「教育」タグアーカイブ

【要約と感想】村井実『教育と民主主義』

【要約】現在の教育の歪みは、教育が政治に支配されていることが原因です。教育を立て直すためには、教育が政治から独立しなければなりません。人々が自分たちの教育を自分たち自身で行っていた伝統は、日本には江戸時代から存在していました。現在では、素晴らしい教育の例が、宮城まりこ「ねむの木学園」に見られます。

【感想】教育の政治からの独立という事案は、もちろん特に村井実が言い始めたわけではなく、定期的に繰り返される提案である。それだけ切実な提案ということでもある。本書では触れられていないわけだが、立法・司法・行政の三権と並んで教権が建てられるべきという、田中耕太郎の構想などは特に有名だろう。どうして著者がこれに触れないのかは不明ではあるが。

しかし時代は教育権の独立からは逆行し、たとえば教育基本法改正に伴う地教行法の改正によって教育委員会の権限が変更され、教育はますます政治に従属するようになってきている。教育再生路線なんかは、露骨に政治が教育をコントロールしているわけで。現実は、村井実が主張する教育の理想からますます離れているようだ。

ところで、著者は江戸幕府を中央集権と断じながら、もう一方で江戸時代の自主自学の風潮を称揚しているわけだが、こういう歴史観には、ちょっと不安を感じる。また、本書でも進化論に食ってかかっているわけだが、やはり、たいへん危うい立論のように見える。ダーウィンに対する理解も一面的なように思える。膨大な先行研究が蓄積されている専門領域に「善さ」一元論で切り込んでいく姿勢に対しては、ちょっと距離を取らざるをえない。

ただそういう危ういところは多少差し引いたとしても、教育権の独立をてらいもなく真正面から訴えることができる前向きにポジティヴな教育学の体系は、間違いなく重要な価値を持っている。

村井実『教育と「民主主義」』東洋館出版社、2005年

【要約と感想】村井実『教育改革の思想』

【要約】日本の教育が閉塞感に陥っているのは、すべて国家主義的な思いこみが原因です。戦後の教育も、見かけは民主主義的になったかもしれませんが、本質的にはやはり国家主義からは逃れていません。子どもの「善さ」を認め、それを伸ばそうとする人間主義的な教育に転換することで、すべてうまくいきます。

【感想】今からちょうど30年前、臨時教育審議会が終わるころに書かれた本。戦後教育の行き詰まり感が絶頂に達した頃と言える。(この後に、いわゆる「ゆとり教育」が始まって、新しい局面を迎えることになる)。高度経済成長後の教育の行き詰まり感に対して一つの視点を与えている本と言うことはできる。

そんなわけで時代の風潮を端々から感じることはできるものの、意外に古くなってはいない。というのも、時事問題を扱っているように見えながら、語っている本質はいつもの通り超時代的で普遍的な教育のあり方だからなんだろう。要するに、いつもの村井節。だが、それがいい。

一つ、話の本筋とは関係ないが、福沢諭吉を「民主主義者」と評価している部分は、ちょっと引っかかった。私から見れば、福沢は自由主義者ではあっても民主主義者ではない。このあたりの些細に見える評価の違いは、最終的にけっこう大きな教育観の違いに導かれるから、要注意だ。

村井実『教育改革の思想―国家主義から人間主義へ』国土社、1987年

【要約と感想】村井実『人間と教育の根源を問う』

【要約】「真理」というものをモノのように実在すると考えるところから、人間の認識は歪みます。「真理」とは単なることばです。そう考えるところから、ほんものの学問が始まります。そして「教育」とは、真理をモノのように「教える」ものではなく、子どもを善くしようとする働きのことです。そして「善さ」も何か実体があるモノではなく、たんなることばです。「善さ」はモノのようには見えないけれども、それに向かって生きようとする、そうした働きが子どもにはもともと備わっています。子どもが本来持っている「善さ」への働きを伸ばしていくのが教育です。

【感想】知識を植え付けるただの道具として教育を見る人々や世間に対する違和感が、著者の教育学研究の動因となっている。その違和感を丁寧に吟味していくと、教育観の相違の根源にある「子ども観」や「過程像」の相違に行き着く。著者は「善さ」という概念を導きとして、子ども観や過程像といったものの転回を目指すことになる。その成果は具体的には新しい教育史のスタイル等に現れることになる。

この独特な教育学体系樹立に向かう思考と吟味の道筋は、論理的に明快だし、手続きも着実だし、実存的にも共感できる。とても納得できるし、腑に落ちる。それはいい。

ただ、第二部以降で勢い余ってというか、自然科学の領域に手を突っ込んでいる部分には危険な臭いもする。宇宙生成論や進化論に言及している部分は、一歩間違うとトンデモ領域に踏み込んでしまうギリギリのところにいるように思う。第三部の原罪論も、キリスト教神学の分厚い歴史を思うと、普通は簡単に手を突っ込めない領域だ。怖い。

しかし、こういう大火傷必至の聖域に「善さ原理主義」という武器一つで果敢に突入していくところは、紙一重の魅力でもある。こういう前向きな教育学があることで、現代教育学はとても救われている気がする。

村井実『人間と教育の根源を問う』小学館、1994年

【要約と感想】村井実『道徳は教えられるか』

【要約】道徳は教えられるし、教えるべきです。ただしその場合の「教える」とは、もちろん戦前の修身教育のように単純に徳目を教え込むことではありません。諸々の徳目が引き出される根拠となる普遍的な道徳的大原則を理性的に探求するところに、目指すべき道徳教育の姿があります。あくまでも理性に訴えることが重要なのであって、日本人が陥りがちな情緒主義や鍛錬主義では、子どもたちの道徳性が育つ見込みはありません。

【感想】原著はちょうど50年前に出ているわけだけれども。「道徳の三重構造」と「目標像と過程像の峻別」という観点は、現在の道徳教育を判断する際にもかなり有効だと思う。まあ、未だに50年前の本が有効であるという情けなさは、感じざるをえない。学習指導要領改訂によって道徳は教科化され、文科省は一応は「考える道徳」というテーマを打ち出してはいるけれども。果たして道徳教育は善くなっているのか。本書の理性的な分析を踏まえて現在の道徳教育を眺めてみると、はなはだ心許ない。教育に携わる者として、己の力不足を恥じ入るのみである。

村井実『道徳は教えられるか』国土社、1990年<1967年

【要約と感想】村井実『人間の権利』

【要約】人間の権利とは、天から与えられた自然なものではなく、人々の訴えによって歴史的に作られてきた道徳的なものです。

【感想】天賦人権説を否定したところから、どのように新たに権利の体系を土台から構築していくかという課題に挑んだ、新書で扱うにしては意欲的な作品に見える。素朴に天賦人権説で話を進めようという人が現在もけっこういるけれども、18世紀ならともかく、21世紀の現在ではそこそこ無理筋だったりする。天賦でなくとも人権の意義を打ち出せるような論理が必要なわけだが、そういう意味では、50年以上前の本書にも大いに存在意義があると言えそうだ。人権というものが様々な人々の努力の積み重ねによって歴史的に構築されてきて、そして我々もそれを引き継いで、不断の努力によって引き継いでいこうという意志が必要となる。人権は天から与えられた「自然的」なものではなく、人間が作っていく「歴史的」なものだという認識と自覚を持たねば、民主主義は簡単に崩れる。

村井実『人間の権利―あすの生き方を思索する』講談社現代新書、1964年