【要約と感想】納富信留『プラトン 理想国の現在』

【要約】『ポリテイア』という本は、政治的に読まれるか、非政治的(倫理的)に読まれるか、意見が対立しています。そこで西洋と日本で『ポリテイア』という本がどのように受容されたかを調べました。日本ではプラトンの「イデア」から「理想」という言葉が生まれ、それが現実を支える大きな力となってきたことが分かりました。この「理想」という言葉のあり方を真剣に考えると、プラトン思想を現代で読む意義が改めて浮かび上がります。

【感想】とても面白く読んだ。まず、近代日本思想史に密接に絡んでくることをまったく想定していなかったが、その部分が予想外に面白く、勉強になった。「理想」という日本語の変遷について、本書はプラトン『ポリテイア』を軸に検討されているわけだが、改めて近代日本思想史全体の文脈の中で調べてみる価値があるなあと思った。

それから、『ポリテイア』を政治的に読むか、倫理的に読むかについて。個人的には圧倒的に「教育的」に読みたいわけだが。しかしそう主観的に結論を出すわけにはいかない、重厚な議論の積み重ねがある領域なんだなあと、改めて痛感する。「「ポリテイア」とは、言葉で可視化された「正しさ」そのもののモデルなのである。」(209頁)という結論に、もう、なるほどなあと。

気になるのは、宇宙=ポリス=個人の三層を貫く構造として「正しさ」を捉えるという論理が、明治中期から流行する国粋主義とソックリという点だ。三宅雪嶺や陸羯南は、宇宙=国家=個人を貫く理論を以て「ナショナリズム」を構築する。特に三宅雪嶺がどこから宇宙論的な霊感を得たか、かなり気になるところだ。プラトンの影響があるのか? 調べてみようと思った。

納富信留『プラトン 理想国の現在』慶應義塾大学出版会、2012年

→参考:研究ノート「プラトンの教育論―善のイデアを見る哲学的対話法」

【要約と感想】田中美知太郎『ソクラテス』

【要約】ソクラテスはどういう人物で、どうして処刑されねばならなかったのか。ソクラテスの思想だけの問題ではなく、時勢にも恵まれていなかった。

【感想】60年前の本ではあるけれど。教えられることが主に2点あった。

ひとつは、ソクラテスに関するクセノフォンとアリストパネスの証言を肯定的に受け止める態度。けっこう多くの研究者がクセノフォンを馬鹿にしたりアリストパネスを一笑に付したり、その証言をまともに取り上げないし、そうするのにも正当な理由はあるわけだけれど。本書はプラトンの証言を相対的に扱い、クセノフォンやアリストパネスを真剣に扱うことで、生産的な議論に結びついているように思った。感心した。

もう一つは、平等に史料に接する態度と密接に関わるわけだけど、若かりしソクラテスに関する推測。アリストテレス以降、ソクラテスが自然学を無視して倫理学に集中していることが定説となっているけれど。実はソクラテスの若い頃は、アリストパネスが描くように、実際に自然学に傾倒していたのではないか。確かにプラトンが出会ってからのソクラテスと、アリストパネスが知っているソクラテスとは、年齢がまったく違っており、関心領域がまるでズレていてもおかしくないわけで。老齢のソクラテスの姿勢を若年時にまで投影することは、確かに根拠がないよなあと。感心した。

*後記(2017.8.21):後に気づいたが、著者が示したこれらの見解は、バーネット・テイラー説を下敷きにしたもので、他にも教育哲学者には広く受け容れられている見解のように見える。例えば林竹二や村井実は、ここで見られるソクラテス像を示している。が、後の哲学畑の人々は、バーネット・テイラー説への距離感の故なのかどうか知らないが、こうした見解を表立って主張することは少ないような気がする。どうだろうか。

田中美知太郎『ソクラテス』岩波新書、1957年

→参考:研究ノート「ソクラテスの教育―魂の世話―」

【要約と感想】納富信留『ソフィストとは誰か?』

【要約】ソフィストは不当に低く評価されています。一つ目に、ソクラテス以前の知的営みを自然哲学の領域のみに限定する誤りにおいて。二つ目は、ソクラテスの活動した時代の具体的な知的状況を見誤ることにおいて。本書は、ソフィストの知的達成点を具体的に明らかにし、その作業を通じて「哲学者とは何か」を逆照射します。

【感想】ちくま学芸文庫版ではなく、オリジナルの人文書院版で読んだんだけど。表紙の絵が、例によって「アテネの学堂」なのはいいとして。トリミングが、人文書院版では多様な哲学者が含まれているのに、ちくま学芸文庫版はプラトンとアリストテレスをクローズアップしている。本書の趣旨からすると、人文書院版の表紙の方が相応しい気がするなあ。

で、本書の成果が正しければ、「「ソクラテスこそが哲学者であり、ソフィストと生涯対決した」というプラトン対話篇の図式は、プラトンが独自にとった戦略である可能性が高い。」(66頁)というように、なかなか凄いことを言える。「知」とか「無知」という焦点の概念に対しても重要な示唆を与える、大切な仕事のように思える。

あるいは、「哲学者がソフィストを問題にし、それをきびしく批判するのは、「哲学者」という生き方が真理の探究者として成立する契機を、「ソフィストではない」という仕方で追求したからである。」(290頁)という結論を、「否定の否定」と把握してよいか、どうか。

納富信留『ソフィストとは誰か?』人文書院、2006年

→参考:研究ノート「プラトンの教育論―善のイデアを見る哲学的対話法」

【要約と感想】小島和男『プラトンの描いたソクラテス』

【要約】テキストそのもののみから分かることを丹念に当たった結果、プラトンはソクラテスの徒ではありませんでした。

【感想】表題の問いに対する回答に関しては、ちょっと結論を急ぎすぎてるかなあという印象だけど、まあ、それはいいか。

ソクラテスが言う「知」と「無知」の間の矛盾に関しては、私も前から気になっていたので、本書が示すような見解があると知り、大いに参考になった。「ソクラテスの中にははっきりと「悪と分かっていること」と、「よいか悪いか分からないこと」の二つがあり、そういった構造のもとで、「美しく善なることを全く知らない」と言っている」(60頁)ことが論理的な要点。最初から感じていたように、ソクラテスは積極的に肯定的な何らかの知を示すのではなく、「否定」を重ねることでターゲットを絞っていくということ。この手続きは、「否定の否定」によって語り得ぬものを語ろうとする否定神学へと向かうことになるのだろうかね。

あと、ソクラテスの「神」が「措定かつ前提」(160頁)と言い切ってくれたのはありがたい。私はそこまで言い切れる自信はないが、言いたいので、都合良く引用していきたい。

小島和男『プラトンの描いたソクラテス―はたしてプラトンはソクラテスの徒であったか』晃洋書房、2008年

【要約と感想】岩田靖夫『増補ソクラテス』

【要約】「反駁的対話」やソクラテスにおける「無知」の論理構造を中心に、ソクラテスの思想を分析。

【感想】「無知の知」に関する本文の記述が、「これで本当に大丈夫なのか?」と不安にさせるものだったが、増補版の追加で大幅修正されていた。私と同じように不安に思った人が多かったらしく、シンポジウムでさんざん突っ込みが入ったようだ。

私が思うに、「対話術」に関する極めて重要な事実は、筆者も述べるように、プラトンがこの原理について本質的なことを「一言の説明もしていない」(296頁)ことだ。『国家』で触れられた太陽の比喩とか線分の比喩でディアレクティケーの方法が述べられているとする解説書もあるが、あそこには本質的なことは書いてないと思う。つまり、いかにして本物の真実へたどり着くかという保証は、あの説明では得られない。この「書かれていない」ということ、「否定」という事実そのものが極めて重要なのだと思う。ここに「無知の知」の深淵が現れている。

対話術がどのように真理に到達するかについて、プラトンは何も述べない。第七書簡によれば、そもそもそれは語れないし伝えられないものだ。このような真理にロゴスによっては到達することは不可能で、神話によってある程度仄めかすことは可能としても、どこかで深淵を跳躍する必要がある。

これはおそらく、世界を論理的に語るときに、どうしても深淵への跳躍を要請してくる「特異点」が必要となることを示している。「特異点」の抹消が原理的に不可能なことを自覚することが、いわゆる「無知の知」と言える。その「特異点」をどこに設定するかで世界の記述の仕方が変わる。「人格」を特異点にするか=カント、「個物」を特異点にするか=唯物論、「世界の見え方」を特異点にするか=フッサール、「世界そのものの外側」を特異点にするか=ヴィトゲンシュタイン、「言語」を特異点とするか=論理実証主義。むしろ何でも特異点になり得る。絶対無だろうが、メガネだろうが。しかし特異点を抹消することは、最後まで不可能なのだ。それがおそらく神を生む。

とはいえ、どの特異点も平等というものではない。出来の良い特異点は、射程範囲が広い(そしてその分、裂け目も深い)。「善のイデア」は、そうとう出来が良い。メガネも負けていられない。

岩田靖夫『増補 ソクラテス』ちくま学芸文庫、2014年<1995年

→参考:研究ノート「ソクラテスの教育―魂の世話―」

「人格の完成」とは何か?