「自己啓発本」タグアーカイブ

【要約と感想】北野唯我『天才を殺す凡人―職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

【要約】どんな人も必ず才能を持っています。自分に与えられた才能を自覚し、活用しましょう。そのためには、職種だけでなく物事の「フェーズ」を理解することが大事です。

【感想】人間の才能を「天才/秀才/凡人」の三類型に分類するのは、プラトン『国家』が言う「哲学者/戦士/生産者」の三類型を引き継いでいる。
ただ、その三者の関係性は、もちろん本書とプラトンでは扱い方がまったく異なる。プラトン『国家』は民主主義を否定し、哲学者独裁を説いた。戦士や生産者の嫉妬は理屈と力で押さえつけるのだ。組織のアイデンティティは哲学者独裁によってこそ成立するというのが、『国家』最大の眼目だ。だがやはり、哲学者が凡人からまったく理解されないことについては、有名な「洞窟の比喩」を参照すればよいだろう。
一方本書では、三類型それぞれをつなぎ合わせるアンバサダーを設定した上で、三者それぞれが役割を分担するべきことを説く。組織のアイデンティティ(一体性)は、三者それぞれが存分に才能を発揮することで成立する。まあ、そうなんだろなあと。

【教育への参考】本書は教育書ではないが、やはり学校や教育に対する言及がある。学校や教育がビジネス目線からどう見られているかの資料にはなる。

「「だども、大体、どの組織にも『先生』がいるんや。そして、『先生』は天才を殺す。ちなみに『先生』ってのは、”たとえ”だべ」
先生……
秀才の一種。よかれと思って、天才のことを指導するが、天才にとっては好奇心を殺す存在に映る。」95頁

「ほとんどの人は「新しいこと」をしようとしたときに、周りからの攻撃にあってしまうことがおおいのではないでしょうか。その結果、「新しいことをするのは損である」と学習してしまい、創造性の芽を絶やしてしまう。
こういう構造にあると考えます。ただ、これは学校教育が「再現性」と「共感性」をベースに学ぶ場所である限り、どうしても改善しにくい面があります。」221頁

事実かどうかはともかくとして、ビジネス目線からは、学校が「創造性」や「好奇心」を潰す場所として認識されていることがよく分かるのであった。

北野唯我『天才を殺す凡人―職場の人間関係に悩む、すべての人へ』日本経済新聞出版社、2019年

【要約と感想】D・カーネギー『人を動かす』

【要約】人を動かすには、謙虚になるのが肝心です。

【感想】めちゃめちゃ売れてる本だ。1999年に出た新装版は、手許にある2015年までに95刷を数えている。今も伸びているのだろう。旧訳版は1958年の初版から24年で169刷だそうだ。馬鹿売れだ。まあ、企業の研修会などでむりやり買わされている人もかなり多いんだろうけどね。

内容は、さすがの古典というか。売れているだけのことはあるというか。極めて単純で分かりやすい命題と、それを証明する豊富で説得力ある実例。実例に超有名人と無名の市井人を織り交ぜる配慮。必ず成功と幸福に辿り着くという確信と安心のメッセージ。個人的には、内容そのものに感心するというよりは、メタ的に、著者の構想力と表現力のほうに関心をもつ。本書を見習うとしたら、おそらく内容そのものに感心している場合ではなく、メタ視点から分析するほうが有益ではないかと思った。私も自己啓発本を書くハメになったら、本書を大いに参考にしよう。

ちなみに付録として収録されている「幸福な家庭をつくる七原則」は、おそらく本家のアメリカでは男女役割分業を固定するという観点から削除されたのだろうが、儒教意識が抜けない日本では逆に問題なく受け容れられるということなのだろう。

D・カーネギー『人を動かす 新装版』創元社、1999年

【要約と感想】小池一夫『人生の結論』

【要約】人生で得た結論は、判断に迷った時は人として美しい方を選べ、です。つまり、人は格好いい大人になるべきなのです。

【感想】うん、格好いいね。こういう爺さんになりたいね。
まあ、言っていること自体は極めて常識的で普通ではある。奇をてらったような表現は全くない。あるいは、どこかで聞いたような教訓ばかりでもある。同じようなことはアドラー心理学者や精神科医が盛んに言っている。自己肯定感が大事だとか、幼少期の愛情が大事とか、行動力が大事とか。似たようなことを言っている自己啓発本はいくらでもある。あるいは私が大学の講義で学生たちに日頃から伝えていることでもある。
しかしそれらの自己啓発や心理学と決定的に異なるのは、著者の価値判断の根底にあるのが「美」ということだ。判断に迷ったら「格好いいほうを選ぶ」という美的な生き方を実践したことだ。たとえば『葉隠』は、「迷ったら死にやすいほうを選べ」と主張した。あるいは小野寺浩二は「迷ったら自分を追い詰めるほうを選べ」と主張した。これも根底にあるのは「美」の意識だ。おそらく私が著書の言葉に説得力を感じるのは、この「美」への感覚を共有しているからなのだろう。そして私が信じるところでは、この美意識は人類に普遍的なものだ。仮に具体的な美の表現形は文化や時代によって違いがあったとしても、きっと「美意識」は普遍的なものだ。本書は、その普遍に触れてきているように思うのだ。
いや本当に、人生おつかれさまでした。

【個人的な研究のためのメモ】
意外ではあったが、「アイデンティティ」とか「自己実現」とか「大人になること」など、私が個人的に研究対象にしている諸概念の対してなかなか興味深い表現サンプルを与えてくれる本だった。
たとえば「大人になること」について。

「僕の世代は、大人にならなければ生きてはいけない時代でした。大人が子どもの感覚で生きていけるというのは今の時代のある種の豊かさなのかもしれません。」(4頁)

「大人は、子どものために大人になる義務があるのです。」(205頁)

「大人の世界は自由度が高いからこそ、自分を律する必要があるのです。」(182頁)

「「成熟した大人」とは、自分が成熟していないニセモノの大人であると自覚している大人のことなのです。そして、少しでもホンモノになろうと考えることができる大人のことなのです。」(5頁)

ソクラテスの「エロス的主体」とかカントの人格論を想起させて、なかなか興味深い文章だ。「子ども/大人」の区別をどう考えるかについて、近代とはどういう時代かも含めて、なかなかおもしろい示唆を与えてくれるものでもある。
またあるいは「自己実現」について。

「自己を実現しているかどうかということは、なりたい自分になれているかということです。」(234頁)

「自己実現とは、自分が自分を守るということです。自分を大切に扱うということです。他人が自分を雑にあしらうことがあっても、自分は、自分を守るのです。」(247頁)

「自分は、何か偉業を為し得ることはないかもしれない、しかし、いい人生であったと思うことができればこれ以上の幸福はありません。
それこそが、自己実現なのです。」(250頁)

他人や社会からどう見られるかではなく、「本来の己」をrealizeできているかどうかという観点がしっかり打ち出されている。「夢を叶える」ことと「自己実現」の違いを考える上でも、おもしろい示唆だと思う。
またあるいは「アイデンティティ」について。

「自分の核となるアイデンティティを持つということは、人生に起こる様々な困難に自分が潰されないということです。(中略)
それは、自分の拠りどころとするものが、他人や物ではいけないということです、あくまでも、己に立脚した自分自身でなくてはならないのです。(中略)
頑丈なアイデンティティは揺らぐことがありません。
どんな肩書きであろうが、地位や名誉がなくなろうが、何歳であろうが、自分が自分でいられるのが成熟した大人なのです。」(236-237頁)

アイデンティティが「述語」を拠り所にするものではなく「主語」に立脚するものであることが明確に示されている。私の講義でも論理的に説明しているところではある。

小池一夫『人生の結論』朝日新書、2018年