「教育学でポン」タグアーカイブ

【教育学でポン!?】2022年9月19日

家を出た時には晴れていたので美術館に行こうと電車に乗ったところ、渋谷に着いた時には稀に見る超土砂降り。素直に帰って仕事。
【本日の歩数】7388歩■渋谷まで行ったけど、駅から出ず帰る。

働き方改革

■「教員として働きたくない」が約6割、ペーパーティーチャーの実態と本音 教員不足の解消へ、研修に力入れる自治体も(education×ICT)
機会があれば教員として働きたいペーパーティチャーが42.4%いたというのは、たいへん心強いことです。こういう人たちの背中を押せるかどうかが、教育委員会の腕の見せ所なんでしょうが。

■戸田市・美女木小「対話を軸」に組織改革、全員が自分事となる校内研修に転換 研究授業中心の研修を見直して起きたこと(education×ICT)
先生が楽しく学んでいれば、子どもたちも楽しく学べるようになると思います。

学校間接続

■「小4娘が塾についていけないと泣く」 悩む母に中学受験のプロがアドバイスする次の一手とは? 矢萩&きょうこの「偏差値にとらわれない」中学受験相談室(AERA dot.)
アドバイス自体はまっとうな印象。まあ中学受験そのものは歪んでいるんで、避けられるなら避けた方がいいでしょうが。

学校

■全国学力テストから見えた「子どもの学力」2大弱点、説明力と批判的思考力 国語、算数・数学、理科に共通する大きな課題(education×ICT)
20年前のPISAショックの時代から弱点は変わっていません。

■生徒がヤングケアラー「気付いた」 中学6割、小学校4割 教員調査(毎日新聞)
教員は、児童虐待に気がつくことも多いのです。だから児童虐待をしている保護者は、子どもを学校にやりたがらない傾向があります。

■「時間内での給食がつらい」「背の順で並ぶのが嫌」「塾の方が面白い」…子どもたちに聞いた「小学校に行きたくない」理由(まいどなニュース)
ですよね。

■音読の宿題って意味ある?毎日聞かされる親もつらい…でも効果あり!国語指導の専門家に聞きました(まいどなニュース)
個体発生が系統発生を繰り返すという観点から言えば、無文字が古代的で、音読が中世的で、黙読が近代的なので、小学校低学年は人類の中世段階を通過中という感じではあります。

教育全般(国内)

■子どもが自ら学び出す「探究サイクル」をうまく回す「ナビゲータ」になるコツ 教師や親が知るべき「好奇心」が爆発する仕組み(education×ICT)
特にこれから、自分が本来もっている力を存分に発揮できるかどうかが勝負の鍵になってくるので、こういう観点がますます大事になりそうです。

教育全般(海外)

■【北欧の教育最前線】 レゴ社と市が協働する子ども中心の街づくり(教育新聞)
まさに夢のある話だなあ。

■大学授業料が上がり続ける米国、授業料が最も高い州と大学は(Forbes JAPAN)
高すぎ。これでは国民の分断も起きよう。

【教育学でポン!?】2022年9月18日

激しい雨だったので、池袋駅地下から外に一歩も出ないで行ける範囲に関する知識が役に立つのだった。
【本日の歩数】6478歩■池袋散策。

働き方改革

■複式学級で担任の負担軽減、青河小が導入した「AIロボット先生」の実力 「ユニボ先生」との学習であれば集中できる子も(education×ICT)
どんどん未来になってきているなあ。

ICT

■「ものづくり大国・日本」だからこそ実現できる、STEAM教育とはいったい? なぜインター校では「掃除機を分解させる」のか(education×ICT)
もともと子どもは分解するのが好きなはず。

■宮城教育大学附属小が「コンピューターサイエンス」を教科化した理由 根底にあるのは「デジタル・シティズンシップ」(education×ICT)
次期学習指導要領が目指すものを先取りしているという印象です。

■デジタル時代のIT子育てについて、いま話題の草野絵美さんに聞いてみた!(magacol)
子どもでも簡単にクリエイトできるという点で、ICTの技術が画期的だということです。だから教育でも、AIドリルのような受け身の使い方では勿体ないのです。まあ金に換わるかどうかは別として。

いじめ

■教委いじめ担当部署「全員が教員出身」53%、「身内意識で対応甘くなる」指摘も…読売調査(讀賣新聞)
通常なら教育委員会に「いじめ」を単独に担当する部署というものはないので、やや悪意を持って事実を拡大解釈しているような感じもします。

学校

■三田国際「プロティアン・キャリア教育」で自律的にキャリア築く力が育つ理由 内田雅和教頭「社会の変化に対応していくには」(education×ICT)
変化に対応するためには、逆説的に「変化しないもの」こそが決定的に大切になるのですが、それを踏まえている実践でした。

■教師の日とは?日本における教師の日を解説(education×ICT)
英語圏ではこの日にtwitter等でもそこそこ盛り上がっている印象がありますが、日本ではサッパリな感じです。

教育全般(国内)

■教員免許取得芸人!土佐兄弟・卓也とあばれる君「学校と家庭」の勝手に教育論 家庭で、わが子にはどこまで「厳しく」する?(education×ICT)
教育的タクトにとって、お笑い芸人のスキルはとても重要だと、個人的には思うんですよ。

教育全般(海外)

■子ども幸福度1位・オランダでは、「4歳からの性教育」をどう教えているのか? 性教育=性行為ではない、まず整える安全な環境(education×ICT)
教育思想史的に言えば、人間の個体が性的身体を持っていることがルソーでは決定的に重要な具体的考察対象だったのに対し、カントではものすごく抽象的になっていて、そのあたりの事情が近代学校教育での扱いにも反映している印象はあります。

【教育学でポン!?】2022年9月17日

土曜日でしたが一限から授業。久しぶりの対面で、非常に疲れました。100分は長いよ。
【本日の歩数】6737歩■自宅と学校を往復。

働き方改革

■公立中休日部活動で指導者支援へ 三井住友火災保険が新認証制度(共同通信)
部活動に怪我などのアクシデントはつきもので、保険システムの充実は、部活動の地域移行の必要条件になります。

ICT

■デジタル教科書が急拡大 292自治体が全校で導入(共同通信)
デジタルと言ってもまだ単に「マルチメディア」に過ぎず、あるいはマルチメディアにすらなっていない段階に過ぎず、デジタル本来の強みである「多元的な双方向性」を実装してからが真の勝負でしょう。

不登校

■小児神経専門医が警鐘、問題生む「不登校=起立性調節障害」という誤解 加藤善一郎「背景に中学校の『かくれ校則』も」(education×ICT)
かつて教育学も医学的な見地を重視していた時期がありますが、カント以降は肉体軽視の傾向にありました。医学的な知見を土台にすると、うまくいくことがたくさんあるかもしれません。

校則

■ブラック校則改善へ議連 超党派の地方議員が設立(時事通信)
政治家が絡んでくることで、さらに話がややこしくなるケースもあります。まあこの機会に教育学の原理を勉強していただければと。

学校間接続

■「学歴社会こそが格差の原因」で親ガチャ議論…AO入試時代の経験主義で子どもたちがかけられた「社会貢献せよ」の呪い(All About)
軽快な文章ですが、変に分かった風の文章よりよっぽど教育学的な本質に触れていたと思います。

学校

■練馬区の小学校12校、教員延べ約100名参加、「脱校内」研修の気になる中身 石神井台小をハブに教員同士が学ぶ場を創出(education×ICT)
とても素敵な取り組みです。研修とは強制的にいやいや受けるものではなく、教員が元気になるために行ないたいものです。

■小学校の授業参観は…もはや「保護者観察日」状態!?「手を挙げるタイミングを子どもに指示」「運動会みたいにビデオ録画」(まいどなニュース)
まあ、授業参観日なんて廃止して、いつでも好きな時に保護者が学校の中に入って子どもの様子を見られるようにようにすればよいでしょう。

■コンセプトは「森の中の学校」 区立池袋第一小学校の見学会(TOKYO MX)
うちのけっこう近くだ。外観だけでも見に行くかな。

教育全般(国内)

■テコでも動かない息子が…「好き」活かした〝子鉄育児〟の学びが深い 「うまくいかない」つらさ緩むアイデア(with news)
微笑ましい。こういうアイデアを出せる余裕がまず大切なのかもしれません。

教育全般(海外)

■アングル:深刻な米国の教員不足、退役軍人を教壇に立たせる州も(REUTERS)
何年も前から教師によるデモも目立っていたように思います。

【教育学でポン!?】2022年9月15日

学科の企画で新沢としひこ氏のライブを見ましたが、たいへん良かったです。うるっとしました。
【本日の歩数】7822歩■自宅と学校を往復。

働き方改革

■教員不足の問題解決に期待 大学2年生が教育現場を体験”学校支援活動”【佐賀県】(SAGA TV)
教員不足の解決とはまったく無関係な意図で始まった取り組みで、ミスリードの恐れがある記事です。

■社説:教員の人材難 質の低下招かぬ工夫を(京都新聞)
本当に心配しているのなら、給料を倍にすればすぐ解決します。そういう解決策を採らないということは、真剣に心配しておらず、どうにでもなると思っているということを意味します。

ICT

■【TGS2022】「桃鉄」が学校の授業に!? 「桃太郎電鉄 教育版 ~日本っておもしろい!」を発表(GAME Watch)
■『桃太郎電鉄 教育版 ~日本っておもしろい!~』発表。小学校教育向けに学習機能を搭載し、教育機関に無償提供予定【TGS2022】(ファミ通.com)
おもしろそう。教育関係者向けのみということで、大学関係者でも申請できるようなので、申し込んでみました。

■狙いは教育DX? デジタル教科書「本格導入」の先にあるもの(大人んサー)
現状のデジタル教科書の水準では「教育DX」など程遠いので、急速に進化してもらう必要がありそうです。

■「90分講義つらい」大学生 半数以上が“倍速視聴” 背景に…コスパならぬ“タイパ”(khb5)
エンタメの演劇やテレビ番組でも90分ぶっ通しはけっこうつらいと思いますよ?

インクルーシブ教育

■障がいがある子どもの“学校生活”とは「家族の不安取り除きたい」体験談記した“パンフレット”作成(テレビ高知)
私は専門家なので制度について見聞きする機会は多いのですが、一般のご家庭にとっては初めてかつ一度きりのことなので、こういう分かりやすいガイドがあるとありがたいはずです。

不登校

■教室に行けない息子はグレーゾーン? 悩んだ親が「これでいい」と思えた理由(現代ビジネス)
■不登校生徒が生き生きする学校と“進学名門校”は、実は似ている…「いい学校」の条件とは(現代ビジネス)
本当に、そういうことなんですよ。

■不登校要因「起立性障害」調査を 千葉市の中学生、文科省に提言(共同通信)
規律性障害に限らず、他人と同じことをしようとするとものすごいエネルギーを要する人たちがいて、そういう人たちに「同じこと」を要求するのが合理的で倫理的かどうかということです。

学校間接続

■「バブル偏差値」に惑わされるな!中学受験志望校選びで偏差値よりも見るべきものは?(Yahoo!ニュース)
偏差値が「意図的に作った行列」とは、言い得て妙。

学校

■地域運営学校、公立の4割超 全都道府県に導入(共同通信)
数は揃ってきたので、次は実質です。

■県教委・田所教育長“分野横断的教育で魅力向上を” 県立学校再編【愛媛】(テレビ愛媛)
根強い「普通化信仰」を打ち破れるか。

■義務教育受けられなかった人たちが学ぶ夜間中学 塩田知事「検討委設置し議論へ」鹿児島県(MC南日本放送)
全国で次々と設置が決まっていきます。

教育全般(海外)

■なぜオーストラリアの保育園のトイレは「外から丸見え」なのか? 海外の性教育事情(集英社オンライン)
■コンドームは子どもたちの遊び道具!? 驚くべきオーストラリアの性教育事情(集英社オンライン)
歴史と文化を欠いた人為的で人工的な環境のような気もしないではないですが、いいところはサクッとマネしていきましょう。

【教育学でポン!?】2022年9月13日

三井記念美術館で「茶の湯の陶磁器 “景色”を愛でる。」を観てきました。この美術館はエレベーターでテンションが上がります。
【本日の歩数】9521歩■神田から日本橋付近を散歩。

働き方改革

■先生の負担軽減に? 部活動 教員から外部コーチへ “地域移行”実態と効果〈宮城・大崎市〉(仙台放送)
いろいろ課題があると言っても、もはや学校という単位で続けることが難しいので、新しいシステムに馴染んでいくしかありません。

ICT

■【賛否】不登校の子に学び話す場「メタバース登校」(テレ朝news)
頭ごなしに否定する前に、上手な使い方を探るのがいいとおもいますよ。

■メタバースの学校とは? Metaが次世代XRクリエイター育成プログラムを日本でも展開 角川ドワンゴ学園と連携(ITmedia PC USER_)
そして不登校に限らず、一般的な教育活動にもメタバースの導入が進みます。通学時間もかからないし、ある程度年齢が上がったらこれでいいのでしょう。たとえば社会人の学びはどんどんメタバースでやればいいでしょう。

■AI型教材「Qubena」、利用者が前年比2倍の100万人突破 導入は全国170自治体の約2300校、新規利用自治体には無償提供を実施中(こどもとIT)
eポータルの覇権をめぐって激しい競争が続きます。

学校間接続

■行きたい高校を主体的に選択可能…一方新たな試みに不安の声も 鳥取県が導入「特色入試」とは(TSKさんいん中央テレビ)
中学校の進路指導がうまく機能していなかったという反省でしょうか。

学校

■「不自然」「なぜ募集した?」統合新学校名は市民応募わずか1件の名前が採用に 応募150件断トツ1位の名前選ばれず(BSS山陰放送)
この記事には出ていませんが、政治家の影響がある模様。市民の声を聞くつもりなどなかったと捉えられても仕方ない事案として永遠に語り継がれることになりそうです。

■なぜ誰もおかしいと気づかないのか…学校で「背の低い順に並ぶのは差別」と主張する現役教員の納得の理由 一番小さい人と一番大きい人を確定して”序列”を視覚化する罪(PRESIDENT Online)
大人になってから、背の順番で並んだことないな。

インクルーシブ教育

■国連が要請した“分離教育”の中止「考えていない」と永岡文科相。通常学級で学ぶ時間を制限する通知「撤回しない」 「インクルーシブ教育」を巡る国連と日本政府の認識の齟齬が明確になった(HUFFPOST)
障害者権利条約を2014年に批准した時、こういう問題が起こるだろうことは予見できたと思うのですが。

高等教育

■【独自】「トップ10%論文が5年で1000本」…政府支援の「卓越大」、認定基準案が判明(讀賣新聞オンライン)
これで研究者のモチベーションが上がるのか。

教育全般(海外)

■「スポーツを通じ豊かな心を」カンボジアの教員らが日本の小学校の体育を視察【岡山】(RSK山陽放送)
教育史的に言うと、じつは明治維新後の教育界の認識では、日本ではすでに知育と徳育はやっていたけれども「体育」は欠けていて、西洋から新たに採り入れたのは「体育」だ、ということで知育・徳育・体育の3つの育を揃える「三育主義」が流行しました。