距離が広がっていく。

・人々自らの生活の必要によって教育機関が作られていく。権力者によって強制的に教育や学校が押しつけられていくわけではない。(むしろ権力者にとってみれば、一般民衆が教育水準を高めることは脅威となる)

コンピュータ・リテラシー

・印刷術の登場に見られるように、新しいメディア技術の展開が人間の生活を大きく変化させる場合がある。それは現代のコンピュータの登場によって人々の生活が劇的に変化したことを考えると、わかりやすい。

コンピュータ・リテラシー:コンピュータを使って情報を得たり発信したりすることができる能力。

・ここ数年で、就職活動をするにもコンピュータ・リテラシーが必須な世の中へと劇的に変化した。コンピュータが使えないと、まともに就職もできないような世の中。→たとえば「履歴書」とは何か。

欲望の解放と制御

市民社会:欲望の体系(ヘーゲル『法の哲学』)。個人主義(欲望にまみれた利己的人間)を満足させるために組み立てられた世の中。
・世界の経済的発展は「欲望の解放」によって促進される。「欲望の制御」を厳しくしすぎると、世界は停滞する。
・しかし人間の欲望には際限というものがない。解放された欲望は、そのままでは世界そのものを破壊してしまう。
・欲望を解放して、自分勝手な利己的人間だらけになって、なおかつ世界を破滅させないような方法はあるか? →民主主義

市民革命と民主主義

・民主主義とは何かを考えるとき、その成立過程を捉えるために市民革命について見ていく必要がある。

市民革命:時に暴力行為を伴った、世の中の仕組みの根底からの変化。領邦君主や貴族が中心だった世の中から、市民が中心の世の中へ。
市民:新興ブルジョワ。中産階級。三鷹市民とか八王子市民というような、固有領域の住民という意味での「市民」ではない。大雑把には、固有の資産を持ち、知識と教養を備えた人々のことで、基本的に金持ちで白人の男性のみ。

市民革命重要人物政治思想書教育思想書
清教徒革命1642トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』
名誉革命1688ジョン・ロック『市民政府論』『教育論』
アメリカ独立戦争1776トマス・ペイン『コモン・センス』
フランス革命1789ジャン・ジャック・ルソー『社会契約論』『エミール』

・市民革命の政治思想と、市民社会に必要な新たな人間像は、セットになっている。新しい世の中には、新しい人間が必要。

復習

・「リテラシー」という言葉の意味と、それが教育に対して持っている意義をしっかり理解しよう。

予習

・「社会契約論」について、調べておこう。

流通経済大学 教育学Ⅰ(5)

■龍ケ崎キャンパス 5/8(月)
■新松戸キャンパス 5/12(金)

前回のおさらいと補足

・日本は江戸時代中期頃から生産力が向上し、子供に対するまなざしが大きく変化した。教育への関心が高まり、寺子屋などの教育機関も普及していった。このまま進めば自力で近代化を行うような実力を蓄えていった可能性もあるが、現実には西欧列強の圧力によって開国し、他律的な近代化を余儀なくされた。
・西洋列強が中華帝国やイスラム帝国に替わって世界の主役に躍り出る契機となったのは、西暦1500年前後。この時期、ヨーロッパでは(1)大航海時代(2)宗教改革(3)ルネサンスという出来事があった。ヨーロッパが強くなった理由を考えるときに、この3つの事件は重要である。
・しかしより重要なのは、この3つの事件に先行して、15世紀半ばに印刷術が発明されていたということである。

個人主義の誕生

・ヨーロッパに強大な力をもたらした新大陸発見、宗教改革、ルネサンスには、印刷術という新しい技術とリテラシーという新しい経験が共通して前提されている。
・それは同時に人間の欲望を積極的に肯定していく。個人主義の誕生。
・富を獲得し、天国を目指し、新たな娯楽に接触し、自己実現するためには、リテラシーを獲得しなければならない。
・リテラシーを獲得する手段=教育。
・リテラシーを獲得する場所=学校。

リテラシーの獲得と、モラトリアム

・生活をしていく上で、なにをするにもリテラシーが必要な世の中へと変化する。リテラシーを身につけることが、人間として生きていく上での必須の条件と見なされるようになっていく。
・リテラシーを身につける場としての学校。
・リテラシーを身につける期間としてのモラトリアム。

モラトリアム:執行猶予。労働から免除されている期間。思春期・青年期の拡張。大人と子供の距離が広がっていく。

・人々自らの生活の必要によって教育機関が作られていく。権力者によって強制的に教育や学校が押しつけられていくわけではない。(むしろ権力者にとってみれば、一般民衆が教育水準を高めることは脅威となる)

コンピュータ・リテラシー

・印刷術の登場に見られるように、新しいメディア技術の展開が人間の生活を大きく変化させる場合がある。それは現代のコンピュータの登場によって人々の生活が劇的に変化したことを考えると、わかりやすい。

コンピュータ・リテラシー:コンピュータを使って情報を得たり発信したりすることができる能力。

・ここ数年で、就職活動をするにもコンピュータ・リテラシーが必須な世の中へと劇的に変化した。コンピュータが使えないと、まともに就職もできないような世の中。→たとえば「履歴書」とは何か。

欲望の解放と制御

市民社会:欲望の体系(ヘーゲル『法の哲学』)。個人主義(欲望にまみれた利己的人間)を満足させるために組み立てられた世の中。
・世界の経済的発展は「欲望の解放」によって促進される。「欲望の制御」を厳しくしすぎると、世界は停滞する。
・しかし人間の欲望には際限というものがない。解放された欲望は、そのままでは世界そのものを破壊してしまう。
・欲望を解放して、自分勝手な利己的人間だらけになって、なおかつ世界を破滅させないような方法はあるか? →民主主義

市民革命と民主主義

・民主主義とは何かを考えるとき、その成立過程を捉えるために市民革命について見ていく必要がある。

市民革命:時に暴力行為を伴った、世の中の仕組みの根底からの変化。領邦君主や貴族が中心だった世の中から、市民が中心の世の中へ。
市民:新興ブルジョワ。中産階級。龍ケ崎市民とか松戸市民というような、固有領域の住民という意味での「市民」ではない。大雑把には、固有の資産を持ち、知識と教養を備えた人々のことで、基本的に金持ちで白人の男性のみ。

市民革命重要人物政治思想書教育思想書
清教徒革命1642トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』
名誉革命1688ジョン・ロック『市民政府論』『教育論』
アメリカ独立戦争1776トマス・ペイン『コモン・センス』
フランス革命1789ジャン・ジャック・ルソー『社会契約論』『エミール』

・市民革命の政治思想と、市民社会に必要な新たな人間像は、セットになっている。新しい世の中には、新しい人間が必要。

復習

・「リテラシー」という言葉の意味と、それが教育に対して持っている意義をしっかり理解しよう。

予習

・「社会契約論」について調べておこう。

 

【千葉県松戸市】戸定が丘歴史公園

今日は妻と一緒に千葉県松戸市にある戸定が丘歴史公園に散歩に行ってきました。江戸川の河岸段丘上にある眺望の良い公園で、今日は躑躅の花と藤の花の香りがとても心地よかったです。爽やかな青空の下でいただくお弁当は格別ですね。

公園の敷地内には江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の弟、昭武の別邸が残されています。別邸の庭は、明治期に造られた和洋折衷様式で、大名庭園の豪華さや枯山水のわびさび等とはひと味違った趣があります。イギリス庭園っぽいようで、そうじゃない感じがユニークでいいですね。

昭武別邸の庭

実は今日は国民の祝日かつ絶好の外出日和にもかかわらず、午前中は新松戸のキャンパスで授業でした。祝日授業強行は文部科学省の高等教育改革への強い意志に由来するもので、私のせいじゃないからね。私は午後はゆっくりできましたが、学生諸君は本当にご苦労様です。

ちなみに松戸というと、かつては松戸バンダイミュージアムがあったり、まどマギカフェがあったりして、密かなサブカル地域として発展したりしなかったりしていた町という印象が強いですね。

2011年にまどマギカフェで食したカレー

そして国府台合戦の跡地だなあ。が、今日は妻と一緒だったので、そういうマニアすぎるところは全部パスでした。
(2017年5/5訪問)

【要約と感想】ジャック・ル=ゴフ『時代区分は本当に必要か?』

【要約】ルネサンスは大したことがありません。中世のほうが凄いです。

■確認したかったことで、期待通り書いてあったこと=「ルネサンス」という言葉は19世紀以降に知識人の間で広がったもので、当時は使用されていなかった。ルネサンスを近代の始まりとするには、具体的な根拠が乏しすぎる。ルネサンスの特徴に属するとされてきた様々な要素は、実は中世から具体例を見ることができる。近代化に向かう決定的な変化は18世紀半ばに起こっている。

【感想】ルネサンスの意義を強調するような見解を相対化するのはいいとして。碩学に対して私が言うのもなんだけど、ヨーロッパ中心史観、もっと言えばフランス=パリ中心史観に由来して、イタリアへの対抗心というか嫉妬というか蔑視というかが透けて見えてしまう感じにさせる。ルネサンスの意義を低く見積もったときに損をするのはイタリアだけで、フランスにとっては痛くも痒くもないし。逆に18世紀半ばの意義を高く見積もったとき、クローズアップされるのはディドロとかダランベールとかが活躍したフランス=パリだし。近代化のメルクマールを中央集権国家への上昇としたら、そりゃイタリアはゴミで、フランス最高ってなっちゃう、ってだけだよなあ、と。

あと、ヨーロッパを実体化しすぎている感じも気になる。そもそも私個人としては、ルネサンスという概念自体がヨーロッパを実体化するための虚構の一種だと思っているわけだが。それを相対化するためにルネサンス概念を疑うのならわかるんだけど、本書はむしろヨーロッパの実体化を促進しようとしている印象。

前から気になっていたのは、ルネサンスと言ったときにダンテとかペトラルカが出てくること。印刷術発明以前に活躍した著作家がルネサンスの代表者として挙げられるのには、多少の違和感があった。本書は、ルネサンスを明確に大航海時代や宗教改革と結びついた概念として示していて、ダンテなりペトラルカなりはルネサンスではなく中世のほうに寄せている。こういう話なら、納得できる。

「時代区分」という歴史学の方法論に関する話は、専門家としては身につまされる。自分自身の問題として受け止めて、しっかり考えなくちゃいけない。

ジャック・ル=ゴフ/菅沼潤訳『時代区分は本当に必要か? 〔連続性と不連続性を再考する〕』藤原書店、2016年

【要約と感想】宮崎正勝『海図の世界史』

【要約】海を中心に視点を据えると、世界の見え方がまったく違ってくる。

■確認したかったことで、期待通り本書に書いてあったこと=コロンブス以前から、地球が丸いことは人々の間で常識になっていた。印刷術の発明によってプトレマイオスの『地理学』がブームとなって世間に大量に出回り、地球球体説は知識人の常識となった。しかし地球の大きさに関しては、大西洋の大きさを極めて小さく見積もる楽観的な態度が広く見られた。コロンブスが新大陸発見を認めずにアジア到達にこだわったのは、馬鹿だったというよりは、コロンブスがスペイン宮廷と交わした契約に関わって都合が悪くなってしまうため。

アメリカ大陸西海岸と東南アジアの連絡は、16世紀半ばにスペインが太平洋航路を開発することで可能となった。アメリカ大陸で産出された銀の多くは、太平洋を経由して東南アジアの香辛料市場に持ち込まれた。

イベリア半島優位で進められていたはずの海外航路開発は、17世紀にはオランダが主導権を握るようになった。その逆転の大きな理由は、イベリア半島国家が採用した国家主導の海外戦略が硬直していたのに対し、オランダの半官半民的な自由競争政策が勝っていたから。そして自由競争の優位性は、18世紀にイギリスが主導する公海の自由への主張によってさらに増大する。これは、港町が大量消費地を後背地に持つかどうかを重要視するようなアタリ等の見解とは大きく異なる。個人的には地政学的な見解よりは、本書のように自由主義の展開に即して説明するほうが納得しやすい。

■図らずも得た知識=マゼランは特に地球一周を志していたわけではなく、コロンブスと同じように西回りで香辛料市場にアクセスすることを目論んでいた。ヨーロッパから北米大陸を西に抜けてアジアの香辛料市場に到達しようとするチャレンジが数多く行われていた。ほか、地政学的な知識をたくさん得た。

■要確認事項=資本主義の成立は、カリブ海域におけるサトウキビ栽培のプランテーション化が契機となっているという見解。ヨーロッパの資本+アフリカの奴隷労働力+アメリカの広大な土地によって資本主義経済が成立したという。本当か? 新大陸への資本投下が市場規模を著しく拡大させたこと自体は間違いないだろうけれど。ただ、奴隷労働という非効率的な生産様式が残存しているところに本当に「資本主義の成立」の契機はあり得るか。資本主義の成立を語る上では、「労働力の自由売買」を不可欠な構成要素とする生産様式の組織化はしっかり議論されるべきではないか。「市場規模の量的拡大」と「資本主義の質的成立」を同じ事態と見なしてよいのか。

【感想】アメリカが関わった2つの太平洋戦争の意味。一度目は1898年にスペインを相手とした太平洋戦争で、このときフィリピンを獲得。二度目は1941年に日本を相手とした太平洋戦争で、このとき沖縄を獲得。この両者とも、中国という巨大市場の獲得を目指した長期的戦略の一環とすれば。2017年の北朝鮮に対しても、アメリカの基本的スタンスをこのマハン的な太平洋戦略の視点から考えていいのか、どうか。

宮崎正勝『海図の世界史―「海上の道」が歴史を変えた』新潮選書、2012年