【要約と感想】西研『ルソー・エミール―自分のために生き、みんなのために生きる』

【要約】ルソー『エミール』は、人が自由に生きるために必要なことを考えた本です。そのために、どのような社会が理想的で、どのような人間がそれに相応しいかを徹底的に考え抜きました。

【感想】とてもいい解説書だと思った。『社会契約論』との論理的関係を丁寧に解説してあって、分かりやすいのではないかと感じた。特に、通常の読者に分かりにくいのは「一般意志」の概念なのだが、「公共」の概念と絡めてうまく説明している。「公共」概念の重要性も丁寧に述べられている。読みやすかったのは、まあ、私の思想的方向とよく似ているというのも、あるのだろうけど。

100分de名著」は、伊集院光のナビゲーションも良くて好きなテレビ番組の一つだ。このエミールの回もテレビで見た。が、テレビ番組で見るのと、この「NHK100分de名著ブックス」で読むのとは、印象がかなり違う。どちらがいいということではない。やはり伊集院光の合いの手は絶品ではあるが、論理的にまとまった本の形で読むのも良い。総合的に、なかなか得がたいユニークな番組であることが再確認できるのであった。

【個人的研究のための備忘録】
「自由」に関して、いろいろ興味深いことが書いてある本だった。

自由な活動ができるためには依存が必要だ」59頁

「きみ自身の支配者(ton propre maitre)」という言葉は「自分自身の主人」とも訳されますが、ルソー独特の表現で「自由」を意味します。自分で自分をコントロールするときにこそ自由がある、という思想がそこには含まれています。」115頁

自分が自分であるときこそが幸福であり自由であるという思想は、ソクラテス以来のものであるようには思う。が、これを国家構成の原理(主権)にまで鍛え上げたのは社会契約論の思想なのだろう。(そしてプラトンは社会契約論に真っ向から対立するという)。私が追っている「人格」概念を考える上でも、「自由」はきわめて重要な補助線を引いてくれる。

西研『NHK「100分de名著」ブックス ルソー「エミール」自分のために生き、みんなのために生きる』NHK出版、2017年

【要約と感想】福田誠治『子どもたちに「未来の学力」を』

【要約】独創性の必要ない単純労働を大勢に我慢させてやらせる時代には日本の教育はうまくいっていましたが、現在では完全に時代遅れになっています。単に過去を記憶して正確に再現させる学力では、変化の激しい時代に対応できません。これから必要なのは、自分で考え判断し学び続ける「未来の学力」です。
参考となるのが、フィンランドの教育です。地域間格差を徹底的になくし、個人差に対応することで、世界一の学力を実現しています。教育の専門家としての教師の権威が高く、行政も適切なサポートに徹しているからです。素人である政治家が思いつきで適当に口を出す日本とはまるで異なっています。
日本は、英米の弱肉強食型新自由主義を採用してからおかしくなりました。多文化共生のEUに学ぶべきです。

【感想】本書が出版された2008年は、いわゆる「学力低下」に関する論争が一段落し、詰め込み型の学力観が一定程度の勢力を確保していた時代だった。そんななか、本書は旧来の学力観を徹底批判し、「未来の学力」の旗印を掲げる。だから、口ぶりも過激に流れがちになるのも、無理はないような気はするのだった。
とはいえ、2019年現在の地点から見れば、著者の考え方が勝利を収めているように見える。文科省はOECDのほうばかり見ている。(本当に本質を理解しているかどうかはともかくとして。)
本書は、学力低下論争の最中に投じられた一石として、十分に役割を果したということかもしれない。

【今後の個人的研究のための備忘録】
学力観の転換を考える上で、示唆に富んだ表現が極めて多い。

「日本の学力観は「何を学んだか」を最重要視しますが、EUは学力観を「これから何ができるのか」にシフトしたのです。」12頁
「知識の量や計算スピードを測るという学力はEUの眼中にはありません。たとえ計算など遅くても、また知識量は少なくても、問題を把握する力、その問題を解決するために何を応用するのか、なにが必要なのかを選別し組み合わせる力が、今日の学力として問われるのだと、はっきり言っているのです。」16頁
「さまざまな人間のあいだで発揮される多様な能力――それを学力という。そう学力像は変わったのです。」16頁
「いまの日本に必要なことは、学力の詰め込みという教育観を変えることです。また受験や就職に役立つものが学力なのだという学力観を変えることです。」18頁
「日本人の多くは、学校教育を通じて養われるものが「学力」だと信じて疑わぬようです。」21頁
「新自由主義は、学力は商品にすぎず、資格や免許にとどまり、真の能力、人生や生き方、考え方、成長につながる学力としてはとらえていません。」29頁
学力とは何かを規定することはとても難しいことです。学力の定義は、教育研究者の数ほどあるといった見方さえあります。(中略)学力の暫定的な仮説とは、
・学校教育において育成されるべき能力
・学齢期に形成される能力のうち、将来の基盤となる重要なもの
です。」123頁

まあ、同じことを様々な角度から述べているわけではある。つまり、「ゆとり教育」は正しかったのだ。(著者は「ゆとり教育」という言葉を前面には打ち出さないけれど)

また「大人と子どもの境界線」についても、興味深い記述がある。

「日本の法律体系は、子どもと大人のあいだに明確な境界線を設け、それぞれまったく違う対応をしています。しかし教育の論理では、人は子どもから徐々に大人に成長する者であり、ある日突然、大人になるわけではない。
その「徐々に」の段階で自立への支援をし、子どもの自由度が高まるような教育をすることこそが肝心なのです。その自由の中で自分をコントロールし、失敗したときには自分で責任をとるような力を身につけさせていく。
ところが日本では、力をつけて自立しようとする子どもを「まだ子どもだから」という理由で抑圧し、大人の支配下に置く教育方法がとられています。自立できるように人間を育てようとしていないのです。」119頁

厳密に言えば、「日本の法律体系」というよりも「近代的な法律体系」と言ったほうがいいのだろう。ヨーロッパでも、近代になってから「子どもと大人のあいだに明確な境界線」を設けるようになったわけで。
しかし1945年以降、ふたつの観点からこの境界線が壊されていく。ひとつは「生涯教育」の理念で、これは近代的な大人概念を相対化する。もうひとつは「子どもの権利」の理念で、これは近代的な子ども概念を相対化する。
学力観が変わるのも、土台にあるのは「子どもと大人のあいだの境界線」が相対化したことにあるように思うのだった。

【要約と感想】福田誠治『子どもたちに「未来の学力」を』東海教育研究所、2008年

【要約と感想】岩竹美加子『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

【要約】フィンランドでは、子どもの権利を尊重し、自立に向けて手厚い支援を行ない、学費無償など、親の教育負担は軽いです。いじめ防止に真剣で、人権感覚を土台にした性教育を徹底し、PTAのような組織も自由です。兵役義務もありますが、大学進学は個人の適正に応じています。
そんなわけで、世界一です。

【感想】日本との比較に関しては、人口規模が違いすぎて単純な比較は正直難しいように思っているのだが、もちろん一つの例として参照するぶんには極めて興味深い。日本人の旧来の価値観(教育に限らず)を大きく揺さぶるような国が実際に存在していることを知ることは、悪いことではない。

【個人的な研究のための備忘録】
国家と個人のパラレルな関係についての記述が、興味深かった。

「フィンランドで、国家と人は相似形だと思う。国家が独立し、自由で自立、自己決定権を持ち、不可侵であるように、人も独立し、自由で自立、自己決定権を持ち、不可侵である。人は、近代国家に付与される特徴を共有している。人と国家は、並んでいて共にある感じだろうか。また、共に権利と義務を持つ。」226頁

「近代」において国家と人が相似形になることは、理論的に言えば「人格」の理論に帰着するはずだ。近代国家は「人格」を持つのだ。
私はライフワークとして「日本に人格概念が定着した経緯」を探っているわけだが、やはりまず国家の独立と個性に対する認識が成立して、その相似形として人間の独立と個性に対する認識が発生するように見えている。だいたい明治半ばの話だ。(史料で実証することが極めて難しく、難渋しているのだが)
本書が「国家と人は相似形」だと言明したところは、なかなか勇気づけられる。

岩竹美加子『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』新潮新書、2019年

【要約と感想】河村茂雄『アクティブ・ラーニングのゼロ段階―学級集団に応じた学びの深め方』

【要約】協同学習を表面的に取り入れるだけでは、子どもたちの学力は伸びません。本物のアクティブ・ラーニングを実現するためには、学級経営で「安定と柔軟性がある学級集団」を作らなければなりません。学級集団の個性に応じて、働きかけ方を変えていきましょう。

【感想】最新学習指導要領から「アクティブ・ラーニング」という言葉は跡形もなく消え去った。形式的で無意味な実践が横行してしまったからだ。
本書は、そんな形式的で無意味なアクティブ・ラーニングに陥ることを戒めている。本質は「学級経営」にあることを看破している。本質的な学びになるかならないかは、学級集団の質に決定的に依存しているのだ。だから、小手先の協同学習を導入するのではなく、本腰を入れて学級経営に取り組む必要があるということだ。
まあ、なるほど、確かに、というところではある。学級経営に関しては、同じ著者の「Q-U」理論が大いに参考になるわけだが、それはまた別の本で。

河村茂雄『アクティブ・ラーニングのゼロ段階―学級集団に応じた学びの深め方』図書文化、2017年

【要約と感想】北野唯我『天才を殺す凡人―職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

【要約】どんな人も必ず才能を持っています。自分に与えられた才能を自覚し、活用しましょう。そのためには、職種だけでなく物事の「フェーズ」を理解することが大事です。

【感想】人間の才能を「天才/秀才/凡人」の三類型に分類するのは、プラトン『国家』が言う「哲学者/戦士/生産者」の三類型を引き継いでいる。
ただ、その三者の関係性は、もちろん本書とプラトンでは扱い方がまったく異なる。プラトン『国家』は民主主義を否定し、哲学者独裁を説いた。戦士や生産者の嫉妬は理屈と力で押さえつけるのだ。組織のアイデンティティは哲学者独裁によってこそ成立するというのが、『国家』最大の眼目だ。だがやはり、哲学者が凡人からまったく理解されないことについては、有名な「洞窟の比喩」を参照すればよいだろう。
一方本書では、三類型それぞれをつなぎ合わせるアンバサダーを設定した上で、三者それぞれが役割を分担するべきことを説く。組織のアイデンティティ(一体性)は、三者それぞれが存分に才能を発揮することで成立する。まあ、そうなんだろなあと。

【教育への参考】本書は教育書ではないが、やはり学校や教育に対する言及がある。学校や教育がビジネス目線からどう見られているかの資料にはなる。

「「だども、大体、どの組織にも『先生』がいるんや。そして、『先生』は天才を殺す。ちなみに『先生』ってのは、”たとえ”だべ」
先生……
秀才の一種。よかれと思って、天才のことを指導するが、天才にとっては好奇心を殺す存在に映る。」95頁

「ほとんどの人は「新しいこと」をしようとしたときに、周りからの攻撃にあってしまうことがおおいのではないでしょうか。その結果、「新しいことをするのは損である」と学習してしまい、創造性の芽を絶やしてしまう。
こういう構造にあると考えます。ただ、これは学校教育が「再現性」と「共感性」をベースに学ぶ場所である限り、どうしても改善しにくい面があります。」221頁

事実かどうかはともかくとして、ビジネス目線からは、学校が「創造性」や「好奇心」を潰す場所として認識されていることがよく分かるのであった。

北野唯我『天才を殺す凡人―職場の人間関係に悩む、すべての人へ』日本経済新聞出版社、2019年

「人格の完成」とは何か?