「雑感」カテゴリーアーカイブ

【教育学でポン!?】2020年5月26日

声は機械の力でなんとかなりましたが、顔はどうにもなりそうにありません。

9月始業制度

「#9月入学本当に今ですか」 反対の学者ら会見「教員増やオンライン授業環境を」(毎日新聞)

教員増やオンライン授業環境を整えた上で9月入学という手もありますが。まあ、4月だろうが9月だろうが、教員が増えればどっちにしろうまくいくだろうと思います。逆に言えば、教員が増えない限り、4月でも9月でも破綻します。

オンライン授業

1週間でオンライン授業立ち上げた教師たちの奮闘。ソフト、Wi-Fiは企業が無料で提供(BUSINESS INSIDER)

「問題解決能力」とはこういうものだ、という記事ですね。

大学「オンライン講義」はどう行われているのか(東洋経済ONLINE)

みんな頑張ってますね。励みになります。

学校再開

「生徒が不登校になってしまうんじゃないか、という心配も」 現役中学教員が考える「学校ができる“最大限の新型コロナ対策”とその課題」(ねとらぼ)

状況がよく見えている人の見解だと思います。特に学習指導要領への言及は、その通りです。

【特集】“休校中の学習の遅れ”はどうする?先生がリコーダー動画配信、タブレット端末…試行錯誤する学校現場の声(MBS NEWS)

現場からの正直な声だと思いました。

最終学年の小6、中3の授業支援に3100人教員を加配へ 政府、2次補正予算案に(毎日新聞)

そう、人と金を増やす。これが行政の仕事です。通常時にもよろしくお願いします。

新型コロナウイルスの影響で学校に行けなかった分の学習はどうなる?子どもたちへの「学びの保障」とは(ママスタセレクト)

どうやら決断のタイムリミットを超えて、だんだん選択肢が絞られてきた感じでしょうか。

ブロトピ:今日の学問・教育情報

【教育学でポン!?】2020年5月25日

動画作成の技術が上がっても、動画制作時間は短くなりません。なぜなら、技術が上がったぶん、手の込んだことをやりたくなってしまうからです。

9月始業制度

9月入学に妙案なし「6.5年制方式」なら6万6400人の教員不足 学童保育待機児童39万人増(木村正人)

判断の材料にできる客観的なデータがだんだん揃ってきました。

学校再開

音楽の歌唱は『心の中で』…学校再開後の“新型コロナ対策” が「なんだか変?」現場も困惑(FNN PRIME Online)

この期に及んで学習指導要領を遵守させようとするから、おかしいことになります。柔軟にいきましょうよ。

オンライン授業

先生はYouTuberに勝とうとしなくていい。ビリギャル・小林さやかさんに聞く「それでも、学校が今できること」(HUFFPOST)

なかなか鋭い指摘をしていると思います。「地域の大人たちと先生との間でもっと会話をしてほしい」というのは、これまで指摘されてきていませんが、その通りです。

動画活用で「教師100人」にオンライン授業指導も 米国・日本人学校教師の奮闘(AERA dot.)

簡単な記事ではありますが、こういうふうに成果を挙げて人たちがいることを知ると、励みになります。

教育全般

小学生の姪が休校中に『あつ森』内で起業。子どもたちは何を学んでいる?(QJWeb)

ゲームに習熟するとは、「ルールを把握する」ということです。

「教育界のならず者」が作るどんな子も学べる学校 宮澤保夫<現代の肖像>(AERA dot.)

「学習の個別化」と言ってしまえば一言ではありますが、実現するにはたいへんなエネルギーが要りますよね。

ブロトピ:今日の学問・教育情報

【教育学でポン!?】2020年5月24日

15分の動画を作るのに2時間かかります。

オンライン授業

オンライン講義に教員疲弊 深夜まで準備、試行錯誤 学生「質が低い」の声も(時事通信)

学生の指摘通りかもしれませんね。恐縮です。

「10分説明したら自由学習」ICTで変わる授業手法 一斉から“個別最適化”へ(AERA dot.)

学習の個別化というアイデアと実践そのものは100年くらい前からありました。ドルトンプランなどが有名です。そしてそういうアイデアが、ICTの活用によってより容易に実現できるようになってきたということでしょう。

コロナ休校の首都圏私立中高、すでに64%がオンラインで授業再開(讀賣新聞オンライン)

「問題解決能力」を誰が発揮できるか、明らかになってしまいました。今回の問題に対処できなかったところに、「問題解決能力」を云々する資格はあるのでしょうか。

東大卒ママが考えるコロナと教育「オンラインでの遠隔授業が勉強の格差を埋める!(AERA dot.)

まあ、上の人の頭が固いのは事実ではあります。オンライン授業が格差を埋めるかどうかは、当事者としては楽観視せずに、実践で応えていきたい所存です。

コロナウイルス

学校再開によって増加する教員の負担と感染リスク(BEST T!MES)

御指摘の通り、ごもっともです。リスクをとるといっても、しわ寄せはすべて現場にいきます。こういう場合に文科省がするべき仕事とは、金と人を現場に回すことなんですけれども。

ブロトピ:今日の学問・教育情報

【教育学でポン!?】2020年5月23日

10年くらい麻雀やってないなあ。

9月始業制度

9月入学「小学0年生」案に戸惑いや反発の声 “究極の早生まれ”柴田阿弥は17カ月差に懸念も(ABEMA Times)

誰も彼も近視眼的に自分の経験からしか話をしない典型的な記事でしょうかね。メリットがあるから4月生まれを選択したとか、知らんがな。

オンライン授業

オンライン講義「質問知られたくない」 悩む大学生たち(朝日新聞DIGITAL)

確かに、課題はかなり増やしました。恐れ入ります。一ヶ月やって経験値もようやく貯まってきましたので、お互いにもうちょっとうまくやる知恵が出てくるといいですね。

コロナウイルス

文科省、マニュアル「学校の新しい生活様式」を通知(朝日新聞DIGITAL)

文科省から通知が出た以上、現場はマニュアル通りにやるしかありません。しかし学校再開が確実なのであれば、偉い人に本当に示してほしいのは、マニュアルよりも、「多少のリスクを負ってでも教育を止めない」という覚悟ではあります。一切のリスクを背負うつもりがないという雰囲気が、不信感を醸造します。

学校プールの休止が続々と決定 夏の子供の水泳はどうなる?(高橋秀俊)

切実な問題ですね。ただ現状では、粘り強く注意喚起していくしかできそうにありませんが。

「体育の授業ではマスク必要ない」スポーツ庁が通知した理由と感染予防6つのポイント(FNN PRIME online)

現場でそうそう都合良く子どもがコントロールできるかどうか、というところ。しかし偉い人は「リスクを負ってでもやる」とは言ってくれないんですよね。

ブロトピ:今日の学問・教育情報

【教育学でポン!?】2020年5月22日

音圧を上げると、自分の声でもなんとなく良い声に聞こえることを発見。機械の力に頼ろう。

9月始業制度

そろそろ9月入学の議論は延期して、もっと重要な課題に取り組むべき(妹尾昌俊)

確かに「リソースの配分」という観点は、今回の件に限らず、教育に関する話では度外視されがちですね。教員の数を増やすべきだというのは、ほんと、何度でも言いましょう。

日本の学校システム、“9月入学”だけで良い? 橋下氏は習熟度別クラス編成、乙武氏はイエナプラン教育を提案(ABEMA Times)

教育の主な機能が「個性化/社会化/主体化」だとして、個性化と社会化に対応する話ではあると思います。

オンライン授業

山梨の女子校が「わざわざ制服」でオンライン登校しているワケ(PRESIDENT Online)

まあ、それぞれの学校の個性に合わせる話であって、外野がとやかく言うものではないでしょう。instructionであれば制服など必要なく自由にやればいいし、educationなら制服が必要だと考える人がいてもおかしくないでしょう。

教育ICT先進国フィンランドにおける、新型コロナ対応とは? 試行錯誤の授業オンライン化、教育現場からの声(EdTechZine)

いちばん大きいのは、教師たちが教育のプロとして信頼されていることですよね。

コロナウイルス

学校ごとに感染レベル判断を 授業や部活の基準通知 文科省(時事通信)

それはいいとして、だとしたら「学習指導要領」に対する学校の裁量も大幅に増やしてください。

教育全般

「遊びの時間が足りない子」の結構残念な行く末(東洋経済ONLINE)

外国の研究を引っぱってくるまでもなく、日本には倉橋惣三がいますね。

ブロトピ:今日の学問・教育情報